<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一

 分子生物学者が生命とは何かを問うお話。
 こうかくと堅苦しい小難しい本に聴こえるが、めちゃ面白い。

4061498916生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
福岡 伸一
講談社 2007-05-18



 小説とかそんな感じのものを読んでる気分になる。とにかく文章が美しい。こういう科学者がこれほどの文章力、表現力を持っていると最強に違いない。国家の品格の藤原正彦氏も数学者だけど読みやすい文章を書く人だ。そういやファインマンさんも物理学者か。にしても、この人の文章は美しい。文学的なのだ。マンハッタンの周囲を廻る遊覧船の記述から「ものがたり」は始まる。始まり方からしゃれてるし、引き込まれる。枕がうますぎなのだ。プロローグからエピローグまできれいにまとまっていて、全部読み終わった後にプロローグを読むと、これが要約だったんだと気付いた。極上のミステリーを読んでいるような気分にさせてくれた。新書サイズの中ではずば抜けた本だった。

 中盤までは生物をどのように定義するかという主題を通して、DNA発見の歴史に見られる人間模様を解説。終盤は著者の研究を通して細胞が織り成す不思議な事象、生命の不思議をミクロな世界から解説してくれる。なんか最後は手塚治虫の『火の鳥』につながるようなイメージで感動的だった(尻切れトンボっぽくもある終わりかただけど)。エピローグがこれまた美しくてよかった。うん、実はエピローグが一番こころに響いたかも。

以下はメモ
 ・ウイルスが生物ではないとすると自己複製するものが生物という定義は成り立たなくなる。
 ・オズワルド・エイブリー アンサング・ヒーロー
 ・ワトソンとクリック
 ・ロザリンド・フランクリン  X線解析
 ・ウィルキンズ
 ・シュレーティンガー "What is life?"(1944) 『生命とは何か』(岩波新書)(1951)
 ・生命とは動的平衡(ダイナミック・イクイリブリアム)にある流れである
 ・GP2ノックアウトマウス
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-29 23:26 |

オバマ大統領就任演説 全文

 以前に選挙勝利演説をまとめたのを誤って就任演説と書いてしまったんですが(こちら→「オバマ就任演説のまとめ」)、検索でこれがヒットしてこのブログに見にきてくれてる方が大勢いらっしゃるようです。申し訳ないのでほんものの就任演説も記事にしておきます。

 これが就任演説の全文です。

 原文    「(1/24)オバマ新大統領の就任演説内容(英文)」(NIKKEI NET)
 日本語訳 「(1/24)オバマ新大統領の就任演説内容(全文)」(NIKKEI NET)

 日経に全文が載ってて、これはイイ!と思ったんですが、その日の新聞を古紙回収に出してしまい、焦ったのですがきっちりwebにアップされてました。日経GJ!

■日本語対訳字幕版
 キャプション機能をオンにすると字幕がでる(画像の右下△のところにのせて=マークをクリック)


■英語字幕版
 残念ながらニコニコ動画しか見当たりません。(ウザいコメントが多い)
 コメント非表示にすると英語字幕も消えます(泣)

 (前半)オバマ大統領就任演説 1/2【日本語・英語字幕付き】
 (後半)バマ大統領就任演説 2/2【日本語・英語字幕付き】

 ということで全文を念のためコピペさせていただきます。上のyoutubeを見ながら英文を読むといいかもしれません。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-28 23:56 | 社会

『グーグル革命の衝撃』 NHK取材班

 NHKスペシャルの書籍化

4140811927NHKスペシャル グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)
NHK取材班
日本放送出版協会 2007-05



 これまでのグーグル本とはこの本は違うという宣伝文句が前書きで書かれている。確かに直接インタビューしている箇所があるのだが、本を構成しているほとんど(感覚的に90%以上)はこれまでもどこかで語られていたような内容だ。そういう意味でちょっと肩透かしをくらう。もしくはこの本の取材が2007年初頭までのものだから、それから1年半以上経って既成事実として認識されているものが多いからかもしれない。

 今まで何冊かグーグルに関する本(『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』『Googleを支える技術』など)を読んだが、今読むならこの1冊でエントリから今後考えられる変化までを体系的に読めてよいかもしれない。さすがにNHKスペシャルだけあってよくまとまっている。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-27 23:41 |

『アフリカ・レポート』 松本仁一

 『カラシニコフ』『カラシニコフⅡ』の著者松本仁一氏のアフリカに特化したレポート。

4004311462アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)
松本 仁一
岩波書店 2008-08



 『カラシニコフ』に続くアフリカもの。これぞ新聞記者という感じのまさに体当たりのレポートが読める。『カラシニコフ』と重なることが多いが、銃ではなくより現代問題的な観点からアフリカの問題を切り取った好著。政治体制などの大局と個人のインタビューを交えて非常にわかりやすく書かれている。新書サイズだが中身は濃い。

 第1章
 一人の独裁者が現れたことにより農業優等国だったジンバブエが崩壊する様子は衝撃的だ。ジンバブエ自体がどこにあるかもわからなかったし、その国についてなにひとつ知らなかったがムガベの名前は覚えておかなければならない(ムガベは当初は英雄だっただけに始末が悪い)。最近ハイパーインフレでゴシップ記事のようなニュースになることが多いが、それがどれほどの悲劇なのか、これを読めば多少理解できる。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-26 22:51 |

『カラシニコフⅡ』 松本仁一

 『カラシニコフ』の続編。アフリカを離れる。

4022501650カラシニコフII
松本 仁一
朝日新聞社 2006-05-03



 『カラシニコフ』の続編。アフリカを飛び出し、コロンビア、ペルー、アメリカ、パキスタン、そしてイラク・アフガニスタン。

 世界中に銃がちらばっていることを改めて知らされる。失敗国家ではないコロンビアの治安が悪いままである理由をさぐっている。

 『カラシニコフ』の方がアフリカに焦点をあてていて、銃を通して国家とはなにかを考えさせられるが、こちらはもう少し一般的な観点で語られている。あとがきにこれら以外の国にも銃の問題があるということでコソボ、チェチェンの問題を掲示している。

 印象に残っているのはパキスタンの偽銃作成工房の話。こんなに器用な人たちが銃を作るしか仕方がないところに残念な感じがした。

 日本の平和が特殊であること、日本人でよかったと強く感じさせてくれた。『カラシニコフ』の方が断然オススメ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-26 22:36 |

開幕がさらに楽しみになったよ、ドロンパ! 

 MXの録画でドロンパの映像を見ました。

 絵よりも断然イイ━━━━(゚∇゚)━━━━ !!!!!

 とにかく動きが鋭くてびっくりしたなぁ。Dr.中松みたいなジャンプに始まり、ローラーブレードにダンス。ダンスは東京の曲に合ってましたねぇ。

 パパさんのところでは中の人は小峰?ってのがありましたがw、あのかっこであの動きはほんとすごい。

 クールな動きばっかりだけど、しっぽがふりふりしててかわいらしさもあるので、子どもたちにも人気が出そう。10歳だってことなので、ちょっと気が早いけど、妹とかきょうだいが登場してくることもあるかも。

 ドロンパ人気で集客力UPにつながるといいな。

 
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-25 12:04 | FC東京

東京ドロンパ さっかりんの中の人の仕事が早いw

 東京ドロンパ、出てきましたね!
 いろんなところを読んでると当初よりもずいぶん評判が上がってるみたい。
 事前にリーク(?)しておいたかいがあった!?

 かくいう私はまだWEB上でしか見ていないので、これから録画してあるFC東京ホットラインを見ることにします。たのしみー。

 ところで、さっかりんの中の人、仕事はや!w
 ちっこいドロンパアイコンが早くも登場してました!
 中の人、ありがとー!!!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-24 11:35 | FC東京

『カラシニコフ』 松本仁一

 旧ソ連で開発された銃・カラシニコフ(AK47)を中心にアフリカの貧困や治安の現状を取材したルポ・ルタージュ。朝日新聞の連載を基にしたものらしい。サハラ以南アフリカの問題を生々しく著述している。

4022579293カラシニコフ
松本 仁一
朝日新聞社 2004-07-16



 第1章はシエラレオネ。元少女兵を通してかの国の現状を語る。
 第2章では銃の開発者であるカラシニコフ氏のインタビュー。この銃の優れている点が語られる。
 第3章では国家が崩壊しているソマリアの現状。
 第4章ではフレデリック・フォーサイスへのインタビューを通して赤道ギニア、ルワンダ、ザイールについて語られている。
 第5章では南アフリカの現状。これを読む限り絶対に2010年のワールドカップで南アへ行きたいとは思わない。友人にも勧めない。
 ここまでの記述ではアフリカに対して全く希望を抱けないが、第6章でかすかな希望を抱く。ソマリランド。ソマリアが無政府状態になっている中、北部の都市ハルゲイザを中心としてソマリランドという新たな自治区ができあがっている。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-18 01:36 |

『アメーバ経営』 稲盛和夫

 怪しい題名の京セラ創業者稲盛和夫さんの著書。

4532312957アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役
稲盛 和夫
日本経済新聞社 2006-09


 アメーバ経営は京セラが独自に展開している経営手法。社内のグループを独立採算できる範囲に切り分けてそれぞれに経営を意識した運営をさせていくもの。

 本書の副題になっている「ひとりひとりの社員が主役」というのはお飾りではなくほんとうらしい。一読して京セラの凄さを感じる。本は前半がそのエッセンスで、後半が実際に適用しようとする人用の説明。繰り返しもたくさんあったが随分詳しく書いてあった。自分は前半で十分だった。勤め先ではこんな形態は発生し得ないけど、自分のためにもちょっと裏アメーバ的にいろいろとアメーバの長になった気でやってみようかと思った。それがこの本を読んでよかった最大のポイント。

 あとは京セラって真面目なんですという稲盛さんの主張(京セラフィロソフィ)が何度も出てくるので、なんとなくそういう実直な人に思えてくる。真面目じゃないから連呼してるってこともあるか(笑)。実際はどうだかしらないが、京都にサッカー専用スタジアムを私費を投じても作ろうとしているという話(本書には書かれていない)を聞いただけで僕は素晴らしい人だと思うけど。いや、正確にはうらやましいということかな。ちなみに京都サンガの話は一切出てこないが、第5章のトビラに京都サンガのベンチコートを着て歩いている稲盛さんの写真がでっかく挿入されている。(唯一サッカー関連はこれだけ)

 Amazonレビューが賛否両論(否が強烈)なのが興味深い。こういう本もあるらしい『京セラ・悪の経営術』。僕には京セラに知り合いもいないので実態は分かりません。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-17 01:20 |

『仕事は5年でやめなさい』 松田公太

 タリーズコーヒー・ジャパン創業者の著書。

4763198246仕事は5年でやめなさい。
松田 公太
サンマーク出版 2008-05-23


 これは強烈。この人はすごい。たぶんワタミの渡邉美樹さんも同じだろうが、やはり幼少や若い時期に強烈な人生体験をしていないとこういう人にはならない、なれないと思う。

 自分は会社を辞めて事業を起こそうなんて気はないので実際のところはよくわからないが、これだけ覚悟とバイタリティのある人じゃなければ成功しないに違いないと強烈に思わせてくれる。この本以前にも新聞などでタリーズコーヒー立ち上げ時の話を読んだことがあったのだが、改めてその激烈さを感じることができた。

 そんな中普通の人(=自分)にも参考になるような点
 ・5年でやめると思うくらい5年スパンで目標を立てる
 ・目的を達成するために途中途中に目標を立てる
 ・目標は年3回(1月(1年の目標)、4月(仕事の目標)、誕生月(周囲の人への恩返しとなるような目標)
 ・PDCI AではなくI。Iは初めて見たけどImprove(改善)の意味。
 ・失敗のイメージを詳細に描く
  これは自分もやることがあるけど、失敗がどういうものかわかれば不安が減るということ
 ・No fun, No gain. No painではなくNo fun. 大げさなくらい褒めて伸ばす。この前の章に書いてある単純なことを頭を使って楽しくやることもこれにあたるのかも。

 読み終えるとタリーズに行きたくなる(笑)。これはいい本だった。でも表紙と出版社(サンマーク出版ってなんか怪しいイメージがあるw)で損してる気がするな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-01-17 01:07 |