カテゴリ:Dream Theater( 10 )

ジョーダン・ルーデンス For Japan

 先のエントリのコメントでイサメタルさんからジョーダン・ルーデンスの動画を紹介してもらったので貼り付けておきます(主に自分用)。こちらはよく知っているミュージシャン。個人的には断然思い入れが強いです。ライブで見るキーボードよりもこっちのピアノの方がいいね。音楽って素晴らしい。


[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-03-21 23:43 | Dream Theater

2008/1/15(火) DREAM THEATER 来日公演 @ 武道館

 1/15(火)に武道館へDREAM THEATERのライブへ行ってきました。

 思えば武道館はオジーのNo more tears ツアーか、エアロスミスのGet a grip ツアー以来になります(どっちが先だったかも記憶が曖昧)。その前はモトリークルーのDr.Feelgood ツアーだったと思うので、いずれにしても随分久しぶりでした。

 友達のおかげで2階席正面の一番前という素晴らしい席で見ることができました。武道館はドームに比べるとだいぶ音が良いことは分かっていましたが、今回は一夜限りの日本公演にも関わらず、随分と音のバランスがよかったです。昨年国際フォーラム(ここは本当にいい思い出がない)でHEAVEN AND HELLを観た時の音は最悪・極悪で、それと比べると天地の差があったし、ベースもしっかり聞こえていました。最初はボーカルだけ前に浮いてる感じがしてたけど、そのうち違和感もなくなって素晴らしい演奏を楽しめました。

(続きを読む)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-01-17 21:35 | Dream Theater

DT レーベル移籍と新譜情報

 Dream TheaterがRoadrunner Recordsへレーベル移籍とのこと。

 ドリーム・シアターがRoadrunnerと契約、新作は6月発売(CD Journal)

 移籍第一段として6月にはOctavarium以来の新譜も発売されるらしい。
 たった2年で新譜だから随分精力的ですねー。

 ところで、移籍によって、ファンにとって何か変わることはあるんでしょうか?
 よく分かりません。。。

 この中には25分の大作もあるとか。。。
 なげーな。。。w

 マイクのこのコメント
マイク・ポートノイ(ds)は、「このアルバムからは俺たちのすべてが得られる」とコメントし、「ミュージシャンシップ、脳を圧倒するようなリフ、ビッグでプログレッシヴな大作、胸を打つメロディ」が詰まっているとのこと。
 いずれにしても、楽しみに待ちましょう!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-02-09 15:32 | Dream Theater

20th Anniversary!!

4/1にNew YorkのRadio City Music Hall で
Octavariumツアー・ファイナル&20周年記念ライブを行った
Dream Theaterのライブ映像が早速You Tubeに上がりまくってるようです。

詳しくは「いい音さん」のこちらのエントリーで!!
DTもすげーけど、いい音さんも最高、GJ!!!(笑)

なんつっても、「Overture」が泣かせます。。゜(゜´Д`゜)゜

これは早くフルできれいな音と映像で聴きたいなー。
早くDVD出ろ出ろー。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-04-06 23:44 | Dream Theater

余韻冷めやらず。。

f0017246_1105880.jpg本日、ふつーに会社に行ったわけですが、
余韻が冷めませんねー(・∀・)

今日の会社の往復で「Octavarium」アルバム、「Wait for sleep ~ Learning to live」を聴きましたけど昨日のAXでの映像が鮮やかに思い出されました。
なぜか頭に出てくる映像は後半に集中してます。
もちろん「I walk beside you」の感動もよく覚えてますけど。

以下は単なる雑感です。
昨日も色々書いたんですが、思ったことも文字にすると足りなくて、語り尽くせません。人様に読んでもらえるような「まとまり」もないのですが、自分の気持ち・・ということで。
今回のツアーに行った人はご自信の感覚と重ね合わせてみてください。


「Never enough」
すっ、と浮かぶのは「Never enough」のバッキングで、ストリングスが並んで逆手(?)でのユニゾン。国際フォーラムでもやってたけど、Myungは一見というかじっくり見ても楽しそうに見えないのがまたイイ(笑)

「Sacrificed sons」
次に思い浮かぶのが「Sacrificed sons」のイントロSEで流れた、9・11の映像。
歌詞をよく理解してなかったので、そのとき素直に映像に入り込めなかったんだけど、今日歌詞を読んで理解できました。
どちらが善であるか、悪であるか、加害者であるか、被害者であるかといった二元的な話に持ち込んでいるわけではなく、もっと普遍的な目で、つまり、聖書(ここでいう聖書はイスラムの教え)の解釈が間違えて突っ込んだ人たちもSacrificed sonsなんだ、と歌っていることがわかったので、昨日の映像を思い出して素直に気持ちが記憶している映像に入り込むことができました。

「Octavarium」
それから「Octavarium」のオープニングSEをJordanが完全再現している姿。
ソロだから当然なんだけど、一音も聴き逃したくない、と強く集中してた気がする。
曲の中では「Ⅲ.Full circle」での言葉遊びの背景に出てくるビートルズ等々の映像。
「あ、ジム・モリソンだ」とか思いながら、特に意味はわからないけどなんか印象にある。

あとは決めの部分。
「Trapped inside this Octavarium!!」のスクリームと、
ゴッドファーザーもどきのJordanキーボードのタメ。
Mikeに「そら、タメが長すぎるぞ、行けよ!」って促されてる感じにも見えたけど(笑)。

とにかくその後は「あー終わっちゃうよー、、」という寂しい感覚と、「ほんとすげーなー」の感嘆が入り混じった感覚かなぁ。


「Wait for sleep ~ Learning to live」
これこそ聴きながら「終わっちゃよー ゜(゜´Д`゜)゜ 」と思った。
最も興奮したのは最後のギターその前のLaBrieの
「ウォ~オ~オ~!ウォ~オ~オ~!ウォ~オ~オ~!!」のハイトーン。
パーフェクトでしたよね。
昨日のレポートに書いたけど、本当にフェイクなし。
この場面に来るとき、「音、出るかな?」と若干ドキドキしながら待ってたけど、
完璧に歌い上げたのを聴きながら「うぉーーー!!すげーーーー!!!」と叫びながら拍手しまくってました。


こんな素敵な余韻が残るライブ、ひょっとしたら初来日のRiot以来かもな。。。

あんまりこの事実、書きたくなかったんだけど。。。年がばれちゃうからさ(笑)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-01-18 01:11 | Dream Theater

Dream Theater 東京公演 第三日 日本最終公演 1/16(月)

当初は全く行く予定がなかったのですが、1/13(金)のSet Listが不満だったため、急遽日本最終(追加公演)であるSHIBUYA-AXへ行ってきました。
「Iwalk beside you」、「Octavarium」を聴くためだけに8,000円(当日券)払うつもりで行ってきましたよ。さすがに今日は演る、、、よな!??と信じ、会社を定時に上がり向かいましたとさ。

どうせなら「Ocravarium」アルバムを丸々1枚やって欲しいところ、、、2ndからは「Metropolis-Part1」聴きたいけど、1/12(木)にやったからやらないだろな。「Pull me under」は1/13(金)にやったから「Learning to live」聴きたいな、、、などど思いつつ時間がきました。

結果は・・・。


Dream Theater @ SHIBUYA-AX

① As I am
② The mirror
③ Lie
④ After life
⑤ Through my words ~ Fatal tragedy
⑥ Speak to me
⑦ In the name of god
=インターバル=
⑧ The root of all evil
⑨ The answer lies within
⑩ These walls
⑪ I walk beside you
⑫ Panic attack
⑬ Never enough
⑭ Sacrificed sons
⑮ Octavarium
=アンコール=
⑯ Wait for sleep
⑰ Learning to live


<感想&解説>
①。今日はAs I amから。スタンディングのライブハウスにはうって付けの1曲目!
そこから金曜日に一曲もやらなかった3rd albumから2曲続けてheavy number!!
これはキタ!、まぢでキタ!!既に首が縦に動いてます。何年ぶりのヘッドバンギングだろうか(笑)
さらに今回のこのライブハウス、音がいい!異常にいい!!
ベースを含めた各パートの輪郭がくっきりとして、それでいてそれぞれが融合してキッチリと聴こえる。あー、やっぱり狭い箱で聴く音は最高!!

④は1stから。これも金曜日になかった選曲。久々に聴いてちょっと忘れてました(笑)
⑤はScenes from memoryから。文句なし。最高。
⑥は知らない曲でした。個人的に休憩(笑)。友人によると「Falling into infinity」の発売初回特典で附録CDシングル収録曲。ライブDVDにも収録されるとのこと。この時初回で買ってなかったからなー。それにしてもアルバムから1曲だけなのに渋い選曲。このあたり、他の東京公演と被らないようにして、複数回来てるコアなファンに対する配慮が伺えます。

⑦は「Train of thought」の最後の曲。この曲でSet1が終了するのだが、ここでいやが上にも期待が膨らむ。これで終わるって事は「Octavarium」につながるわけだし、まだ1曲も「Octavarium」からやってないぞ、ひょっとして。。。


15分のインターバルを経て、Set2へ。。


キタ!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!
キタ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ !!!!!

「In the name of god」の終わりのSEから始まり、「Octavarium」アルバム1曲目の「The root of all evil」へ。
もうここからはアルバムの完全再現です。SEも完全だし、どうやってるの?というような演奏まで再現してて見ごたえ抜群。ライブハウスだと一番後ろでもよく見えるのでいろいろ小技が見れて楽しかったー。
今日の目的だった⑪も⑮も聴けました。歌えました。
これ以上書くことありません。

そしてアンコールを挟んでまたもや希望の曲が。。
ピアノが始まり「Wait for sleep」。
ジョーダンは原曲を壊し気味にアレンジてしまうことが多いけどこれは完コピ。GJ!
「Learning to live」も元々名曲で言うことないですが、ほんとによかった。
日本公演最後を飾るにふさわしい充実の終焉でした。
歌い上げるところも、ギターの決めも文句なし。

おつかれさん、Dream Theater。
ありがとう。


<まとめ>

ほんとに行って良かった、最終日。
今回よかったのは曲は当然のことながら、音が最高によかった。
ギターもクリアでよかったけど、何よりベースがよく聴こえたのが良かった。
あれだけ複雑なことやってて音が聴こえないなんてカワイソ過ぎるし、もったいないもんね。
そんでもってバランスが最高でした。
各パートがフューチャーされているところはシッカリと聴かせてもらえ、非常にいいPAの仕事っぷりでした。

それから何をおいてもジェイムス・ラブリエ。来日通してずーっと調子がよかったようですが、今日も最高の歌いっぷりでした。
「As I am」から「Octavarium」までフェイクなし。いろいろライブ行ったことあるけどここまでアルバムどおりに歌い上げるヴォーカルは見たことありません。いいもん見たなー。

大満足の最終日でした。
まんぷくです。

めでたしめでたし。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-01-17 00:23 | Dream Theater

Dream Theater 東京公演 第二日 1/13(金)

1/13(金)に行ったDream Theaterのライブに行って着ましたので、セットリストを含めて冷静な目で(笑)、書いておきます。

Dream Theater @ 東京国際フォーラム Aホール

① The glass prison
② This dying soul
③ Never enough
④ Panic attack
⑤ Just let me breate
⑥ Raise the knife
⑦ Home
=インターバル=
「Live in Japan」(Deep Purple)
⑧ Highway star
⑨ Child in time
⑩ Smoke on the water
⑪ The mule
⑫ Strange kind of woman
⑬ Lazy
⑭ Space truckin'
=アンコール=
⑮ The spirit carries on
⑯ Pull me under


<感想&解説>
①。今回のツアーではこれまですべて「The root of all evil」がオープニング曲だったがこの日は変えてきた。

当初、ドラムの音(特にスネア)の音が大きすぎたが③あたりからバランスが良くなってきて、曲全体の輪郭がハッキリしてきた。前日も同じ場所でやっているわけで、前日の最もいい形でスタートしてくれればいいと思うのだが何故だろう?
マイク・ポートノイが「ドラムをでかくしてくれ」とかワガママ言ってたのかな。そんでもってその後PAが徐々にこっそり下げて調整していったのかも(笑)

それとずっと気になってたのが、マイクのシャツ。FC東京のユニフォーム着てたと思われるだ!!席が遠くてよく見えなかったが、あれは間違いなく東京のだと思うのだがどうだろう??曲を聴きつつも気になって仕方がなかった(笑)

③④はアルバムと順番を変えて演奏。最高。「Octavarium」アルバムからはこの2曲のみだが、このアルバム自体が捨て曲なしの名盤のため問題ないが、逆に2曲しかしないのがもったいないな。。。

⑥は未発表曲。やたら長くて意味がわからない、というのが正直な感想。ただでさえ一度聴いたただけでは良さがわかりにくいバンドの上に、この曲は長く、キャッチーなメロディもなかったので選曲ミスかな、という感じでした。

⑦の演奏が始まった時点で少しガッカリ。というのも、これが演られる事で第二部に「Scenes from memory」が演奏されることがなくなったため。
曲自体は当然最高でした。

15分のインターバルの間は「Awake」の三部作のアコースティック・バージョンを流していた。ボーカルは女性でいい雰囲気でした。

このインターバルで友人とあれこれ第二部に関して予想する。
思えばこの時が一番盛り上がってたかもwww
なにせ、第一部で1st、2ndから一曲もやらなかったわけで、それが大きな勘違いへの引き金になってしまった、と言うわけです。
たぶん多くの人が「Images and Words」に大きな期待を寄せたと思うんだけどなぁ。。

第二部は名盤の誉れ高い「Live in Japan」 by Deep Purpleのコピー。
相当練習(打ち合わせ)してたと思います、彼ら。進め方はかなり本物に似てたから。

実はパープルをカバーするんじゃないか、というのは事前に友人と話してる中でも出てて、その中でも⑨「Child in time」は合うだろなぁ~、と個人的に思ってました。
なので予想の範囲に「In Rock」は入ってたのですが、「Live in Japan」は予想外でした。⑨に関しては、ジョーダンがオルガンの「原曲の肝」になるメロディーをいじっていた為、ちょっとガッカリという印象が残っています。

⑬「Lazy」はかっこよかった。あとは⑭「Space truckin'」。あの退屈な曲がDTがやるとこんなにかっこよくなるのか!とびっくりしました。DPがやってるのを生で聴いたらかっこいいのかもしれないけど、当時のラインナップではもうありえないからなんとも言えませんけど。

そしてアンコール。

⑮は泣けました。ガッツポーズに近いかも(笑)。大好きな曲を聴けてよかったなー(T_T)
⑯も◎

結論はやっぱり自分たちの曲をやるべきだったし、1日だけ行くなら別の日だね、というのが感想です。「Octavarium」アルバムを丸々1枚やってもいいでしょう。こいつは「Images and words」、「Scenes from memory」に並ぶアルバムだと思うから。

やっぱり月曜日行きます、渋谷AX。
このままでは後悔するから(笑)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-01-14 20:21 | Dream Theater

撃沈!

本日はDream Theater東京公演第二日に行ってまいりました。

いままでの流れでよく分かってるのですが、今回は自分でちょっとテンションを上げすぎました。結論から言いますと、「a classic album covered」は大失敗!!

第二部の演奏で何をやったかと言うと、まさにクラッシック。
Deep Purple の「Live in Japan」。イントロで、ツクツクツクってなんかちょこちょこやってるギターをコピってました、ぺトルーシが。

第一部で1st,2nd,3rdアルバムのどの曲もやらなかったので、中断時間中に「ひょっとしてこれは!?」と思ってたので、若干期待が外れたなー、と思いつつも、
すげー!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
( ゚д゚)おおぉぉぉ!!!!!
これは盛り上がりそうだ!!!!!!
と思いました。
思いますよね!?

で、実際に曲を聴くと「High way star」も「Child in time」も「Lazy」も、ダサいと思ってた「Space trackin'」までもがかっこよかったですよ。

しかーし!!
あらゆるソロはぶち壊し。オルガンソロもギターソロもぶち壊しすぎです。要は弾きすぎ。イメージ湧くと思います。往々にしてありがちですよね、コピーじゃなくてカバーだと。まー、ここは自分たちの色を出すためだから百歩譲りましょう。でもね、ソロ長すぎ(T_T)。俺ら、DTの曲を楽しみに来たのに、リッチーのような間合いも魅せられないソロを聴かされて、正直ただの弾きまくり。そんなもん聴きたくないんだよ、と。ほんと酒井康に斬ってもらいたいYO!昔のBurrn!だったらメタくそに斬られてるだろうなー、と思いました。

第一部は1/12の曲とは全部違ってて、一緒に行った友達も大満足だっただけに、落差は激しかったです。なんせこれだけは聴かせてくれ、と思ってた「I walk beside you」も聴けず、おまけにアンコールの最後は「Pull me under」。なんで「Metropolis」じゃねーんだよ!!

唯一の救いはラス2の「The Spirit Carries On」。
ダラダラとした「Live In Japan」が終わった後の流れだっただけに、友人曰く「のどがカラカラのときにやっと飲めたビール」、という感じでした。ほんとこれがあってよかった。ホッとした。大声で歌えた。

ということで、1/12に行った人は勝ち組。俺は負け組み。 _| ̄|○
でも負け組みで終わりたくないので当日券買って1/16の渋谷AXに行くかも。。。

PS
セットリストは後日追記します。
ちなみ①The glass prison、他、新譜からはNever enough, Panic attackをやってます。あと1stとAwakeからは1曲も(1曲も!!)やっていません。

PPS
そんな文句を言いつつ「Live In Japan」聴きながら書いてます。
「Smoke on the water」のイントロは完コピだったみたい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-01-13 22:38 | Dream Theater

Dream Theater 東京公演 第一日 1/12(木)

1/12(木)は行っていませんが、友人から聞いたセットリストを載せておきます。

Dream Theater @ 東京国際フォーラム Aホール

① The root of all evil
② Another won
③ A fortune in lies
④ Under a glass moon
⑤ Caught in a web
⑥ Peruvian skies
⑦ Strange deja-vu
⑧ Solitary shell
⑨ About to crash
⑩ Losing time
=インターバル=
⑪ As I am
⑫ Endless sacrifice
⑬ I walk beside you
⑭ Sacrificed son
⑮ Octavarium
=アンコール=
⑯ Metropolis Part 1


<感想&解説>
①はアルバム「Octavarium」のオープニング曲。その後は②から発表した時系列に並べている。
②はMajesty(DTの前進バンド)時代の未発表曲だそうです。
このセットリストを見て思うのはやはり「Octavarium」があること。
24分にもなるこの大作を今回のツアー以外で再現される機会はもないと思われる。
う~ん、うらやましい。。。
そして最後に「Metropolis Part 1」がくる。垂涎。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-01-12 23:41 | Dream Theater

Dream Theater 来日

f0017246_018401.jpgTheater of dream といえば Old Trafford のことですが、今回はDream Theaterの話。

昨年、アルバム「Octavarium」を発表した
Dream Theaterがついに来日です。私は1/13(金)に国際フォーラムで観戦(変だな、この表現w)。一緒に行く友人は1/12(木)のライブへも行くらしい。うらやましい。。。もう日付変わって今日だよ!う~、やっぱ両方行くべきだったかも。。。

ライブ自体が2・3年前のIron Maiden以来なので非常に興奮してます。
Dream Theaterは10年ほど前の東京ベイNKホール以来だ。あれは「Awake」ツアーでした。その前は中野サンプラザだった。”Take the time”、最高だったなー。

余談ですが当初ブログのタイトルは「Take the time」にするつもりでした。というかしてました(笑)。すぐ今のに変更したけど。

1/13(金)には2部にクラッシック・カバーをやるらしい(DT公式)。
セルフカバーをお願いぃぃぃぃ!!!
やっぱりDream Theaterを聴きたいよー!!(その他来日情報はこちらにも

ここ2・3日友人とそのメールばかりで興奮しっぱなしです。
まずは13日、仕事が終わってちゃんと帰れますように。。。(´・ω・`)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-01-12 00:27 | Dream Theater