<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

まったり負けました

東京2-3セレッソ(19:04/国立/21,041人)
得点者:'2 河村崇大(C大阪)、'18 ルーカス(東京)、'52 藤本康太(C大阪)、'82 西澤明訓(C大阪)、'89 馬場憂太(東京)


 先週の国立はフクアリの勢いそのままにガツガツ行って試合をものにした感じがあったけど、今日はピリッとしない雰囲気のまま試合に入った感じで、開始2分で失点。

 相手は最下位で前節もやな負け方したわけなんだから、頭からガツガツ行って一気に試合を決めて欲しかったよね。前半の半分くらいは中盤を支配されて、結構セレッソにスコスコやられてた感じです。

 でもしょうがないかな、と言うのが感想。

 これだけ連戦続いてて(相手も条件は一緒だけど)、どん底からちょっと上がって(ちょっとだってことに気付かないといけないけど)、ホッと一息、という感じもしないではない。何しろ国立の雰囲気がユルユルでした。そういう自分もゆるかった。

 相手はセレッソ、大久保、ブルーノクアドロスがいない。東京上り調子。ぬるくなる要素はいっぱいありましたね。選手にも油断してた感じはありました。

 梶山のデキもひどかったよ。
 憂太とクリ入れるなら、下げるのは梶山だったと思うけどな。
 まぁこれも結果論だからしょうがない。

 そんな中、憂太のゴールはビューティフォーでした!いやー素晴らしい。岡田主審もちょっとは空気読んだのかな?(笑)

 そんな感じの今日でした。

 レポまでこんなぬるい感じですんません(~_~;)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-30 22:54 | FC東京

韓国遠征記 その1 2006.08.05

 今更ですが、自分の記録のためにも韓国遠征記を書きます。韓国から戻ってくるやいなや、色々あったり、忙しかったりしたのでこのタイミングになっちゃいましたが、今後韓国(ソウル)に行く人たちの多少の参考になれば、と思います。


 その1は初日(2006.08.05)の出来事です。

 今回は実は僕自身初の韓国旅行でした。日本の歴史と切っても切れない関係にある韓国は、僕にとって高校生の頃から最も訪れてみたい国だったのですが、巷で言われるように文字通り近くて遠い国でした。

続きを読む
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-26 00:26 | FC東京

また勝ってもうた!

勝つことに慣れてないですね、なんだかww

東京 5 - 1 福岡 (19:04/国立/18,533人)
得点者:'35 藤山竜仁(東京)、'52 オウンゴ-ル(福岡)、'64 赤嶺真吾(東京)、'66 石川直宏(東京)、'76 伊野波雅彦(東京)、'89 阿部吉朗(東京)



 あー、なんといっても藤山藤山藤山藤山藤山藤山藤山藤山!!!!!!

 前節もディフェンスで大活躍(失点は3だけど)だったフジ。
 なんと今度は人生J1初ゴールですよ!!(プロ初じゃないよね?)


 試合展開は良くも悪くも去年までの東京を思い起こさせましたね。例えば奪ってからの攻撃の速さ、サイドでの優位。例えば、大きなサイドチェンジ。例えば、相手が10人になってから攻めがグダグダになるところ。例えばサイドに開きまくって中に誰もいない、などなど。試合を見ながら「あ~、なんか懐かし~」と思いながら見てました。

 そしてこの「見てました」ってのがクセもんです。やっぱりファンが作り出すスタジアムの雰囲気っつーのは選手に伝染します。良くも悪くも。10人相手に攻められなくなり、後半に入って追いつかれる。いや~な雰囲気になったところでゴール裏も選手もようやくスイッチオン。なんかのどかだなー、という感じはしますが、それできっちり点が取れたのは素晴らしいことですよ。

 とはいえ、11人同士の序盤も圧倒的に押していて、もうこりゃいつでも点入るぜ!、みたいな雰囲気があり、それが見る側を安心させた、というのもあったかもしれません。


 ただね、やっぱり倉又東京2試合目、大勝だっただけに兜を締めておきたい。

 勝った相手は下から2番目の福岡。皆さんご存知の通り、リーグ3試合前には一番下のセレッソに5-0で大勝してます。あのときも相手が10人になりました。はい、ここしっかり意識しましょう。

 それから、吉朗の交代について。得点とったからいいじゃん、と言うのは結果論。彼は怪我人です。鼻骨折れてようが吉朗が試合に出れば、混戦で頭から突っ込むでしょう(得点はそれはそれはビューティフルなヘディングでした)。あんなバカ勝ちしてて、大量リードしてる状態で吉朗を入れる意味がわからん。さらに怪我が悪化したらどうするんだよ、ってことですよ。スーパーサブでベンチにいれるのは分かるけど、それは負けてるとき、もしくは同点のときじゃないの?勝ってるなら他にも入れる選手いるよ。。。

 ということで、2試合目なのでこういうところも、きっちり意識したいな、と思いました。


 まぁ、いろいろ細かい事も書きましたけど、でも単純にうれしーです!

 他チームのほとんどが中3日のなか、うちの選手は日曜から中2日でほんとによく頑張ったと思います。徳永も日曜も体調が悪かったとかで、それなのに今日も最後まで立派だったし、みんなホントに戦ってたと思うよ。何よりそれが嬉しいのです。

 また中2日で清水戦です。(ひどいスケジュールだよ、ほんとに)
 ああ、行けないけれど(しかも地上波、BSなし(泣))、がんばってくれー!


おまけ
 「東京が好き♪」のチャントはよりこなれて、いい雰囲気になってましたね!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-24 01:05 | FC東京

昨日のつづき

 昨日は家に帰って妻と祝杯をあげました。
 (ここで書く機会もなかったので触れませんでしたが先月結婚しました)

 つき合い始める前から東京の試合に連れてきていて、最初の試合は2004年の浦和戦@味スタ(憂太CK→ルーカス・ヘッドで1-0の試合)でした。昨年、東京SOCIOに引き込んだまでは良かったのですが、ご存知の通り東京はめっきり調子を落としてしまい、「東京弱いねー、やだねー」といつもごねられていました。

 彼女もファン暦は早2年弱。昨日の帰り道、ほっとした顔で、何度も「よかったね~」と言って、ふたりで「ほんとによかったね~」というのを5分おきくらいに繰り返して、久々の勝利の余韻に浸ってました。


 そんな彼女がぽっともらした、とっても印象に残った言葉あります。

 「わたしもこれで東京サポになれたかも」


 たぶん僕は驚いたあと、嬉しそうな顔をしていたと思います。これを聞いたとき、ふと考え込むとともに、ちょっとした感動を覚えたのです。彼女は昨日、試合終了のホイッスルのあと、一緒にいた仲間とともに涙が出そうになった、と言うのです。きっと、今までは、僕に付き合わされて、嫌々スタジアムへ通ってた日もたくさんあったと思うのです。年間チケットを買わされて、試合に付き合ってくれて、でも行けばたいていが勝てない試合。韓国まで行っても負け試合。特にここ3試合はあんな内容で、1点も取れなかったのです。(今見てもすごい数字だよ)

 そんな彼女の中で何か気持ちがすこし変わったようです。やっぱり苦しい時期をずっと見続け、心のそこから勝利を渇望して、そしてやっと掴んだ勝利は格別だっただろうし、自分の心の変化に気付いたのかもしれません。「憂太すごい!かわいい!」しか言ってなかった頃からすると随分変わったものです。ふたりでこうやって試合の感動をしみじみ味わえるようになったわけですから。


 0-2(対サンフレッチェ広島戦@味の素スタジアム)、
 0-3(対FCソウル戦@ソウルワールドカップスタジアム)、
 0-4(対浦和レッズ戦@埼玉スタジアム)

 そして
 4-3(対ジェフ・ユナイテッド千葉市原@フクダ電子アリーナ)


 ふたりで「よかったねー」と語り合える素晴らしい時間をくれた選手、スタッフ、いつも一緒にスタジアムに行く仲間、それからスタジアムでみんなで一体となってチームを後押ししていた東京サポーターに感謝しています。どうもありがとう。


 今日はそんな余韻にひたれた幸せな日でした。


 水曜日、せっかく社会人の味方=国立なんだから行ける様に仕事がんばんないとなー。火曜日に仕事を2日分やってしまわないと(笑)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-22 00:52 | FC東京

こんなゲーム見たことない!

第18節 千葉3-4東京(19:04/フクアリ/17,261人)
得点者:'5 阿部勇樹(千葉)、'7 坂本將貴(千葉)、'16 ルーカス(東京)、'62 赤嶺真吾(東京)、'75 石川直宏(東京)、'84 羽生直剛(千葉)、'89 阿部吉朗(東京)

 これ以上ないゲームでした!

 早々に2失点したときはどうなることかとハラハラしましたが、ルーカスが早々に1点取り返してくれて、その後も選手も、サポも、スタッフも一体になってたよね。東京は死んでねぇ!って思えました。

 ハーフタイムに選手が下がっていくとき、1-2で負けてるのにサポは皆拍手と声援で激励して(自分もその一人だったけど)、それがまた嬉しくもあり、まだまだイケるぞ、という気持ちを表してましたよね。

 赤嶺のゴールで追いついて、ナオのゴール(それまでヘッポコクロスばっかりだったのにあの見事のシュートはなんなんだ!)で逆転したとき、ほんとに喜びすぎて、自席を離れて2階席の前まで突っ込んで行ってしまいました。そのはしゃぎ過ぎのせいじゃないだろうけど、ジェフに追いつかれて、しんどい試合展開に。

 しかしここから選手の頑張りは見事でした。ロスタイム(なんだよね?たぶん)にも関わらず、これまたそれまでパスミスだ、ポジショニングミスだ、を繰り返していた徳永が自陣奥から爆発ダッシュ!グラウンダーのクロスを中へ。そしてこの時間でもルーカスがそこにいて、さらには吉朗!この時間帯に2人中に選手が飛び込んできたこと自体、最近なかったし、攻撃的な采配を続けた倉さんの姿勢が試合に出たんだと思います。この時はただただ回りの仲間と揉みくちゃになってました。

 ほんとにチームがまとまってたよね。細かい事は上げればきりがないけど、気持ちが前に向いてるだけで嬉しかったよ。いい方に向いてきたかな。次、続けましょう!


おまけ
小澤の交代は"?"でしたが、早くもこちらに倉さんのコメントがあります。
なるほど、そういうことだったのか。理路整然とした受け答えで素晴らしい!いやはや恐れ入りました。
f0017246_0185144.jpg

f0017246_0191182.jpg

[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-21 00:20 | FC東京

浄ブログ!

 今やあちこちで話題になってます、浄ブログ。

  金沢浄のブログ


 「見る前に跳べ」さんのところでも書いてありましたが、ほんとに日々進化がすごい!

 なんと今日は携帯から更新で、お迎えの栗澤の顔写真がさらされていますw

 いやーすごいですね。この進歩。毎日一つずつ上達しています。文章もなんかキャラが出てていい味出してますw。

 毎日チェックしないと!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-19 22:36 | FC東京

解任、そして再生

アレッシャンドレ ガーロ監督解任のお知らせ
倉又寿雄新監督就任のお知らせ
トップチームスタッフ 新任のお知らせ

 まずは、この英断についてチーム上層部を評価したい。チーム状態が昨年の同時期と異なり、どうにもならない状況であることを察しての決断だとは思うが、順位、ポイントだけ見れば昨年と変わらないわけで、「現状のまま行く」という判断も可能な中、このような決断に至ったことを評価したい。

 と、同時にガーロを連れて来たことの反省と、その過程(ガーロを選んだ経緯、ガーロへのサポート体制、強化方針との整合性等々)については丹念に分析と評価を行い、今後に活かしてもらいたい。責任を取るべきだ、という論調(風潮)もあるが、強化部が都度責任(減俸、辞任、解任)を取っていたら、一貫した強化方針はなかなか組めないだろうし、何よりも人材がいるのか、という問題がある。それよりもきちんとした分析とクラブ全体として考えた評価をして欲しい。またそれを開示して欲しい。ちなみにこの問題は川淵解任問題のそれとは全く異なることは論を待たないので、ここには書かない。

 後任はやはり、倉又さん以外いないだろうと思われるし、妥当だと思う。倉又さんは長く東京に関わっている人なので建て直しという意味では適任だろう。(倉又さんと東京の関わりあいについて知りたい人はこちらに詳しいので一読をオススメします。「FC東京の挑戦」

 現状のチーム状態を上げるためには、昨年の東京をベースに構築するのが妥当だろう。現在のレギュラークラスにおいて、昨年を経験していないのは伊野波くらいだし、ベースは原東京で間違いない。つまり、(こういう表現は使いたくないが)ガーロによって壊されたチームを復元させるには、まずは昨年の闘い方を踏襲するのがベストだ。しかしながら、これは昨年末ベースで見れば、後退を意味する。

 完全に向きが間違ってました、と認めたわけだからこの8ヵ月は「失われた8カ月」なのだ。チームとして後退ではあるが、まずは昨年ベースへ戻して欲しい。ここにガーロによってもたらされた何らかのプラスαがあり、また倉又さんによってプラスαがもたらされれば、という妄想も出てくる。原東京+somethingを期待してしまうのである。が、それはまぁ求めすぎだろう。まずはチームがひとつにまとまり、もう一度やり直そう、という切替を期待したい。

 それよりも、これでサポーターとチームに一体感が出ることに間違いがなく、何よりもこれが一番うれしい。正直、浦和に負けた後、チケットがあるのに「フクアリ行きたくねーな」と思ってる自分がいた。もちろんこういう状態の時こそサポートしなきゃ、と思うのだけれど、こんな状態じゃサポートしても「暖簾に腕押し」といった感じだったので、気持ちが前に向いていなかった。

 これで俄然燃える。
 間違いなくこのブログ読んでくれてる仲間たちも燃えてるはず。

 そしてこれで選手が燃えなきゃウソだ。

 千葉に対して勝っても負けても納得できるような試合を!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-16 00:36 | FC東京

Tribute to rainbow レポート

 2週前の話になってしまいましたがレポートです。

 なんと席は最前列、コンサート、Liveにおける最前列はプロの演奏、バンドにおいて経験したことはありません。スタジアムを入れても2001年コンフェデカップの、日本×ブラジル@鹿島スタジアム(浦和のワシントンがいました)以来です(全然関係ないですが)。本当は後方のほうが全体見えるし、音のバランスもいいんだろうなぁ、と思いつつも、指揮者も近いし、ジョーを目の前で堪能できるぞ!と別の楽しみを持っていました。

 実際は、オケの後方が見えないというのはありましたが、音も心配したようなことはなく割と全体がハッキリ聴こえて満足できる席でした。

 
f0017246_21553655.jpg

 開演前に席から撮った写真です。
 カメラを忘れてしまったため、写真は友達の携帯撮影によるものです。カメラを忘れてしまったのは残念でした。。。

(続きを読む)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-14 22:01 | music

ボロ負け

 先週のTribute to Rainbowや、ソウル遠征のこと、その後の楽しかった2日間のこともまだ書いてないけど、とりあえず今日のボロ負けのことだけ書いておきます。おまけに全部書き終わったのに消えやがって、最低気分充満です。


 3試合連続で無得点、9失点を見せられるなんてありえねー。

 ハッキリ言う。監督交代しかない。



 試合の最初に失点して、FC ソウル戦みたいな展開だな、と思ってたらそれ以上にひでー、ありえない。面倒くさいので箇条書き。

 ・守備から入らないといけないのに先に失点。
 ・おまけにまったく得点の気配無し
 ・2点負けてるのにヘディングに唯一勝ってたワシントン下げて、
  ミドルの撃てる梶山下げて何考えてんの!?
 ・小さいの2人入れてどうするんだよ。中盤で崩せないのに裏も突けないだろ。
 ・ソウルでヘディング勝ちまくってた中澤聡太でもトップに入れてみろよ!
 ・おまけに終了間際に宮沢いれて何したいんだよ。
  スペースもないのにどうやって活きるんだよ!
 ・挨拶来てすぐ逃げてくなら来るんじゃねー!


 伊野波が退場して10人になったので、まぁ最後の2失点はしょうがないよ。(直後の失点は選手が悪い)。でも最初の失点はなんだよ。相手の右サイドに広大なスペースを与えて、余裕のクロス上げられて、達也に後ろにそらされて小野にやられる。システムのせいじゃないって言うのなら、あの左サイドの空白はどう説明するんだよ。ボランチが埋めるのか?CBが左にずれて埋めるのか?どっちもできてないからやられるんだろうが。いい加減4バックに戻せよ!東京には4バックが合ってるんだよ。システムに拘らないって言ってる自分が3バックに固執してるじゃねーか!

 ナオが右サイドで苦しんでる。あいつは後ろにSBがバックアップしてくれてるから思い切って勝負できて、なおかつサポートがあるから生きるのに、今のままじゃ全く良さが出ない。ナオは4バックで生きるって事を味スタに来る2万人は、全員わかってるんだよ。分かってないのはガーロだけ!


 どん底だと思った広島戦から2つ。下がりっぱなしだよ。信じられない。
 楽天家のオレももう駄目です。


 博実は「攻撃サッカー!」とか威勢のいい事言って、現実的にはディフェンスをしっかりして、自分たちの実力を理解した、実に地道なサッカーをしてたよね。今はどんな相手もおんなじ。そりゃ相手にとっちゃやりやすいよ。工夫無し、修正無し。

 とにかく現実的な采配ができる監督に変えろ。ガーロは責任取らなくていいから辞めてくれ。そこにいることが恥ずかしくないのか?全く修正できてないぞ!?良くなる気配が全く無くて、試合ごとにひどくなっていってるぞ!!!自分で辞めない、っていうのなら追い出したほうがいい。選手がかわいそうだ。
 

ps
名波のセレッソ移籍、ショックです。
動かないと思ってたのに。どうせ動くなら今こそ東京に来て欲しかった。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-13 02:01 | FC東京

日本サッカー協会会長解任デモ

 先週末くらいには、「あー、これは行かねば」、と思ってたんですが、週末韓国へ行っていたり、さらには仕事も忙しくて書くヒマがありませんでした。明日、国立での試合のチケットは持ってませんがデモに参加します(予定)。その時間に千駄ヶ谷に行けるかどうか。。。

 試合に関しては結果よりも選手の目の輝きや、チームコンセプトがとっても気になるんですが、とてもその時間には職場を離れられないので残念ながらパスです(チケットないし)。

 とりあえず自分がデモに行かねば、と考えた理由を書き殴って寝ます。
 今回は色々と考えてたんですが、自分の考えはかっちりまとまりました。


 ・川淵氏にフォーカスが当たっているが川淵下ろしがメインではない
 ・川淵氏がいることにより硬直化した協会が問題
 ・今の体制、体質を変えるには川淵氏に降りてもらうしかない
 ・代表の改革はオシム氏だけに頼っては危険
 ・彼の初采配に味噌をつけるのでは、と思う向きもあるが、それとこれは別
 ・なので、別にジーコジャパンの総括がない、というのは自分の意見とは違う
 ・それは技術委員がやる仕事だから


 とりあえずこんな感じです。
 組織がまともになるには変わってもらうしかないと思ったことが一番かな。

 明日行けるように頑張って仕事しないと。でも17時まで研修で仕事できないんだよな(泣
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-08-09 01:20 | 日本代表