ウェブ進化論

f0017246_841414.jpg こんな小さな新書に驚いた。今まで読んだ新書版の中でこれほど示唆に富む本はないです。「国家の品格」や「下流社会」といった売れ筋の本も読んだけど、天と地ほどの差を感じる。比較するものじゃないですね、すみません。

 ネットリテラシーの高い人、というかある人、つまりは日常でブログ読むような人たちにはぜひオススメです。個人的には今後の行動様式に変化が出そうです。とにかくモノの考え方自体に影響が出るような気がする。

 読み終えたばかりに書いているので感想にまとまりがないんだけど、著者の梅田望夫氏がもう気になって気になってしょうがなくなって、そのブログや周辺を読み漁ってました。

梅田氏ブログ
My Life Between Silicon Valley and Japan

 そしたら面白いものにあたりました。自分向けにリンクを貼り付けおきます。

「新潮」6月号:平野啓一郎氏との対談(梅田望夫氏)

 ここから始まるやりとりがおもしろくもあり濃密。対談をまだ読んでなくて主題がわからないが、Web2.0うんぬんではなく、ネット上での”人”がフォーカスされている。「新潮」を読んだ後にまた読むとおもしろそう。

 ということで、ここにまとめます。僕は梅田氏のブログから③に飛んで読み始めて、江島健太郎氏と平野啓一郎氏の往復書簡にグイグイ引きこまれました。さすがは芥川賞作家。口語体でもすごい。ぜひ③だけでもどうぞ。

新潮6月号の梅田望夫×平野啓一郎の対談を読んで(江島健太郎氏)
それに対する平野氏のコメント(平野啓一郎氏)
平野氏からのコメントへの返信(江島健太郎氏)
Dan氏のコメント(Dan氏)
平野氏の返信(平野啓一郎氏)
匿名性は(いわゆる)弱者だけの特権ではない(江島健太郎氏)


 これはおまけだけど、江島氏のYouTubeリストは僕の知ってる曲が半分くらい入っていて、さらに大好きな曲もあって親近感がわきました。
MR.BIGにDream Theater(!)からKylie Minogueまでいろいろ同居してるのがすばらしい!(笑)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-20 09:56 |


<< ダンマクお披露目! あやかちゃん安らかに・・・ >>