<   2008年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

第33節 FC東京×新潟 ありがとう。

 いろんな意味でありがとう。味スタの雰囲気は最高でした。

11月30日(日) 2008 J1リーグ戦 第33節
FC東京 1 - 0 新潟 (16:04/味スタ/35,172人)
得点者:83' 赤嶺真吾(FC東京)

 いきなり個人的な話だけど今日は僕の誕生日でした。だから勝ってくれてありがとう、嬉しかったというのが最初のありがとう。子どもができてから誕生日の意味を深く噛みしめるようになって、それだけになおさら嬉しかった。それからこの選手たちのコメント。感謝の気持ちがあふれる選手のコメントは勝った後だけに清々しい。大竹のコメントでもチームの成長を実感してるようでそれも嬉しい。羽生の次節への想いもしっかり受け止めよう。真っ暗になったあとの味スタはキレイだった。

 試合は、裏を狙って蹴ってくる新潟、今年を総括するようにがんばってつなごうとするFC東京という感じだった。新潟の方がチャンスがあったかな。つなぐサッカーから得点は奪えなかったが、しっかりと勝ちきった。ジョーカーになってる赤嶺。あの遠くからのヘディングはすごい。ゴールから離れてる分競る相手が一人になる。一対一なら負けない自身があるのかも。赤嶺ゾーンと呼べるかもしれない。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-30 23:31 | FC東京

今日のJの結果と残留争いに影響を与えるFC東京

 J1第33節の土曜日の試合が終了。鹿島が劇的な勝利をあげた。テレビをつけたときは後半35分くらいでその時点では0-0だった。磐田頑張ってるなと思いつつ守り一辺倒で相当厳しそうだった。ロスタイム4分のうち4分が過ぎ、マルキーニョスが駒野のファウルを受ける。優勝するようなチームはこういうところで決めるんだろうなぁ、と思ってたらほんとに決めた。なぜかマークの甘い中を岩政が斜めに入り込んでヘディングシュートを決めた。逆に言うとこういうところで守りきれない磐田はやはりそういう状況なのだろう。

今日の試合結果を受けたJ1順位表。最新はこちら
f0017246_1174165.jpg


More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-30 00:53 | Jリーグ

『カンブリア宮殿』 『カンブリア宮殿2』

 テレビ東京の番組を集約した本。1と2。番組HPはこちら

453216592Xカンブリア宮殿 村上龍×経済人
テレビ東京報道局
日本経済新聞出版社 2007-05-26


 この番組が好きで時間があれば見るのだが、ここ数ヶ月見れないことが続いていた。そんなとき、たまたま本が出ていることを知り手に取ったのだがこの2冊は超当たりだった。CMもなければ会話の間もないため、番組のエッセンスがぎっしり詰まっている。

 『カンブリア宮殿』は番組のスタイルが固まっていない中での試行錯誤が多少見られるが、トヨタ自動車、全日空、京セラといった大企業のトップが登場するのは魅力的だ。『カンブリア宮殿 II』の方は登場する経営者のバランスがよくさまざまな考え方が見えて面白かったように思う。とはいえどちらも充実している。無駄がない。ただそのおかげで書籍化するにあたって掲載されなかった人もいると思われそれが残念。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-28 23:17 |

『不動産は値下がりする!』 江副浩正

 題を期待して読むとちょっと違う。再開発とかそういう話が多い。9月に読了。

4121502523不動産は値下がりする!―「見極める目」が求められる時代 (中公新書ラクレ)
江副 浩正
中央公論新社 2007-08


 我々世代ではリクルート事件で謝ってる印象しかない江副氏の本。結局いろいろ悪いことしてても才覚のある人は豊かな生活を送ってるのねということがわかる(生活レベルがにじみ出る話がいくつか出てくる)。

 本題がずれたが、本書でいう値下がりする理由は「金利が上がると価格下落を招くから」。これが結論。去年の時点(この本が出たのは2007年)の想定だとそうなのかもしれないけれど、今の状況は結果は同じだが理由は全然違うものだ。金利下がってるし、金融ショックもあるし(笑)。

 あとは土地は再生産されるというお話。で、そのための値下がりもあるよということ。でも、そのくせ「良いところは高くなっていくのだから買っておいたほうがいい」とかよくわからん。主義主張がバラバラな感じ。というか上がるところもあるし下がるところもあるという至極当然な話で、そんなことは別にこの本にこれ見よがしには書いていない。語りを書き起こしているのかもしれないが、題名と中身の異なるこういう本を作ってるこの中央公論社ってのは東スポなんかと大差ないなぁと思ってしまう。

 どうしても読みたいなと思ったら図書館でどうぞ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-24 23:51 |

第32節 神戸×FC東京 くぅ~残念・・・

 ケニーズで昼からギネス飲みながらテレビ観戦。調布まで自転車で行って、帰りは野川沿いに帰宅。天気も良くて緑が気持ちよかったなぁ。

11月23日(日) 2008 J1リーグ戦 第32節
神戸 1 - 1 FC東京 (13:00/ホムスタ/13,010人)
得点者:15' 田中英雄(神戸)、83' カボレ(FC東京)

 今日はjam8さんケニーズでテレビ観戦(jam8さん、ありがとうございました)。ケニーズで試合を観るのは初めてだったなぁと思ったが、よく考えたらパブで試合を観るってのも初めてだった(笑)。昼間っから久々にギネスを飲めて楽しかったけど、試合はなんとも形容しがたい悔しい引き分けだった。

 試合は圧倒的に神戸ペースの前半と、五分に見えたけど決定的なシーンはあまりなかった後半とで、内容を考えると上出来な結果。それも追いついたのが後半40分直前だから。ほんとにほんとによく追いついたゲームだったんだけど、頂点に立つにはどうしても勝ち点3が必要だっただけに残念無念という気持ちだった。それでも選手はがんばってたんだけど・・・(以下無限ループ)。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-24 03:36 | FC東京

『青赤大作戦!』実施のお知らせ

 『青赤大作戦!』実施のお知らせ (FC東京公式)
f0017246_1363048.gif


 自分で印刷して持ってこいというのはいいかも。チーム愛が試されます。というかわたし、家にプリンターがありません(笑)。う~ん、困った。

 ただ新潟戦の前に日曜日は神戸戦。ドイツ移籍目前で「心ここにあらず」だと思われる大久保がふぬけてくれていることを期待します。あと、規夫は活躍しないように。上に5チームもいるけど、勝ち点3差だから勝ち続ければ何が起こるかわかりません。他の上位は結構潰しあいもあるので、とにかくFC東京は勝ち続けるのみ。無心に自分らしく戦いぬく。

 自分を信じていれば、勝利はついてくる。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-22 01:43 | FC東京

ほんとに出るんだ、GUNS N' ROSES

 ほんとにGNRの新譜が出るらしい。

 新作発売間近! ガンズ・アンド・ローゼズ、USでの初回出荷200万枚超え!

 11/22発売ってことは明日!「チャイニーズ・デモクラシー」って2000年くらいから出る・出すって言われてたようなアルバムだったな、たしか。。。17年ぶりの発売ってことは1991年以来!?それで初回出荷が200万枚?すごいねー。スラッシュもイジーもダフもいないのにどうしてそんなにみんな期待してるんだろうか。それが不思議。曲が既にラジオとかで流れてて良かったのかな?

 うちにも4枚(ライブ2枚組み入れると5組)あるけれどあの頃はよかったなぁ(笑)。91年といえばど真ん中だったもんなぁ。

 どんな曲なのか聴いてみたいので、そのうちタワレコかどこかで試聴してみることにします。それよりもそろそろエアロスミスが新譜を出して欲しいです。

2:00追記
 ここで試聴できました。試聴って言っても全曲フルで聴けるみたい。
 http://jp.myspace.com/Gunsnroses
 当然ながら昔とは全然違いました。(myspaceって初めてアクセスした)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-22 00:03 | music

「ゆとりと油断の違い」 byカズ、三浦カズ

 今朝の日経朝刊のカズ(三浦和良)のコラム「サッカー人として」にまたいいことが書いてありました。

 最初の方は「カタール戦素晴らしかった、僕も代表チームの重圧の中で戦いたいよ」という趣旨だったんだけど、そのあとに標題の件について書いてあった。長いことプロとして活躍し続ける選手からだからこそ重みのある言葉だった。
 
ゆとりと油断は似ているけれど、その違いは意識が自分に向いているかどうかだ。

 深いっす、カズさん。カズのかっこいい言葉集の中にも付け加えてもらいたいレベル。カテゴリはあえて日本代表。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-21 23:28 | 日本代表

W杯最終予選 カタール×日本 完勝

 眠れなくなっちゃったので簡単に感想を。

11月20日(木) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選
日本 3 - 0 カタール (01:30/ドーハ)
得点者:19' 田中達也(JPN)、47' 玉田圭司(JPN)、68' 田中マルクス闘莉王(JPN)

 蓋を開けてみたらびっくりするほど(拍子抜けするほど)の完勝。すべてにおいて日本がカタールを圧倒していた。これまでカタールに勝ったことがないということばかりを喧伝されていたのがウソみたいだ。昨年のアジアカップで引き分けたときはFK一発だけのイメージしかなかったのでそんなに悲観するものではなかったんだけど、加茂さんのときにやられた印象(って古いな・・・96年か?)とはカタールのサッカーが全然違ってた。

 守って蹴るカウンターのサッカーではなく前から守備。メツ監督のやりたいサッカーは今のカタールじゃ厳しそうだった。最初の10分は驚くほど前からプレスを掛けてきて、日本のボール回しもなかなか神経質になっていたが、15分を過ぎた頃から緩くなりまくり。まるで5年前の浦和レッズのようなイメージだった(なんで浦和かというとFC東京との試合でいつもこういうイメージがあった)。

 緩くなったところを先制点につなげた田中達也は見事なシュートだったし、後半開始早々のユルユルをうまく突いた長谷部と玉田もお見事。田中(マ)のゴールは俊輔のキックフェイントの転がしで勝負ありだった。

 でも何よりも相手のFWに全く仕事をさせなかった守備こそがこの試合のすごかったところ。中盤の意識はどちらかというと後ろに寄ってて、セバスチャンに全く仕事をさせなかったMF,DF陣は素晴らしかった。そういう中で効率よく得点できたわけでこれ以上の完勝はない。欲を言えば前半の決定機でしっかり決めてほしかった。チャンスに決めておかないといつ流れが変わるかわからないし。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-20 05:12 | 2010 ワールドカップ

『ローマ人の物語(6)(7) 勝者の混迷』 塩野七生

 『ローマ人の物語(3)(4)(5) ハンニバル戦記』の続き。

410118156Xローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)新潮文庫
塩野 七生
新潮社 2002-09-01


 ハンニバル戦記ほどわかりやすい「お話」ではないがそこそこ面白い。ただ、あの文庫版3・4・5巻(=ハンニバル戦記)に比べると正直面白さは劣る。ローマのお話の歴史ものだから常に面白いわけじゃないのはそりゃそうか。

 この6・7巻では、カルタゴを滅ぼしまさに地中海の覇者となったローマのその後を表している。登場人物はティベリウス・グラックス、ガイウス・グラックス、マリウス、スッラ、そしてポンペイウス。全然これらについて知らなくてもす~っと読むことができた。

 そんな中でも非常に興味深い記述があった。奴隷制の話。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2008-11-18 23:32 |