『自分のアタマで考えよう』 ちきりん

自分のアタマで考えよう自分のアタマで考えよう
ちきりん

ダイヤモンド社 2011-10-28




 考えることが大事だということ、知っていることと自分で考えることは別であること、どちらももちろん理解してよく分かっているつもりなんだけど、改めてそれについて整理された内容を読むと、まだまだ自分にとって足りないことがよくわかった。特に最近忙しさにかまけて流されることが多く、全然自分で考えることが少なくなっていることに気付かされた。とことん考え抜くこと。思考を追い詰めること。もっとやってみたい。

 それにしてもこの本は読み進め易かった。頭にすーっと入ってくる。自分が考えなしに読み進めているわけではないと思うのだが、論理的な進め方が完璧で、かつ章立ても流れがスムーズで読みやすかった。ここまで平易にわかりやすく論理的に書けるというのはすごい。


 本を読んで理解したことを忘れないように最後のまとめを記しておこう。
 中黒のところは個人的に補足したメモです。

まとめ ~ 「考える」って結局どうするの?

①いったん「知識」を分離すること
 ・知っていることと考えて出た結論とは全く別物

②「意思決定のプロセス」を決めること
 ・クライテリアを設定して判断基準を事前に持っておく
  そうしないといつまでも決まらない
 ・作業と思考は異なることを忘れない

③「なぜ?」「だからなんなの?」と問うこと
 ・その情報の持つ意味についてとことん考える
 ・Whyを積み重ねて掘り下げる

④あらゆる可能性を探ること
 ・シナリオ1だけでなく、他のシナリオも準備しておく
 ・構成要素に分解してあらゆる組み合わせを考える

⑤縦と横に並べて比較してみること
 ・時間軸(過去・現在・未来)で比較して考える
 ・同種(同業他社)を比較して考える
 ・この縦と横をマトリックスにして比較して考える
 ・プロセスの比較(eg.買収判断、料理手順)

⑥判断基準の取捨選択をすること
 ・判断基準が多いと決められない
 ・2×2のマトリックスで考えてみる
 ・判断基準を絞ることで本質が浮かび上がる

⑦レベルをごっちゃにしないこと
 ・議論のレベル(ベース)を揃えてからスタートする
 ・レベルをずらして議論をごまかしてくる詭弁論者に注意する

⑧自分独自の「フィルター」を見つけること
 ・他人(一般)の価値観ではなく自分にとって何が重要化を考え抜く
 ・自分のフィルターは選択に失敗したことによって気付くこともある

⑨データはトコトン追いかけること
 ・「自殺統計」は考えることの良い材料=自殺の原因がハッキリしていないから
 ・見えている情報だけで判断せずに他に切り口がないか考える

⑩視覚化で思考を進化させること
 ・グラフの使い方で「思考の生産性」が左右される
 ・棒グラフを階段グラフにするとプラス・マイナスと変化が一目瞭然
 ・思考を視覚化するためには言語化するよりも突き詰めて考える必要がある

⑪知識は「思考の棚」に整理すること
 ・思考をマトリックスに整理しておく。そのとき空欄があってよい
 ・これは自分の知りたいことが常に準備されている状態
 ・そうすれば必要な情報に触れたときにすぐ気づくことができる


ところで、このメモを書くためにAmazonの書評を読んだらえらい叩かれようだった。
曰く、この本で言っていることは考えていることではない、というものだ。私にはよく理解できない書評だった。枠組み(フレームワーク)を提供してそれで考えることのどこに問題があるのだろうか。ひとつの方法を提供しているだけであって、それ以外のものを著者は何一つ否定していないのだが。。。まさか著者の考えることのすべてがこの本だけで満たされていると思っているわけではないと思うのだが、不思議と批判的な書評が多かったのがびっくりだった。批判している人たちはひとつの本で得るものに期待が大きすぎるのかもしれない。いずれにしても自分にとってはそれなりに有意義な本だった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-02-23 19:56 |


<< 第1節 大分×FC東京 開幕勝利! 『空とぶタイヤ』 池井戸潤 >>