「1997年-世界を変えた金融危機」 竹森俊平著

 読み終わってからしばらく経っているため少し記憶が怪しいがメモ。

1997年――世界を変えた金融危機 (朝日新書 74) (朝日新書 74)1997年――世界を変えた金融危機 (朝日新書 74) (朝日新書 74)
竹森 俊平

朝日新聞社 2007-10-12
売り上げランキング : 6073
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 本書はアジア通貨危機が起こり、山一証券など大手金融機関が倒産した「1997年」に着目し、経済理論などをわかりやすく説明している。新書ならではの平易な文章で読みやすく、理解しやすい。さらに物語も読み応えがあってぐいぐい引きこまれる。本書に興味を持っていた人にはオススメです。

 10年前のアジア通貨危機を枕にバブルの後始末に失敗し泥沼にはまっていった日本経済を書き出す。その後それに絡めて、バジョットルール、ナイトの不確実性、「リスク、不確実性および利潤」フランク・ナイト著、ミルトン・フリードマン、エルスバーグ、フリーライド、ベイル・イン、ベイル・アウト、など多くの経済学者、経済理論などが展開される。最後にはサブプライムローン問題にも少し言及している。




 この中で最も印象的であり、この本のハイライトともいうべき「ナイトの不確実性」の箇所でおもしろい記述がある。「リスク」と「不確実性」を切り分け、企業家は「不確実性」にチャレンジするからこそ「利潤」を得るという。そこから著者は「企業家」は「プロ・スポーツ選手」や「歌手」のような商売なのだろう、と言っている。非常に興味深い箇所だった。以下一部のみ引用しておく。
無数の有能な人材が、成功の少ないチャンスに挑戦して人生を磨り減らせていく。しかし、かならずしもそれが悪いこととは言えない。なぜなら、そういう「犠牲的精神(?)」をもった人材がたくさんいるおかげで、われわれは水準の高い「プロ・スポーツ」や「ショー・ビジネス」を楽しむことができるからだ。
 また、著者は、企業家の犠牲によって、生産活動が可能になり世の中が便利に暮らしやすくなっているとも書いている。

 「プロ・スポーツ」の件は、この本の主題とは異なるが、やはり強く印象に残った。多くのプロスポーツ選手のうち、十分な富と名声を得るのはごく限られた人数で、まさにハイ・リスク、ハイ・リターンだ。だからこそどのような選手にも敬意を抱きたいものだな、と改めて感じた。

 本書に興味を持った人はこちらもどうぞ。「リスク」と「不確実性」の違いの説明書きがあります。
 『1997年--世界を変えた金融危機』と『反骨のコツ』(共に朝日新書) 山崎元

 現在はこの著者の「世界デフレは三度来る」を読んでいるのだが、分厚くて通勤時に持つのが思い(苦笑)。中身は経済史(通貨史)のようだけどおもしろい。物語の書き方もやっぱりうまいし読ませる本。それだけに題名で損してる感じがする。。

 
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-03-14 22:33 |


<< TOKYO MX FC東京ホッ... 2008 第1節 FC東京×神... >>