『定刻発車』 三戸祐子

4101183414定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)
三戸 祐子
新潮社 2005-04-24



タイトルから想像できないほど奥深い。
日本の駅間の短さを江戸時代や奈良時代にまで起源を求めたり、定時運行の理由を日本の文化的背景から解き明かす。

どうしてここまで定時運行に拘るのか、というのは社会の要請でもあり、鉄道会社の意地でもあるように読めた。ただ、今後は変わっていくかもしれない、というのが著者の見通し。
ラッシュ時間帯の新宿駅のドキュメント的な描写も面白い。


2015/9/9読了
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2015-12-26 16:16 |


<< 『東京百景』 又吉直樹 『出世する部長の仕事』 安藤浩之 >>