カテゴリ:2007 U-20 WC( 3 )

U-20 チェコ戦と総括

 アジアカップやナビスコがあって瞬く間に古い話になってるが、2007年のU-20に対する感想。


■U20ワールドカップ ラウンド16(決勝トーナメント1回戦)
7月12日(木)12:15キックオフ(日本時間)/カナダ・ビクトリア
U-20日本 2-2(PK3-4) U-20チェコ
得点者:22'槙野 智章 (U-20日本)、47'森島 康仁(U-20日本)、74'KUDELA Ondrej (U-20チェコ)、77'MARES Jakub(U-20チェコ)

 選手コメント(スポナビ)(J's GOAL

 2-0になってから、チームとして防戦一方になってしまったのはもったいなかった。選手のコメントでは「チェコが蹴ってきてそれに付き合って・・・」というような言い方もみられたが、意外とチェコの選手のドリブルに手こずっていた印象だ。彼らはとにかくボールをもったら前へ、の意識が強かったように見えた(ちなみに現時点でチェコはスペインをまたもやPKで倒してベスト4へ進出。これを知ると益々悔しい・・・)。

 日本がとられたPKは、ひとつ目は相手が上手く倒れて、青木の足も当たっていたので仕方がない感じがしたが、ふたつ目の福元のは相手のシミュレーションぽかった。しかし、日本がもらったPKもラッキーに見えた。何より田中のガッツポーズがそれを表している。

 PKを獲られたことを悔やんでも仕方がなくて、やはりペナルティエリアまで頻繁に入り込まれた時点でそれだけの危険が充満してたということ。もちろん失点しなければよかったのだが、相手の圧力にずるずると下がってしまい、カウンターを狙ったり、ゆったり時間を使ったり、はぐらかしたりする、その辺のうまさが欲しかった。

 吉田靖監督はチーム作りや、選手とのコミュニケーションは非常に優れているのだろうが、試合中のゲームコントロールに関しては、もっと打つ手があったのではないかと。交代カードの切り方は少し消極的に見えた。

 相手が一人少なくなってからの攻めはシュートセレクトが悪かった。もっといいタイミングで撃てるところがあるのに、遠くからミドルを撃ってしまったり、チグハグな印象が残った。あせりもあったんだろう。

 結局チームはPKで敗退。PKはやばそうな気がしたが、悪い予感は的中した。GK林の評価とだが、PKは仕方がないとしても、割とクロスボールへの判断が中途半端(飛び出しても触れなかったり)な感じがして、世間的な評価の高さがよくわからなかった。


 ■今大会のチームの評価

 「99年を越える!」というマスコミの煽りがあったが、グループリーグの戦いぶりから見ても、確実に前世代(05年)は越えている。そこは監督(大熊さん)の差も大きいだろうが。。。

 肝心の99年との比較だが、99年も実はトーナメント一回戦でポルトガルとPKまでもつれていた。確か、相手のGKが退場(負傷だったか)したにも関わらず延長でも得点は奪えず、PKもギリギリの5-4。しかしPKはきっちり決めていた印象があるし、その辺りのスキルは99年は非常に高かった。

 今大会、CB福元は最終ラインでダイレクトのパス交換ができるスキルがあるし、梅崎・柏木にしても個の輝きを見せていた。しかしFWは高原、永井、播戸のいた99年と比べると、やはりスケールが劣る。森本、伊藤がいれば違ったのかもしれないが、その点は残念だった。

 最終的にこの世代の評価が確定するのは、どれだけ五輪組みへ昇格して、そしてレギュラーを獲れるかどうかにかかっているだろう。

 今大会の日本代表のサッカーは美しかったが、受身に回るともろかった。そんな印象のチームだった。日本らしいサッカーを見れたし、そのやり方で世界に通用することが証明されたのは今後の育成現場や上のカテゴリにも参考になるのかもしれない。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-07-16 02:10 | 2007 U-20 WC

U-20 対コスタリカ く~、見逃した・・・

 youtubeでのダイジェストしか見てないわけですが、スポナビや今朝の日経朝刊を読むと、苦しい試合だったようで、単なる勝ち点3以上の価値ある勝利だったようですね。勢いに乗ったらノリノリになる若い世代だけど、耐える試合になったときどうか、というのを前回書いたのですが、早くもこれを克服し、しかも引き分けではなく勝利で決勝トーナメント進出を決めたというのは立派の一言です。

 U-20日本、1-0で勝利 2連勝で決勝T進出決定!(スポナビ)

 試合を見ていないのが返す返すも残念ですが、耐えた末の1-0の勝利と言うのは、5-0などの圧勝よりも遥かに成長する数字だし、吉田監督のコメントも選手の成長を讃えるものになってます。

 やはりこの大会の意義として、一試合でも多く試合を行う、というのがこの世代を預かるコーチ・監督のひとつの目標でしょうし、第一関門突破は非常に喜ばしいことだと思います。あとは次の試合をうまく調整(連戦の選手の休息、控え選手の活用、モチベーションの維持、チームの結束)にあてて、ノックアウトトーナメントへ備えてもらいたいです。

 トーナメントの後がない状態での1試合1試合が選手を成長させると言いますので、それをひとつでも多く経験して、最終的には99年を超える成績を残してもらいものです。

 決勝トーナメントへ行ったら地上波でもLIVEでやってくれるんですかね?寝不足でもいいので夜中にやってほしいなぁ。社会人3年目に寝不足だった2週間を思い出します。今回もあの時のようにテンション高くいられる「素晴らしい寝不足」(笑)を期待したいです。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-07-07 00:23 | 2007 U-20 WC

U-20 対スコットランド 勢いが吉と出れば。

 U-20代表が自分たちのサッカーをやり通して、鮮やかに初戦を勝利しました。

7/2(月)6:15キックオフ(日本時間)/カナダ・ビクトリア
U-20日本 3-1 U-20スコットランド
得点者:43' 森島康仁(U-20日本)、57' 梅崎 司(U-20日本)、79' 青山 隼(U-20日本)、82' CAMPBELL Ross(U-20スコットランド


 結果をニュースで見たときは「素晴らしい!」と思ったのですが、昨日の夜のフジテレビ録画放送を見て、ちょっとしたポイントで試合の流れが変わりそうだったことがわかり、(試合は終わっているにも関わらず)ヒヤっとしました。

 1点返された直後に、カウンターから左サイドに張り出した相手FWが際どいシュートを放つシーンがありました。あれが入っていたら試合展開はわかりませんでしたね。いや危ない。それとビリーズ・ブートキャンプや、(なぜか)広島の矢を放つパフォーマンスが1点目から出てましたが、1点目でちょっと浮かれすぎかな、とこれまた心配になりました。

 試合も圧倒的に支配してたし、相手の決定的シーンもあまりなかったので、完勝に近いんでしょうが、もっと横綱相撲のような試合展開に持ち込めただろう、というのが正直な感想。そこはまだまだ勢いまかせな感があります。それだけ伸びしろがあると、いい方に解釈しておきます。まぁ、その勢いがいい方に行っているうちはガンガンいけるでしょう。

 それにしても、いわゆる「代表」があれだけチームとして機能しているのはすごいです。個々のスキルが高いのはJリーグに出ているという事実だけでも当然理解していたのですが、チームとしてダイレクトパス、ボール保持者へのサポート、FWを追い越す迫力のある動き、それぞれがリンクしていて、そして選手と選手が近くて、個人ではなくチームとして完成度が高いな、と思いました。

 2点目の梅崎のゴールもそうですが、前半からボール保持者を追い越して複数の人間が相手ゴール前へ殺到することにより、相手DFが下がり、パスコース、シュートコースができてくる、というのが面白いように分かりました。Jクラブのディフェンスだと、あそこまでズルズルと下がることはないので、日本代表にとってみれば、非常に余裕を持ってプレーできていたと思います。

 あとは先制された後など、自分たちが思ったようにできないときに、どれだけ修正できるか、その辺りが気になります。そこをチームとして変えていける様な状態になれば、上も見えてきますね。まずは次です。

 次は、木曜日の午前中で、またその夜に録画放送です。99年のように嬉しい寝不足の日々が続くかもしれません。今年の世代は前世代とは違って、相手によっては圧倒する力(個とチーム力)を持っているので、十分世界の強豪国とやっていけそうな気がしてます。当然ナビスコもありますし、アジアカップとトリプルでシンドイ月になりそうです(笑)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-07-03 22:40 | 2007 U-20 WC