『エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」 』 河邑厚徳

 2000年の本なので古いかと思ったが中身は金融ショック後の今にぴったりだった。
 『モモ』の作者ミヒャエル・エンデはお金はどうあるべきかということについて考えていた。

4140804963エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
河邑 厚徳
日本放送出版協会 2000-02


(引用開始)
 「私が考えるのは、もう一度、貨幣を実際になされた仕事やものと対応する価値として位置づけるべきだということです。そのためには現在の貨幣システムの何が問題で、何を変えなくてはならないかを皆が真剣にかんがえなければならないでしょう。人類がこの惑星の上で今後も生存できるかどうかを決める決定的な問いだ、と私は思っています。非良心的な行動が褒美を受け、良心的に仕事をすると経済的に破滅するのがいまの経済システムです」
(引用終わり)

 『エンデの遺言』(NHK BS)という番組で出たエンデの言葉をもとに、現代の貨幣システムの矛盾を明らかにしようとし、その思想を探っている本。

 物々交換を行う場合、お互いの物質は時間とともにそれぞれの価値が減っていく。食料には鮮度があるし、住む家やものについても時間が経てば風化・劣化していく。ではその物々交換を便利にするために生み出されたお金はなぜ価値が減っていかないのだろうか。お金は価値が減るどころか利子がある。そもそもそれがおかしいんじゃないのかとエンデは考えた。そしてそのアイデアはシルビオ・ゲゼルという人が考えていたアイデアで、それを実際に試行していたということを紹介している。

 エンデはこのままの世の中ではきっと破綻する。なんとかしなければならないと考えていたそうだ。お金がコンピュータ上の数字としてどんどん増殖・無限化することを恐れていた。地球上の緑や物質が有限であるのにそれを無限のお金で浪費し続けると環境は破壊されると考えていた。その前になんとかしなければならないというのが本書の訴求するところ。

 また、この本を読んで今、まさにこのときにぴったりだと思った理由は政府の愚策「定額給付金」が出てきたから。これこそここに出てくるゲゼルの通貨方式で配給すればお金は使われ、真の景気対策になるに違いない。

 とにかくいろんなことを考えさせられたし感じられた。ここまで読んでこの本が気になった人は以下を読んで、ぜひこの本を読んでみてほしい。




以下引用。重要なところと自分用のメモ。

(P18)
 アインシュタインの物理学が原子爆弾につながるのは偶然ではない。人間の意識や存在には影響されない客観的な実在から出発した物理学の帰結は人間を文字通り排除するのである、訴えたのです。
 「問題は全科学が自負する客観性なのです。私はこの客観性には異論があります。ナイーブな基本姿勢に思われます。その結論では自然科学とその一連のものが、計測、計算できるものだけを現実として認めるということです。それは現実のあくまでも一部であり、もしかしたら最も重要な部分でさえないかもしれないわけです」

(P26)
 「紙幣発行が何をもたらしたのか?一つの実例が、ビンズヴァンガーの著書に出ています。たしかロシアのバイカル湖だったと思いますが、その湖畔の人々は紙幣がその地方に導入されるまではよい生活を送っていたというのです。日により・・・(以下略)」
 (引用者※)
 毎日売れるだけの魚を獲っていたのが、紙幣の導入によりローンを使って船を大きくし、そのローンを返すために魚を根こそぎ獲り、湖から魚がいなくなったという話。

(P27)
 エンデは、経済は人が生活を営むための社会的行為である以上、そこには善悪やモラルの規範が含まれるべきである、と考えていました。

(P31-32)
 エンデは、金融システムは人間がつくりだしたものだから、変革もできるはずであり、同時に過去のさまざまな試みのなかに未来へのヒントがある、と主張しています。話は佳境に入り、エンデは一人の思想家シルビオ・ゲゼルの名前をあげました。彼の思想は、お金もあらゆる自然界の存在と同じように、年をとり最後は消えていくべきである、というものです。一見、珍説のように見えますが、この理論は実践されて大きな成果をあげたといいいます。その貨幣制度を変えようとした具体的な過去の取り組みについて調べていくうちに、新古典派経済学に対抗した経済学者ケインズが、ゲゼルを評価していることを知りました。ケインズの『一般理論』(つまり『雇用・利子および貨幣の一般理論』1936年)に、「シルビオ・ゲゼルは不当にも誤解されている。われわれは将来の人々がマルクスの思想よりゲゼルの思想からいっそう多くのものを学ぶだろうと考えている」という記述があったのです。

(P40)
 「簡単にいいますと、マルクスは個々の資本家を、国家という唯一の資本家でとって代えれば、資本主義が克服できると考えたのです。(中略)
 マルクスの最大の誤りは資本主義を変えようとしなかったことです。マルクスがしようとしたのは資本主義を国家に委託することでした。つまり私たちが過去の70年間、双子のようにもっていたのは、民間資本主義と国家資本主義であり、どちらも資本主義であって、それ以外のシステムではなかったのです。社会主義が崩壊した原因はここにあるのでしょう」
 (引用者※ 自分には反論できるための共産主義の知識がない)

(P44-45)
 エンデの『モモ』は時間のほんとうの意味、ゆとりの大切さを強く訴え、世界中の多くの読者を魅了しました。
 「けれども、いや、いや、ちょっと違います、とは言いたい。私としてはもう少しさきのところまで言っているつもりなのです。」(子安美知子著『エンデと語る』)

(P45)
 ヴェルナー・オンケン 論文「経済学者のための『モモ』」
 シルビオ・ゲゼルの自由貨幣の理論<時間とともに価値が減る>
 ルドルフ・シュタイナーが提唱した<老化するお金>
 という二つのアイデアが『モモ』に描きこまれている。

(P74-75)
 ゲゼルの自由貨幣は、一ヶ月につき額面の1%にあたる費用を負担しなければしようできなくなるという仕組みによって、流通を促進しようというお金です。それに対して、シュタイナーの老化する貨幣は、お金に25年程度の期限を設け、お金に価値の高低をつけることで、決済・融資・贈与という領域の間で自動的な調整が行われて経済がバランスを保つというものです(ルドルフ・シュタイナー著、西川隆範訳『シュタイナー経済学講座』)
 →経済学において「エージング・マネー(老化貨幣)」と言われるもの

(P82-83)
 GLS銀行(ドイツ ボッフム)
 預金者が自分で投資するプロジェクトを選び、同時に自分で預金の利率を決める。
 利率は下は無利子、上限は市中銀行の平均的な利率まで預金者が設定できる。

イサカアワー(米国 NY イサカ) 地域通貨

(P191)
 1930年代
 何千もの地域で地域通貨が発行された。これらが流通するとその地域でしか使用できないため、地域の中に地域の資本をとどめておく最高の方法だった。

 地域通貨

(P248)
 ベルナール・リエター 「持続可能な資源開発センター」
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-03-01 01:24 |


<< 第2回青赤なオフ会に参加してきました 東京 野伏な会@HUB吉祥寺店 >>