<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『アメリカ素描』 司馬遼太郎

 物語ではなく新聞連載のエッセイ。しかしこれがなかなか深い。

4101152365アメリカ素描 (新潮文庫)
新潮社 1989-04



 なんか最近また司馬ブームっぽい感じになってますね。ちなみにこの本はまったく関連してません。FC東京関連はあと移籍の件を書きたいんですが、それは後日。本の感想が結構たまってるんで年末年始でぽつぽつ書いていきます。

 本書は昭和60年(1985年)にアメリカ旅行した著者が読売新聞に連載したもの。アメリカのある側面を描きつつも、さすがに東アジアの歴史に精通している人だけに、その辺りを引き合いに出した比較話が面白い。もう四半世紀も前の見聞記なのだが、そこに書かれる根っこの部分は間違いなく今も通用する話だった。

 以下メモ。

 P154
 「日本史には英雄がいませんね」と、私が尊敬するアメリカ人が、行為をこめていったことがある。そのとおりである。英雄とは、巨大なる自己と、さらにはその自己を気球のように肥大させてゆく人物のことである。(中略)ただ私たち日本人は、それらをださない文化に属している。私はそれはそれで、日本の幸福のひとつだと思っている。

 ちょっと微妙なくだりだが英雄の定義についてはなるほど感があった。とはいえ長島茂雄とか力道山とかは英雄じゃないのかなと疑問も。織田信長なんかはちょっと違うか。司馬さんの英雄観がわかったようなわかんないような感じになった。現代で言えばイチローや中田英寿は英雄の素質があるのかもしれないが、確かに日本人的に目立ちすぎると疎ましく思う人が増えて祭り上げられるところまで行かないのは、たしかに日本人は英雄を好まないのかも、と思う。中村俊輔は自分が英雄になりたいタイプではないし。英雄論も面白い。ちなみに自分が例として挙げた人物がスポーツ選手ばかりで、これもなんだかなぁという感じだ(がっくし)。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-29 00:18 |

Jユースカップ FC東京×広島 優勝!

 スカパーe2で観戦。この試合は無料放送でした。

12月27日(日) 2009Jユースサンスタートニックカップ 決勝
FC東京 2 - 0 広島 (13:33/長居/2,252人)
得点者:26' 重松 健太郎(FC東京)、80' 三田 尚央(FC東京)

 リンクあれこれ
 東京公式 ニュース育成・普及
 J's GOAL サマリー

 今日の試合はスカパーでやってくれるということで、これはなんとも嬉しかった。僕はユースの試合というのは高円宮杯を見たことがあるくらいで(それも何年か前の試合だな・・・)、ほとんど見たことがない。なので、この試合は昇格メンバー3人のプレーを見ることがひとつの目的だった。こどもを外に遊びに連れて行って、帰ってきてから観戦したら既に試合開始10分が経過していた。あと、前半の途中に注文していた三輪車が来て、組みたてながら試合を観ていたのでなかなか集中してじっくり見ることができなかった。それでも結構見れた方かも。

 前半は東京が猛烈に前からプレッシャーを掛け続けていた。これが奏功して基本的には東京ペース。ボールを持つと東京の子たちのつなぎは上手で、ひとりが移動するとそこを使ったり、動きながら次の場所を見つけたり、安易に空いた所へ蹴るのではなく、縦へ入れたりするのが上手だった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-28 00:34 | FC東京

『資本主義はなぜ自壊したのか』 中谷 巌

  なんか?な本

479767184X資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言
集英社 2008-12-15



 Amazonのコメントが秀逸なのでこちらで書くまでもないかと。
 読みながら極端だなぁと感じ、参考文献で出てくるような本や、本文で引用されている本が最近の自分が読んだような本だから、より信憑性がない(笑)。

 『グリーン革命』のパクリのようなところもあってさらに胡散臭い。まさに「売れている本が良書ではない」の典型か。どうしてこの人はこんな地位にまで上り詰められたのか、そちらの方が知りたかったりする(笑)。

 そんな中、最後の参考文献にあって読んでみたいとおもった本。
 河合隼雄『文明の生態史観』(中公文庫)、『中空構造 日本の深層』(中公文庫)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-27 03:05 |

第34節 新潟×FC東京 いまさらですが。。。

 さてはて、やっとこさ振り返り。これで年が越せる(笑)
 例によってスカパーe2にて観戦。

12月5日(土) 2009 J1リーグ戦 第34節
新潟 1 - 1 FC東京 (15:33/東北電ス/33,984人)
得点者:12' 中村北斗(FC東京)、89' 松尾直人(新潟)


 J2の最終節が終わって1時間後のキックオフだった、たしか。J1も一斉キックオフだが、時折浦和と鹿島の試合を画面分割で表示して見るものの(スカパーの中継では他会場の途中経過を出さないので)、東京の試合しか見てなかった。

 今となっては覚えていることが、前半は東京が押し気味で新潟にほとんどチャンスを作らせていなかった、そして中村北斗のゴールシーン。後半は必死の新潟が盛り返してきて、ただ東京も互角に戦っていたのだが、浅利が交代で入るか!という間際に嫌な雰囲気のCKからワンチャンスを決められて追いつかれてしまった。こんな感じ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-26 02:35 | FC東京

『科学の扉をノックする』 小川洋子

 いい本でした。(読んだころは夏だったかな・・・)

4087813398科学の扉をノックする
集英社 2008-04



 阪神タイガースのトレーニングコーチの話はさておき、それ以外については非常に興味深く子どものような気持ちで読めた。高校時代に数学に挫折して理系の人への憧れを持ちつつ、科学の話が大好きなのでこの本はジャストフィットした。著者は『博士の愛した数式』(読んだけど感想文なし)の人。

 もっとも良かったのが3章「命の源 ”サムシング・グレート”」。前回の『悩む力』で書いた「自分は一体どこから来たのか」に通じる話を科学的側面から追い求めているような記述が出てくる。村上和雄博士の言葉(P83)。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-20 22:37 |

J2最終節 ヨシローの底力

 スカパーe2にて観戦。

2月5日(土) 2009 J2リーグ戦 第51節
水戸 2 - 3 湘南 (12:34/Ksスタ/5,500人)
得点者:20' 中村英之(水戸)、21' 森村昂太(水戸)、30' 田原豊(湘南)、34' 阿部吉朗(湘南)、53' 阿部吉朗(湘南)

 子守で見れない時間帯がほとんどだったのだが、運よく湘南の3得点を見ることができた。テレビをつけた時点で水戸が2点リード。とにかく驚いた。ちょうど森村が得点したところで、湘南にとってこの重圧はどうだろうかと思いながら見ていた。テレビを2画面分割にして(この機能は毎年この時期しか使われないw)、甲府の試合と並べて見る。甲府はリードしておりこのままだと甲府の昇格となる状況だ。湘南は引き分けでもNG。3点取るしかないという、とてつもない状況だった。

 2点取られてふっきれたのか、開き直ったのか、1点目は素晴らしいゴールだった。右サイドを上がる選手のさらに後ろか選手が上がって来てボックス付近でフリー。カーブが掛かって中の選手が合わせやすい素晴らしいクロスに飛び込んできたのは2人。ニアでヨシローがジャンプ一番ジャストミートしてボールを叩きつける。GKははじくのが精いっぱいで、そこへ倒れこみながら田原が蹴りこんだ。

 早い時間に1点取れたことで勢いがさらに増す湘南。さらに4分後にはコーナー手前のFKからゴール前でヨシローが飛び込んで同点。前半のうちに試合を振り出しに戻した。ゴールしたヨシローに抱きつき頭をはたくジャーン。その後の展開をよくみれてないのでわからないが、FC東京ファンにはたまらない展開だった。

 そして後半にはそのヨシローが右サイドから上がったアーリークロス気味のボールをファーサイドでジャストミートして3点目、逆転。そのまま湘南がリードを守って勝利、自力での昇格を決めた。

 簡単にFWをフリーにしてしまう水戸のディフェンスはどうなんだという話はあろうが、それでも落下地点に最初に到達して3回も決定的なヘディングシュートを叩きつけたヨシローの空間認識能力と、ここ一番に強い精神力に驚かされた。ほんとすごかった。

 試合後はジャーンが目立つゴール裏サポータ前での写真撮影も楽しかったが、野々村さんの反町監督へのインタビューがよかった。喜びを抑えたというかほっとしたような感じが印象的だった。このインタビューもいい。今までこの人のインタビューってあんまり読んだとがなかったが、なんかオシムテイストだな。

 来年の楽しみがひとつ増えてうれしい。モニがいけばジャーンとのCBコンビが見れる。実現したら嬉しい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-16 23:05 | Jリーグ

第33節 FC東京×神戸 ホーム最終戦(藤山・浅利のセレモニー)

えらいこっちゃ。
ずっと書けない日々を送っているとJリーグも終わってしまい、FC東京の2009シーズンが終わってしまった。。。しかもそれからさらに1週間。ブログを始めてからこんなに間が空いたのは初めてかも。これから追っかけでぽつぽつ書いていこう。

11月28日(土) 2009 J1リーグ戦 第33節
FC東京 1 - 0 神戸 (17:00/味スタ/28,664人)
得点者:87' 平松大志(FC東京)


とりあえず味スタ最終戦で感じたことだけ記録。

 ・メンバーが落ちたとは言え東京のサッカーは東京のサッカーだった
 ・神戸相手なら十分に通用した。
  つまりJリーグも上位と下位の差がだいぶできてきたということか
 ・草民のプレーは神戸相手には通用
 ・平松はつなぐサッカーを頑張ってた。ちょっと無理しすぎのところもあったが伸びしろあり
 ・浅利と藤山が試合に出るにはしっかりリードしないとならないわけだがそれもかなわず。

果たしてCKから平松のヘディングでついに先制点。そして藤山投入。
この時点で交代枠は1つ。無念、浅利の出場はならなかった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-15 23:31 | FC東京

土曜日の振り返りの前に・・・

 記事を書くまとまった時間がありませんので、帰宅後の時間ワールドカップの抽選シミュレータでなごんでます。

 ということで、ワールドカップ抽選会が直前に迫ってきましたが、
 これすごいですね。おもしろいでね。
 何度もやって「うひょーだめだ」とか「きびしー!」とか楽しんでます(笑)

 ワールドカップ組分け抽選シミュレータ(みーしゃのプログラム)

 1回目オランダ、日本、ナイジェリア、スイス     むー、厳しい
 2回目ブラジル、日本、ナイジェリア、スロバキア  またぶらじうかぁ、、、やりようによっては。。。
 3回目オランダ、日本、カメルーン、フランス  これはww、、、まぁワールドカップらしくて3試合楽しめるけど。。。
 4回目アルゼンチン、日本、アルジェリア、スロバキア  希望の光!
 5回目イングランド、日本、カメルーン、フランス  3回目とほぼおなじ。
 6回目オランダ、日本、コートジボワール、フランス  オランダとフランスが多いなぁ。
 7回目イングランド、日本、アルジェリア、スロベニア スロベニアも多いなぁ。あ、2回目のはスロバキアか。
 8回目オランダ、日本、チリ、デンマーク  
 9回目スペイン、日本、ウルグアイ、セルビア  死の組!?
 10回目イタリア、日本、ウルグアイ、ギリシャ
 
 何度かやってみるとなんとなくプログラムに偏りがあるような気がしてきますが、とはいえランダムに抽出してるのでしょうからたまたまなのかもしれません。ネームバリューだけでみると当たり前だけどワールドカップで勝ち進むのは大変だと改めて感じます。こうやって見てるとよくわかってきたのですが、日本は第1ポットの国々に対してはともかく、その次にランキングされた国々(第3ポットor第4ポット)に対してしっかり勝ち点をとらにゃあならんということですね。日本は最弱のアジア組とは当たらないし、ニュージーランドともあたらないことになったので、日本と同レベルの国はなかなかいません。そんな第3ポッド、第4ポットの国々に勝たなければならないのだから厳しいです。でも厳しいからこそ楽しいんです。どこまで日本がやれるのか抽選シミュレータだけでもわくわくしてきます。

 サッカーW杯の抽選方法 
 出場32チームは1次リーグで、4チームずつAからHまでの8組に振り分けられる。この日決まったグループ順により、それぞれの組で1から4までの数字が付けられる。
 シード国の第1グループのうち、開催国・南アフリカはA組に入ることが決まっており、A-1となる。地域性も考慮し同大陸のチームが同じ組に入らないようにする。従って、南アフリカは第3グループ(アフリカと南米)のアフリカ勢と同組にはならず、南米勢と同組になる。同様に第1グループのブラジル、アルゼンチンは南米勢と同じ組には入らない一方、アフリカ勢と当たることになる。欧州は同じ組に2チームまで。日本は少なくとも第4グループの欧州の1チームと同組になる。

 正式版(詳細)はこちら。
 FIFA Official
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2009-12-02 23:24 | 2010 ワールドカップ