<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2009年スポーツマーケティング基礎調査

 Yahoo!リサーチと三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社でこんなことやってるんですね。

 2009年スポーツマーケティング基礎調査

 会社の昼休みにYahoo!スポーツから飛んだんですが、結構興味深く読めたのでリンクしておきます。

 スポーツ市場は見る→するに変わってきてるとか、観客動員の質が変わってきてることだとか、プーマが若年層に人気があって、年寄りにはダンロップが人気があって、アディダスの人気は低いだとか、ナイキはずいぶん人気があるんだなとか、いろいろ面白いです、これ。

 なかでも最もびっくりしたのがJリーグファン人口推計の3位がサンフレッチェ広島というところ。
 ほんとかよ!?(失礼)
 新潟県人を調査対象から外してるんじゃないの?と思わずにいられない数値。インターネット調査ってどうも信憑性が低い感じがするなぁ。根拠ないけど。60代のインターネット使用層なんてどんだけ偏ってんだよと思わずにいられない。

 まぁそれはさておき一番考えさせられるのが好きなスポーツ選手の5位までにサッカー選手がはいっていないこと。ゴルフが男女一人ずつ入ってて、今だに北島康介が入っているのに、1位はイチロー、2位はフィギュアスケートの真央ちゃん。サッカーは2007年の中村俊輔以降5位にいません。これはサッカー人気に影響あるのかなとも思ったが、マイナースポーツなら大問題だけど、サッカーという競技の特性からして実はいいこと(というかどうでもいいこと)なのかも、と思ったり。この間の横国のキリンカップにあれだけ人数が入るんだから、まぁあんまりたいした問題じゃないんだろな。

 そういうわけでメモでした。


 
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-26 22:17 | Jリーグ

第30節 清水×FC東京 大きな1勝

 スカパーe2で観戦。

10月25日(日) 2009 J1リーグ戦 第30節
清水 1 - 2 FC東京 (15:03/アウスタ/19,275人)
得点者:3' 鈴木達也(FC東京)、7' 岡崎慎司(清水)、39' オウンゴ-ル(FC東京)

 元気と勇気をもらった。僕の気持は選手におんぶにだっこだったけど、本当にすばらしいファイトだった。

 布陣はナオのところに鈴木達也。長友が帰ってきて左サイドへ入り、右サイドに徳永。控えにFWがなく、大量にDF陣で驚いた。

 先制点は東京。左サイドへ長めのボールが入り清水DFが緩慢な守備をしているところ、達也が猛烈な勢いで走りこんでライン際でマイボールにする。これを左サイドで丁寧につなぎ、中、右とつないで攻撃を構築。最後は徳永が中へ切れ込んで左足に持ち替えて丁寧なクロス。これを達也がDFの間でジャンプして左サイドへヘディングゴール。一連の流れが力強く、美しいゴールだった。ハードワークしてボールを奪い、つなぎが連動し、意図した攻撃で点を取れたところに大きく感動して大声を出してしまった(笑)。徳永はボールが足元に入り込みすぎてダイレクトでクロスを上げられなかったが、これが溜めになりゴールに近づいたところでクロスを入れられた。落ち着いて丁寧な仕上げは一皮むけた感じだった。

 しかしながらCKからあっさり失点してすぐ同点に追いつかれた。岡崎だがフリーになってたのはまずい守備だった。

 試合はイーブンペースだが、清水には決定機がなく、東京の方がボールを運べている感じだった。アクシデントは前半25分。長友が負傷交代で椋原IN。どうやら脱臼(亜脱臼)だったらしい。アップの時にやってしまったらしい。交代枠を考えると厳しい交代だった。椋原のプレー自体には安定感が出てきているので心配はなかったが、負傷の具合によっては長友の11/3に黄色信号かもしれない。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-25 22:32 | FC東京

ああ、藤山

 会社でYahooニュースのスポーツでJリーグを開いたら最初に藤山の情報が飛び込んできてまじでびっくりした。こんな形で知るとは。。。

 藤山竜仁選手の来季契約について

 今シーズンの出番の少なさと、次から次へとDFを獲得していくチームの状況からなんとなく予想はしていたもののやはりこのときがくるとしんみりしてしまう。この時期の公表は今後の移籍先を探ってのことなのだろう。あくまで現役にこだわっていたから。

 日刊スポーツの記事読むとぐっとくるなぁ。。。

東京DF藤山が今季限りで退団
 東京は21日、DF藤山竜仁(36)と来季の契約を結ばないことを発表した。同日午前のミーティングでチームメートに今季限りで退団することを報告した藤山は「最初は笑っていこうと思ってあいさつしようとしたけど、こみ上げてきて…うまく話せなかった。ギャグを入れようと思ったけどうるってきてしまって…。有終の美じゃないけど、何かタイトルを残していきたい」と口にした。クラブからはコーチの打診があったものの、現役続行にこだわる姿勢も示していた。


 移籍先が決まりますように。
 湘南でジャーンとのコンビを見たい。もちろんJ1で。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-21 21:54 | FC東京

まだウジウジしてます

 正直まだまだ全然割り切れません。。。 ナオの男の中の男なブログを見て心を打たれたが、俺はナオじゃないのにナオより凹んでるのかとなんか情けない感じもしたり。思えばFC東京のファンになって以来、これほどまでに一人の選手のことを思うのは初めてかもしれない。

 アマラオのFC東京での最後の試合を日立台で雨の中見た時も確かに感慨深かったけど、自分が定期的に東京を見るようになったとき、アマラオは既にレジェンドで文字通りチームの顔であったし大黒柱だった。藤山にしても浅利にしても同様で、もちろん彼らが大怪我をしたり、チームを去ったりしたら衝撃的なのだけど、うまく表現できないのだけれど、やっぱり今回のナオの怪我となんかちょっと違う。

 やっぱりそれはナオがレンタル移籍から完全移籍で東京に移る以前から、自分がスタジアムに通っていたからだし、彼がUAEと日本で戦ったアテネ五輪最終予選を全部応援に行ってたからなのだと思う。彼が出場機会を求めて東京にきて、レギュラーポジションを獲得し、五輪代表、A代表へ登りつめ、大怪我を克服し、チームが連敗を重ねる中で効果的なプレーができなかったりした時期を経て、プレースタイルを変えつつ選手として間違いなくひとつ上のステージに上っていった姿を、スタジアムで見続けてきたからなのだろう。

 そういうわけで、今回のしんどすぎる怪我を精神的に克服している(しようとしている)ナオの姿を見て心底尊敬するのだが、いちファンである自分がブルーになってるのはまぬけでありつつもしょうがないよな、と自分に言い聞かせたりしている。いろんな人が書いている、今こそナオをサポートする番だ!というコメントには「まさにそうだよな、みんな偉いな」と思いつつも、俺はまだだめだ、と。

 そうは言いつつサッカーは続いていくわけで、日曜日にはまた試合がやってくる。しかしながら、自分のことなら切り替えんのはうまい方なんだけど、今回の件はだめ。ちょっとそういう情けない気分なんで日曜の試合ではぜひチームから勇気を与えてもらいたい。サポータってサポートする人に与えられる言葉だから、自分はサポータ失格だけど、幸か不幸か俺は選手じゃないのでここは監督、選手に頑張ってもらって、勇気を分けてもらいたい。いや、ほんとに選手にはガツンとやってほしい。ナオに勇気を与えるのも同僚である選手たちしかいないのだと思うし。自分はそういうチームの姿を見た時にある程度ふっきれる、のかも。清水戦、ガツンと頼むよ!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-20 22:03 | FC東京

第29節 FC東京×柏 こんなに後味の悪い勝利は初めて

 とにかくつらい。月曜日の検査結果を待つしかないですが・・・。

10月17日(土) 2009 J1リーグ戦 第29節
FC東京 4 - 0 柏 (13:04/味スタ/28,235人)
得点者:44' 赤嶺真吾(FC東京)、55' 羽生直剛(FC東京)、62' 平山相太(FC東京)、69' 石川直宏(FC東京)

 ナオがゴールしたあとから試合の記憶がほとんどない。試合が終わった時も選手に拍手を送るのが精一杯でなんも歌えなかったし選手に声を掛けることもできなかった。オフィシャルサイトによれば怪我の状態の確認は月曜日に行うとのこと。月曜日に結果が出るまで祈るしかない。とにかく軽症であってほしい。得点王を狙うからこそ3-0の状況でも果敢にあそこへ飛び込み結果を得た。今日の試合中の動きも冴えわたっていた。前半菅野のファインセーブで2発止められたが、どちらも素晴らしいシュートだった。サイドに張るだけでなく平山・赤嶺の周辺で動き回って柏ディフェンス陣を混乱に陥れた。ボールが動かなければダイアゴナルに猛ダッシュを試みてボールを引き出しクロスを上げた。悔しい・・・。

 試合については記憶のある部分だけを。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-18 00:13 | FC東京

新しいヴェルディ(スポナビと日経)

 スポナビに新会長のインタビューが載ってて興味深かったんですが、

 東京V、新しい形の都市型クラブへ(崔暢亮会長インタビュー)

 題名と冒頭の発言で「新しい形」ってビラ配りか!?(笑)と思ったらそういう意味ではなかった。「新しい形」ってのはまだ具体性はないみたい。けれど、これはちょっと見出しとインタビューの記事の構成がイマイチでしょう。頭だけ読んで勘違いする人もいるかもしれないし。

 一番気になってたことに対しては「東京は離れない」ときっぱり言ってました。

 で、今朝の日経に載ってたインタビューにはもう少し突っ込んだ内容と、FC東京との比較まで答えててさらに興味深かった。これはヴェルディ側の海江田さんと日経との差かもしれない(インタビュアーは吉田誠一さん)。それにしてもこの時期に、しっかりこういう記事を載せるのは好感が持てる。

 で、その記事の気になったところを少し箇条書き。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-17 11:53 | Jリーグ

鈴木達也は出場停止

 本人が一番残念だろうな、、、柏相手なのに。

 出場停止選手のお知らせ

 ケネディの処遇がどうなってるか気になってJリーグのサイトを覗いてみたら、ケネディの件は載ってなくて(まだ裁定がくだってないだけか、このままおとがめなしなのか・・・)、達也の出場停止を見つけてしまった。先発でチームとしても合ってきてただけに(本人も最近調子上げてる感じだったので)残念。赤嶺頼むぞ。

 柏は大津が出場停止。ちょっと見てみたかっただけに残念だけど、戦力ダウンだからチームとしてはwelcomeか。残留にあとがない柏は手ごわそうだ。

 明日は13時キックオフだから早めに寝ましょう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-16 23:47 | FC東京

日本×トーゴ あんまり見れてませんがメモ

 テレビ観戦も最初の3点くらいまでと最後の5分くらいしか見れてません。

10月14日(水) キリンチャレンジカップ2009
日本 5 - 0 トーゴ (19:30/宮城ス)
得点者:5' 岡崎慎司(日本)、8' 岡崎慎司(日本)、11' 森本貴幸(日本)、65' 岡崎慎司(日本)、85' 本田圭佑(日本)

 岡崎の決定力がすごいのか、トーゴのディフェンスがすごいのか。それでも出場した2試合連続でハットトリックはちょっとすごい。再来週清水と試合あるのにね。次の土曜じゃなくてよかった(いや、でもそのあと1週間休んで当たられる方がいやかも)。3点目は見てないのでわからないけど、1点目も2点目も楽々の展開だった。前日日本に着いて、練習もなく成田から4時間もの場所に連れてこられるとこんなんなっちゃうのかよ、という感じのディフェンスの動きの悪さだったなぁ。日本が好き放題パスを回せてて驚いた。トーゴの態度に怒った岡田監督が選手に「コテンパンにやっつけてこい!」とか発破をかけたのかな、とか思いながらテレビを見てた。あ、あと森本はやっぱり非凡だな。ゴール前での落ち着きは高原以来って感じだ。来年には高原がトップフォームに戻ってくれないとな、と思っていたのだが、これなら森本で目途がつきそうな感じ。

 ということであんまり試合全体を見てないので徳永が周りとうまいことやってたのかわからなかったのだが、この先発起用は今後に向けてのことだと思うので、東京に帰ってきてチームで頑張っていい循環でまた代表で頑張ってほしい。代表に行って体調を崩してチームも代表もぐだぐだになるってのはよくあることだから、よいリズムで土曜日に向かってほしい。長友と今野は心配していません。ナオは本田の得点の起点となるクロスを出してたけど(運よくこれは見れた)、先発ではなくて残念だった。でも引き続きチームで結果を残していけば次も呼ばれるだろうから、こちらも徳永と同じく土曜日に期待します。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-14 22:35 | 日本代表

2回戦 FC東京×カマタマーレ讃岐 めずらしく余裕の勝利

 珍しく天皇杯初戦を軽やかに突破。

10月11日(日) 第89回天皇杯2回戦
FC東京 4 - 0 カマタマーレ讃岐 (15:00/味スタ/7,203人)
得点者:10' 梶山 陽平(FC東京)、16' 鈴木 達也(FC東京)、35' ブルーノ クアドロス(FC東京)、42' 赤嶺 真吾(FC東京)

 実はこの試合があるのに気づいたのが先週の半ばでちょっとたるんだサポになっていて軽く反省(笑)。この日は天気がいいこともあり、カミさんとこどもと3人でスタジアムへ出動。ちょい早めに出て、味スタ横の公園でオニギリ食べたり、こどもを放牧したりして良い休日となりました。

 あとは適当な感想と珍しく写真で書き散らし。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-14 00:11 | 天皇杯

日本×スコットランド まさにテストマッチ

 楽しみながらテレビ観戦。ナオらしさが出てたねー。

10月10日(土) キリンチャレンジカップ2009
日本 2 - 0 スコットランド (19:20/日産ス/61,285人)得点者:83' オウンゴール(日本)、89' 本田 圭佑(日本)

 スコットランドの国家ってGod save the Queenだと思ってたんだけど、国歌が違ってた。聴いたことない曲だった。以前、イングランド×スコットランドでGod save the Queenが2回流れたってのをどっかで読んだ気がしたんだけど。

 さて、今日は楽しみなナオの久々の代表。最初は予想通り周りとかみ合わずに、というかチーム全体がなかなかない組み合わせだったのでそりゃみんな合わないよなという感じ。それでも自分の特長を徐々に出してた。頭のいい選手だなぁ。というか年取って余裕があるというか、自分がどう見られているかよくわかってるって思った。あと、2軍(以下?)とはいえ、あのメンツでも普段のナオが通用するというのがわかったのはチームにとっても収穫だろう。

 ナオもまぁよかったけど、森本には驚いたな。Jにいたときとは比べ物にならない感じになってたし、去年の五輪チームだとパスが出てこないから良さがわからなかったが、今回は十分彼の良さがわかった。名波の無茶なインタビューにもうまいこと答えたし(笑)。いやー、これからも楽しみだ。

 今後の代表についての希望書き散らし。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-10-12 00:12 | 日本代表