CWC準決勝 ガンバ大阪×マンチェスターUtd.

 これまたテレビ観戦。相変わらず日テレの中継がうざいので副音声で英語受信。

FIFAクラブワールドカップ 準決勝 2008/12/18
G大阪 3 - 5 マンチェスター・U (19:30/横浜/67,618人)
得点者:28' ヴィデッチ(マンチェスター・U)、44' クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)、74' 山崎 雅人(G大阪)、75' ウエイン・ルーニー(マンチェスター・U)、78' ダレン・フレッチャー(マンチェスター・U)、79' ウエイン・ルーニー(マンチェスター・U)、85' 遠藤 保仁(G大阪)、89' 橋本 英郎(G大阪)

 立ち上がりから様子見のマンU。たぶん体調も考えて慎重に入ったのだろう。対して全力で試合に入ったガンバ。この関係もあり、序盤はガンバペース。シュートを何本も撃ち込んでいて雰囲気はよかった。ただし決定的なシーンは遠藤の浮き球スルーに反応した播戸の1本だけ。これはファンデルサールがブロック。マンU最初のCKのとき、この身長差はやばいなと思ったが、最初は無難にやり過ごした。しかし2度目にはあっさり入れられた。ビリッチが進路を防ぐ山口の上からぶち込んだ。せめてジャンプして競って欲しかった。さらにロスタイムにもまたもCKから今度はロナウドに決められて2失点目。

 いずれもキッカーはライアンギグス。90年代のあの快速ドリブルはもう見られないが(あの頃のギグスは本当にすごかった!)、こうして正確なキックを活かしてゲームメイクで生き残ってるのだから感心する。もっともプレミアリーグでの出番は減ってるわけだが。

 後半もほとんど勝負あったかと思われた25分頃、テベスとルーニーが交代した一瞬のゆるみをついて山崎が一点返した。縦に縦に切れ目なくつないで隙を突いたナイスゴール。スタジアムが、特にガンバサポがにわかに活気付いて、よし来たと思わせたが、中澤聡太のまずい守備もありあっというまにルーニーに決められ突き放された。そのあとのフレッチャー、ルーニーの得点はすごい迫力だった。エブラのクロスも見事だったし、ボールが後ろにあって厳しいと思ったボールを強引へ前へ押し出して、藤ヶ谷の反応より先につま先で流し込んだルーニーのプレーも一流だった。




 この後遠藤のPK、カウンターから橋本のシュートで2点を返したところで試合終了。欧州王者へのガンバの挑戦は5失点、3得点で終わった。

 この試合、思っていた以上にマンUは調整色が強かった。昨年はどうだったっけ、と去年のエントリを見てみたが、ミランは今年のマンUよりもここに掛ける意気込みが違っていた。ミランは調整十分だった。マンUはここを一回叩いて、という感じだった。対してガンバと浦和の比較だと、圧倒的に攻撃で崩せてたのはガンバだった。マンUは調整色が強くて前からガツガツこないため、ガンバは自由にボールが持てていたし、あのレベルのプレッシャーなら余裕もあった。ただし、最後の最後でなかなか決められず、防がれていた。せめて先に1点決めていれば試合展開として面白かったのに。残念だった。

 それにしてもマンU、調整でもあのメンバー。それでいて控えにはいつものスタメンがいる。ルーニーはなんだそれという決定力でほんとに驚いた。いや、テレビでよく見てるはずなんだけど、相手がよく知ってる選手たちだとそのすごさがやっぱり際立った。

 調整色が強かったとはいえ、マンU相手に公式戦で3点とったガンバ。並じゃなかった。二川がいれば、と散々思ったけれど、しっかりと点獲ったんだからガンバファンには堪らなかっただろう。遠藤のFKやミドルシュート、それから弾いたボールへの飛び込み、結構盛り上がったシーンも多かった。

 去年は去年で緊迫感があったけれど、今年は今年で面白かった。浦和とガンバという両極端のカラーを持つチームがこの舞台に立てるという事実を考えると、実はJリーグって懐が深いリーグなのかもしれない。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-12-18 23:50 | クラブWC


<< CWC ガンバの選手に対するち... CWC準決勝 パチューカ×リガ... >>