<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

なんか勝ちそうな気がする。

根拠ないけど。
Awayの新潟だからかな。

そういうわけでファンタジーサッカーはこういう登録で。

Vamos Tokyo!!

クリックすれば名前が見れます↓
f0017246_116242.jpg


平山はまだしも、なんで中澤聡太の写真がないんだよ・・・。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-30 11:07 | FC東京

5連敗です。

9月24日(日) 2006 J1リーグ戦 第24節
鹿島 3 - 2 東京 (15:04/カシマ/17,398人)
得点者:'28 フェルナンド(鹿島)、'47 フェルナンド(鹿島)、'67 フェルナンド(鹿島)、'83 梶山陽平(東京)、'89 今野泰幸(東京)


 BS-i にて生中継観戦しました。

 前半途中まではとてもいい感じでしたね。梶山のトップ下に”?”となったものの、やっぱり今野と浅利は守備に利くわ、とか思いながら、守備から入るこの日の東京に満足しながら見てました。

 攻めても、ボールを奪ったあと、素早い攻撃につなげることができ、これも割りと(決定的なシーンはないものの)相手ゴール前まで進出。赤嶺も何度もオフサイドになりつつ、いつも以上に裏へ飛び出す動きを意識してました。今野も左サイドへ回りこんで走り回り、なにか予感させるようないい動きでした。

 守りが安定し、鹿島がゆっくりパス回ししたなかで、28分フェルナンドのミドルシュートが決まってしまいます。シュートは素晴らしいものでした。東京の選手の外を巻き、シュート回転がかかったボールはワンバウンドしてゴール右へ吸い込まれていきました。しかし、正直、土肥が一歩も反応できなかったのは問題じゃないでしょうか。フェルナンドは明らかにシュートを撃つ体制に入っていたわけで、これに反応できないのはちょっと問題だと思います。

 攻めるもシュートが枠にいかない東京、結局前半はこのまま終了。ゴール以外はいい守備を見せていただけに悔やまれる失点でした。

 そして後半開始早々の失点。フェルナンドのマークは浅利。これはありえない。マークする相手を後ろから追いかけてどうする?どこかにコメントが出てたけど、マークを確認してるうちに走られたとか。なんじゃそりゃ。何回同じことすればいいの?

 ちなみに前半にミドルを撃たれたこと(中盤でどフリーですからね)とここでのマークのずれに、すっかり浅利にがっかりしました。5連敗の責任を個人に帰す気は毛頭ないけど、結局個人がキッチリ仕事をこなさなければその先はないわけでしょ?伊野波と今野のボランチの方がいいですよ。

 で、3失点目もCKから。ニアでそらされて、またもフェルナンド。ニアに何人いた?4・5人いたよねぇ。全員の前に入られちゃって、そんでもって後ろはがら空き。鹿島の選手が2人くらいフリーで飛び込んできてましたよ。CKも鹿島はいいボール蹴ってました。

 もうこれで試合は終了。

 鹿島は水曜にナビスコ戦ってますからね、後半最後で脚が止まったのはしょうがないでしょう。梶山も、今野も遅きに失したし、曽ヶ端のミスでしょ、あれ、どっちも。梶山のは揺れてもいないだろうし、今野のはゆとりをもって触ってるように見えた。でも枠にしっかり蹴ったのは評価したい。今野のは難しい角度だったし(宮沢の丁寧なパスも素晴らしかった)。最後にナオから惜しいクロスがあったけど、1試合に1度しかいいクロスが入らないんじゃゴールにつながりませんよ。


 さて、どうすればいいんでしょう、東京。去年の連敗のとき、チームはもがき苦しんでたけど、内容は悪くなかったよね。今はそういうのが見れません。

 まず、土肥、代えてみませんか?
 そろそろ塩田、出番じゃないの?


 もうアンタッチャブルは無しだよ。監督も悩んで、梶山を一つ前に上げたんだろうけど、それなら梶山を外して憂太を使うべきだろうと思うんだよね。監督は梶山に期待してるんだろうけどね。

 こういうのこんなところで書いてもなんなんだけど、ちなみにオレなら、こうします。

 中盤とルーカスは自由にポジション変えて欲しい。


   ルーカス  ワシントン
 憂太            石川
     今野  伊野波
 藤山            徳永
     中澤  ジャーン
        塩田


 なんでもいいです。早く自分たちのおさまりのいい形作って、活気のあるチームに!

 今こそチームを引っ張ってくれ、今野! 
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-26 00:06 | FC東京

ひさびさ、footballの犬

 毎度、不定期更新で油断ならない徹壱さんの「footballの犬」ですが、9/15に更新されていたのでご紹介します。


 第57回 オシムにとってのブラジルとは?(宇都宮徹壱)


 今回はオシム代表監督が、ことあるごとにブラジルを喩えに持ってくることについてコラムを書かれています。これ、結構おもしろいです。ぜひご一読あれ。

 ちなみに中に出てくる三都主の話ですが、これは徹壱さんの考えすぎなんじゃないのかなぁ、と個人的には思いました。良ければ選んで試合に出すし、良くなければ選ばないし、試合にも出さない。ただ今回は公式戦だったから、固めたメンバーで使い続けた、というのが代表監督の心情なんじゃないのかな、と僕は感じました。

 いずれにしてもこういう楽しみ方をできるのも今の代表ですね。アジアカップ本戦の様な、本番モードでの試合が早く見てみたいところです。


 話は変わって、城福監督のU-17、やはりオシム千葉からヒントを得ていた、ということがサポティスタでも紹介されていました。日本らしいサッカーがこうやって日本人監督によってイメージされて、作られていくってのは素晴らしいですね。こう考えても、やはりイビツァ・オシムが日本サッカーにもたらしたものが如何に大きなものか、というのを考えさせられます。なんせ影響を受けたのが日本のトップクラスの指導者なわけですから。そういえば、まだ記憶に新しい元旦の野洲高校のサッカーもこれに通じるものを感じます。

 今後、どれだけ根付いていくか、各レベル・世代でイメージを共有して無形文化財的に残していけるか、これからが楽しみです。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-20 00:13 | 日本代表

U-17アジア選手権 優勝

日本、北朝鮮下し優勝 U-17アジア選手権

 12:10頃からのBS1で見てました。録画だったんですね。
 結果知らずに見て良かったー!

 人工芝でボールがやたらと弾む中、ほんとうに技術が高いですね、日本の子たちは。それでいて、先に失点しても慌てない落ち着きっぷり、2失点しても自分たちのサッカーを続ける、堂々としたプレーっぷり、見てて頼もしかったです。

 後半攻め続ける中、柿谷が左サイドペナの角あたりでシャペウから、ワンバウンドの上がり際を右足アウトサイドボレー!ボールはサイドネットへ。なんつーか、すげぇぇぇ。。。彼はまず勝負を仕掛けてからパスを選択、というその姿勢がまず気持ちよかった。

 俄然勢いに乗って、交代で入った端戸のゴールが生まれる。これもパスワークから、最後はダイアゴナルに走った端戸へ柿谷からノールックで(というか視線をそらしてDFを欺いて)のスルーパスから。シュートも鋭くいいコースへ行ってました。同点!

 このまま残り10分で決められるかと思ったけど延長へ。

 延長も苦しい時間をしのいで訪れる逆転ゴール。これまた交代で入った河野。これはブラジルですか?の水沼ポスト、ヒールでワンツーから深井が突っ込んできたかのようなドリブルで、左足一閃、右サイドへゴール!夜中に叫んじゃいました。近隣の方、すんません(笑)

 さらに、パワープレーに出る北朝鮮の裏をつき、河野が駄目押しゴール。これがまた、左足アウトでGKのタイミングを外すゴール。いや、落ち着いてるなぁ。利き足なんだろうけど小憎らしいほどウマかったです。

 U-17 ワールドカップでも期待してますよ!

 それにしても、監督すごいね。交代した2人が同点ゴールに逆転ゴール(+駄目押しゴール)の延べ3ゴール。ミドルシュートはみんなどかんどかん吹かしてたけど、ペナ付近のシュートはみんな上手でした。

 それから、面白いのが、とっても日本らしいサッカーだなぁ、と感じたこと。細かくパスをつないで、食糧事情が悪いはずなのにやたら体格のいい北朝鮮の子たちを翻弄してました(彼の国の人たちは年齢ごまかしてないか?)。この年代は細かいパスをつないで、とってもリズミカルで見てるものを楽しませるサッカーをやってます。大熊さんのユース世代とは明らかに違うよね。昔からこんな面白いサッカー、できてたんでしょうか?

 いずれにしても、夜中まで見てた甲斐がありました。あ、甲斐で思い出したけど、ディフェンダーの甲斐君もねばっこくて頑張ってました。頼もしかったです。

 なにはともあれ、おめでとう!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-18 03:03 | 日本代表

先発は2Topで、ぜひ。

京都 1 - 0 東京 (14:04/西京極/8,440人)
得点者:'17 パウリーニョ(京都)


 4連敗です。MXにて観戦。

 いろいろ作業しながら見てたので全部をちゃんと見れたわけじゃないので、試合について全体的なコメントは控えます。

 ですが、2点。

 ワシントン、さすが結果を出して戻ってきただけあっていいです。最初から使って欲しかった。どうして倉又さんは1Topに拘るんだろうね。毎回失敗して、毎回後半から2Topにするでしょ?学習能力ないんでしょうか?それとも練習や練習試合で素晴らしい結果が出ているんでしょうか?

 そしてそのワシントンを追い出した奥谷主審。こういうのがいるからJの観客が増えないんだよ。テレビと違って近くで見てる方が正しいジャッジをする、と時に言われます。今回は違う。醜すぎる。最初のイエロー、あれはファウルは取られてもイエローに相当するとは思えない。おまけに京都の連中はイチイチうるさい。子供がサッカーやってんじゃないんだから、激突くらいで騒ぐんじゃない。

 さらに2枚目のイエロー。どこがイエローだ?おまけにどこがワシントンのファウルだ!?ボールに先に触ってるじゃないか。想像や憶測で笛を吹いて、おまけにカードを出すなんて審判やる資格ないよ。おまけになんだ、また京都のGKと周りの連中は。汚いアピールの繰り返しで、おまけにワシントンに食って掛かる。

 そして、これに対して怒ってたのはルーカスだけだよ。周りの東京の連中は何してたんだ?一緒になって京都の選手を突き飛ばすくらいの気持ち見せてくれよ。まったく闘えてないよ。別にラフプレーや暴力行為に参加しろ、って言ってるんじゃない。全然気持ちが闘えてる様に見えなかったね。

 前回の甲府戦も、試合終了と同時にピッチに倒れ込んだのは甲府の選手だけだった。それだけ彼らは闘ってた。東京の選手にそんなやつはいなかった。それが情けない。今回も気持ち足りないんじゃないの?

 順位が下の相手が続いて勝ってに受けて立つ気分でやってるんじゃないですか?常に挑戦者の気持ちで行かなければ、いい結果、そして周りを感動させる試合なんてできないですよ。もういちどフクアリの気持ち思い出して頑張ろうよ。次は鹿島。挑むにはちょうどいい相手だよ。期待してるよ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-18 00:07 | FC東京

ピーターパンかよ!

もういい加減食傷気味の平山騒動(騒動と呼びますよ)ですが、最後に1つ。

今日のトーチュウにインタビューがありましたが、これにはガクっときました。



 -騒動の経緯については

  「大人の世界は任せてあるので、知りたくもない。代理人とも連絡は取っていない」




 なんじゃそりゃ。。。(; ̄Д ̄)

 おまえ(もう「おまえ」と言わせてもらう)、立派な成人したお・と・なだろ!

 まぁ言いたいことは、お金の絡むドロドロした部分は大人たちにまかせて、僕はサッカーに専念したいよ、みたいな感じだろう。まぁそりゃわかる。

 にしても「知りたくもない」とは。

 凡人のオレには大物の気持ちは分かりません。

 でもインタビューでの答え方をちと勉強した方がいいかもよ。。これだけの文章じゃその裏にある気持ちはわからないからなぁ。曲解されるよ、このままじゃ。今後がちと心配。いや、今後心配。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-15 23:27 | FC東京

NAKAMURA!

UEFA CL  Group F  マンチェスターU 3-2 セルティック
マンU:30'(PK), 40' サア 47' スールシャール  セルティック:21' フェネホール 43' 中村

 いや、すごいですね、中村俊輔。

 FKのゴールも凄かったけど(いつもの右上隅ではなく、右サイドへ鋭く速く落ちるボール)、それ以外でも輝いてました。

 セルティックはほとんどの選手がワンタッチかツータッチでボールを離すのに、そこに俊輔が入るとボールが落ち着くし、相手を引きつけられるんですね。最初はさすがにマンUの鋭い出足にボールが回ってこなかったけど、最初の10分を我慢したらボールを触れるようになってました。

 相変わらずディフェンスには顔を出さないけど、これもチーム戦術なんだろな。相手ボールのときは見事に消えてたのも「らしい」と言えば「らしい」。

 一度しかないFKのチャンスを決めたのは見事の一言。その前にフェネホールオブヘッセリンクへのどんぴしゃFKもすごかったし、CKも最初の以外はいいとこ行ってた。ワールドカップじゃ見られなかった姿でした。もっとゴールした後の俊輔の映像を見たかったなぁ。

 でも最もすげーと思ったのがFKではなく、後半40分のプレー。右サイドでキープして、2人に囲まれたところをかわして、逆サイドへ展開。そのまま斜めに走りこんで(これがダイアゴナル・ランってやつか?)、低いアーリークロスを引っ掛けてシュートへ持って行こうとした一連の流れに感心しました。あの時間帯にあれだけ意図のある走りができるってのはすごい。それまで守備をサボっていた賜物かもしれませんが、前の選手はここぞという時に動けるスタミナが残ってないといけませんから、90分を考えて動いてる、ってことなんでしょうね。

 ただやっぱり、欲を言えば消えてる時間が長かったかなとも思います。多分チーム戦術で中には入らないんだろうけど、もっとボールをもらって後ろを助けてやれないのかな、と思いました。

 それにしてもグラベセン。あんなにパスが下手だったっけ?下がり目で捌くダイレクトのアウトサイドは上手いのに、狙って蹴るインサイド、インステップはことごとくカットされてましたね。あんな位置であんなパス出された日にゃ、周りはおちおち上がれませんよ。3点目の失点シーン以外にも、決定的なのがあったけど、あれはやばい。グループリーグ突破はこの人にかかっているかもしれません。

 以上、ほとんどセルティックの試合を見たことのない人間の感想でした。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-15 01:07 | football

英断

 土肥の平山への見事な「渇!」(なのかそれとも僕らと同じ本音なのかわからんけど)などの話題もありましたが、やっぱり今日のニュースはこれしかないでしょう。


 家本主審を再研修 疑問判定続き異例の措置(共同通信社)

 家本主審に研修1カ月=Jリーグ(時事通信)


 共同通信には以下のようなコメントが載っています。
 記者会見した日本協会の松崎康弘審判委員長は「一貫性を持った判定ができていない。自信を失っている状態」と説明し、再研修を通じ「立ち直らせたい」としている。復帰については1カ月後に判断する方針を示した。
 いや、これ英断ですね、素晴らしい。「遅いよ」って声ももちろんあるだろうし、実際今までなんだったんだとも思うけど、最初の一歩だから、それを踏み出したのが重要。今まで色んなチームの監督がしばしば、「誤審の影響で試合に負けて、チームをクビになることだってあるのに、審判は何もない」という趣旨の発言をしていたけれど、これで同じ土俵に上がる、ってことだよね。前例ができたのはデカイ。

 家本主審を「立ち直らせたい」ってのは分かるけど、やっぱり、そもそも試合に臨む気持ちの面から、どうも協会の指導方針が間違ってるような気がします。なんか「裁く」ことに重きを置いていて、選手と一緒にゲームする(コントロールする)、という意識がやっぱりJ(と言ってもここのところ東京しか見てないけど)の審判には足りない気がします。なぜなら醜いのは家本だけじゃないから。審判はしっかり見て不正を見つけるのも、もちろん仕事だけど、ゲームをコントロールして欲しいよね。

 同じフットボールでもラグビーのように選手にもっと声かけながらできないのかなぁ、と思うこともあるけど(まぁ、オフサイドのところで「出るなよ」なんて言うのはサッカーじゃ、あっちゃいけないだろうけど)、その辺り、もっともっと欧州リーグから見習ってほしいです。言う(見る)は易し、行うは難し、なんでしょうけど、やっていかなくちゃいけない。

 協会はこれを機会に真剣に考えて欲しい。家本個人の問題じゃないと思うし。根本のところを含めて協会はしっかり考えていかないとお客さん来なくなっちゃいますよ。totoもますます売れなく、買えなくなりますよ。まぁ僕は当たらないのでもともと買ってませんけどね。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-13 00:05 | Jリーグ

大志のFW映像

 ひょんなことから見つけました。
 今日のサテライトの映像です。


 題名が「FW30 TAISHI ENDO」

 ???

 うちの妻ですら、「なんで大志がFWなの?」って言ってます。はい、ご存知の通り、遠藤くんはFWではありません。GKです。

 ということで上記リンクのyou tubeの動画をごらんください。


 しかし、この映像すげー!
 完璧なワンツーポストプレー!!

 いやー、ビックラこいた(@_@;)


 なんでこんなことになったかと言うのは「青赤蹴球日誌」さんで!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-10 22:12 | FC東京

あらま現実ですよ、ひらやまくん。。。

 なんと、本当に平山が東京に来ましたよ。

 平山相太選手(前所属:ヘラクレス/オランダ)新加入のお知らせ(公式)


 加入するからにはもちろん応援しますよ、ハッパ掛けますよ。

 まぁ、ポストのウマさは折り紙つきだから、そういうところは多いに楽しみにしています。でもさ、ワシントンはどうなったのさ!?赤嶺もすげーいい働きしてて、結果も出してるのに、昨日は使われないし(ベンチにも入ってないし)、そこんところ不思議。調子のいい赤嶺を外して、ルーカスの1Topに戻す、つーのもどうかと思いましたけどね。まぁ、あわよくば3Top気味になって、ボコスカウォーズに持ち込もうとしたのかもしれないけど。

 
 ここんとこずーっと改善して欲しいのは得点より守備なんだけどね。まずは。前にも書いたけど、博実は口では威勢のいいこと言ってて、しっかりディフェンスから試合に入ってたからね。去年以前に戻すのであれば、そこのところもシッカリ頼みますよ、倉又さん!大熊、原時代のディフェンスを作ったのは倉又さん、ってことで理解してたんだけどなぁ。。

 あ、平山のことから愚痴が増えてしまいました。
 すんません(~_~;)

 平山、まずは減量から。サテライトや練習試合ででしっかり結果だしてから上がってきてくれ。試合に出られるチームだから選んだとか安直なことじゃ困ります。しっかり自分の実力でぶんどりなさい。まずは周りを納得させないとね!

 次節は(て言うかずっとそう思ってるんだけど)、裏に飛び出すFWとポストのできるFWを組み合わせた2Topが希望です。戸田でも阿部ちゃんでもいいのでFWで使って欲しいよね。先発させてもサイドアタッカーじゃもったいないよ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2006-09-10 20:26 | FC東京