『博士の異常な健康』 水道橋博士

 浅草キッド・水道橋博士の「人体実験」本。

4757212488博士の異常な健康
水道橋博士
アスペクト 2006-03-20


 薄かった髪の毛が生えた話(プロピアとそのシャンプー)。
 視力回復手術の話。
 アンチエイジング(胎盤エキス)の話。
 加圧トレーニングの話。
 ガンに効くというバイオラバーの話。
 などなど。


 うさんくさいものを実際に体験してレビューしている本。駄洒落が多くて、面白いというよりも逆にサクサク読むのを妨げていて(紙数を稼ぐためか?)、若干イラっとする感はあるが、慣れてくると読み進めるのも早くなった。

 加圧トレーニングとバイオラバーが最も気になるが、バイオラバーは特に怪しさ満点。「東京タワー」でリアルな描写を読んでいたので、この本を読む人の中でバイオラバーにすがる人が出てくることは間違いない、と思った。

 しかしAmazonのこのレビューを見てちょっと考えさせられた。

 面白い本だが注意が必要, 2007/3/22
 博士のレトリックには十分に注意する必要あり。巧妙に「育毛」と「発毛」という言葉を使い分けてる。プロテインシャンプーに「発毛」の効果があるとは一言も書いていない。


 博士は自分が元来疑い深い、ということをツラツラと書き、その上で体験してその効能に驚いた!という書き方をしているので、これが効いているのか本当に不明。確かに書きっぷりが怪しい。でもま、そこを気を付ければ面白い本。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-06-26 22:44 |


<< 世界にメチャもてな日本 『お金と英語の非常識な関係』 ... >>