<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

惨敗に対する整理

 皆様、このような辺境の地にあるブログに、大勢の方に来ていただいてありがとうございます。J.B.アンテナさんから来てもらう方が多いみたいですが、いつも増えたときには「?」と、思ったりします。ちなみにexciteではしょぼい解析しか見れないので、自分ではよくわからん、と言うのが正直なところです(以上、挨拶)。


■相手が良かったのよ、ほんとうに。

 土曜日の数字以上の敗戦ショックを受け、チームの立ち直りも心配ですが、ここで2週間のブランクがあるのは「運」もある、と考えることにしましょう。代表、U-21と招集される選手は気分も新たになるでしょうし、チームへ残る選手も韓国遠征でリフレッシュできたらいいな、と思います。僕も週末には韓国行ってリフレッシュ(?)してきます。

 さて、当然ですが、僕らは東京サイドからしか試合を見ることができません。例えば相手のFKになれば、壁を気にして、土肥のポジショニングを気にして、相手にフリーの選手がいれば、そのマークにつくことを気にしています。攻められているときはディフェンス陣の気持ちになり、攻めているときは、パスコースを探し、次の一手を想像します。そんな状態で試合が終わるとどうなるでしょう。そうです、相手がどんな状態だったか、ということは、ほとんど頭に入っていません。

 そういう僕も、結局、広島に対してどういう印象が残っているかというと、攻撃では寿人の決定力と、ウェズレイ-寿人の関係、ポジショニングの良さ、後半の高柳のドリブル突破、あとは守備の連携力、という大雑把な記憶しか残っていません。

 「広島の守備がすごかった」

 「去年の前半の、あのすげー堅守だった広島より凄かったように見えた」

 という印象があるんですが、では実際どうだったのか、広島側から見てみたらどうだったのか、というのがこのエントリの趣旨です。

 ということでこちら。

 僕が見た中で、内容は最高の試合。細かいところ以外、文句を言うところがない。
 (サッカー蟻地獄)

 そういうわけなんです。ゴール裏でコールしてたりして、それほど見れてないときもあるかもしれないけれど、現場でいつも見てる彼なんかがこういう感想なわけです。

 実際、すげーな、と思いましたよ。攻撃よりもむしろ守備。でも僕の印象にプラスして、攻めてるときの印象も「あちら側」から見ると、とてもよかったというわけです。

 東京が調子悪かったのも事実ですよね。ルーカス居なかった訳だし、左も専門家が居なかった訳だし(藤山使って欲しいけど)。つまり普段と違う、むしろ調子の悪い東京に、絶好調ともいうべき広島がガチッとハマってしまい、やられてしまった、と思えるのです。


■長い目で見ましょうよ

 試合以上に試合後の味スタの雰囲気がショックでしたけど、試合のショックはこういうことで納得して次に目を向けようかな、と個人的には思っています。5-1の次に0-2。これもサッカーですよ。

 去年からほとんど上積みのない戦力で、去年とあまり変わらない成績にいます。つまり監督のせいじゃないんですよ。やりたいことが見えない、って言う人も多いけど、昨日の試合見たら見えたでしょ?どこまでも「崩し」にこだわるサッカーやってて、美しく点を獲りたい、という風に見えました。僕は泥臭くてもいいから点を獲って欲しかったですけど。いや、むしろ泥臭く行って欲しかったです。

 だーいぶ前にも書きましたけど、僕は長い目で見てます。
 横浜戦後のこれこれ
 そういうわけでこういう事態も織り込み済みです。上がれば下がる、下がれば上がる、ということで、総括はシーズン終わってからやりましょう!フロントはそれより早く次を見据えてね。FWじゃなくて左のできる左利きを探してね。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-31 23:52 | FC東京

第16節 東京 vs 広島

東京 0 - 2 広島 (18:34/味スタ/31,684人)

 チンチンにやられた。終了後のスタジアムの雰囲気はかつてないほど最悪だった。ガーロ辞めろコールに、原東京コール。攻撃原東京、のコールも出た。


 広島が1点目を取った後、多少東京ペースになったけれども、ほとんどは広島ペース。広島はDFラインからFWまでをコンパクトにして、非常にタイトなディフェンスだった。東京はスペースのない中で苦しい試合展開だったと思う。先に言っておくが広島のディフェンスは非常に良かった。

 東京は工夫が足りなかった。

 攻撃の枚数は足りていたが、工夫がなかった。例えばフリースローには全員がボールへ向かっていき、ボールに偏っていた。その結果マイボールにしてもゴール前に人がいなかった。例えば、低い位置でボールをキープして、サイドを崩しきれていない状態で、FWはボールをもらいにいく動きばかりだった。相手のディフェンスラインに入って裏をつく準備をして欲しかった。

 確かにガーロの責任は大きい。前半の途中で栗澤とリチェーリを交代させたように、先発の組み方からして間違っていた。吉郎や戸田が入ってきて、憂太は1TOP1のFWからトップ下、中盤へとポジションをさげ、梶山はボランチへ下がった。これを見ても、如何にも中盤だらけの組合せだったことがわかる。

 しかし、ガーロは手を打った。間違いを正すべく前半から修正し、後半にも2人を投入した。ハッキリ言って、これを打開できなかったのは選手の力量の無さであり、工夫の無さだ。

 後半も残り少なくなったところでロングボールや放り込みを一切やらなかった選手たち。最後まで崩すことに拘泥し、ロスタイムになってもバックパス、横パスに終始する。うちのFWが盛田より低いことはわかってる。だったら飛び出しとパスのタイミングを工夫しようよ。アーリークロスも1本もなかった。2列目からの飛び出しもなかった。

 そういうわけでガーロ辞めろのコールは単純すぎると思う。原東京コールなんて聞きたくない。一部の人間が言ってるだけならいい。ビールに酔っ払って調子こいて同調してる連中には虫酸が走った。あのコールが聞こえるあの場に居たくなかった。でもオレは選手に声をかけたかったらその場に留まった。もちろん声をかけた。「下向くな!」って。

 鹿島に負けて、セレッソに大勝ちして、広島に負けた。1つ勝った後、1つ負けたら大騒ぎ。どこかで辞めろコールするタイミングを狙ってたとしか思えない。東京の選手層は薄いのだ。左にあの右専門の川口がいるんだから。ルーカスも伊野波も出場停止で。

 挨拶に来て下を向いてたモニや土肥を見るのが一番つらかった。

 このままなら監督変わっても何も変わらないよ。


 システムについて一言だけ。

 4バックにするなら左SBに今野、もしくは藤山ということになるだろうか。もちろんコーチ陣はそれを進言してると信じるけど、ガーロは4より3の方がいいと判断したのだろう。個人的には後半に変化をつけるためにも4バックにして欲しかった。チームとしての工夫と変化が欲しかった。でも重ねて言うけれど、それが即監督更迭ということにはならないと思うのだ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-30 02:08 | FC東京

木村元彦さんのコラム

木村元彦の「地球を一蹴」。

更新されています。

第31回(7/28更新) 「オシムはどんなサッカーをやるのか、だって?」

 いやー、相変わらず切れ味鋭い!
 気持ちいいです。
 
 そしてこの一節、グッときます。
早々に欧州に帰るとも思われていたオシムが、日本に居続けてくれた理由の一つには、残留を願い、汗をかき続けたジェフサポたちの存在があった。そう、「シュワーボ、オスタニ」を体現していたのだ。
 
アマルに期待しながらも、その彼ら、彼女らの無念さを考えると改めて胸が詰まる。
 まさに「シュワーボ、オスタニ」を体現。


そして、少し前のこちら。

第30回(7/14更新) 「その後のオシム監督と川淵会長について」
会長インタビューを申し込みました。受けていただけると信じています。
 どうなったんでしょうか?
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-29 01:45 | football

スポナビで福田健二

一瞬Yahoo!トピックスにも出ててビックリしましたが、スポナビに突然、福田健二のインタビューが載っています。

 海外移籍 もう1つの道  サッカーライフ 第2回 カステリョンFW福田健二

 ”もう1つのみち”ってなんだよ、って感じの題ですが。同じ様な流れは先に廣山だっていたわけだし。

 ま、そういわけで、福田ファンの方必見です。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-29 01:27 | FC東京

セレッソ×東京!

C大阪 1 - 5 東京 (19:05/長居/8,027人)
得点者:'11 古橋達弥(C大阪)、'26 ルーカス(東京)、'42 梶山陽平(東京)、'53 今野泰幸(東京)、'65 馬場憂太(東京)、'69 石川直宏(東京)


 いやー、よかった。1-2に逆転した時点でこれはいけるという感じだったけれど、まさかこんなにも点が獲れるとは!セレッソのことが心配になるほどだったよ。

 試合の感想の前に審判について。
 今日の主審(松尾 一)は極悪。
 最初の徳永のイエローに始まり、前半のモリシ、古橋のイエローはひどかった。モリシは接触していなかったし、古橋に至っては接触した文丈にカードが出るのかと思いきや、なんと古橋のシミュレーション。うちに有利な判定とはいえ、これが後半の古橋退場へのきっかけになっているだけに、気の毒だったし、これで試合が完全に決した。まぁ、古橋の退場がなくても勝ってたと思うけれど。


 さて、夜も遅いので感想は箇条書きで。

・失点
 不運でした。しょうがない、あれは。あんなこともあるさ、程度の失点。

・1点目
 今野に惚れなおした。あのポジションにいること。チャージに倒れず前へ突進したこと。中へ折り返すとき、マイナスのパスコースをワンテンポ待ち、突っ込んできたルーカスへのパスを選択したこと。そして、そのパススピードが完璧だったこと。あれが速すぎればルーカスが間に合わず、遅ければキーパーにキャッチされていた。超感動。ルーカスもよく突っ込んできたよ。やっぱり二列目が合います。

・2点目
 カウンターからキッチリ得点。これができると浮上できる。伊野波トラップでかすぎ、と思ったけど、折り返しを二列目から飛び込んだ梶山へ。その梶山が完璧な右足トラップから左足で冷静にゴール。前半のうちに逆転したのは大きかった。

・3点目
 後半に3点目。古橋が退場してからだけれども、これで試合が決まった。ここで左サイドを駆け上がったのはまたしても今野。そしてストライカーのような冷静なゴール!ストライカーというよりも、スナイパーの様なゴール。よくあの角度のないところからサイドネットへ決めました。

・4点目
 既に相手の守備は崩壊。梶山の折り返しから憂太がキッチリ決めて4点目。FWで起用されたので本人も決めたかったでしょう。よかった!後半10分のルーカスの折り返しを見事なトラップでシュートまで持っていったのは、このゴールより美しかったよ。

・5点目 
 こんなところにこんな嬉しいゴールが!なんとフリーでいたところにボールが転がってきて、ナオが復帰初ゴール!!これは、ナオだけじゃなくて選手、ファンみんなが本当に嬉しかった!!ナオ、おめでとう!!!

・5点とも違う選手が獲ってる
 これはすごいこと。ルーカスに偏っていた得点が、全員で前へ出て点を獲るという姿勢を見せてこの結果が出た。次節以降へつながる。確実につながる。

・伊野波もアシスト
 2点目をアシスト。その他の左足のクロスもなかなかよかった!

・ボールを持ったら前線へ
 ジャーンやモニもボールを持ったら前へ出ててよかった。伊野波のクロスからジャーン胸トラップからシュートは萌えたw

・セレッソやばすぎ
 ボールに人が集まりすぎなのか、パス&ゴーで簡単に振り切られまくってました。監督も表情変えず(エリクソンみたい)で、これは厳しそうな感じです。この危機にこの手の監督は向かないんじゃないでしょうかね。別にうちのことじゃないのでいいですけど。


 何はなくとも今野でした。チームのペースを取り返し、同点アシストに、駄目押し得点。確か、今期初得点。ルーカスがイエローもらって、多分次節出場停止で、これは痛いが、チームは気分よくいけるでしょう!しかし、自分で足首を捻って交代した梶山が心配。ほんとに怪我人多すぎだよ。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-27 01:09 | FC東京

ジーコ氏のフェネルバフチェ監督就任

 今日は面白い記事がたくさんありました。
 こちらについても載せておきます。


 ■ジーコ氏のフェネルバフチェ監督就任

 我々日本人には懐疑的なジーコ氏の欧州クラブ就任。その中でもこのコラムに出てくる話は、なんというか痛々しいというか、4年前の日本を見ているようです。

 期待と不安が渦巻くジーコの監督就任(スポナビ)

 フェネルバフチェの昨年の成績がどれほどだったかは分からないが、トルコにはガラタサライというビッグクラブがある。そこへ持ってきて、「国内リーグとカップ戦の2冠、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ突破以上の成績、もしくはUEFAカップでの優勝」が必須で、「そのうち1つでも逃せば、100周年に傷をつけてしまう」というのだ。

 こんなこと可能なんですか!???

 トルコで欧州カップ戦に優勝したのは、確かガラタサライのみで、それも数年前(2000年だったか)のUEFA CUPだ。いくら補強が進んでいるからといってかなり厳しいだろう。

 もっとひどいのがいっぱいある。いちいち引用してられないので箇条書きで。

 ・ジーコ就任に反対が多い。
 ・その理由はクラブがジーコを選んだ理由をしっかり説明していない
  (これなんか日本にそっくり!)
 ・サポータは半信半疑
 ・記者の本音はジーコに懐疑的
 ・ジーコは現地の新聞(雑誌?)でのインタビューで日本では監督として成功したと発言
  (これに関してはジーコの言う事も一理あるわけだが、そのやり方は拙かった、
   と日本人の誰もが理解しているところだろう)
 ・ジーコはチームの準備を進めるのが遅い

 などなど。
 まぁぜひ本文を読んでください。どこかで見たような聞いたような内容です。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-25 23:55 | football

オシム氏の代表監督就任

■オシム氏の代表監督就任

 日本代表オシム監督、U-21代表反町監督 就任会見(スポナビ)

 決まりました。紆余曲折はありましたが、まずは正直な気持ちとしてメデタイ。大歓迎です。

 また、これとは別に、保障がハッキリするまで協会と千葉に対するwatchはしっかりしなければならないでしょう。選手がチーム間で引き抜かれるのとは違うわけで、金銭保障にしかなりえないが、いずれハッキリするでしょう。オシム氏の就任、協会の責任問題、これは別々な問題としてとらえていくことです。

 今回はオシム氏の影に隠れて、反町氏のU-21監督就任がクローズアップされないが、個人的にはとても画期的な出来事じゃないかと思っています。ご存知の通り両氏とも直前まで(反町氏は昨シーズンまで)Jクラブの監督を行っており、今までにないパターンの監督選出になっています。

 ともにJで実績を残して選出されており、その意味では画期的、かつJリーグもついにここまできたか、というところでしょうか。オシム氏の実績はJでの成績を持ち出すまでもなく実績十分だったわけですが、反町氏は新潟を昇格させ、J1の中堅クラブとして育て上げた実績を引っさげての就任となります。

 前回のアテネのときが監督経験のない山本昌邦氏、その前がトルシエ氏の兼任ということで、Jの実績から各カテゴリーの代表監督という流れは、今後のトレンドになっていくのではないかな、と思います。そしてそれはとても健全なことだと思います。


■オシム氏もナーバスになっていたという就任会見

 そして、今日読んで面白かったのは、こちら。

 2006/7/21 日本代表の新監督にオシム氏が就任(増嶋みどり)

 オシム監督のサッカーへの深い畏敬の念、という形でまとめていますが、これを読み、ますますチームとしてのオシム・ジャパンが楽しみになり、それ以上に、将来の代表への財産を築いていってくれるのではないか、僕らがまだ見ぬ何かを提示してくれるのではないか、といった期待を抱かずにはいられないのです。

 もちろん監督が変わったからといって、突然代表が強くなるとも思えません。しかし、何か将来へのビジョンや形を示していってくれるのではないだろうか、という期待をもってしまいます。それにしても増嶋氏が書いている、ジーコ氏との対比は面白いし、川淵会長との話もさすが御用記者ならではのもので、なかなか興味深いものになっています。

 ジーコ氏は、選手はできると信じ自分のレベルに合わせるように指導したが、そこを一段下げて微調整してくれそうなのがオシム氏に期待されることなのでしょう。そういう引き出しの多さはジェフで証明されていますから。(それに関連する記事はmasujimastadium.comの7/18の記事の最後にあります)


※masujimastadium.comのリンクがperma-linkじゃなくてごめんなさい。
  exciteはdocumentのリンクが張れないのでindexにしました。
  ひどいシステムだよ、これ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-25 22:03 | 日本代表

明日は第15節 C大阪 vs 東京

 明日は第15節 C大阪 vs 東京 @長居です。

 おぉ!また水曜日に試合だよ!
 相変わらずひでー日程だな、Jリーグ!!

 代表優先のツケなのか、ワールドカップがあったからなのか、天皇杯が後ろの控えているからなのか、それとも全ての要素の複合の結果なのか、なんだかわからないが、あまりにもリーグ軽視が過ぎる。シーズン前からわかってたことだけどさ。前にも書いたけど、何回でも書くよ。
リーグのトップ人事も刷新されてるし(それにしてもご年配ばっかりだな)、来年以降期待してるよ、ホントに。特に浦和出身の犬飼さんにはクラブを発展させたあの手腕を、リーグ運営に活かしてもらえればなぁ、と切に願います。

 さて、我らが東京、当然、私は仕事で大阪へは行けません。録画して見るか、と思ったら、中継ナシかよ!いや、よく見ると、BS-iでありますよ!なんとも一般的にはマニアックなカードをありがとう゜(゜´Д`゜)゜

 しかし、、、
23:00-01:00 C大阪 vs FC東京 (BS-i)


 録画でしかもこの時間かよ_| ̄|○
 頑張って見るけどさ。せっかくBS-iが見れる環境にあるから。

 そんなことより!
 コラ、MX!!
 なんで試合の時間帯にこんなもん放送するんだYO!
 意味わかんね、まぢで。。。
19:00-19:30 サッカー伝説のヒーロー・ロナウジーニョ物語 (MXTV)


 今日のトーチュウは伊野波でしたね。オレじゃなくてもみんな、あの左足にはガックシくるもんなー。いずれにしても伊野波のキックは右でもあまりいいところを見たことないですね。鹿島戦では右足でいいのがひとつあったけど。

 もちろん左足の練習も大事だけど、シュートも狙ってね。切れ込んでシュートでもいいじゃないですか。この間も書いたけど攻撃のアイデアが貧困なので、その辺を練習でお願いします。もしくは左に戸田や阿部ちゃんでもいいのになー、と思うんだけど。憂太があれだけ動いてキープできたんだから、飛び込める選手をぜひ!


おまけ

21:10-21:35 Jリーグタイム (BS1)
これはBS-iを見終わってから録画で見ましょう!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-25 20:43 | FC東京

東京×鹿島

東京 2 - 4 鹿島 (18:06/松本/17,070人)(J's GOAL)

 レポートは地元出身の元川さんです。

 この試合、僕は友達の結婚式(ディズニーシーにあるホテル・ミラコスタでした)で松本に行けなかったけれど、MXを録画して、帰宅してから見ました。

 この試合、一番ポジティブになるべき要素、でありながら、ネガティブな要素を浮かび上がらせたのがルーカスの2点だったと思う。

 ルーカスの2得点とも素晴らしいの一言。1点目はナオが右サイドを諦めずに駆け上がったことにより、ルーカスのマークが若干甘くなり、左サイドへ完璧なシュート。2点目は鹿島のディフェンダーもここでは撃たないだろう、というところから見事なミドルシュート。どちらも文句の付けようがない素晴らしいゴールだった。

 しかし、ルーカスのシュート以外に決定的なシーンがあっただろうか。東京はガンガン攻めていたが、鹿島ゴールを脅かすほどの攻撃はなかった。

 4失点という今季最悪の失点数だが、前へ出る形はとてもよかったと思う。規夫が退場してから文丈が入り、突然の対応にも関わらず、さすがの文丈・今野のダブル・ボランチだったと思う。バランスよく、チーム全体としては試合を支配していた。

 しかし、左サイドに攻撃が偏り気味で、伊野波の左からの攻撃は、全くと言っていいほど相手に脅威を与えていなかった。左足のキックは全く精度を欠き、攻撃のアイディアも乏しかった。左サイドで有効な攻撃となったのは、今野が上がっていったときだけだった。

 明るい話題はルーカスだけではない。なんと言ってもナオ。福岡戦は見れなかったのでわからないが、この試合のナオは素晴らしかった。右サイドで新井場と1対1になれば、これを制し、最終的にはシュート、もしくはセンタリングまでは持っていっていた。センタリングも伊野波のそれとは違い、GKが取れない位置へ、そして鋭いボールが上がる。

 選手の気持ちも見えてたと思う。

 次は味スタで監督も代わってから1勝1敗としている広島。いつも引き分けの印象があるけれど、ここはしっかり勝ち点3を。J再開、最初の味スタですから!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-24 00:12 | FC東京

ルーカス大丈夫でしょうか。。。

 ベルカンプじゃなくたってイヤだろうな、これは。。。

 福岡から松本への飛行機が落雷にあったらしく、ルーカスはグロッキーだとか。。。

 こりゃ、怖いわ。。。
 リチェーリが慰めてる図を想像するとかわいいんだけど。。。


 明日は友達の結婚式があって、松本には行けないんだけど、朗報を待っています!まずは怪我なく、無事に次週の味スタへ帰ってきて欲しい。それが味スタから復帰する僕の気持ちです。松本へ行く方々、応援よろしくお願いします!!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-07-21 23:29 | FC東京