『お金と英語の非常識な関係』 神田昌典

 上・下巻に分かれています。

 英語の本、というよりもビジネスをやる人のための英語本、英語を使ったビジネスをやる人をターゲットにした本。

 内容はおもろい。面白い、というよりもおもろい(笑)。微妙なニュアンスの違いだけど、英語だ!ビジネスだ!というよりも、どちらかというと、自己啓発本の趣。

 こういう「元気ですかー!やっちゃおうぜー!」みたいな本が売れるんでしょうか。かなりの人気本だそうです。自分でビジネスをやりたいのなら(やっているのなら)この本は背中をググッと押してくれると思います。

 自分はサラリーマンだけど、なんとなく元気になれるような本。この先どうなっていくか、サラリーマンを続けていくのか分からないけど、ひとつの選択肢を得た気がする。

 CD付き。ちなみに著者は英語ができない、下手だと文中書いてるが、MBA取ってきてる人ですから、当然単なる謙遜。CD聞けば一目(聴?)瞭然。超ウマレベルの中での争いです。

 文中ふざけた文体でわらかしてくれるんだけど、もっともよかったのは「あとがき」だったりする。ちょっと感動します。

4894511711お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
神田 昌典
フォレスト出版 2004-07-17



489451172Xお金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付き
神田 昌典
フォレスト出版 2004-07-17

[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-06-25 22:46 |


<< 『博士の異常な健康』 水道橋博士 『千円札は拾うな。』 安田 佳生 >>