<   2006年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

FC東京×ヴァンフォーレ甲府

ただいま。
昨日帰宅しました。旅の模様はまた機会があれば。。。

さてさて、日曜日のPSMを録画で見ました。
(木曜日まで休暇中なのでのんびりなのです)
第一印象、芝悪っ!雨、寒そっ!でした。いつも開幕は芝がきれいなのに残念です。オフシーズンにラグビーでもやってたんでしょうか?

試合を見に行った人はいっぱいいるでしょうから、試合内容はその人たちのブログや公式サイトにお任せして各選手の印象を箇条書きに・・・。

東京2-1甲府(東京公式)

●開幕時期には滅法調子のいい宮沢健在
 宮沢よかったですね。
 途中で代えられたのは他の選手を試したかったのか、それとも体力の切れ時が
 ガーロにバレてるのかw。本番で確認しましょうww。

●走る梶山
 ヒロシ、やっぱりボランチより前目がいいです。おまけに上下によく走ってました。
 もう一段成長して欲しい。今シーズンは左足でのゴール、必須です。

●機能しそうな前の3人
 もともとルーカスはトップ下の選手なので気の利いたパスがうまい!
 ササは前半ほとんど何もしてなかったけど、一発で決めるのはさすが。
 阿部ちゃんもトラップ次第ではもっとチャンスが増えそう。3人には期待できそうです。

●今野がふたり!?伊野波。
 初めて見たんですが、今野を東京の選手として初めて見た時のような印象を受けました。
 期待していいんじゃないでしょうか。PSMだし、相手も甲府なのでわかりませんが、
 長いドリブルの長谷川太郎を抑えた場面では、簡単に滑らずにしっかり付いて行ってて
 しっかりとしたディフェンスを見せてました。

●今野おっかなびっくり
 今野はまだまだですね。まだコワゴワやってる感じ。

●徳永、力強し。
 加地より力強さと安定感がありますよね。ノリオより上手さがあるし。
 加地がいたとしてもレギュラー取れてたでしょう(と思いたい)。
 それから、今度の東京はSBの位置取りが高い!
 チャンスに必ず覆いかぶさってくる両SB。自陣でボールを回すときのSBの位置の高さに
 びっくりすると同時に嬉しくなりました。これぞ、ほんとの攻撃サッカー。
 押しこまれたとき、相手の方が上手のときが要チェックです。

●土肥・ジャーン・モニ不在
 遠藤も合格レベルだと思うのだけど、土肥が戻ってこれないのかなぁ。正直不安です。
 CBも悪くないけど、仕上っていない(ように見えた)甲府相手なので評価するまでに
 至らないかな。失点シーンの増島はシュートを撃たせてはだめ。


ところで、公式のバナーの写真見て思ったのだが、栗澤ってどうしたの???


最後に気になったこと。
試合終盤のバックパスでのブーイングについてです。
残り2・3分で勝ってるのになぜあのブーイング??
PSMをわざわざ観に来るのだから、東京を良く知ってて、つまりサッカー観戦に長けている人たちだと思ってたのですが、なぜあそこで味方へブーイングなんでしょうか?
解説の前田治氏からは、昨年の前へ前への原東京と違い、つなぐサッカーを標榜するガーロ東京をファンの皆さんがまだ理解してないんでしょうかねぇ、という優しいお言葉。ガーロであろうが誰であろうが、こういうシーンで前に蹴り出すことを望むなんて、間違ってる。そのときもつないだ結果、相手が引き出されてチャンスが生まれてるわけだから。
前田と増島を見てられなくてブーイングなら別にしょうがないけど。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-28 16:49 | FC東京

明日からしばらくお休みです

明日から休暇をとって旅行のため、しばらくブログと会社をお休みです。

すごいな、今週末は。シーズン到来を思わせる地上波の充実ぶりだ。
というわけで貧弱容量のHDDが悲鳴を上げる過酷な録画予約完了。

2/24(金) 18:30~19:00 MX  機動戦士ガンダム
2/25(土) 13:30~16:30 日テレ ゼロックス・スーパーカップ
2/26(日) 01:45~02:45 フジ  CLダイジェスト
2/26(日) 13:30~15:30 MX  PSM 東京×甲府
2/26(日) 23:00~23:30 TBS  「情熱大陸」大黒将志
2/27(月) 00:15~02:15 フジ  CL チェルシー×バルサ
2/27(月) 20:10~20:35 BS1  Jリーグ2006 シーズンプレビュー

〆て、9時間25分。ゼロックスは延長を考慮して3時間。(延長あるよね?)

残念なのが大量録画のため最も画質が良いレベルではHDDが足りないこと。
毎週録画してDVDに落としているガンダムだけが最高レベルで録画されますw

ゼロックス、東京PSMは去年もちょうど欧州サッカーツアーに行ってた為、見れなかったので、今年はしっかりと録画予約していかないとね。

しかし帰ってきて見る時間があるんだろうか。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-24 01:11 | 雑記

続・インド戦 あれこれ

備忘録

インド戦後 ジーコ監督会見(スポナビ)
インド戦後 選手コメント(スポナビ)
背番号30番台の挑戦(宇都宮徹壱)(スポナビ)

昨日の感想で書き漏れたことがあった。

巻について。
徹壱さんが巻のゴールについて「心から拍手」と書いている。
ゴールはまぁいいとして、私が巻に思ったのは、もっと前を向かなきゃ、ということ。
ポストプレーはまぁ収まる。じゃ、次はなんだ?ポストにボールが入った。ディフェンスが後ろについてるかと思いきや離れてるぞ。しかもペナルティアーク付近だ。どうする?それはもう反転してシュートしかないだろう。
昨日の巻にはそういうFWらしい強引さとか、「自分が!」という気持ちがアピールする部分が足りなかった(ように見えた)なぁ。

ボスニア・ヘルツェゴビナ戦では平山は招集されなかった。
残念。
さすがにもう呼ばれることは、、、いや、シーズン終了まで点を取り続ければわからないか。欧州であんなに結果を出してるFWって他にいないし。
シーズン・ゴール数で見たら中田の初年度以来の数字になるのだろうか??
しかもまだシーズン中盤。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-23 23:50 | 日本代表

インド戦@日産スタジアム

会社の都合で録画して見ました。
2007年アジアカップの予選初戦です。

長谷部が光ってた。
試合の頭からボールをもらうべく、もの凄い運動量で気持ちが伝わってきた。
相手がインドなのでなんとも言えないが、ぜひ強いチームとやるなかで見てみたい。
巻や寿人もそうだけど、やっぱり新しい力が入ってくるとチームが活性化される。
試合後のNHKインタビューでも「今野選手の代わりで入って・・・」というコメントが聞かれた。こういう意識を強烈に前に出すってのはいいなー。

そして寿人。
うまい!!
ボールを呼び込んでゴールを見ずに右隅に流し込んだシュートはまさにストライカー。
今日見たゴールの中で最も唸った。
自らもミラニスタを自認してるが、インザーギを思わせる。
カズがどこかのインタビューで言ってたコメントを思い出す。
「欧州でやっていくFWは自分やヤナギの様にドリブルもできる器用なタイプより、それしかできないという武田みたいなタイプの方が向いてるんだと思う」

久保は彼の普通だし、他のゴールも相手が相手だしあんなものだろう。

気になったのは加地。
長谷部→巻の腹のゴールに絡んだが、それ以外はひどかった。あれほどフリーでもらって点に絡んだのがあれだけなんて。クロスに入ればディフェンダーに当てまくり、パスが来たらトラップミスして相手ボールのスローインにしたり、と全く緊張感のないひどいプレーだった。慢心してたら大会直前に駒野に抜かれて、また徳永にやられるぞw

さて、フィンランド戦から聞こえてきた新しい応援歌はこれだそうだ。
テレビだと「は~せべ、さむらいぶーる」って聞こえたんだけど「さぁ~いけ」だったらしい。。

ZZって、ZZ TOP?随分渋いな、、、と思ったら違うらしいwww
まったく知りませんでした。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-23 00:08 | 日本代表

なぜかこのタイミングでマラドーナ

f0017246_2225332.jpgSTAR Soccerの創刊号を知り合いの家でもらってきて読んでます。創刊前号はここに行った時、なぜか近くのコンビニにフリーで置いてあって、なんつってもLiverpool特集だったので楽しく読めたんです。

でも創刊号はベッカムが表紙でガックシきて、
「ロッキン・オン(※)は名前だけは知ってるけど、読んだことないし、俺、Burrn!だし。。。」
みたいな感じで買わなかったんです。
 ※ STAR Soccer編集長は元ロッキン・オン編集長だそうです。酒井康しかシラネ(゚⊿゚)。

で、もうすぐ2号が出そうなこの時期に読んでます、ということです。
そんな中、西部謙司氏が書いているジョージ・ベストとディエゴ・マラドーナの話を読んでたら、マラドーナの映像がどうしても見たくなってきて、おなじみのサイトで検索して集めました。誰もが知ってる’86メキシコはもちろん、ナポリの美しい映像から、最近のペレとの番組映像まで。

マラドーナ、マラドーナ!、マラドーナ!!、マラド~ナ~!!!

Diego Maradona sus goles136
 ゴール集。なかなかきれいな映像。
warm up
 ウォーミングアップでリフティング。たまげた!
Maradona by masterprime
 リフティング集、こりゃサーカスw
Maradona in Napoli
 ナポリ時代の映像。美しい。
maradona+pelé
 記憶に新しいペレとの歴史的な和解とニュースになった番組映像


おまけ
ところで、西部謙司氏の文章は本当にすごい。平易なのに説得力があって分かりやすい。サッカー関連以外でもこれほど質の高い文章はなかなかお目にかかれない気がする。引き続きこの雑誌に寄稿するなら気になります。

また、上に「創刊号」、って書きましたが、どうもベッカムのは創刊前号らしく、次のが創刊号らしいです。創刊前がふたつもあったとは。。意味ワカンネーですな。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-21 22:52 | football動画

続フィンランド戦論評:セルジオ越後×宇都宮徹壱

昨日のエントリーに続き、フィンランド戦の話。

副題の元ネタはこちら。
 攻めない相手じゃ強化にならん(セルジオ越後@ニッカンブログ)
 それでも、意義ある勝利(宇都宮徹壱@スポナビ)

辛口、テレ朝でおなじみのセルジオ越後氏とスポナビ、サッカー批評でおなじみの徹壱さん。批評家(徹壱さんは写真家宣言しているので批評家と書くと否定されそうだが)の二人が全く正反対の論評なのが面白い。

徹壱さん好きの私であっても今回は彼に真っ向反対意見だ。
反対どころかセルジオ越後、あんたの記事に全面的に納得したのはいつ以来だ!というくらい記憶にないw

徹壱さんのコラムは、久保と小野の復調が見られたことで「よし」としている。
一方の越後氏は「日本代表」のチームとして強化という観点から論評している。

久保や小野は自分のチームで調整してても復調してくるだろうし、あんな高校生以下の相手(by中沢)とやったところで代表の強化にはなんのプラスにもならない。あれなら紅白戦をエコパでやったほうがいいに決まってる。あー、思い出したらまた腹立ってきた(苦笑)。

明後日のインド戦は東アジア選手権と同じ=若手のガス抜き(それでももちろんチャンスをものにすべく皆必死に頑張るだろうけど)。そして月末のボスニア・ヘルツェゴビナ戦@ドルトムントこそが最高の強化試合である。久保と小野はそこで欧州組と融合を図れればいいわけで、裏を返せばフィンランド戦はまさに久保と小野のための調整にしかなってないということが見えてくるのだ。

以上、ほんとガッカリ、と言うか腹立たしい。。
強烈な印象を残したのは小笠原くらいか。

さ、あさってはモニの番だよ!
つか、出るかな。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-20 22:06 | 日本代表

稚拙なマッチ・メーク

日本2-0フィンランドを録画で見た。
フィンランド戦後 選手コメント(スポナビ)

日本の先発はマスコミ予想通り。フィンランドはリトマネンが来なかったので私の知ってる選手はいなかった。

感想。
フィンランドのやる気のなさはひどすぎる、もしくは弱すぎる。こんなもの強化試合になるのか?少なくともディフェンスの練習にはなってないだろう。仮想オーストラリアだの、仮想クロアチアだのと言うのは、オーストラリア、クロアチアに対して失礼極まりない。全く、マッチメークした人間は猛省すべきだ。

ここで韓国の例を出そう。韓国は日本がアメリカ試合した日にホンジュラスと試合をし、そのままアメリカに残り、15日にはメキシコと試合をして1-0で勝っている。別に韓国と比較してうらやましがって、文句を言っているわけではなく、せっかく1ヶ月以上も合宿ができるのに、このマッチメークは何なんだ、と言いたいわけだ。

マスコミやライターは強化試合に対する他国との差を感じるべきだし、新聞・web上でこれについて指摘できないものだろうか?まぁ、指摘しにくい理由もわかる。この時期にサッカー協会に意見することは自分のクビを絞めることになり兼ねないからだ。なぜなら本番(ドイツ)で日本に割り当てられるプレス・パスの数には限りがあり、それを発行するのは日本サッカー協会だからだ。あまり発行に不利になるようなことをしたくないのが人情だろう。しかしそんなマスコミはいらないし、サッカー界においてジャーナリズムが死んでいることを意味する。

話がそれた。
試合内容にうつる。

前半に関してはフィンランドがベタ引きしすぎて、試合というか練習のように見えた。村井・加地にサイドを走らせて裏を突く作戦だったのか、日本はロングボールが多かった。それでもシュートにいく様なシーンはほとんどなく、工夫が足りなかった。特に福西の出来がひどく、前半だけはなく1試合通してパスミスが多すぎる。

後半は相手が攻めてこないことが分かったからか、福西を1ボランチ気味に小野も積極的に前へ出て、小笠原も前後にボールをもらいに行く形が増え、ボールが回るようになった。1点目はスルーパスの様な加地の素早いスローインから小笠原が抜け出し、中へ走りこんだ久保へパス。久保は左足で合わせてニアへゴール。加地はよく集中していたし、その直前のシュートにいったシーンもタイミングの良い上がりだったと思う。加地がスローインに入る態勢になった時点で得点の雰囲気があった。

そして2点目が素晴らしすぎる!
小笠原がボランチの位置まで下がってボールを受け、前を確認すると迷いなくシュート。海外サッカーの映像で自陣からのゴールを見たことはあったが、これをエコパで見た人たち本当にいいものを見た。うらやましい。シュートはもちろん凄いのだが、あそこまでボールをもらいに行く動きも素晴らしかった。きっとインタビューが上がってくると思うので、咄嗟に狙ったのか、密かに狙っていたのか聞いてもらいたいと思う。

惜しかったのは寿人。一度相手に当たって後ろから来るボールをニアへシュート。しっかり枠に行ってたがGKにうまくセーブされた。たった一度のシュートチャンスだったが技術の高さが見えた。それから、フィンランドがあんなに攻めてこないなら福西を後半早々に長谷部に代えて欲しかった。

2点取られても攻めてこない、攻める技術がないチームを呼ぶなよ、ほんと。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-19 00:09 | 日本代表

フィンランド戦

本日です。
19:00-21:13 日本 vs フィンランド (テレ朝系)

フィンランド戦前日 ジーコ監督会見(スポナビ)
フィンランド戦前日 選手コメント(スポナビ)

ジーコ“ショック療法”三都主外す(スポニチ)
見出しに食いついちゃいましたw

この記事は煽りすぎですが、ジーコは東アジア選手権でも先発総とっかえしたりして、思い切ったことが出来る人なので、チームに渇を入れる目的はあったと思う。

アレックスに代えて村井、田中誠に代えて坪井(モニじゃないのね。。。)が先発に起用される模様だが、今日の布陣の注目はなんといっても巻だろう。

久保と組ますなら、なんとなく素人考えで、裏への抜け出しが速い寿人をイメージするが、巻もボールを引き出す動きとか上手いので、久保のポジショニングの上手さ(チームで久保にパスを出す奥が最も評価する能力)と相まって面白い攻撃が見れるかもしれない。

フィンランド代表がいつ来日したのか分からないが、日本でやる試合であるので勝っても大騒ぎするような試合でないことだけは確かであるし、また、負けたとしても悲観的になることもないと思う。

今日の見どころは、アメリカ戦でグダグダだった守備の修正と、2TOPが機能するか、ってことだと思うのでそういうところを楽しみに見たいと思います。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-18 09:40 | 日本代表

PUMAの楽しいサイト

よく見に行くブログで紹介されていたものですが
PUMAのサイトでカッコイイことやってくれます!
こちら! → pumafootball.com
こういうセンスっていいなー。

こっちも楽しめます! → ブッフォンとPK合戦。
単純なんだけど「くそ~!」って感じで結構遊べますw
さすがブッフォン。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-16 23:43 | football

久保のゴール集

書きたいことは他にもあるんですが小ネタを。
最近Dream Theater関係で知ったサイトで検索してみたら、
やっぱりありました、サッカー関連の映像( ´ー`)

久保のゴール集です。
広島時代からついこの間(昨年暮れ)の復帰ゴールまでが収められています。

http://www.youtube.com/watch?v=Gqp9oPoRXks&search=kubo

映像が荒いですが暇つぶしにどうぞ。
ゴールシーンだけとは言え、やっぱすごいね、ドラゴン。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-02-16 23:05 | football動画