<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

龍時 03-04

f0017246_0214643.jpg今月中旬に待望の文庫版が出たので購入。

読み終えた瞬間の湧きあがる気持ち。

もう続きは読めなんだよな。。。

そういう悲しい気分でした。


 著者の野沢尚氏は、「眠れる森」の脚本家、ということは知っていても、ドラマは見ていませんでした。なので、僕自身はNumberプラスで「龍時」が始まってから、初めて知った程度でした。

 当時、Numberプラスが2002年のワールドカップに向けて毎月のように発刊され、その中でおまけの様な位置づけで小説が挿入されていて、まさかこんなに続くものとは思いもしていませんでした。最初の頃こそ読んでたんですが、Numberプラスがバンバン発刊され、それ自体がどんどん魅力的じゃなくなっていき、雑誌を買わなくなると同時に「龍時」からも離れて行きました。

 その後、「龍時」は単行本としては出るものの、それを買うほど興味もなかったのですが、文庫化されて購入。一冊通して「龍時 01-02」を読むと、その世界に一気に引き込まれました。

 今回の「龍時 03-04」はその3冊目。 巻(カン)を追うごとに輝きを増し、魅力が増幅しています。

今回の舞台は2004年のアテネ五輪。このシリーズの一番の売りはサッカー描写の巧みさにあるのですが、今までの話にプラスして、さらに魅力が増している要素に、リュウジ自信の成長にまつわる部分だけではなく、いわゆる「大人の事情」に関する部分が、まさに小説として作品に練りこまれているところにあると思います。ちなみにナオやモニも出てきますよ。
(これ以上はネタバレするので書きません(笑))


 ご存知の通り、龍時の著者、野沢尚氏は2004年に他界されています。続きが読めない、そのことが何よりも残念です。一気に読了するくらいの中身の濃さ、読ませる内容。面白さ。なのに続きが読めない。

 本の最後にアドバイザーとして影の立役者となっていた中西哲生氏との対談が載っていて、さらにその後の「あとがき」を中西氏が書いています。彼自信が「龍時」のファンだったということで、その気持ちがよくわかります。

 しかし一冊の完結した本としても十分に完結していますので、この一冊に限って言えば中途半端な感じはありません。安心して読んでください。できが良いだけに「この後どうなるんだ。。。」って気持ちは出てきますが。

 また舞台は違いますが、ワールドカップを戦っているかのように想像し、来月のドイツの舞台をイメージして読むと、かなり興奮してきます。サッカー好きだけど本はちょっと、、、という人にもオススメ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-26 00:52 |

ダンマクお披露目会

今日は国立でダンマクの名入れ式だったんだと思うんだけど
仕事の関係でやはり行けませんでした。
残念。。。゚(゚´Д`゚)゚。


「名入れ」できなかったのが残念だったのではなく、これを運営した人たちへ、一言ねぎらいたかったのと、これを持って行ってくれる熱いハートの連中に、
一言気持ちを託したかったから、というのがホントのところです。

ダンマクに念を込めて、それがドイツのピッチにはためく、
自分の思いがドイツのピッチへ熱を送り込む、

そういうことも想像してたわけですが。。。

しょうがないので、ドイツに行く友達に何かお願いorおまじないしたいと思います。
つか、行く前に会えるのかどうかもわからんけど(笑)

合宿も打ち上げて「いよいよ」って感じになってきたなぁ。
本番前に調子を上げて怪我しないように、とりあえず今はそれを祈りましょう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-25 23:52 | 日本代表

ダンマクお披露目!

f0017246_0154041.jpg

左の切れてるバナーの件ですが、完成してJビレッジに掲出したそうです。
その写真はこちら(J’s GOAL)

すごいインパクトあるね、これ!
ホントにでかい、そしてカッコイイ!


ブルーが絶対的なインパクトがあって、スタジアムを青く染める一助になるだろう。
Jビレッジに掲出することで、選手が文言を読んで理解してくれるし、これがドイツで掲げられれば選手の後押しになると思う。
これまで企画・運営・発注・運搬に関わった方々お疲れ様でした。
そしてこれからドイツへ持って行く彼に託しましょう。
頼んだぞ!

で、ますたろうさんのところで名入れ式のお知らせが出ています。
【名入式のスケジュール】

日時:5月25日(木)19:30~20:30
場所:国立競技場千駄ヶ谷門チケ売場前

※雨天の場合、千駄ヶ谷門下ったところの公園にて
あー、僕も少ないながらも寄付したので行きたいのだが、仕事が。。。
しかしこりゃ、仕事抜けてでも行かないと後悔するな、間違いなく。
行かねば!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-24 00:24 | 日本代表

ウェブ進化論

f0017246_841414.jpg こんな小さな新書に驚いた。今まで読んだ新書版の中でこれほど示唆に富む本はないです。「国家の品格」や「下流社会」といった売れ筋の本も読んだけど、天と地ほどの差を感じる。比較するものじゃないですね、すみません。

 ネットリテラシーの高い人、というかある人、つまりは日常でブログ読むような人たちにはぜひオススメです。個人的には今後の行動様式に変化が出そうです。とにかくモノの考え方自体に影響が出るような気がする。

 読み終えたばかりに書いているので感想にまとまりがないんだけど、著者の梅田望夫氏がもう気になって気になってしょうがなくなって、そのブログや周辺を読み漁ってました。

梅田氏ブログ
My Life Between Silicon Valley and Japan

 そしたら面白いものにあたりました。自分向けにリンクを貼り付けおきます。

「新潮」6月号:平野啓一郎氏との対談(梅田望夫氏)

 ここから始まるやりとりがおもしろくもあり濃密。対談をまだ読んでなくて主題がわからないが、Web2.0うんぬんではなく、ネット上での”人”がフォーカスされている。「新潮」を読んだ後にまた読むとおもしろそう。

 ということで、ここにまとめます。僕は梅田氏のブログから③に飛んで読み始めて、江島健太郎氏と平野啓一郎氏の往復書簡にグイグイ引きこまれました。さすがは芥川賞作家。口語体でもすごい。ぜひ③だけでもどうぞ。

新潮6月号の梅田望夫×平野啓一郎の対談を読んで(江島健太郎氏)
それに対する平野氏のコメント(平野啓一郎氏)
平野氏からのコメントへの返信(江島健太郎氏)
Dan氏のコメント(Dan氏)
平野氏の返信(平野啓一郎氏)
匿名性は(いわゆる)弱者だけの特権ではない(江島健太郎氏)


 これはおまけだけど、江島氏のYouTubeリストは僕の知ってる曲が半分くらい入っていて、さらに大好きな曲もあって親近感がわきました。
MR.BIGにDream Theater(!)からKylie Minogueまでいろいろ同居してるのがすばらしい!(笑)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-20 09:56 |

あやかちゃん安らかに・・・

みんな気にしてました。

神立彩花ちゃんが5/17にご逝去されました。
私も微力ながら応援していましたが残念な結果になりました。

ご両親の気丈なコメントを読むと胸が痛くなります。
救われる思いがしたのは、
そして私達もこのマイアミでの親子三人での生活は、
人生の中で一番幸せな時間でした。
という件です。


彩花ちゃん、よく頑張ったよね。ゆっくり休んでください。

心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-18 23:55 | football

U-19発表 インド遠征 東京の子がいない。

インド遠征のメンバーが発表されています。

U-19日本代表チーム インド遠征(5/21~30)メンバー(06/5/16)(JFA)

【選 手】
 氏 名   生年月日  身長 体重    所 属
GK
林 彰洋   1987.05.07 190cm 79kg 流通経済大学
武田 洋平  1987.06.30 189cm 76kg 清水エスパルス
秋元 陽太  1987.07.11 180cm 74kg 横浜F・マリノス

DF
福元 洋平  1987.04.12 181cm 68kg 大分トリニータ
柳川 雅樹  1987.05.01 183cm 76kg ヴィッセル神戸
槙野 智章  1987.05.11 180cm 73kg サンフレッチェ広島
堤 俊輔   1987.06.08 177cm 69kg 浦和レッズ
山下 達也  1987.11.07 182cm 73kg セレッソ大阪
内田 篤人  1988.03.27 176cm 62kg 鹿島アントラーズ
大島 嵩弘  1988.04.14 179cm 69kg 柏レイソルユースU-18
佐野 克彦  1988.04.30 180cm 61kg 清水エスパルスユース

MF
梅崎 司   1987.02.23 167cm 64kg 大分トリニータ
横谷 繁   1987.05.03 179cm 67kg ガンバ大阪
森重 真人  1987.05.21 179cm 72kg 大分トリニータ
柳澤 隼   1987.06.27 174cm 66kg 柏レイソル
山本 真希  1987.08.24 175cm 65kg 清水エスパルス
田中 亜土夢 1987.10.04 167cm 59kg アルビレックス新潟
柏木 陽介  1987.12.15 174cm 72kg サンフレッチェ広島
安田 理大  1987.12.20 173cm 65kg ガンバ大阪
青山 隼   1988.01.03 182cm 65kg 名古屋グランパスエイト
長谷川 アーリア ジャスール
         1988.10.29 186cm 70kg 横浜F・マリノスユース

FW
河原 和寿  1987.01.29 173cm 65kg アルビレックス新潟
青木 孝太  1987.04.27 176cm 67kg ジェフユナイテッド千葉
ハーフナー マイク
       1987.05.20 194cm 75kg 横浜F・マリノス
森島 康仁  1987.09.18 186cm 80kg セレッソ大阪
森本 貴幸  1988.05.07 180cm 76kg 東京ヴェルディ1969
伊藤 翔   1988.07.24 183cm 67kg 中京大学附属中京高校
長沢 駿   1988.08.25 189cm 72kg 清水エスパルスユース


何の大会かよくわかりませんが、遠征です。
で、最近若者の代表で気になってことが。。。

東京の選手がいない!!

最近ほんとに減ってきてるとおもいませんか?
減ってきてる、というか一人も代表に入ってないんですよね。。。
ちょっと梶山・憂太以降、なかなかトップで出場する選手がいないんだけど、
人材不足なんでしょうか?
あんまりユースのこと知らないのでなんとも言えませんが。

最近ちょっと気にしてることでした。

さ、CL決勝のために早く寝ないと。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-18 00:18 | 日本代表

23人発表 神様は見てた

発表されました。

23人。

土肥~~~~!!!!

は、まぁ、いいとして、久保外れて巻入りました。
松井外れて玉田踏ん張りました。
モニはしょうがないかな。。
GK
土肥 洋一   1973.07.25 184cm 84kg FC東京
川口 能活   1975.08.15 179cm 78kg ジュビロ磐田
楢崎 正剛   1976.04.15 185cm 76kg 名古屋グランパスエイト
DF
田中  誠   1975.08.08 178cm 74kg ジュビロ磐田
宮本 恒靖   1977.02.07 176cm 72kg ガンバ大阪
加地  亮   1980.01.13 177cm 73kg ガンバ大阪
三都主     1977.07.20 178cm 69kg 浦和レッズ
 アレサンドロ
坪井 慶介   1979.09.16 179cm 67kg 浦和レッズ
中澤 佑二   1978.02.25 187cm 78kg 横浜F・マリノス
駒野 友一   1981.07.25 171cm 73kg サンフレッチェ広島
中田 浩二   1979.07.09 182cm 74kg FCバーゼル
MF
福西 崇史   1976.09.01 181cm 77kg ジュビロ磐田
小笠原満男   1979.04.05 173cm 72kg 鹿島アントラーズ
小野 伸二   1979.09.27 175cm 74kg 浦和レッズ
中田 英寿   1977.01.22 175cm 72kg ボルトン
中村 俊輔   1978.06.24 178cm 73kg セルティック
稲本 潤一   1979.09.18 181cm 75kg ウェスト・ブロムウィッチ
遠藤 保仁   1980.01.28 178cm 75kg ガンバ大阪
FW
玉田 圭司   1980.04.11 173cm 63kg 名古屋グランパスエイト
柳沢  敦   1977.05.27 177cm 75kg 鹿島アントラーズ
高原 直泰   1979.06.04 180cm 77kg ハンブルガーSV
大黒 将志   1980.05.04 177cm 74kg グルノーブル
巻 誠一郎   1980.08.07 184cm 81kg ジェフ千葉  


 今、ビデオでBS1の記者会見を録画で見ながら書いています。一番のサプライズは久保が外れて巻が入ったこと。一報を聞いての率直な感想は
「あー、神様(ジーコ)はやっぱりちゃんと見てたんだな」ということ。

 やっぱり久保は体調が戻りきってないんだろう。外から見てあれなんだから、中にいる人間から見ると試合するどころの体調じゃないのかもしれない。柳沢は骨折だけど、骨折よりも捻挫・腰痛の怪我は回復しにくいものだから、久保の方がやっかいな怪我なのは間違いない。日本が誇る秘密兵器は世界に対して秘密のまま、となった。

 巻は腐らず頑張り続けてた。for the teamをいつも考えている選手だから期待したい。絶対に諦めないハートの強さに期待したい。しかし、これからの責任の方が思い。

 ジーコは最後まで玉田と松井を天秤に掛けてたような気もするけど、玉田は最近徐々に調子が上がってきているし、貢献度(=アジアカップ)で選んだのだと思う。ドリブルを仕掛けてゴール付近でファールをもらえる松井の存在価値は高かったと思うんだけど。でも全員選べるわけじゃないから、あーだこーだ言っても仕方がない。

 ということで、今日のメンバー発表を受けて、もう僕の中では切り替わりました。
 この23人をしっかり見守っていきます。


 土肥はね、4年後のレギュラー狙いますよ(笑)
 4年経っても今のレーマンの年齢と変わらないでしょ?
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-16 00:03 | 日本代表

日本×スコットランド

そんなこんなで行ってきました。

日本代表 0-0 スコットランド代表
5月13日(土)19:20/埼玉/58,648人

昨日の試合前には山本寛斎プロデュースのすごい演出がありました。
このスケールにはびっくりした。
(Exciteブログの規定で写真サイズを小さくしなければいけないのが残念
 画質が粗くなっちゃいます)

最初こんな感じ
f0017246_23335460.jpg

白いバルーンが上がって、そこには人がぶらさがってます
f0017246_23362011.jpg

これは南海キャンディーズしずちゃん
f0017246_23365658.jpg

じょじょにむくむく膨らんできて
f0017246_23374628.jpg

おっきくなっちゃった!(でかくなってみたらトラの気球)
f0017246_23383582.jpg

こんなに上まで上がってトラの反対はリュウ(麒麟?)
f0017246_23392087.jpg

気球にはテリー伊藤が乗ってたみたい
f0017246_23395733.jpg

キックオフ前には人文字で日の丸!これで奮い立たない選手はいない!!
f0017246_2341542.jpg


試合結果はご存知の通り。
おっかなびっくりでプレーする久保、ほんとにこのままこの人を中心にして大丈夫なのかな。とても心配。さらに骨折明けの柳沢が選ばれるとほんとに前で体張れる人がいなくて不安。俊輔のFKのシーンとか少なくなりそう。
隆行が選ばれないならせめて巻が必要では。。。

徹壱さんのこちらのコラムでは、
こんな予想になってるけど、
GK:川口能活、楢崎正剛、土肥洋一
DF: 田中誠、宮本恒靖、三都主アレサンドロ、坪井慶介、
    加地亮、中澤佑二、茂庭照幸、駒野友一
MF:中田英寿、中村俊輔、中田浩二、稲本潤一、小野伸二、
   小笠原満男、福西崇史、(松井大輔)
FW:久保竜彦、高原直泰、柳沢敦、玉田圭司、(巻誠一郎)

 GKとDFについては、おそらく異論はあるまい。問題は、MFとFW。松井と巻をかっこでくくったのは、FW枠が4人だったら松井、5人だったら巻、というエクスキューズである。こればかりは、最後まで断定することはかなわなかった。
 松井を外すとは思えないし、大黒も外れるとは思えない。まぁ、明日には分かることだから別にどうこういってもしょうがないけど。NHK総合とBS1で中継するそうなので録画予約しておきました。(BS1の方が放送枠が長いです)

 それから、合宿のためにわざわざ日本に戻ってくる高原。キミはドイツで自主トレしてた方がいいぞ。また長い距離を往復するとエコノミー症候群が心配。。。
(高原はフランクフルトへの移籍が決まったそうです(スポナビ))
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-14 23:44 | 日本代表

国内最終戦に臨む気持ち

 明日はついにジーコ・ジャパンの国内最終戦だ。
本大会直前だというのに、世の中的にもなんとなく盛り上がっていない気がするのは僕だけだろうか?そういう自分もイマイチ気持ちが代表戦に入り込めていない。

 多分その理由はこうだ。

続きをよむ
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-13 01:33 | 日本代表

もう明日は、つか今日甲府戦

連戦続きで厳しいスケジュールだ。いや、だが中3日は恵まれとる。
甲府は日曜に磐田と試合したので中2日。
おまけにプレーメーカー(ってなんかふっるい表現だな)の倉貫が大怪我で欠場。
甲府は正念場だ。というかこれからしばらくはシンドイと思う。

ガンガン走って魅力なサッカーを繰り出す甲府。
しかしこの状況ならAwayだけどしっかり勝ち点3を「おみや」にしてもらわないと困ります。

あ、しかしワタクシ個人的な都合で甲府へ行けませんので、
皆様、しっかり「おみや」持ち帰ってくださいね。
GWの渋滞や混雑を乗り越えてしっかり信玄餅、、、ではなくて勝ち点3をお願いします。

PSMの頃はまったく甲府の怖さはなかったけど、今度もそのままでありますように。
去年日立台で見た入替戦の対柏の様な内容だとおっかないけど(このときの甲府のイメージが強烈すぎて未だにちょっとびびる)、東京も上げ潮なのでしっかりたのんます。

特に梶山には期待。
スタミナがある方だとは思ってないが、前節は最後まで気持ちも切らさず充実の内容だった。もう一段上の選手になるためにも、ここはチームの中心として頑張ってもらいたい。

あと、今回のJ’s GOALのプレビューは東京ファンを意識してて、
我々からみると「ニヤ( ̄ー+ ̄)」っとしちゃうよね。
バレーが復帰で最強3トップ復活。F東京は大歓迎だが『眠らない街』だけは歌わせない。

17:00頃終了する試合で歌うのか?
っつー疑問は湧いたが、たっぷり相手がうんざりするまで歌ってこい!

と言うわけでみなさん応援よろしくー。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-05-03 02:00 | FC東京