<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

第4節 大宮×FC東京 勝ったことがよかった

 3月末なのに寒いデーゲーム。相手が9人になるという状況で勝利。

3月28日(日) 2010 J1リーグ戦 第4節
大宮 0 - 2 FC東京 (14:01/NACK/13,060人)
得点者:61' 今野泰幸(FC東京)、79' 重松健太郎(FC東京)

 バックスタンドブロック指定で観戦。風が冷たくて寒かったけど、席が詰まっていたので耐えられないほどではなかった。いやーバックスタンドだとめちゃくちゃ近い。声出すと確実に選手に届きます。でもバックスタンドの方々は上品で、選手が挨拶に来ても声掛けてる人はあんまりいなかったなぁ(私は大声で激励しましたw)。

 試合の序盤の流れが定まらない中でいきなりアン・ヨンハが危険なタックルで一発レッドカードで退場。これに抗議したマトがイエローカード。そのマトに平山は完璧に抑えられていたが、45分にスライディングタックルがファウルとなりこれがイエローカードで退場。大宮は2人も少ない状況となった。

 この試合、村上主審は神経質でまぁピッピピッピとうるさく、それがファウルだとフェアで激しい試合はできないなというくらい細かい笛が多かった。ファウルの基準が厳しかった。ただ、アン・ヨンハのタックルはスカパーのダイジェストで見るとスパイクの裏を見せて足にタックルに行っており、レッドカードが相応なファウルだった。また、マトのファウルも1枚目のイエローが余分なだけであり、妥当な退場だったと言える。ただ、それ以外に笛がうるさかったのは間違いない。さらに言えば、東京側では徳永のタックルがアンと同様にスパイクの裏を相手の足に入れており、一発退場でもおかしくなかった。私や観戦仲間も東京の選手がファウルするたびにカードがでないかびくびくしていた。今野も正当なタックルでファウルをとられてかなりイライラしていたし、後半、他の選手は腫れものに触るようにボールにアプローチしていた。笛やカードにびくびくしながらプレーしたり観戦したりというのはとても残念だった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-29 18:30 | FC東京

信じ難い構想 「Jチャンピオンシップ 来年度にも復活へ」

 ありえないでしょう。真のチャンピオンは長いリーグ戦で結果を出したチームだけだ。

Jチャンピオンシップ 来年度にも復活へ

 野球のようなやり方でしかサッカーの魅力を訴えられないのだろうか。今季に入って地上波の視聴率が超苦戦しているのは知っているが、こんなことでお客さんをスタジアムやテレビに呼ぼうというのは「真の問題」のとらえ違いでしかない。問題はそこじゃないと思うのだ。

 なんらかの理由でサッカーを見ない人が増えているわけで、サッカーの魅力を訴え、テレビを見たくなるような仕掛けをすればいい。視聴率・広告収入を稼ぐめにリーグの本質を歪めるような方法は取るべきではない。そもそもそんな余計な試合を増やさなくても、Jリーグは毎年最終節付近は優勝争いが混とんとしていて面白いリーグなのだ。リーグとマスコミ(テレビ)が連動してうまいこと宣伝していけばよい。だいたいがスポーツニュースはなんで野球ばっかりやっているかということだ。キャンプ中からたっぷりと情報テレビで流し、試合も毎試合細かく放送される。誰か見る人がいるから(僕は全く見なくなった)こそ流されているのだろう。そこを分析しなければいけない。そして入り込めるのであればJリーグの試合や週中の準備を放送してもらえるようにして、一般のスポーツファンにも訴求していかなければならない。JリーグタイムはBS1であり、残念ながら一般人には訴求力がないのだろう。スカパーのダイジェストについては言うまでもない(野々村さんの解説は大好きだし、ああいった解説が地上波で行われれば一般人のサッカーに対する見方が変わると思うのだけれども)。

 JFAの営業(?)とブレイン(博報堂?)は安易な方向へ流れず、サッカーの真の魅力とJの魅力を両方とも損ねることなく、リーグを発展させていかなければならない。スポニチの記事にあるやり方でチャンピオンが決まるのであれば最低だ。リーグチャンピオンに現行と同じ賞金・皿が渡され、それとは別のタイトルとするのであればまだ許せるが、チャンピオンが乱立するのはチャンピオンの価値がさがるわけだからやっぱりありえないな。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-27 21:29 | Jリーグ

チェルシー×インテル(CL16 2nd leg),マンU×リバプール

 週末に録画で見た試合のメモ。

◆チェルシー×インテル CL16 2nd leg

 おもろかった。チェルシーの方が1点取らなければならないので、ホームだし押して試合を進めるかと思いきやインテル一歩も引かず。前半は全くの五分。インテルが試合をコントロールしてる感もあった。決定機はインテルに多く、後半はあわやのシーンもちらほら。崩しきらなくてもなんとかゴールの可能性を感じさせる迫力はこのレベルならでは。決勝点はスナイデルの左足フィードからエトーが右足でゴール。パスのタイミングと走り出し、トップスピードからのトラップとシュート。全部がパーフェクトだった。パーフェクトじゃないと決まらないレベルのディフェンスもすごいが、ずーっとゴールのないエトーがここでこれを決めてしまうのもすごい。Rd8はインテル×CSKAモスクワ。本田がどこまでやるのか楽しみ。0-1でインテル勝利。


◆マンチェスターUtd.×リバプール

 リーグ戦。同カード@Anfieldはリバプールが勝っているのでマンUは負けられない試合。この試合の解説は福西だが全部副音声で視聴。試合中にどうでもいい話に流れていかないし(なっても英語だからわからないし(笑))、英語の方が試合に集中できるので副音声がベスト。
 先制はリバプール。ジェラードのスルーパスにカイトが追いつき、上げたクロスにDF3人の中、ぽっかり空いた所にボールが落ちてきてトーレスがジャンプして余裕のヘッダー。きれいなゴールだった。中にひとりなのに得点できてしまうのはなんだろな。。。
 しかしながらすぐに追いつくマンU。マスチェラーノがボックス内でドリブルの選手(誰だっけかな)を倒してPK。ちょっと外側にも見えたがPK。ルーニーが蹴ったボールは一度はレイナに弾かれたがルーニーの足元に転がりなんなく得点。同点。
 試合は一気にマンUペース。同じ速いパス回しでもマンUの方がピッチを広く使っていて余裕があるように見えた。攻めるとき、守るときの意思統一がいいのかもしれない。あとはルーニーのキープ力が恐ろしくすごい。パク・チソンもほとんど取られることがなかった。ファウル以外で止められることはあまりなかった。で、決勝点はそのパク。サイドからフレッチャーがクロスを上げ(後ろから追い越したネビル(?)の動きも見逃せない)、3人が飛び込みパクは頭部を蹴られながらも体を投げ出してダイビングヘッドでゴール。
 このあとリバプールは交代を重ねるが効果的なシーンはほとんどなかった。でもジェラードはやっぱり1.5列よりも2列目の方がいい。後半最後の方はポジションが後ろになってよくなった。後ろからパスを出したり、後ろから走り込んだ方が彼の良さが生きる。もったいない使い方をしてるように感じた。2-1でマンU勝利。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-23 00:17 | football

第3節 FC東京×C大阪 点が入らない。。。

 いまさらですがメモ。

3月20日(土) 2010 J1リーグ戦 第3節
FC東京 0 - 0 C大阪 (19:04/味スタ/20,143人)

 まだ3月なのにナイトゲーム。強風の中、今年初の自転車通スタ。行きは下り坂なのに風であまり進まない。その代わり帰りの上り坂は羽がはえたように軽々と登れた。味スタでも当然風が強かった。後半はちょっと寒かった。風がプレーに影響するかと思ったが、大きなミスとか風のせいで点が入ったりすることはなかった。CKなどでボールが全然上がらなかったのは風の影響があったんだろうか。

 前半は東京ペースだった。パスもバンバン通ったし、シュートまで結構いけてたがああいった時間帯に獲れないと結局流れが変わってチャンスが戻ってこなかったりする。どうすればいいんでしょう。後半はカウンターから香川にヒヤリとさせられるシーンも何度か。東京の決定機は大竹のミドルくらいか。大竹が入ってきた直後のシーンではアーリークロスでDFとGKの間に速いボールを入れて欲しかったが、持ちすぎて大きなチャンスにならなかった。

 先発にはナオ、赤嶺が復帰。CBには平松。左SBにはキムヨングン。ナオはすっかり戻ってる感じで、ドリブルの切れはさすがなんだが、周りとまだあってない感じ。特にパスの意図というかタイミングがかみ合ってない感じだった。赤嶺は前線で存在感があったが得点はならず。平松込みのディフェンス陣はまずまず。後半にはカウンターから怖いシーンが多数あったがなんとかしのいだ。キムヨングンはポジショニングはよかったが、攻撃面では見るべきものがなかった。業を煮やした今野がキムヨングンを抑えて上がっていくシーンもあった。若さよりも落ち着きを感じた。リカルジーニョも後半途中から初登場。ボールを持てるし、やはり日本人選手とは違うものがありそうだった。まだよくわからないがこれからというところか。

 セレッソには失礼だがここは勝ち点3が必要だった。上を目指すには勝ち点1では。。。それにしても点が取れないねぇ。1点入ればきっかけになると思うのでナオも戻ってきたことだし、次の大宮戦でぜひ。平山と赤嶺のFWコンビは可能性を感じるし、あと徳永のミドルシュートも見たい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-22 23:39 | FC東京

『ローマ人の物語 最後の努力』35~37 塩野七生

 ついにきた。

4101181853ローマ人の物語〈35〉最後の努力〈上〉 (新潮文庫)
新潮社 2009-08-28



 ついに崩壊が始まる。3世紀後半から4世紀にかけて、帝国が変容していく様をダイナミックに描いた巻。これまで皇帝がローマ市民と元老院の信任を経て成り立っていたものが、いわゆる専制君主的な、一般にイメージされる皇帝へと変わっていく。そしてローマ帝国そのものの本質が変わり始め、中世の始まりと言われる時代に突入する。

 帯みたいな記述をしたが、ローマ帝国が滅びるのはどうしてかというのを見るためにここまで読んできた身としてはこんな気分だ。と同時に、実はどうしても読みたかったものがこの巻の中に出てきた。やっとでてきた。

 それはディオクレティアヌスが作ったスプリットの宮殿の話。2006年にスプリットを訪れたとき、その宮殿城壁を利用してつくられたホテルに宿泊したことがあり、そこでローマ時代に皇帝によってつくられたというのが書いてあったので、そのころから「ローマ人の物語」を読んだらいつか出てくるかなぁと思っていた。そしてもう終わろうかというこの段になってやっと出てきた。(スプリット1スプリット2。いやぁ、今見てもスプリットはきれいだなぁ。。クロアチアというえばドブロブニクの方が有名だけど、こっちの方がこじんまりとしてる分、扱いやすいというか感覚的にしっくりくる感じなのを思い出した)

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-19 22:35 |

『サッカーという名の戦争』 平田竹男

 日本代表のマッチメイクをしていた人の本

4103138319サッカーという名の戦争―日本代表、外交交渉の裏舞台
新潮社 2009-03



 これはおもしろかった。著者略歴を見ただけでもおもしろそうだもの。
1960年、大阪府生まれ。1982年横浜国立大学経営学部卒。同年通商産業省(現経済産業省)入省。1988年ハーバード大学ケネディスクール卒(行政学修士)。1989年から91年まで産業政策局サービス産業室室長補佐。1991年から94年まで外務省へ出向し、在ブラジル日本大使館一等書記官。帰国後はエネルギー政策などを担当し、中東やカスピ海諸国との交渉にあたる。2002年に資源エネルギー庁石油天然ガス課長を最後に経済産業省を退官し、2002年から2006年まで、(財)日本サッカー協会専務理事。現在は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授。東京大学工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 JFA専務理事になる経緯もおもしろかったし、通産省の人なのに外務省に出向してブラジル行って中央アジアに行って、日本のためにみたいな感じでサッカー協会にかかわることになったという、それだけでもおもしろくないわけがない。

 2002年から2006年までの代表を熱心にフォローしてた人にとっては懐かしくて、あのときの裏側にはこんなことがあったのか非常に楽しく読める。改めてワクワクさせてくれる本だ。

 自分的に一番面白かったのは、2004年アテネ五輪の最終予選の話。あのときはアブダビと東京(+埼玉)のダブルセントラル方式で最終予選の6試合を戦ったのだが、予選の方式はAFCではなく最終予選の4カか国の話し合いで決めるルールになっていたというのがまず驚き。そして、中東3カ国に対するハードネゴシエーションのやり取りがリアルで(って本人が書いてるんだから当然なのだが)面白い。アブダビまで応援に行った身としては、あの厳しい予選を勝ち抜いた裏にはこういう話があったのかと思うと感慨深かった。

 他にも数々のマッチメイク秘話があり、思えばジーコ監督時代は相手に一流国が多くて(アルゼンチンなんか何回やっただろうか)、これも平田さんの功績が大きかったんだろうと思わずにいられない。もちろん監督がジーコだったというのも大きいだろうが、それに比べて今のマッチメイクの貧弱さといったら。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-16 22:27 |

J第2節雑感

第2節その他の試合に関する雑感メモ。

横浜 3 - 0 湘南(テレビ観戦・後半途中まで)
 驚いた。俊輔が入るだけで開幕とは全く違うチームになった。ここまで変わるかっつーくらい変わってた。開幕で見ても横浜はとても勤勉なチームだった。みんな走り回る。そこに走らないチンタラ動く選手が一人入ると全然違う。彼のまわりをぐるぐる回って、彼は正確にスペースへパスを供給する。大きなサイドチェンジも通す。テレビで見る当たり前のサッカー(正確にボールを届けたい所へ蹴るというプレー)がこれほどまでに威力があるとは驚いた。そういえば波戸も出てたな。6月に向けて体調を整えてください。湘南はいいところなし。ちょっと心配。

Jリーグタイム録画
 録画したけどまだ見てない。2時間近くあったみたいで見る気が失せてる。。。

名古屋 2 - 3 川崎
 残念ながら1 - 2 になったところまでしか見れなかった。1 - 1 になったところで好ゲーム必至の雰囲気だった。こういう試合がNHK総合で中継されるというのはJリーグにとって非常にプラスだろう。ダイジェストで見たチョンテセのシュートはすごかった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-16 22:22 | Jリーグ

第2節 浦和×FC東京 内容はOK

 残念無念。

3月14日(日) 2010 J1リーグ戦 第2節
浦和 1 - 0 FC東京 (14:02/埼玉/50,096人)
得点者:19' ポンテ(浦和)

 去年も第2節。帰るときに去年と違ったのは天気がよかったことだけだなー、なんて思ってとぼとぼ歩いたが、少し落ち着いてきて考えるとそんなに悲観する内容じゃなかった。

 いろいろ思うところはあってまとまらないかもしれないけれど箇条書き風に。最後に試合の印象をまとめる。

・前半10分は東京ペース。浦和はどうしちゃったの?という感じ。
・森重のPKファウルは妥当なジャッジ。しかしイエローカードではないな。レフェリーの位置からそう見えたのだろう。
・PKのあと浦和が落ち着いてしまった。完全に流れが変わった。
・エジミウソンの巻いてくるシュートを権田がスーパーセーブ。自分の席の方に飛んできて覚悟したが権田すごかった。
・FKからポストを2度叩く。これで4失点しててもおかしくない展開。
・森重の2枚目はイエローに妥当ではないファウル。しかしその前のFKのオブストラクションはイエローに相当。
・44分に早くも北斗と石川が交代。これは理解できなかった。なぜこのタイミングなのか?。インタビューにも載っていないので監督の意図は不明。森重退場後は徳永がCBに回り、北斗がボランチに入り、達也が1つ下がった形だったので陣形に迷いはなかった。むしろ徳永のCBが不安だっただけに”?”な采配。ベンチ要員を含めてこのあたりのリスク管理がきちんと行われているのだろうか。松下をボランチにして達也とナオが両サイドに張るのであれば、達也と北斗でもよさそうなものだが、前半のうちに追いつくことを狙ったのだろうか。
・後半はエジミウソンのクロスバー直撃シュートなどがあったが、はっきり言って東京ペース。浦和はボールが持てるようになると全く怖くない。
・梶山スルーパスから赤嶺のゴールはオフサイド。アフターゲームショーで見るとオフサイドではなかったが、あの手のプレーがオフサイドと判定されることが多い。自分の席からは副審が正面に見えるので旗がよく見えてシュートの前にあきらめていた。しかし勝ち点1で優勝や4位を逃すようなことがあると一体誰が責任をとるのだろうか。サイドからの映像をリプレイで流したTBSには拍手を送りたい(アフターゲームショーだけじゃないよね?日本では今まであまりなかった映像だ)。
・後半、東京の選手が頑張って両サイドをワイドに使ったおかげで中盤にぽっかりとスペースができた。これを梶山に上手に使ってもらいたかったし、周りも梶山とスペースを上手に使ってほしかった。が、あまり使われないまま時間をロスしてしまった。そして、そこに気付いたであろうフィンケが鈴木啓太を投入して事実上試合が終了してしまった。
・平山がヘッドで流して赤嶺がダイレクトシュートというシーンがあった。もっとできるはず。赤嶺がスタメンの方が平山も生きる感じがするし、チームに落ち着きが出る。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-16 01:51 | FC東京

『実況席のサッカー論』 山本浩, 倉敷保雄

 さらーっと読めます。

4882933314実況席のサッカー論
出版芸術社 2007-10



 私の好きな実況アナウンサー山本さん(もうNHKを退職されてます。実況が聞けないのは残念)と好きな実況アナウンサーというよりは好きなMCである倉敷さんの対談。

 だいぶ前に読んで、正直あんまり覚えてないが、倉敷さんがどうやってサッカー中継の道に入ってきたかというところは人に歴史ありという感じで興味深く読めた。他にはスタジアムで実況する時の注意点(両名のお話あり)と、スタジオで海外映像を見ながら中継する難しさや心がけていること(倉敷さん)も興味深かった。正直スタジオでテレビ映像を見ながらの番組を見るのは好きではない。自分がなぜそれを好きではないかの理由は自明だったのだが、それも倉敷さんの口から発せられていた。

 スタジオでの中継って実況者も解説者も途中で試合に飽きちゃっうときがあって嫌いだ。この選手は今度の代表に呼ばれましたねとか、誰それは呼ばれなかったですねとか、すぐ試合から外れてどんどん脇道へそれる。聞きたい情報もあるが延々と話がそれるときがある。試合が動こうとしているときもそれた話を中断することなく続けることがあるのが大嫌い。試合は試合で集中して見たいのだ。だから僕は英語実況の意味がわからなくても副音声で見ていることが多い。その方がやっぱり試合に集中できるし、プレミアの中継だと言葉が少ないからリズミカルで気持ちがいい。ちなみに日本人だとプレミアの中継で好きな解説者は永井洋一さん(トッテナム×エバートンのときは良かった)。試合に集中して解説してるからいい。嫌いな解説者は複数いるけど、、、書くのはやめておこう。ちなみにこの間福西が解説してる試合があったが、昨年より声が大きくなってて、しゃべりも多かった。だいぶ自信がついてきたみたいだった。

 いや、話がずれたな。。。

 なんとこの本には続編があるのか。いつか読んでみたいけど「旬の話題を斬る」とあるからあとから見るもんじゃないな・・・。
続・実況席のサッカー論
4882933810

[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-12 23:01 |

エルゴラ平山表紙の写真

これが表紙だ!
f0017246_22372050.jpg

なんとか編集できたので貼りつけときます。
目をつぶってるので不思議な雰囲気の写真になってますな。

ぜひ来週初のエルゴラも表紙を飾ってくれい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-03-10 22:38 | FC東京