第26節 FC東京×川崎 こんなこともある。だが問題は・・

 だいぶ涼しくなってきた。

9月22日(土) 2012 J1リーグ戦 第26節
FC東京 1 - 2 川崎F (19:04/味スタ/34,822人)
得点者:46' 楠神順平(川崎F)、54' ジェシ(川崎F)、88' エジミウソン(FC東京)

 前半押しまくり、点が取れない。後半早々スキを突かれて失点。さらにFKからヘディングシュートがゴールに吸い込まれ2失点。頑張って攻めたけど、エジミウソンの1stゴールも虚しく惜敗。まぁ、しょうがない。前半終わった時点で嫌な感じはあったし、やっぱり取れるときに取っておかないとこういうことがある、のがサッカー。川崎はどんな楽しいサッカーするんだろうかと期待してたのだが、正直期待はずれだった。負けた分際でなんだが、逆にちょっと心配になるくらい。

 内容はまぁいい。が、ちょっとこれはいただけない。それはこれ。監督のコメント

 負けたあとに「満足している」というのはいかがなものか。プロの監督である。そして仮にも選手が優勝をあきらめない、と上を目指しているチームである。全く意味がわからない。攻撃に満足するのは良くても、それならば最低引き分けで満足してほしい。負けて、しかも2失点もして満足とは。

 負け癖をつけるようなこのスタンス。この表現には中位に満足する居心地のよい仲良しクラブしか想像できない。こんなことを言えるような環境では間違いなくリーグ優勝なんかできない。優勝するようなクラブは負けてこんなこと言わないだろう。クラブ側としてはほんとにこれでいいのかね。俺はこのスタンスがものっすごく嫌いだ。真剣に強くなってほしい、リーグ戦で優勝してほしいと思っているのに、これじゃあなぁ、悲しくなるよ。。。

 なんかお客さんが一向に増えない理由ってこういうところにあるんじゃないかと、ちょっと感じた。ホームゲームはいつも楽しみに通ってるけど、なんかこんな調子じゃ、正直テンション下がるよな。まじで悲しい。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-09-24 22:39 | FC東京


<< 第27節 FC東京×磐田 先へ... 『斜陽』 太宰治 >>