<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

第23節 柏×東京 勝ったんだねぇ。

 仕事中、左上にJ's GOALの小窓を出してつつ唸り声をあげてました。

8月28日(木) 2008 J1リーグ戦 第23節
柏 0 - 1 東京 (19:04/柏/8,463人)
得点者:72' 赤嶺真吾(東京)

 まったく何にも見れてなくて、さっぱりよくわからないけど勝ってよかった。サッカーが良くなってきてたからあとは結果だけ、ってことでこれは大きい。この写真は素敵すぎ!

 どうにか映像を探したけどこれしか見つからなかった。それにしてもこんなところから良くカメラ回してられるな(笑)。すごい。

 2008・J1第23節 - FC東京 vs 柏レイソル・赤嶺ゴール


 残念ながらダイジェストはなかったけどそのうちどっかで見れるだろう。
 わっしょい!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-30 11:28 | FC東京

そんなにジタバタする状況じゃないでしょ!?

 どうもダービー敗戦後のスタジアムの雰囲気は荒れていたようだ。選手をボロクソに言う人がいたり、監督交代だとか思っている人もいるようだとか。

 確かに急に寒くなってきた中で、試合前から含めると2時間も3時間も雨に打たれていたわけで、負けちゃいけない相手に負けたわけだし、試合後にブーイングしたくなる気持ちはわからなんじゃない。

 でも、この間の前半のサッカーが魅力的だったこと、チームの勢い、風向きがちょっと変わってきたことを僕は感じた。前半が終わった時点でのスタジアムはどうだったんだろう?すごくいい雰囲気だったんじゃないだろうか?あんなにチャンスを作った試合って久しぶりだったと思うし、単純に見ていて楽しかった。次から次へパスが繋がり中盤から前に飛び出しで積極的なサッカーをやっていた。

 この状況で勝ち負けだけで周りがガヤガヤ言い出すなんてちょっと近視眼的すぎる。そういうことを言う人って去年のことも一昨年のことも忘れちゃったのかな。それともそもそも知らないのかな?

 ファンは皆それぞれFC東京に求めるものが異なるとは思うけれども、僕は城福監督の今期の使命は試行錯誤して目指すサッカーのベースを作ることだと思っている。開幕前に「昨年・一昨年を経験して僕は我慢することの大切さを学んだ」と強く認識した。そしてその想いは今も変わらない。そもそもまだそんなに我慢する域まで落ちていないと思っているので、我慢出来ない人が出てきてるのがちょっと不思議な気もしている。

 山あり谷ありだから、なにごとも。サッカーは相手のあるチームスポーツなのだ。個人陸上競技のようにライバルとの勝ち負けとは別に、自己ベストを日々更新するようなスポーツとは異なるのだ。毎日幅跳びの距離が1cm延びていくといった競技ではない。相手チームの好不調の波とぶつかりながら、上手下手な主審にぶつかりながら(笑)、様々な状況を受け入れ戦っていくのがプロサッカーのリーグ戦なのだ。

 勝ち点がそんなに貧しくもない状況で(下は迫ってきているけれども)、勝ち負けだけに一喜一憂するのはもったいない。FC東京のサッカーが育っている、いま伸びるのに苦しみ悩んでいるところを厳しくも温かく支えていくのが僕らファンの立場じゃないだろうか。そしてそれが一歩(半歩?)進んだ(それとも普通の?)楽しみ方なんだと思う。

 ダービーに行けなかったのでその場の雰囲気もわからない。でもなんとなくちょっと心配になったので僕のチームにたいする気持ちを書いてみた。本当はもっとチームが厳しい状況になったときに書こうと思っていたことなので、これを読んだ人が「そんな心配全然してないよ」って笑い飛ばしてくれると嬉しい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-26 01:30 | FC東京

第22節 東京×ヴェルディ 奪われた勝ち点

 これほど審判に対して腹が立ったことはない。

8月23日(土) 2008 J1リーグ戦 第22節
東京 1 - 2 ヴェルディ (18:34/国立/18,431人)
得点者:28' カボレ(東京)、61' 大黒将志(ヴェルディ)、89' 那須大亮(ヴェルディ)
主審 吉田 寿光

 あまりに仕事の疲れが溜まってて体調不良。おなかの調子も悪い。というわけで自宅テレビ観戦。試合観戦が病欠って初かも。

 
■主審のせいで勝ち点を失った

 とんでもない試合だった、ジャッジが。ありえないイエローカードの数々(ヴェルディは気の毒だった)。そしてこちらは得点を主審に強奪され試合の流れを変えられた。

 後半、CKのこぼれ球を長友がミドルシュート。ボールは見事にネットに吸い込まれたが判定はオフサイド。今野がオフサイドをとられた。確かに今野はオフサイドポジションにいた。しかしまったくプレーに関与していなかった。土肥もその後ろでゴールラインに立っていたヴェルディの選手も今野がいたことで何がしかの影響を受けていたとは思えない。ボールは彼らが反応できない状態でゴールに吸い込まれた。

 副審がフラッグを上げるのはよろしい。関与してたかどうかなどは横からではわからないだろう。しかし主審があれをオフサイドと認めるのはありえない。吉田さん、実は今野が立ってただけだってのを見てなかったんじゃないの?イライライライラしてヴェルディの選手に細かいことでイエローをたくさん出して、カルシウム足りないですよ。

 あとは試合に関しての雑感。サッカー自体に関しては良かった。こういうのを期待していたという感じ(ただし前半のみ)。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-24 02:46 | FC東京

男子の代表と女子の代表、雑感

 ようやく北京五輪の日本代表女子サッカーを見た。

 日本女子2-4米国女子

 おととい生中継で見たのだが、それまでの3試合はニュースでしか見てなかったのでやっと見れた。アメリカ相手に先制したときはガッツポーズ!いやー、興奮した。でもそのあと自重したせいか勢いがどんどんアメリカに傾き、前半のうちに逆転されてしまった。

 後半に入ってもアメリカが押し気味で、GKの頭を越すシュートを2つ決められ万事休す(GKが楢崎だったらなぁ・・・と思ったのは内緒だ(笑))。でもロスタイムに丸山が縦に抜けてクロスを折り返したあと、混戦からボンバー荒川が決めたあの根性は立派だった。あのレベルの選手・チームになると、木曜日の3位決定戦に備えて楽に終わろうなんて思わないのだな。次のドイツはメチャ強いイメージがあるけど、アメリカに先制した時間帯のような味方と近いポジションでプレーして、周りがよく動くサッカーで勝利してほしい。銅メダルを、ぜひ!

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-21 00:21 | 日本代表

第21節 東京×浦和 勝てないねぇ

 ほんとやんなっちゃう。適当にメモ。

8月16日(土) 2008 J1リーグ戦 第21節
東京 0 - 1 浦和 (18:34/味スタ/37,154人)
得点者:67' 相馬崇人(浦和)


・前回埼スタでやったときほどの差を感じなかった。
・前半は割りと押してた。でもその時間帯でも決定的なチャンスを作れないのも事実。
 (とはいえ反対側で起こってた出来事はよくわからなかった)
・高原が先発だと聞いたときラッキーだと思った。
・引き分け以上で殊勲賞はポスト&バーだった。
・3バック相手は苦手?
ナオも3topみたいな位置取りだったら試合展開は変わっていたかも。
特に前半は左から右サイドへボールが流れたとき、そこにナオにいて欲しかった。
ただし、当然前を3人にすると守備のリスクは高まるが。
・浦和の3バックは攻めているときどちらかのサイドは上がる。
 カウンターの危険がなければ2人くらい上がってくる。
・羽生の気の利いた球捌きを梶山が身につけたらなぁ。
そこで思ったのはファンタジスタのようなプレーもできるのに黒子に徹することもできるデコ。
梶山も役割に応じたプレーを身につけて欲しい。
・平山・・・。ヘディング勝てないねぇ。跳ぶタイミングおかしいよなぁ。
前節点獲ったんだけど、あれじゃやっぱり赤嶺>平山だと思う。
・点が獲れなきゃ勝てない。
どうやったら獲れるの?
カミさんにも聞かれたけどそんなもんオレにわかるくらいならとっくに問題解決してる。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-18 00:50 | FC東京

北京五輪 日本×オランダ 監督問題は重い

 BS朝日で夜中に録画観戦。参加した五輪サッカーでの全敗は初のことらしい。

8月13日(水) 北京五輪 男子グループB
U23日本 0 - 1 U23オランダ (18:00/瀋陽/38,790人)
得点者:73' シボン(U23オランダ)

 オランダは勝たなければグループリーグ敗退。日本は試合前にグループリーグ敗退決定していた。この状況でどちらが試合をしやすいかは自明。日本は何も失うものがなにもない。頭から全力でのプレーだった。


■前半。攻撃は形にならず

 前半最初から1試合通してのペース配分など考えずに全員が勤勉に走り回るサッカー。オランダと個の差があることを自覚したプレーだったのかもしれない。そのおかげで相手にチャンスをほとんど作らせなかった。オランダのカウンターになりそうになってもすぐに2・3人で囲い込んで効果的な守備をしていた。

 だが攻撃のチャンスが構築できないのは日本も一緒。ゴール前近くまではなんとかもっていけるが、決定的なプレーになるその1つ2つ前のプレーで必ずミス(パスミスや判断ミス)があった。 

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-14 15:18 | 2008 北京五輪

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』

 今さらだけどたまたま実家にあって読んだ。最近の新書(といってもこれはもう3年も前の本)は薄い。字が大きくて行間が広い。よくまとまっているのだが、いずれにしても中身が少ない。薄いとは思わないが少なく感じた。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
山田 真哉

光文社 2005-02-16
売り上げランキング : 830
おすすめ平均

 読んでみての感想はなんでこの本はこんなに売れたんだろうか?という疑問だった(笑)。会計の入門というよりは会計学的なものの見かたを紹介しているところがヒットした理由かもしれない。もちろんネーミングも当たったのだろう。

あまり目新しいことはないがこれは心に留めておきたいと思った記述。
 ・節約はパーセンテージではなく絶対額で考える
 ・家計は大局をつかむ(1円単位は労多くして無意味)

 この筆者の本ならば『女子大生会計士の事件簿』の方がおもしろいしおすすめだ。筆者が薦める自著『世界一やさしい会計の本です』も機会があったら読んでみたい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-14 14:51 |

五輪代表に足りなかったもの

 足りなかったのは「ゴン中山」。これしかないんじゃないのか?気持ちだけじゃない。内田のコメントにある軸になる選手としても。またそれだけじゃない。前がかりにならなければならないときにピッチの上でチームを動かせる選手。そういうヤツがいなかった。中山雅史じゃなくてもいいけれどそういう選手が必要だった。

 ここは勝負どころだと思ったらベンチの指示なんか待たずに自ら行かなければチャンスなんかすぐなくなってしまう。そういう選手がこの世代にはいなかった(前回もいなかったけど)。本田のビッグマウス、僕は好きだ。ただそれをピッチでエゴイスティックに出して欲しかった。試合では大人しすぎた。もっと「オレがオレが」と主張してほしかったし、チーム全体をコントロールしてほしかった。

 こういうチームになったのは、もちろん監督の責任がでかいだろう。チームを固定してこなかったツケに違いない。軸が決まっていればその選手もピッチで自己主張できる。軸が固定できないからどの選手も監督の顔色ばかり伺っている。反町監督はそういうチーム作りをしてきてた。自分の意のままに動かすことだけが念頭にあったのだろう。選手に「おまえらを信じてる」と言いつつも、選手に任せるような度量はなかった。出る杭は打たれる日本社会の縮図なのかもしれない。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-11 03:54 | 2008 北京五輪

日本×ナイジェリア もどかしかった

 予選グループ敗退決定。もどかしかった。。。

8月10日(日) 北京五輪 男子グループB
日本 1 - 2 ナイジェリア (18:00/天津/42,592人)
得点者:58' OBINNA Victor(ナイジェリア)、74' ANICHEBE Victor(ナイジェリア)、79' 豊田陽平(日本)

 入りはよかった。前半の早い時間はナイジェリアも様子見で10分くらいまで日本が押し込む時間が多かった。しかしシュートまで持っていけず。今日は前から人数をかけていたのにシュートにいけなかった。

 前へ、もう一歩前へ。自分であと少し前へ。まだ相手が戻りきっていないカウンターチャンスで選択するプレーは味方の上がりを待ち時間を無為に経過させるプレー。これによりナイジェリアも戻る事ができ、結局シュートまで持って行くことができなかった。とにかく前半はこれの繰り返し。せっかくいいところでボールを奪っても自分たちで横や後ろへはたく間にチャンスはついえた。きれいにやろうとしすぎるのだ。中盤でパス回すことがサッカーの目的ではない。これではナイジェリアも怖くなかっただろう。チャンスと見るや縦へ抜け出そうとするナイジェリアのサッカーこそ、勝つためのサッカーだった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-10 23:08 | 2008 北京五輪

第20節 名古屋×東京 職場で結果確認

 20時出勤で会社へ向かうも中央線また事故。会社到着後に結果を確認したら勝ってた!

8月9日(土) 2008 J1リーグ戦 第20節
名古屋 0 - 1 東京 (19:03/瑞穂陸/12,269人)
得点者:35' 平山相太(東京)

 試合を観てないので何にもわからないが、色々と読んでみると、お互いチャンスにミスがあったもよう。でも勝利が何より。名古屋にも味スタの借りを返せたし。平山は五輪の裏で今期初得点(おそ!(笑))。次のホームが楽しみになる完封勝利だ。

 得点シーンは次の味スタに流れる「前節のハイライト」で見ることにしよっと。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-08-10 21:30 | FC東京