<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』 キングスレイ・ウォード

 有名な本。これは良い本だった。

4102428011ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫
(著)キングスレイ・ウォード (訳)城山 三郎
新潮社 1994-04-01



 グアム旅行用に買っていったが、結局グアムでは半分も読めず(子どもがいるとこうなりますね)、最終的には帰国後に読み終えた本。訳者が『官僚たちの夏』(これもグアムに持っていってのちに読んだ)の城山三郎で、グアムに持っていったのが両方ともたまたま城山三郎だったのでびっくりした。

 城山のまえがきに幼いころに父親を亡くした知人が電車でこの原書を読んで涙が出て困ったという話が出てくるが、私の場合はそこまでいかなくともいろんなことを感じさせてくれる本だった。父親からこんなにアドバイスをもらったことはないし、そもそも実業家でもない。これらの手紙をもらう息子がうらやましいような、でもこんなにされてもうっとおしいだろな(笑)と思ったり。ただ、特に自分に迷いがあるときにこそ、手紙という婉曲な方法でそっとアドバイス(中身は全然”そっと”という感じではないが)を送るというのは良いなと思った。現代ならEメールになるのだろうか。キングスレイ・ウォードは現代であっても手紙を送っただろうか。手紙にしかない良さみたいなものも感じた。読み物としても十分面白い。

 もしこの記事を読み終えて、それでこの本を読もうと思った人がいたら、、、その前に一言。ちょっと説教臭いところもでてくるので(というか全編お説教みたいなもんかも(笑))、それがたまらなく嫌いな人は手に取らないほうがいいです。あくまで素直に読める心理状態の時の方が○。

 あとは気になった言葉などをメモ。端々にグサっと、ドキッとするような言葉出てくる。こういう刺激を受けると気分が高揚したり、かと思えば消沈したり。ちなみにこれをメモしてるのは4月の2営業日過ぎたあたりなので、期も変わって気分一新してきており、来週からかんばるぞという気分にはなっているけど。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-29 00:25 |

『強い者は生き残れない』 吉村仁

 素数ゼミで有名な人の本。

4106036525新潮選書強い者は生き残れない環境から考える新しい進化論
新潮社 2009-11-25



 結構おもしろかった。本格的に専門的な内容が出てくるところが多いので、読み進めるのに四苦八苦(つまらなくて放り出してしまう)したが、そこまでの話が最後の十四章で文明の栄枯盛衰につながり目を見開かされたというか、こう繋がるのかと非常に感心した。とかく専門分野に特化しそうな生物学者が世の中をこのように広く見ているということに感心し、立派な人はいるものだと恐れ入った。曰く、本気で「持続的な社会」を理想とするならば「長期的な利益」のために、「短期的な利益」の追及を控え、協同行動をとるべき時なのだ。それは「進化史」が教えてくれている。これだけを言っていると意味がわからないが、長い本文を読むとこの結論が導き出されるのもアリだと思った。

 この結論以外でおもしろかったのは、やはり素数ゼミの話(p116-120)。13年おきや17年おきに大発生するセミの話。想像すると気持ち悪いが、進化してきた理由がわかると涙ぐましく感じる。でも実際に遭遇すると気持ち悪いだろな。。。ここだけでも面白いので、素数ゼミのメカニズムを知りたくなったらここだけ読んでも良いと思う。

 もっと詳しく素数ゼミのメカニズムを知りたい場合はこちら。ちなみに私は読んでません。
479734258717年と13年だけ大発生?素数ゼミの秘密に迫る! (サイエンス・アイ新書 72)
ソフトバンククリエイティブ 2008-07-16


[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-27 23:49 |

第8節 G大阪×FC東京 がまんがまん。。。

 スカパーe2で追っかけ再生観戦。

4月24日(土) 2010 J1リーグ戦 第8節
G大阪 2 - 0 FC東京 (17:03/万博/17,590人)
得点者:66' ルーカス(G大阪)、75' 宇佐美貴史(G大阪)

 昨日は上野のお寺で妻のおばあさんの法事だった。初めて法要なるものに参加するので、法要とはどういうものなのか多少楽しみでもあったのだが、1歳10カ月の子どもが元気に騒ぎまくるので結局お堂から外へ出て子どもの面倒を見ることに終始。お焼香だけさせていただいてほとんど参加できなかった(苦笑)。お焼香すること自体も驚いたが、お寺が古く歴史のあるところだったので、子どもと外を歩いてて意外に楽しんでしまった。というわけで帰宅してから17:45くらいから追っかけ再生で観戦(その後夜中まで一緒に見た仲間と大吟醸を飲む)。

 前半はわりと東京ペース。あれ?って感じだが、ルーカスも遠藤もいないので相手の攻撃時にボールを取れる取れる。ガンバは前線でボールが収まらないし、イーブンボールを競いあうとことごとく東京守備陣が勝っていた。攻撃面でもサイドを起点にシュートまで行く場面も多かった。しかしこの良い時間帯に点が取れないのが今の東京。最大のチャンスはリカルジーニョが左サイドでキープして右サイドのスペースへ出したボールをナオが飛び込んで拾ってGKと1対1の場面。後ろから安田理に押し倒されたが笛はならず、シュートできずにボールはタッチラインを割り、なぜかガンバボール。後ろからのファウルに見えたのでPKを見逃がされたように見えたし、おまけにゴールキックがCKになった。主審は安田がボールを掻きだしたと判断したのだろうが残念なシーンだった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-25 17:37 | FC東京

『クルマは家電量販店で買え!』 吉本佳生

『スタバではグランデを買え!』の続編。

4478007519クルマは家電量販店で買え!―価格と生活の経済学
ダイヤモンド社 2008-11-08



 軽自動車とコンパクトカーはどちらがお得かから始まり、いろんな価格の比較や価格が付けられている理由を経済学的に説明している。読み物としておもしろいのですいすい読めるし、へーなるほどとその業界でしか知らないようなことが書かれているのは興味深い。たとえば競合企業が不幸な値下げ競争を止められない理由(囚人のジレンマにより説明)であるとか、大学の授業料がどんどん高くなっていっていることの不思議さであるとか。

 ただ解せない点もある。モノの値段が下がっていってるのは、ただ単に企業がチキンレースをしているだけではなく、世の中的にモノの値段が下がらざるを得ない理由が構造的(経済のグローバル化による、より安いものの輸入であるとか)に存在するという部分も大きく、この本の中に書かれていることだけでは成り立たない。まぁ、ひとつの考え方(ツール)としてこの本を活用できればいいんじゃないだろうか。この本にすべてを見ようとしたり、見たつもりになっては(当然)いけない。ツールという意味ではオークションにおける「勝者の呪い」とか、セカンドプライスオークションとか知らないこともいくつかあったのでその点は勉強になった(勉強ってほどじゃないか。「へーそー」ってレベルか)。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-22 23:57 |

『航空機は誰が飛ばしているのか』 轟木一博

 現役の国土交通省官僚による本

4532260582航空機は誰が飛ばしているのか(日経プレミアシリーズ)
日本経済新聞出版社 2009-10-09



 航空機は誰が飛ばしているのか、航空会社でしょ、という本ではなく、航空管制の仕組みや現在の航空問題の解説をおこない、これからの日本の航空戦略を語っている本。

 かなり異色な本で、マニア向けな記述が多い。特に最初の三章は航空機がどれくらいの間隔を空けて飛ばなければならないかとか、着陸に対する地上から飛行機への指示はどのようにされているかとか、風向きによって使用する滑走路が変わってきたり、飛び出しの方向がかわってくることとか、これらによって発着容量(単位時間当たりに何機の飛行機が離発着できるか)をどのように計算するかということが細かく説明されている。あんまり興味がないところもあったので正直最初の方はしんどい。細かな計算がいっぱい出てきて結構読み飛ばしたが、概念だけ理解した。

で、これを我慢してある程度理解すると
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-21 22:10 |

第39回東京都農業祭と春の写真

 日曜日は神代植物公園広場横の特設会場で開かれていた第39回東京都農業祭(植木部門)というのに行ってきた。この公園時代にはよく訪れてたのだが、JA主催のこんな会に自分が行くようになるとは、自分でもおどろき(笑)。今日の目的は新聞折り込みチラシに入っていたこれ(pdf)(JA東京中央会)。朝10時半から先着200名に鉢物の無料配布とあったので行ってみるかと自転車で行ってきた。

 10時過ぎに着いたら長蛇の列ですよ。いるのは自分の親くらいの年齢の人ばかり(笑)。同じくらいのこどもを連れてる人が一組いただけで、年配の方が多かったです。並んでる間、うちの子が植木の周りを走ってて転ぶと並んでる年配の方々に「あらあら」とか「あー!」とか声を掛けられて恐縮しました。皆さんに声掛けてもらってうれしかったです。

 で、夫婦で鉢を2つゲット。お花でしたが、、、なんだろなこれ(汗)。パンジー?しかも写真撮り忘れた(笑)。とりあえずきれいな鉢物を2つももらえてラッキーでした。自転車も気持ち良かったし、早起きは三文の徳というのを久々に実感。で、おまけにこのタイミングで売ってる苗が安いうえに大きくて元気がいい!近所のホームセンターや植物屋より格段に安かったし、品がよかった。ということでパセリとベビーリーフ(2種類くらい入ってた)となんかをカミさんが買ってました。大きな庭のある家に植えるような木も売っててこんなに安く買えるのかぁと驚きだったな。
f0017246_23394853.jpg

 そのあとは隣の公園で子どもを放牧して楽しんで春を満喫。気持ちよかったなぁ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-19 23:50 | 雑記

第7節 FC東京×京都 勝ちきれない

 なかなか勝ちきれません。

4月17日(土) 2010 J1リーグ戦 第7節
FC東京 1 - 1 京都 (17:04/味スタ/18,350人)
得点者:11' 角田誠(京都)、73' 重松健太郎(FC東京)

 4月も下旬になろうかというのに朝起きると外は雪景色。この一週間は毎日どんどん寒くなる不思議な気候だった。この日は雪がやんで陽は照っているが、日陰は寒かった。17時キックオフで選手にはちょうど良いが、観客席は冷え込み、試合が終わるころにはかなり寒くなっていた。

 水曜日にナビスコ2節Away大宮戦を勝利し中2日の試合。先発FWはその試合でゴールしたリカルジーニョ。他は前節鹿島戦と大きく変わるところのない布陣。椋原出場停止でヨングンが左SB、長友が右SBに入った。

 試合開始から京都は非常に守備意識が高い入り方。東京がボールを持っても前線からオフサイドラインまで非常に狭い中で守っていた。前線も真ん中辺りまで引いているので、東京はボールを持つというよりも持たされている感じ。攻めあぐねていたところ、11分にスローインから裏を突かれてこぼれたボールを角田に詰められて失点。権田の股間を抜かれた不運な失点だったが、一瞬の隙を作ってしまった集中力のなさが問題。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-19 00:14 | FC東京

第6節 FC東京×鹿島 勝てた、勝ちたかった

 よくやった、残念だった、惜しかった。

4月10日(土) 2010 J1リーグ戦 第6節
FC東京 1 - 1 鹿島 (19:04/味スタ/30,672人)
得点者:4' 平山相太(FC東京)、39' 興梠慎三(鹿島)

 今週は寒い日が続いたが今日は一転暖かかった。選手にとってはナイトゲームでちょうどよかった。東京は赤嶺に代わり重松が初先発。松下が久々の先発。キムヨングンが左SBに入り、長友が右SB。思い切ったスタメンだった。200試合出場のナオにご両親から花束。お母さんが若くてびっくり。息子と並んで嬉しそうなのが印象的だ。

 開始早々から東京の攻勢。CKのこぼれ球に今野が反応、一歩遅れて鹿島の足が出てきてPKゲット。Jリーグタイムでは直前のハンドを採ったと言ってたがどちらだろう。このPKを平山が左隅へ決めて先制。欲しかった先制点をゲット。

 その後もわりと攻勢に出た東京。無理に中でつながずに鹿島の裏や平山をターゲットにロングボールも配する現実的な戦術が奏功。シュートまではいけなくとも押しこんだ時間がそこそこあった印象だ。が、徐々に鹿島も攻勢に出た。ワンタッチプレーでボールをどんどん前へ運べるスキルがあるし、攻撃に出るときに人数を掛けるところにも迫力があった。失点はぽっかり空いたボックス外のエリアから小笠原のぶれ球シュートから。権田がボールを弾き、こぼれ球にコオロキが飛び込んで押し込まれた。1-1。前半を1-0でいきたいなぁと思ってたが、あっさり返されてしまった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-11 01:20 | FC東京

日本×セルビア なんじゃこりゃ。。

 海外組2名が国内組になったからダメになったの?

4月7日(水) キリンチャレンジカップ2010
日本 0 - 3 セルビア (19:20/長居/46,270人)
得点者:15' ムルジャ(セルビア)、23' ムルジャ(セルビア)、60' トミッチ(セルビア)

 ようやく録画を見終わった。とにかく驚いた。東アジア選手権がどん底だと思ったらまだ底があった。二番底。いや、この先まだ底があるかもしれないし、底なし沼かもしれない。相手は遥々セルビアからやってきて時差もある。ワールドカップ出場国とは言え、東欧の雄とはいえ、メンバーは南アフリカに行けるかどうかボーダーの選手たち。

 先発。中盤は岡田監督が核と考える中村、遠藤がいて稲本。長谷部の代わりに阿部。右SBに徳永、CBが田中に代わって栗原が入り中澤とコンビを組む。FWが岡崎とコオロキ。オプションになるような場所にそれぞれあまり出ていない選手がいるものの、阿部なんかはずーっとこのチームに呼ばれてやり続けている。それを「いつも出てない選手が多かったんで・・」(中村)とか言うのは見苦しい。

 いや、とにかくびっくりした。びっくりするくらい簡単に失点していた。前半はカウンターから先制点を奪われたが、その前にも楢崎と1対1になるのを食らってて、CBが悪いのか中盤が悪いのかテレビでは知る由もないが、ひどい有様だった。セルビア相手に3点も取られて、というか1点でも先に取られて守られたらそりゃきつい。でもしっかりリスクマネジメントしながら点を取りに行かないと(2点目は岡崎が相手をオンサイドにしてたというのもあるが)。

 栗原だからNGだったのか?だとしたらこれまで2年間CBの控えを試してこなかったのは誰か?本番に行ったら1・2戦でCBの二人ともイエロー2枚で3戦目に出られなくなることだってあるんだぞ!?阿部をCBに入れたら中盤がいないから栗原なのか?今野が怪我したから?憲剛が怪我だから?小笠原はどうした?遠藤をボランチというのもあるだろう?いやもうとにかく。。。
 
 どうやってワールドカップに期待を持てというのだろうか?
 俺は6月をどう迎えればいいのだろう。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-09 00:12 | 日本代表

『はじめての課長の教科書』 酒井穣

 2年ほど前に少し話題になった本。

4887596146はじめての課長の教科書
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-02-13



 教科書というだけあってエッセンスが詰まった本だった。そうだよなーとか思いながら読んでいるとサクーっと読み終わってしまう。が、この本の正しい使い方は読み終えるのが目的ではなく、折に触れて気になる箇所を読み直すことだろう。

 この本で言いたいことは「課長職は楽しい!」ということじゃないだろうか。経営職の末端で、部下と上位職の板挟み。しかし、経営情報が入ってくるポジションで、かつ下(現場)からの情報も上位職より入ってくるポジション。どちらの情報も万遍なく入ってくる課長こそが会社を引っ張り、思うように舵取りできる楽しいポジションなんだよ、と。(もちろん範囲は限られるけれど)。まぁ課長賛歌というか課長へのエールというような温かさがこの本には一貫して流れているように読めた。

 メモ代わりに記しておこうかと思ったが引用が多くなりそうなので印象に残ったところだけ以下に。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-04-06 22:25 |