『臓器は若返る』 伊藤裕

 メタボじゃないですが。

4022733535臓器は若返る メタボリックドミノの真実 (朝日新書)
伊藤 裕
朝日新聞出版 2010-08-10



 私は全くメタボじゃなく、むしろ逆なんですが、ちょっと気になり手にとりました。

 本の内容は結構難しい。というか専門用語がたくさん出てきて読むのが億劫になるのだが、その辺を適当にふんふんと読んでおけばよい。生活習慣から肥満になると、その後、徐々に病気になって最後は大変なことになりますよ、っていうのが主題。肥満とは縁がないが、消化器の重要さやミトコンドリアの働きが重要であることがよくわかる。また、活性酸素の役割についてもわかった。健康にとって運動が大事なことがよくわかったのが一番よかった。当たり前のことだけど、なぜ運動が体に良いのか、と理論立てて書かれると運動しなきゃという気持ちになる。自分の性格的に理屈での説明が非常にあってるので。


 (以下引用 p177-181)

・ちょいきつめの運動に慣れる
・その結果ある程度の活性酸素が発生する
・そのほどよい量が体を鍛えてくれる
・適度な運動はミトコンドリアを鍛えてくれて、活性酸素に対抗する力を蓄えてくれる

 具体的には
・少し強めの有酸素運動を1回20~40分、週2~3回くらいから始める
・ウォーキングやジョギングなど、なるべく全身の筋肉をリズムよく動かすのが良い
・その際腕の振りは大きく

 体力レベルの低い人は
・歩いたり、軽い筋力トレーニングを1回10分程度を、週に3回程度から、まず3ヶ月続ける
・さらに6ヶ月続ければ必ず体力レベルが上がる

 上級者向け
・最大強度の無酸素運動を30秒間、4セット、計2分間
 →中程度強度の有酸素運動1時間と同等のミトコンドリアを作り出すPGC1の働きが活性化
・無酸素運動はなかなか長続きしないので、
 強度に応じて30秒~3分の無酸素運動を1セット、これを数セット繰り返すのがおすすめ

運動は何でも良い。週に一度家中を力を入れて大掃除することでもよい。

(引用終わり)


 一番大事なのは運動不足解消ってことなんだけど、なんか老人向けみたい記述だな(苦笑)。基本はこれで、ちょっと楽しめる方に切り替えないとないと。それにしてもこの運動不足解消はどうすべきか。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-15 02:26 |


<< 第31節 FC東京×岡山 6連... 『約束された場所で』 村上春樹 >>