『千円札は拾うな。』 安田 佳生

 主に経営者やそれを志す人向けのビジネス本。

4763196804千円札は拾うな。
安田 佳生
サンマーク出版 2006-01-20


 ㈱ワイキューブ代表の著書。この会社は知らなかったが、webサイトを見るとコンサル業の会社のようだ。

 この本自体、さらさらとすぐに読み終えてしまう。ほんとに千円札が落ちてても拾わないのかどうかが問題なのではなく、目先の利益にとらわれるな、もっと顔を上げて、より上を目指せといった内容。

 例えば売上を上げるには、今のやり方に基くのではなく、それを一度捨てて、別のやり方が必要になる、と言ったことを書いてある。サラリーマンの仕事の仕方でも、係長、課長、部長になるたびにやり方を変えなければならない、というようなことを書いてある。自分の殻を破る方法のひとつかも。

 一理あるだろうけど、そればっかりじゃない、とは思った。平社員でも上の立場でモノを見る事はあるだろうし、考えることもある。参考になることも書いてあったが、基本的には経営者や、起業家向けの内容だと思った。

 題名もそうだけど、目を惹くのが上手。文章も上手ですいすい読ませます。でも新たな視点というほどのことはない。簡単に読めるのでちょっと空いた時間にどうぞ。
 
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-06-25 22:44 |


<< 『お金と英語の非常識な関係』 ... いろいろ書きたいこともあるんで... >>