カテゴリ:football( 38 )

UEFA CL Final バルセロナ×マンチェスター・ユナイテッド 圧勝

 いまさらですが自分用のメモ。

バルセロナ3-1マンチェスター・ユナイテッド

 ウェンブリーでの決勝。さすがにスタジアムの雰囲気は最高だった。J Sports plus(中継はスカパー)で録画観戦。解説は城福さん。昨年から決勝が土曜に変わり、しかも録画中継が土曜の朝から見れるので嬉しい。思えば水曜日の夜中のときはつらかったなぁ。。。

 マンUがシャルケをチンチンにやったときは、バルサに対してもそこそこやれるんじゃないかと思っていたが、とんでもない圧倒的なバルセロナの強さだった。やはりこのバルセロナに勝つには昨年のインテル(モウリーニョ)のようなやりかたしかないのだろうか。深くリスペクトしたうえでのアンチ・フットボールしかバルサを抑える手立てはないのか。真っ向勝負のマンUは歯が立たなかった。ワンチャンスで一度は同点に追いついたルーニーのプレはさすがだけど。

 こんな状況だと、マンUは組み合わせに恵まれた感がある。マンUとマドリーがあたって、勝ったほうが決勝でバルサ、というのがよかったかと。青森山田が県予選で超シードされてるみたいなのでもいいかもしれないと思った(笑)。城福さんは、これからファーガソンがどういうチームを作ってバルセロナに挑んでいくか楽しみ、と言っていたが、監督云々ではないような気がしたなぁ。来期もCLは楽しみだな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-05 01:21 | football

欧州CL セミファイナル1st leg 2試合

 久々にCLを見ました。スカパーe2のJリーグパック加入者のためJ sports plusで観戦できた。録画なんだけどラッキーだった。クラシコの方はバルサTVで、解説が幸谷さんなので見ることに。金子センセだとたぶん耐えられなくなって、副音声にして、副音声がカタラン語なのでこれも耐えられなくなって、たぶん消してたと思われる。そういう意味でもラッキーでした(笑)。早く寝なきゃならないのでメモ程度で(と思ったら長くなった・・・)。


 まず、おととい見たのがシャルケ×マンU。(0-2でマンU勝利)

 正直シャルケはもったいなかった。マンUをリスペクトし過ぎてたというか、ホームなのにベスト4の雰囲気にのまれているようなところがあって残念だった。ワントラップしても間に合いそうなところをダイレクトでパスを出してミスしてたのが多かった。さらに、じりじりラインが下がってスペースができてやられたい放題になる、という負のスパイラルに陥っていた。攻撃では単発だけどシュートまでいけるところもあったから、うまく耐えて自分たちの時間になるまで我慢できれば、、、と言いたいところだけど、うまくゲームを作られてたなぁ。ルーニーが下がって受けるところとか、いつもドフリーだし、やっぱりちょっと下がり過ぎだったかも。

 もちろん注目は内田。シャルケの試合ってダイジェスト以外でほとんど見たことがなかったので楽しみにしてたのだが、攻撃では見るべきところがなかった。残念ながら中盤でボールが持てなきゃ上がりようがない。欧州の新聞では採点がひどかったらしいけど、個としてはそんなにひどくなかった。突破を許したのはカウンターで一度くらいあっただけだし、ボールを持った時は前のスペースに良いボールを供給してた。うまいよやっぱり。チームとしては、ラウルの相方がモリエンテスくらいやってくれてれば、もっと変わった展開になるだろうにね(ないものねだり&古すぎか)。

 マンU側ではギグス。こういう展開なのでCMFでも守備はあまりしなくて良いから楽々。先制点のシーン、あの走り出しに昔からのプレーが出てた。時折見せるドリブルはスピードこそないものの、むしろスピードがない分コントロールはもちろん周りを見る余裕がすごい。90年代の超絶ドリブルとは違うけど、テクニックのある選手はこうして長生きできるんだなぁ、と感慨深い。いぶし銀になってる。他にはパクチソンに代わってスコールズってのはすごい交代だった。パクがマンUに移った当初は、スコールズに代わってパクが入るときに、すげーな、と感動したものだけど、今やそれが逆になってるんだからさらにすげー。ついに彼も決勝の舞台に立てそうだ(モスクワで決勝をやったときはたしか試合に出なかった)。


 で、さっき見たのがレアル・マドリッド×バルセロナ。(0-2でバルセロナが勝利)

 こっちはガチガチでなかなか面白かった。マドリーがこんなに守りに徹しちゃうのかよ、となんだか悲しくなる前半の頭20分。徐々に攻撃に出るけれども完全にバルサペース。アウェイゴールが怖いのはわかるけど、これがモウリーニョのやりかたなのかと思うと残念。マドリーのファンもこんなもんは望んでないだろうに。

 問題のぺぺ退場のシーンは後半。ニュースでは知ってたのでこれが見たくて録画観戦してたというのもあったのだけど、これで一発退場はちょっと厳しいよ。故意に足を踏みつけにいったわけではなさそうだったので気の毒。ぺぺのこれまでの素行の悪さが影響したのかも。結果としてこれでプレスがゆるくなってしまい、完全に試合の流れが決定付けられたので残念な判定だった。モウリーニョの一連の発言はやりすぎだと思いますけどね。

 ゴールシーンは先にネットで見てたんだけど、試合を見て伏線がわかったのでスッキリした。1点目はほんとにすごい。まずペドロに代えて入れたアフェライがすごい。あのスピードの中で、ボックスの中の動きを確認している。もちろんメッシの飛び込みもすごいけど。それから2点目。メッシに対して賞賛の声がすごかったけど、ネット動画で見たときはDFなにしてんだと思った。どうしてあんなに簡単に決められたのかと。で、試合見てわかった。それまでの数分間、バルサは中盤でボールを回し続けていて、ゴールに向かわずにキープすることに重点をおいていた。突然リズムを変えたのがメッシとそこへパスを出したプレー(あのパスはシャビだったのかな)だった。ドリブルがすごいんではなく、あそこをチャンスだと思って、CBが離れているスペースを見つけて飛び込んでいく戦術眼がすごかった。


 これで決勝はマンUとバルサだろうけれど(2ndで波乱が起きれば面白いけど、かなり決定的だろう)、なんとなくマンUが勝ちそうな気がする。理由は全然ないけど、なんとなく。CLのあとにJリーグを見るのは危険なんだけど、しかもJ2ではないか(笑)。あれはあれ、これはこれ、ということでしっかり2勝目をあげなければ!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-30 02:08 | football

今日は一日"サッカー音楽"三昧

これはすごいまとめ!

サッカー名曲集(12)今日は一日“サッカー音楽”三昧

先日5/4にクラッキーこと倉敷アナがNHK-FMでパーソナリティを勤めた番組「今日は一日“サッカー音楽”三昧」でかけた曲をyoutubeでまとめてるサイトがありました。すごい!。クルマで出かけてるときや、庭でクルマのラジオをつけて少し聴いただけだったんだけど、倉敷アナはラジオがめちゃくちゃ合ってた。むしろ実況より合ってた気がする(笑)。もともとFootball ムンディアルもナレーションがいいし、Foot!もラジオ的というかトーク番組的要素が強いんだけど、ラジオはすげーよかったなぁ。

それにしても最後がYou'll never walk aloneだったのか。。。聴けずに残念。どんなコメントしてたんだろなぁ。。。曲以外では山本アナの心に残る実況ということで、実況の音声だけを流してるのもよかった。イタリア大会決勝、ドーハの悲劇、アメリカ大会決勝、ジョホールバル、フリューゲルスの天皇杯、どれもよかったなぁ。これ以外にもやってたとしたら聞けなかったのは残念だけど。

ではNHKのHPから曲目を転載。
なんと7曲目にvamostokyoをやっていたのか!これもコメントを聞きたかった。。。
そういえばアサヒマンも出てる予定で、ってその時間はまったく聴き逃したよ(笑)、残念。

059. You'll Never Walk Alone / Gerry & The Pacemakers
058. カントリー・ロード / 本名陽子
057. Go West / Pet Shop Boys
056. Can't Help Falling In Love / Elvis Presley
055. OVER / 光永亮太
054. J.LEAGUE ANTHEM 「THE GLORY」
053. Mas Que Nada / Sergio Mendes & Brasil 77
052. 燃えてヒーロー(声優ヴァージョン) / 小粥よう子、山田栄子、三橋洋一、坂本千夏
051. Basket Case / Green Day
050. A Question of Honour / Sarah Brightman
049. Victory / THE ALFEE
048. The Cup of Life / Ricky Martin
047. Gloryland / Daryl Hall and Sounds Of Blackness
046. J's theme / 春畑道哉
045. Mugen / ポルノグラフィティ
044. ふり向くな君は美しい / ザ・バーズ
043. Agustito / Ketama
042. Himne del FC Barcelona
041. Hala Madrid
040. Hala Madrid(100周年記念ヴァージョン) / Placido Domingo
039. Tubthumping / Chumbawamba
038. 元気ニッポン! / よしもとジャパン + ULTRAS
037. サムライロックス / Black Jaxx + 忌野清志郎
036. Anthem / Vangelis
035. 島唄(2002W杯ヴァージョン)/ ULTRAS
034. Campione 2000 / E-Type
033. Samba de Janeiro / Bellini
032. Geld Maakt Niet Gelukkig / Frank & Ronald
031. Perd?o n?o tem / Pele & Elis Regina
030. 走れ☆ホーリーホック!/ eco
029. 空手バカ一代/ 大安蓮
028. 桜のころ/ 甲本ヒロト&坂本龍一
027. THE JAPANESE SOCCER ANTHEM〜日本サッカーの歌〜(吹奏楽ヴァージョン)/ SIENA Wind Orchestra
026. Vindaloo / Fat Les
025. Footballing Weekenders / カジヒデキ
024. Come On England-4-4-2 / talkSPORT Presenters
023. Leeds United Calypso / Lonnie Hilton and the Leeds Footballers
022. Pele / Cornelius
021. Don't Look Back In Anger / Oasis
020. Blue Is The Colour / Chelsea FC
019. Blue Day / suggs & co
018. Three Lions / The Lightning Seeds
017. I Love George Best / The Devoted
016. カルミナ・ブラーナより「おお、運命の女神よ」
015. I Will Survive / Gloria Gaynor
014. Sailing / Rod Stewart
013. 飛躍 / J-100
012. コーヒールンバ / TOKYO LA12
011. The Entertainer / BELLKAMP
010. La Mano De Dios / El Potro Rodrigo
009. Atlético de Madrid(Himno Oficial) / José de Aguilar
008. Leeds Leeds Leeds / The Leeds United Revie Team
007. Vamos Tokyo! / The Midwest Vikings
006. Ya Me Da Igual / Los Auténticos Decadentes
005. Pasos Al Costado / Turf
004. Yo te Quiero Dar / La Mosca tsé-tsé
003. Pazza Inter / La Squadra Dell' Inter
002. Micky Mouth / Dulfer
001. We Will Rock You / QUEEN


おまけ。
去年はこんなのやってたのか。。。(そういえばやってたような)
Master of puppets ではじまり Achilles Last Stand で終わるなんてツボすぎる。
こんなの聴いてたらスタートから7曲で悶絶死してたな。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-08 03:00 | football

UEFA CL Semi Final 雑感

 時間の流れが前後しますが、金曜日に見終わったCL準決勝など。


◆リヨン0-3バイエルン(2nd leg) Total 4-0 でバイエルンの勝ち抜け

 1st legでは双方退場者を出して1-0でバイエルンの勝利。攻めまくって攻めあぐねて、最後はロッベンのスーパーボレーで勝利した。リヨンは人数が一人多くなったことで、逆にプランどおり(引いて耐えてあわよくばカウンター)のプランから少し色気が出たりしたが、あの時間帯に1点取れなかったのが響いた。2nd legでは得点が必要になったリヨンだが、完全に力が違った。退場者が出てどうしようもなくオリッチにやられてしまったが、退場がなくても勝てたかどうだか厳しい内容だった。はっきりいってベスト4に値するクラブではなくて、ボルドーと同国対決でなんとかフランスからベスト4をという意図が見え隠れした組み合わせ意外の何物でもない、という内容。とはいえ、バイエルンの力は相当なものだ。エッフェンベルグやカーンのいた頃の憎たらしい時代のバイエルンのようだった。それにしてもベスト4はベスト4らしい熱戦を期待したいものだ。チームの格がちがったとしてもパク・チソンがいたときのPSV×ミランのような熱戦になるのがCLベスト4だと思うんだけどな。


◆バルセロナ1-0インテル(2nd leg) Total 4-2 でインテルの勝ち抜け

 こちらの試合も不運な判定で退場者が出た。スカパーe2の契約がJリーグセットのため、試合が見れるのはJ Sports Plusで試合をやってくれるときだけなのだが、この試合は嫌いなバルサTV。バルサは好きだがバルサTVは実況(倉敷)も解説(金子)も偏るし、副音声がカタルーニャ語なのでつらいのだ(笑)。特にこの試合の中継では主審のジャッジに文句言いまくりで辟易した。倉敷さんはバイエルンの2試合も担当していたが、こちらでもロッベンがファウルをとってもらえないということを連呼しており、ジャッジに文句が多くてうんざりだった。

 で、こちらの2試合はこれぞベスト4というのにふさわしい熱戦だった。1stの撃ち合いの結果、2ndは当然の試合展開となり、2点なら守りきれると踏んだモウリーニョは鉄壁の守備ブロックを引いてきた。バルサを抑えるのはこうやるのだと言わんばかりの守備。割りきり方も徹底していたし、攻撃にすごい能力を発揮するエトー、スナイデルが守備の職人として働いているさまは凄まじかった。バルサもバルサでもう一歩と思わせるところまで追いつめたし、得点したのがDFのピケというところにもチームの総合力を感じた。それにしても引きこまれる試合だった。


◆雑感

 ロッベンの調子が良くてスナイデルも相変わらずすごい。ここがピークでワールドカップでヘタっててくれたらなぁと思わずにいられない(笑)。この2名ともレアル・マドリッドから移籍してきた選手で、その年度の最後にサンチャゴベルナベウに決勝で戻ってくるなんて格別だろう。この二人を使いきれずに出しちゃても、リーガで2位にいるなんてのもすごい(現在マジョルカが4位というのも信じられんが)。両チームの力は拮抗していると思うので、決勝は楽しみな試合になりそうだ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-03 03:56 | football

チェルシー×インテル(CL16 2nd leg),マンU×リバプール

 週末に録画で見た試合のメモ。

◆チェルシー×インテル CL16 2nd leg

 おもろかった。チェルシーの方が1点取らなければならないので、ホームだし押して試合を進めるかと思いきやインテル一歩も引かず。前半は全くの五分。インテルが試合をコントロールしてる感もあった。決定機はインテルに多く、後半はあわやのシーンもちらほら。崩しきらなくてもなんとかゴールの可能性を感じさせる迫力はこのレベルならでは。決勝点はスナイデルの左足フィードからエトーが右足でゴール。パスのタイミングと走り出し、トップスピードからのトラップとシュート。全部がパーフェクトだった。パーフェクトじゃないと決まらないレベルのディフェンスもすごいが、ずーっとゴールのないエトーがここでこれを決めてしまうのもすごい。Rd8はインテル×CSKAモスクワ。本田がどこまでやるのか楽しみ。0-1でインテル勝利。


◆マンチェスターUtd.×リバプール

 リーグ戦。同カード@Anfieldはリバプールが勝っているのでマンUは負けられない試合。この試合の解説は福西だが全部副音声で視聴。試合中にどうでもいい話に流れていかないし(なっても英語だからわからないし(笑))、英語の方が試合に集中できるので副音声がベスト。
 先制はリバプール。ジェラードのスルーパスにカイトが追いつき、上げたクロスにDF3人の中、ぽっかり空いた所にボールが落ちてきてトーレスがジャンプして余裕のヘッダー。きれいなゴールだった。中にひとりなのに得点できてしまうのはなんだろな。。。
 しかしながらすぐに追いつくマンU。マスチェラーノがボックス内でドリブルの選手(誰だっけかな)を倒してPK。ちょっと外側にも見えたがPK。ルーニーが蹴ったボールは一度はレイナに弾かれたがルーニーの足元に転がりなんなく得点。同点。
 試合は一気にマンUペース。同じ速いパス回しでもマンUの方がピッチを広く使っていて余裕があるように見えた。攻めるとき、守るときの意思統一がいいのかもしれない。あとはルーニーのキープ力が恐ろしくすごい。パク・チソンもほとんど取られることがなかった。ファウル以外で止められることはあまりなかった。で、決勝点はそのパク。サイドからフレッチャーがクロスを上げ(後ろから追い越したネビル(?)の動きも見逃せない)、3人が飛び込みパクは頭部を蹴られながらも体を投げ出してダイビングヘッドでゴール。
 このあとリバプールは交代を重ねるが効果的なシーンはほとんどなかった。でもジェラードはやっぱり1.5列よりも2列目の方がいい。後半最後の方はポジションが後ろになってよくなった。後ろからパスを出したり、後ろから走り込んだ方が彼の良さが生きる。もったいない使い方をしてるように感じた。2-1でマンU勝利。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-23 00:17 | football

引き裂かれたイレブン ~旧ユーゴのサッカー選手たち~

 夜中に帰ってきてご飯を食べてからテレビをつけたらすでに30分経過。
 20分ばかりを見た。

 引き裂かれたイレブン ~旧ユーゴのサッカー選手たち~

 「みんなロックで大人になった」になって引き続きBSドキュメンタリーにやられてしまった。ほんとに油断してるといい番組やるよなーNHK BS。

 この「引き裂かれたイレブン」は2000年に放送された番組の再放送で、BS20周年傑作選の一環らしい。ボバンもミハイロビッチもサビチェビッチも出てくるし、そしてオシムのインタビューもたくさんでてきた。あの代表監督引退会見もあった。何よりも2006年に訪れた街のその前のボロボロな姿が痛々しかった。

 旧ユーゴ関係に対してはいつも気にかけていのでこれを見逃したのは痛恨。

 と思いきやもう一回再放送があった!

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-06-10 01:22 | football

え!?フィーゴ引退なの??


 フィーゴ、今季で引退へ 元ポルトガル代表MF

 んだよー、やっぱネタだったか。東京じゃなくても華のある選手がJへ来たら面白いと思ってたんだけど。

 年が年だからしょうがないか。なんつっても俺と同い年だから。同い年ではジダンはとっくに引退してるし、ネドベドも引退だし、名波も引退してるし、貴乃花は親方だし、ぺ・ヨンジュンは俳優だし、まあそういう年齢だ。



 ポルトガルの黄金世代、お疲れ様でした。
 そういや、ルイコスタはまだポルトガルで頑張ってるのかな!?
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-05-31 02:21 | football

祖母井さんのことをまとめた記事

 久々に僕のお気に入りのサイトをチェックしていたら面白い記事があったのでご紹介します。僕は『祖母力』を読んでないのですが、その『祖母力』を上手に紹介しているブログがありました。

 三十歳から四十五歳を無自覚に過ごすな ~祖母井 秀隆~
 (中小企業診断士 和田伸午のおもしろビジネス放談)

 こちらのブログでは以前モウリーニョの記事も書かれていてそれいらいちょくちょく読んでいます。祖母井さんが若い頃こんなはちゃめちゃな人だとは知りませんでした。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-17 00:20 | football

EURO08 Rd8 オランダ×ロシア 濃い!

 今大会初観戦。

EURO2008 準々決勝 2008年6月21日 - バーゼル - ザンクト・ヤコブ・パルク
オランダ 1-3 ロシア
ファン・ニステルローイ 86,パブリュチェンコ 56, トルビンスキー 22 Ex., アルシャフィン 26 Ex.

 どうせオランダが、、、と思いつつ、夜中にコーヒー飲んだら眠れなくなりそのまま観戦。開けてびっくりの好ゲームだった。ロシアって強いんだなぁ。


■試合経過

 前半はオランダの良さを消す両サイドのロシアディフェンスの作戦勝ち。中盤でこねくりまわしてるのを奪ってはカウンターという図式だった。かといって守りに入りきってるわけではなく、攻めるときはものすごい人数を掛けていて迫力満点。メリハリが利いてた。オランダもロシアもシュートチャンスはいくつもあって、とにかく展開が速かった。

 後半9分にロシア先制。すばらしいクロスと落ち着いたシュートでファンデルサールが一歩も動けなかった。オランダは10番スナイデルが撃てども撃てども枠に行かない。あんなに枠に行かないのに、撃ち続ける図太さは大したもんだけど態勢が不十分でも撃ちまくっててチームの攻撃のリズムを壊してた感もあった。後半41分についにFKからオランダが追いつく。結局このまま延長へ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-06-22 07:18 | football

テレビじゃ見れない風間八宏(定食)

 いいなー、風間さん。
 こんないい取材がブログにアップされて読めるなんてライターさん&ネットに感謝だわ。

 筑波大学蹴球部監督・風間八宏氏「普通のサッカーをやりたい、俺なりのね」(フットボール定食:佐藤拓也)
 それは「100%を尽くすことを若い人に知ってほしい」という強い思いがあるからだ。
「真剣というのは今の若い人には簡単には分からないでしょう。俺たちの時代は自分で考えなかったら何も起こらなかったし、だからうまい選手もたくさんいた。でも、今の選手は与えられるから、ある程度のことはできるけど、ある程度のことしかやってないというところをすごく感じます。なので、選手たちには100%を出させてあげたい。彼らのどこが100%なのか、100%がどこにあるのかということを突き詰めてやっていく」


 サッカー以外の世界で生きている自分にも響く言葉。
 ここで学び実践することができた学生はプロサッカー選手として生きていけなくても、社会に出てやっていけるだろう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-04-19 14:06 | football