カテゴリ:こども( 1 )

妻の出産

 6/25(水)に長女が生まれました。予定日より1週間遅れ。みんなお産は大変なんだろうけど、火曜の早朝6時過ぎから破水→入院。その日は会社を休んで付き添いつつも何も進まず。翌朝会社に行くも、出社1時間ほどで病院へ戻る。本格的な陣痛が始まってた。そのままカミさんの付き添いで腰をさすったり、呼吸を手伝ったりとする中でどんどん陣痛が進む。苦しさが激しくなって16時前にカミさんの容態が変わってきたのでナースコールすると分娩室へ急遽移動。お昼に検診したときは19時頃に出産になりそうですね、なんて言われたのに3時間も早まった。

 僕らは立会い出産を選んだので、おろおろしつつ僕も分娩室へ移動。しかしここまでくると最早、男にできることはなにひとつない。本当に何ひとつも!結局そこから45分くらい頑張って(あっという間に感じたけど、カミさんはどうだったかな)、無事に小さな女の子が生まれました。助産師さんが取り上げてくれた瞬間にチビを見せてくれたんだけど、これはET。まさにET!。でもETなのにかわいい。。。心が震えるほど感動したし、えもいわれぬ幸福感だった。たぶんこの一週間ずーっと長く感じてたし、この2日間もカミさんも辛そうだったし、陣痛室から付き添ってたので余計に感動したんだと思う。

 去年の秋に妊娠してからほんとに長かった。妊娠がわかったとき病院でカミさんが泣かされたり(生んだところとは別の病院)、混雑した電車を避ける為に早めに二人で出勤したり、つわりがひどくてつらかったり、つわりの時はガリガリ君やジャンクフードしか食べれなかったり、「胎教に良いんだよな」と思ってモーツァルトを聴きつつ二人とも猛烈な睡魔に襲われたり、味スタに行ってチャントで胎教したり、と本当に色んなことがあった時間だった。でも今思うと楽しい時間だったような気がする。(カミさんがどう思ってるかはわかんないけど(笑))

 今思い出す言葉は昔の上司に言われたこの言葉。
 「結婚して親の気持ちがわかるんだ。それから子どもができてさらに親の気持ちがわかるんだよ」
 とにかく母子ともに健康でよかった。ほんとうにありがとう。

 今後、ここは子育てブログになるかもしれませんし、もしくは別ブログで子育て日記を書いてるかもしれません(笑)。いつか親子3人でスタジアムへ行ける日が来ることを楽しみにしています。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-06-30 01:08 | こども