『40歳の教科書』 モーニング編集部&朝日新聞社

 成毛眞固め撃ち。タイトルがちょっとウソ。「子を持つ親のための本」くらいの内容。

406216405140歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編
モーニング編集部
講談社 2010-07-23



 『勉強上手』に続いて成毛眞さんの固め撃ち。「親が子どものためにできること」という副題がついているとおり、子育てに関する本。教育方針とかの悩みについて、一般に言われていることに反論する形で、それぞれのお題に複数の人が意見を述べている。

 お題は次の4つ
 ①英語はいつから学び始めるべきか
 ②中高一貫校は幸せへのプラチナチケットか
 ③「お金」と「仕事」をどう教えるか
 ④挫折や失敗をした子どもにどう接するか


 で、成毛さんは①に出てきて、別の本(ずばり『日本人の9割に英語はいらない』)でも書いてる通り、小学生から英語なんてやる必要はまったくない、そんな時間があるなら水泳教室に通って、おぼれても死なないように泳ぎ方を覚えるべき、というようなことを書いている。これには大賛成で、そもそも優先順位があると思っている。英語やるより他に学ぶことがいくらでもあるだろう、と。日本語の本を死ぬほど大量に読むとか、算数・数学とか、いくらでもある。そもそも英語なんてみっちりやって、それもひたすら大人になるまで(大人になっても)勉強を続けない限り、使い続けない限り忘れていってしまうもの。中学からで十分でしょ。20年後の世の中がもっと英語であふれかえっているかもしれないけれど、そしたらそんとき必死にやればしゃべったり読んだりできるようになると思う。日本語で考える力を育むことが先決だという意見に賛成だ。

 ③と④については何にも参考にならない、というか当たり前のことしか書いていないので全く記憶にも残らなかった。畑村洋太郎氏の失敗をワクチンと考えて正解を押しつけない、という考え方は全くその通りだと思う。わざわざ読むほどのものではないのだけれど、東大生は挫折したことがないので、研究で悩んで自殺者が多かったという話はほんまかいなという感じだった。

 ②は基本的にアンチテーゼなので、中高一貫校じゃなくてもいいんじゃないの、というスタンスで書かれている。まぁ、親が子どもに何をさせてあげたいか、最終的なゴールはなんなのか、子どのもの意志についてはどう考えるか、ということをしっかり多角的に考えなければいけないというところか。これも当たり前のことしか書かれていないのだが、それでも、周りがみんな塾に行ってるから行かせる、友達が中学受験するからうちもする、みたいなことになるのはやっぱり避けるべきで、同じ行動をとるにしても、どうしてそうするのか、なぜそうしたいのか、を良く考えないといけないのだろう。

 いずれにしても自分のスタンスがあって、きっちりと軸のある人にはこんな本は不要なのだろう。そうありたい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-11-30 22:47 |


<< 『成毛眞のスティーブ・ジョブズ... 『勉強上手』 成毛眞 >>