『ローマ人の物語 悪名高き皇帝たち』 塩野七生

 中だるみ感あり。文庫本17~20巻。

4101181675ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち(1) (新潮文庫)
新潮社 2005-08



 この巻はカエサルの巻に比べて面白さがぐっと落ちるし、またアウグストゥスの前巻よりもはっきり言ってつまらない。比較的短命な皇帝たちのそれぞれの特徴を年代ごとに追って書かれている。中学校の世界史で覚えているのローマの皇帝といえばネロ。とにかく「暴君」という言葉のイメージでしか残っていない(「暴君」といえばピーターアーツのイメージなってるけど(笑))。何をやったかは全く覚えていないがローマ帝国の皇帝と言えばネロだ。あとはカラカラ浴場のカラカラ帝。残念ながらこれしか覚えていなかった(笑)。

 ここはティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロの4皇帝のお話。何よりも驚くのは皇帝になった人物が、能力がないと見られれば周囲の人々に暗殺されてしまったり、もしくは自死に追い込まれてしまうこと。カリグラなどは近衛兵などの極近い周囲の人間に暗殺されている。上流階級の人々にはこの辺りの政治的センスと言うか、国家を思う気持ちがしっかりあったということだろうし、また裏を返せば皇帝たちがそれほどの愚政を行っていたということなのだろう。




 ティベリウスなどは評判は良くないがよく統治する優れた政治家であったという具合に書かれているが、そのあとは冴えない皇帝たちだったようだ。だんだん中だるみしてきたローマ人の物語だが、それでも各皇帝の言動からそのキャラを際立たせて描かれているので、そのあたりは結構面白く読めた。でもカエサルの巻にあるような筆が踊る感じが伝わってこない。もちろん史実自体も面白さが比較にならないだろうけれど。とりあえずこのシリーズを読むための一種のハードルみたいなものと割り切って消化した(笑)。

4101181683ローマ人の物語〈18〉悪名高き皇帝たち(2) (新潮文庫)
新潮社 2005-08



4101181691ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (新潮文庫)
新潮社 2005-08



4101181705ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (新潮文庫)
新潮社 2005-08


[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-08-29 00:06 |


<< 24節 FC東京×大分 我慢比... 憂太にケリーに李忠成 >>