『日本人にしかできない「気づかい」の習慣』 上田比呂志

4844371339ディズニーと三越で学んできた日本人にしかできない「気づかい」の習慣
上田 比呂志
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2011-10-14



 料亭の息子で、三越で長く働き、ディズニーに研修に行って、ディズニーへ転職し、現在はコーチングなどをしてる人の本。新聞広告なんかでちょっと気になってたところ、図書館で見つけたのでついで借りしてみた。さくーっと読み終えます。

 中身は、まぁついで借りレベルで、とりたてて何かってこともなかった。ここで出てくるような「きづかい」は多かれ少なかれやってるだろうし(こういうのができない人も世の中にはいるけど、たいていはマナーが悪いとかそっちの類か)。

 最近ビジネス本ちっくなのは手に取らないようにしてることもあり、これもそういう種類の本なので自分には響かなかったけれども、、、って一体誰に効く本なんだろな。こういう本読んでもっと「きづかい」できるようになりたい、という人はすでに「きづかい」できてる人なんだろうし、こういう本に興味ない人はそもそも「きづかい」なんかにも興味ないひとなんだろうしな。『とんび』を読んだあとだっただけになおさら印象が薄いのかもしれないですが、そういうことで。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-11-04 03:09 |


<< 『はやぶさ そうまでして君は』... 『とんび』 重松清 >>