カテゴリ:クラブWC( 7 )

CWC 3位決定戦を録画、決勝を半分

 録画でガンバ×パチューカ、BS日テレの再放送で決勝を前半だけテレビ観戦。

12月21日(日) FCWC 2008 3位決定戦
パチューカ 0 - 1 G大阪 (16:30/横浜/62,619人)
得点者:29' 山崎 雅人(G大阪)

 いやー、すごいわ、ガンバ。この日程であの中盤の構成力の高い相手に正面から自分たちのスタイルでぶつかって勝った。途中で奥寺さんが言ってたけど、中と中でつなぐパチューカに対して、裏もつけるし長短織り交ぜるパスもガンバのほうがバリエーション豊かで効果的だった。山崎もこんなにシュートがうまい選手だなんて知らなかった。

 北中米のトップクラブとは差がないということがよくわかったんだけど、アフリカのクラブとやるとどうなるか、とかそういうちょっと違う面を見てみたい気がした。そんなことよりも、今週中に天皇杯が名古屋とあるガンバ。しんどいだろな。でも来年この大会(CWC)に戻ってくるには天皇杯を勝ち上がるしかないので、そういう意味じゃ燃えるんだろうか?遠藤がまた体壊さないことを祈ります。


12月21日(日) FCWC 2008 決勝
リガ・デ・キト 0 - 1 マンチェスター・U (19:30/横浜/68,682人)
得点者:73' ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)

 決勝は前半だけ23時から見て、後半は疲れと眠さで断念。ちょうどやべっちで後半のダイジェストを見た。前半はガチガチに守られて2バックのマンU。やっぱりそれだけ差があるんだろうなという感じ。あれが決勝かと思うとなんかひどい(笑)。結局ルーニーのゴールでマンUが勝ったんだけど、あれでキトが勝ってもやだなぁ。

 もう少し攻撃のできるクラブが南米からも上がってきてもらわないとな、と思いました。


 ところでガンバ×マンUの試合に対する後藤健生さんのコラムにはほんとその通りだと思った。
 ↓
【後藤健生コラム】悔しさを前面に出した西野朗監督の会見  そうだ、負けたチームに称賛は要らないのだ!

記者席で、会見場で感じた違和感がよく伝わってくる。記者席で悔しかったろうなぁ。そうか、僕は自分が悔しかったら前のようなエントリになったのだな、と気付いたのだった。。。JFA会長さんもきっと悔しかったんだろうな(笑)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-12-23 01:55 | クラブWC

CWC ガンバの選手に対するちょっとした違和感

 西野監督が悔しがり、選手は笑顔でサポーターに挨拶をした。犬飼会長はそんな選手たちに苦言を呈した。もっと悔しがらないと、監督が一番悔しがってるじゃないか、と。

 僕は、JFA会長に、珍しくいい事言うじゃないか、と思った。

 勝負の世界は勝ってなんぼ。山崎の得点はよかったけれど、その後の失点は最低だし、得点はおまけみたいなもんだと思った。ガンバサポがどう思ってるか知らないし、選手がどれだけ満足しているか知らない。でもやっぱり勝負の世界に生きるものとしての気持ちは西野監督の発言が僕には一番しっくりきた。(さすが96年に勝負に徹した男だと思った)

 あそこまでできるなら、もっと悔しがるべきじゃないのかな、ガンバの選手は。あんな調整みたいな緩い相手に、「そこそこできました」みたいな感想をいってる遠藤はちょっとガッカリした。書彼はもっと志が高いと思っていた。

 参加するだけで、対戦するだけで満足するなら別に親善試合でもいいわけだし。

 どうでもいい話みたいになってるけれど、こんな調子だと「対戦するだけで満足、CWCはボーナスステージ」みたいな感じだ。2002のときもグループリーグを突破してあとはボーナスステージみたいな感じでトルコにあっさりやられた。選手もファンもみんなゆるかった。ガンバの選手の全員の気持ちなんか知る由もないけれど、ひとりでも悔しい思いをしてる選手がいたら、日本のサッカーも多少は進化するだろうなと思った。

 一夜明けていろんなコメントを読んでちょっと残念だった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-12-20 01:14 | クラブWC

CWC準決勝 ガンバ大阪×マンチェスターUtd.

 これまたテレビ観戦。相変わらず日テレの中継がうざいので副音声で英語受信。

FIFAクラブワールドカップ 準決勝 2008/12/18
G大阪 3 - 5 マンチェスター・U (19:30/横浜/67,618人)
得点者:28' ヴィデッチ(マンチェスター・U)、44' クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U)、74' 山崎 雅人(G大阪)、75' ウエイン・ルーニー(マンチェスター・U)、78' ダレン・フレッチャー(マンチェスター・U)、79' ウエイン・ルーニー(マンチェスター・U)、85' 遠藤 保仁(G大阪)、89' 橋本 英郎(G大阪)

 立ち上がりから様子見のマンU。たぶん体調も考えて慎重に入ったのだろう。対して全力で試合に入ったガンバ。この関係もあり、序盤はガンバペース。シュートを何本も撃ち込んでいて雰囲気はよかった。ただし決定的なシーンは遠藤の浮き球スルーに反応した播戸の1本だけ。これはファンデルサールがブロック。マンU最初のCKのとき、この身長差はやばいなと思ったが、最初は無難にやり過ごした。しかし2度目にはあっさり入れられた。ビリッチが進路を防ぐ山口の上からぶち込んだ。せめてジャンプして競って欲しかった。さらにロスタイムにもまたもCKから今度はロナウドに決められて2失点目。

 いずれもキッカーはライアンギグス。90年代のあの快速ドリブルはもう見られないが(あの頃のギグスは本当にすごかった!)、こうして正確なキックを活かしてゲームメイクで生き残ってるのだから感心する。もっともプレミアリーグでの出番は減ってるわけだが。

 後半もほとんど勝負あったかと思われた25分頃、テベスとルーニーが交代した一瞬のゆるみをついて山崎が一点返した。縦に縦に切れ目なくつないで隙を突いたナイスゴール。スタジアムが、特にガンバサポがにわかに活気付いて、よし来たと思わせたが、中澤聡太のまずい守備もありあっというまにルーニーに決められ突き放された。そのあとのフレッチャー、ルーニーの得点はすごい迫力だった。エブラのクロスも見事だったし、ボールが後ろにあって厳しいと思ったボールを強引へ前へ押し出して、藤ヶ谷の反応より先につま先で流し込んだルーニーのプレーも一流だった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-12-18 23:50 | クラブWC

CWC準決勝 パチューカ×リガ・デ・キト

 ところどころ見逃しながらテレビ観戦。

FIFAクラブワールドカップ 準決勝 2008/12/17
パチューカ 0 - 2 リガ・デ・キト (19:30/国立/33,366人)
得点者:4' ビエレル(リガ・デ・キト)、26' ボラーニョス(リガ・デ・キト)

 キトはエクアドルのチームということでひょっとしてパチューカの勝ちあがりもあるかもと見始めたが、あっという間にキトが先制してしまった。パチューカのクリアがDFへ当たって跳ね返り、キトの選手の前に転がってきて流し込んでの得点。さすがにミスを見逃さない。その後も前半のうちに相手のハンドを誘ってFKを得て、それを得点してしまう抜け目のなさ。エクアドルであっても南米No.1には違いなかった。

 パチューカはよく攻めたけれどゴール前の決定的なところで仕事がほとんどさせてもらえなかった。すごい出足、運動量ではあったがゴール前を固めるキトを崩すには至らなかった。サイドで崩しても中をしっかり抑えるキトのDF陣は安定感があった。

 それでもパチューカの最後まで自分たちのサッカーを貫く姿勢にはチームの意志の強さを感じた。Jクラブなら放り込みたくなる時間帯でもそれをせず、最後の最後までショートパスをつないで崩そうとしていた。目指すものは東京も同じだろうが、パススピード、正確性、連動、スペースの作り方、どれをとっても数段上で、お手本になるプレーがいっぱいあったように思う。

 決勝で当たると思われるマンUであってもキトのディフェンスを崩すのは容易ではなさそうだ。ただし、パチューカはハイボールを一切入れてこなかったので3次元の攻撃に対してキトのDF陣はどうなのか。そういった点も決勝を見る際のポイントとして楽しめそうだ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-12-17 23:18 | クラブWC

クラブワールドカップ決勝(と3決)

 テレビ観戦。忘れないうちにメモ。

●FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007 3位決定戦 12月16日(日)
エトワール・サヘル 2-2(PK2-4) 浦和(16:00/横浜/53,363人)
得点:5' サブール・フレジュ(エトワール・サヘル)、35' ワシントン(浦和)、70' ワシントン(浦和)、75' アミン・シェルミティ(エトワール・サヘル)


 まずは3位決定戦。アフリカ王者相手に日程的には1日休養が少ないなかよく勝ったと思ったが、浦和は完全ホーム。サポータの問題よりも試合のない日には自宅で静養できるわけで、環境が圧倒的に有利なことは間違いない。それを差し引いてもガチンコでしっかり他の大陸王者に勝ったのは立派だ。

 しかしながら、日テレの「世界3位」連呼にはうんざり。言うまでもないが大会の3位であって決して世界3位ではない。UEFA CLでミランに負けたリバプールやマンUより、浦和の方が上なわけがない。ほんとにこういうメデタイ煽りはスポーツ新聞ともどもうんざりする(別にスポーツ紙は見ないからいけど。あ、トーチュウは見るか)。

 それにしても坪井と都築の対応はひどかった。PKで勝っても憮然としているのは当然だろう。ミランには全く歯が立たないけれども、日本のクラブがアフリカのクラブ相手だといい勝負ができる、というのはある意味驚きだった。ただし、いい勝負をしたのは浦和であって東京ではないですが。どうも東京に置き換えて見てしまうと、坪井と都築の対応が笑えなかったりするけれども。

(続きを読む)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-12-18 22:05 | クラブWC

2007クラブワールドカップ ミラン・浦和、他

 ここまで2.5試合ほどテレビで見たので簡単に記録。

 セパハン 1 - 3 浦和 (19:30/豊田ス/33,263人)
 得点者:32' 永井雄一郎(浦和)、54' ワシントン(浦和)、70' オウンゴール(浦和)、80' マフムド・カリミ(セパハン)

 後半のみ観戦。浦和はここで負けると終戦となるところだったが圧勝。J最終戦のあの状態からよく立て直してきたもんだ。が、セパハンはチーム内にインフルエンザが蔓延していたらしく、それにイランから来て中2日で試合なのだからキレがないのはしょうがない感じだったか。とりあえずJクラブが欧州王者とガチで対戦することが決定。
 

 エトワール・サヘル 0 - 1 ボカ・ジュニアーズ (19:30/国立/37,255人)
 得点者:37' ネリ・カルドソ(ボカ・ジュニアーズ)

 チュニジアのエトワール・サヘルの足元の巧みさとクイックネスが印象に残った試合。もちろんボカが勝つことを当然に予想した上での観戦であり、そこに嬉しい驚きを与えてくれたのエトワール・サヘルだった。この前のパチューカとの試合を見ていなかったので新鮮だった。

 チュニジアはアフリカというよりも、やはりアラブのサッカーの匂いがした。このあたりは人種の関係もあるのかもしれないがアジアとブラック・アフリカの中間色を濃く感じる。サウジアラビアのA代表にも似ていた。宗教によってサッカーが似てくるとは考えにくいので、やはり人種の特徴なのだろう。

 ボカは一瞬の隙を突いて得点。足元のうまさ、連動の鋭さ(パレルモのポストからダイレクトスルーパス)、こちらはしっかりとアルゼンチンの匂いがした。

(続きを読む)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-12-15 02:00 | クラブWC

クラブWCが盛り下がりかねない懸念

 日曜日、味スタへ向かう電車の中吊広告で、R25がクラブワールドカップの特集を組んでることを知り、電通頑張ってんな、と思いつつ日本橋の駅で手にとって読んでみました。R25を手に取ったのは2度目くらいです。

 そもそも「特別号」と銘打っているので、一冊丸ごと宣伝みたいなもんですが、表紙裏と1ページ目、裏表紙の裏の合計3ページ以外はクラブワールドカップ関連記事onlyの48ページ!中身も濃くてなかなか楽しめます。クラブWCと関係無さそうなゴン中山のインタビュー(未読)、セルジオ越後の生観戦を楽しむ7つの秘訣(未読)が楽しみです。

 FIFAクラブワールドカップジャパン2007(日テレ公式サイト)

 さて、現在ACLを戦う浦和が決勝進出を決めましたが、浦和ファンのみならず、Jリーグファンの注目を集めています。皆それぞれ色んな想いで見ていると思うのですが、僕が浦和に優勝してほしいと思う理由のひとつに、このクラブWCに参加し、世界の強豪クラブとJクラブにはどの程度の差があるのかを見てみたい、という気持ちがあります。(開催国枠という他国に後ろ指差されそうな情けない参加ではなく、チャンピオンとして参加してほしいという気持ちもあります)

 しかしながら、R25のトーナメント表を見ていると、ある懸念を感じました。場合によっちゃ大会が一気に盛り下がるような懸念事項です。。。

(続きを読む)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2007-10-31 22:22 | クラブWC