『はたらきたい。』 ほぼ日刊イトイ新聞

4902516322新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)
ほぼ日刊イトイ新聞 板尾 創路 ピエール瀧 天久 聖一 浜野 謙太[SAKEROCK] 金井 壽宏 河野 晴樹 しりあがり寿 みうらじゅん 矢沢 永吉
東京糸井重里事務所 2010-04-26



しりあがり寿
何が大切か、を共有できるかどうか
自問自答する、
自分だけの悩みに向き合う

働くことの意味が詰まっている。欄外の吹き出しを含めてこれでもかってくらい。
例えばP172重松清「仕事って、たぶん、自分の居場所を好きになるところから、始まる」
昔、なんで働くんだろうって考えてた時期に読んでたらすぐに腹落ちできただろうな。

p184
何をいちばん大切にしているか、
10年後どうなっていたいか、なんて無理がある
キャリアの節目だけは自分で選びとる

矢沢永吉
上がりたい、という思い
どんな職業でもある気持ちを丁寧に汲みとって表現する矢沢永吉かっこいい。糸井重里も同じく。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2015-12-26 15:58 |


<< 『新・投資信託にだまれるな!』... 『葬送の仕事師たち』 井上理津子 >>