『13歳のハローワーク』 村上龍

 職業の紹介よりも村上龍のエッセイが興味深い

434400429913歳のハローワーク
村上 龍
幻冬舎 2003-12-02

 タイトルどおり13歳をターゲットにしているのだろうが、大人がパラパラと眺めることでも楽しめる本。各分野の職業を紹介したあと、それぞれの分野に村上がエッセイを書いていて、それがなかなか興味深い。

 個人的に面白かったのは、自身の職業である作家に関する紹介。それから私自身の職業分野であるIT関連のことにページが多く割かれており、その辺りは非常に興味深く読めた。

 「13歳が20歳になるころには」という終章では、IT業界を特集している。伊藤穣一氏と高島宏平氏へのインタビューを7年というスパンで行っているため、興味深く読めた(こういう中期的な視点で書かれた本はなかなかないので)。

 「職業」について初めて考える中学生には良い本。


 2003年11月30日 第一刷
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-11-12 22:56 |


<< ACL決勝 2nd 浦和×セパ... 『人を動かす』[特装版] D・... >>