『超高層ビビル 日本編』 中谷幸司

 自分の会社が移転した先のビルが著者のHPに載っていたことに驚き、その人のことをたぐっていったらこの本にたどり着いたので図書館で借りてみた。

4784509860超高層ビビル 日本編 (Skyscrappers Vol 1)
中谷 幸司
社会評論社 2008-06



 本の構成がすごい。ビビル(笑)。

 ひたすら高層ビル(ここでは約100m以上のビルと定義)の写真とビル名、高さ、住所を乗せている。たまに有名なビルからの景色もあるが、ただそれだけ。すごい(笑)。文章はまえがきとあとがきの1ページずつという潔さ。あとがきの写真撮影の苦労話を読んで、すべての写真が美しく撮れている理由がわかった。背景が青空になるように、何度も撮りなおしにビルを訪れたりしたらしい。ほんとにビルが大好きなのが分かる。

 著者のブログでは、他に再開発の情報や、更地になったところ、建て直している途中なんかも語られていて、本以上の充実度だった。日本橋などで見られる再開発の内容が細かく書かれていて興味深い。こっちのほうが本より面白いっすよ。いやはや、いろんな趣味の人がいるもんだ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-12-18 23:29 |


<< 『人生がときめく片づけの魔法』... 『フェルメール 光の王国』 福岡伸一 >>