『シンデレラの罠』 セバスチャン・ジャプリゾ

4488142060シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)
セバスチャン・ジャプリゾ 平岡 敦
東京創元社 2012-02-28



あとがきによればオールタイム推理小説で必ずベスト○○に入ってくるような名著だそうだ。
古い本なのだが2012年に新訳が出たとかで某所でおすすめされていたので読んでみた。

さすがに面白かった。
宣伝文句も刺激的だ。

「私がこれから物語る事件は巧妙にしくまれた殺人事件です/私はその事件で探偵です/また証人です/また被害者です/そのうえ犯人なのです/私は四人全部なのです/いったい私は何者でしょう」


でも、あとがきに書かれているようなマニアックな読み方はしなかったし、したいとも思わなかったし、訳者のような思い入れもない。それでもそれなりに面白い。推理小説というかミステリーというものをあんまり読んだことがなかったけど、まぁこんなものなのかな。

というわけで、今年の本の選択についてはまだ実行できてないなぁ。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-02-10 02:30 |


<< 『空とぶタイヤ』 池井戸潤 2012年の本の振り返りと20... >>