FC東京×ヴァンフォーレ甲府

ただいま。
昨日帰宅しました。旅の模様はまた機会があれば。。。

さてさて、日曜日のPSMを録画で見ました。
(木曜日まで休暇中なのでのんびりなのです)
第一印象、芝悪っ!雨、寒そっ!でした。いつも開幕は芝がきれいなのに残念です。オフシーズンにラグビーでもやってたんでしょうか?

試合を見に行った人はいっぱいいるでしょうから、試合内容はその人たちのブログや公式サイトにお任せして各選手の印象を箇条書きに・・・。

東京2-1甲府(東京公式)

●開幕時期には滅法調子のいい宮沢健在
 宮沢よかったですね。
 途中で代えられたのは他の選手を試したかったのか、それとも体力の切れ時が
 ガーロにバレてるのかw。本番で確認しましょうww。

●走る梶山
 ヒロシ、やっぱりボランチより前目がいいです。おまけに上下によく走ってました。
 もう一段成長して欲しい。今シーズンは左足でのゴール、必須です。

●機能しそうな前の3人
 もともとルーカスはトップ下の選手なので気の利いたパスがうまい!
 ササは前半ほとんど何もしてなかったけど、一発で決めるのはさすが。
 阿部ちゃんもトラップ次第ではもっとチャンスが増えそう。3人には期待できそうです。

●今野がふたり!?伊野波。
 初めて見たんですが、今野を東京の選手として初めて見た時のような印象を受けました。
 期待していいんじゃないでしょうか。PSMだし、相手も甲府なのでわかりませんが、
 長いドリブルの長谷川太郎を抑えた場面では、簡単に滑らずにしっかり付いて行ってて
 しっかりとしたディフェンスを見せてました。

●今野おっかなびっくり
 今野はまだまだですね。まだコワゴワやってる感じ。

●徳永、力強し。
 加地より力強さと安定感がありますよね。ノリオより上手さがあるし。
 加地がいたとしてもレギュラー取れてたでしょう(と思いたい)。
 それから、今度の東京はSBの位置取りが高い!
 チャンスに必ず覆いかぶさってくる両SB。自陣でボールを回すときのSBの位置の高さに
 びっくりすると同時に嬉しくなりました。これぞ、ほんとの攻撃サッカー。
 押しこまれたとき、相手の方が上手のときが要チェックです。

●土肥・ジャーン・モニ不在
 遠藤も合格レベルだと思うのだけど、土肥が戻ってこれないのかなぁ。正直不安です。
 CBも悪くないけど、仕上っていない(ように見えた)甲府相手なので評価するまでに
 至らないかな。失点シーンの増島はシュートを撃たせてはだめ。


ところで、公式のバナーの写真見て思ったのだが、栗澤ってどうしたの???


最後に気になったこと。
試合終盤のバックパスでのブーイングについてです。
残り2・3分で勝ってるのになぜあのブーイング??
PSMをわざわざ観に来るのだから、東京を良く知ってて、つまりサッカー観戦に長けている人たちだと思ってたのですが、なぜあそこで味方へブーイングなんでしょうか?
解説の前田治氏からは、昨年の前へ前への原東京と違い、つなぐサッカーを標榜するガーロ東京をファンの皆さんがまだ理解してないんでしょうかねぇ、という優しいお言葉。ガーロであろうが誰であろうが、こういうシーンで前に蹴り出すことを望むなんて、間違ってる。そのときもつないだ結果、相手が引き出されてチャンスが生まれてるわけだから。
前田と増島を見てられなくてブーイングなら別にしょうがないけど。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-28 16:49 | FC東京


<< ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 ~... 明日からしばらくお休みです >>