<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

日本×イングランド 練習試合ラス2

 生テレビ観戦。前向きにとらえるか、後ろ向きにとらえるかは自分次第。

5月30日(日) 国際親善試合
日本 1 - 2 イングランド(21:15/グラーツ(オーストリア))
得点者:7' 田中 マルクス闘莉王(JPN)、72' オウンゴール(田中)(ENG)、83' オウンゴール(中澤)(ENG)

 いやーよかった、とはもちろん喜べない。でも本大会に向けて何かが動き出したような気がする試合だった。もやもやっとして結論めいたことが言いにくいが、楽観にも悲観にもいずれにもよれてしまう、まさに個人の思いたいように思える内容。そこをどうするかは、その人の本大会での日本代表に対する心の持ちようでいかようにも変えることができる。試合後の感想はそんな感じだった。楽観的な考え方をしてもあとでがっかりするだけだよ、という向きもあると思うが、僕自身はここからグループリーグ3試合までの最善の準備方法を間違いなく行っていけば結果が付いてくるんじゃないかと思っている(思いたい)。

 ではそう思える根拠は、、、と書いてみようかと思うが、分析すると悲観論に倒れそうなので(笑)、良い点・悪い点を挙げつつ気の向くままにメモってみる。なにせ、上に書いた結論も今まさにそう思いたいという、どちらかというと願望に近い思いなのだ。


◆良い点

・悪い流れを払拭
 韓国戦からの悪い流れが止まったのはチームにとって大きい。もっというと、今年に入ってからの一連の(東アジア選手権からの)悪い流れがストップした感があり、それは明るい材料。不景気が底をついた的な雰囲気。2番底があるんじゃないかといじわるも言いたくなるが、バイオリズム的に上昇カーブを描き始めた気がする。

・4-1-4-1が機能
 9-1といういじわるなイングランド監督のイタリアンはのたまってたそうだが、あれは一種の負け惜しみだろう。いずれにしても、前半は阿部がイングランド攻撃の芽を摘みつつ、遠藤がリズムを作ってチームを押し上げていた。ゲームメーカーは遠藤と俊輔の2枚よりも、真ん中でタメを作れる遠藤1枚の方がボールを動かしやすいというのがハッキリとわかったのも良かった点。

・個々の奮闘
 いきなりチーム戦術のことではなくなるが、各選手の奮闘も大きかった。阿部、川島、大久保、今野(慣れないポジションでユーティリティ能力の高さを見せた)など。阿部は先ほどの通り。川島は言うまでもない。大久保は守備に貢献。岡田監督は石川ではなく大久保を選んだ理由をここに求めたんじゃないかと思うのだが、この日の大久保はすごいディフェンダーだった。ただし、このプレーでは本大会では間違いなくカードが出ていただろう。そして、彼は得点をとるためにいるプレーヤーではないというのもわかってしまったが。。。

・攻撃の連動性
 ショートカウンターから前へ運ぶ連動性がよかった。シュートまで行くシーンもなんどかあったが、前の選手がワイドに開いてボールを受けたり、動きだしの面ではイングランドDF陣をしのぐものがあった。中盤でも上がりを待つくらいにタメを作れていたし、落ち着いていた。とはいえ、ファーディナンドは元々たまにポカをやる選手だし、テリーも疲れてたのかもしれないので割引は必要。でもカウンターでも点がとれないのはなんとも。。。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-31 23:06 | 日本代表

5/28 スロバキア×カメルーン (ワールドカップ前の練習試合)

 スカパーe2で生観戦。

◆スロバキア1-1カメルーン

 オーストリアで行われた練習試合。バックスタンドではポンポンを持ったチアリーダーが4・5人等間隔に並び、かったるそうに応援していた(笑)。しかし、あれはどっちの応援だったんだか。

 テレビをつけたときは前半途中で、スロバキアが既に先制点をあげていた。ハイライトを見ると、華麗にパス回しをして、崩したとこからミドルシュートを叩きこんでいた。あの鋭いミドルシュートを日本の選手が撃てるのであれば、カメルーン相手に得点できそうだ。ただ、あれだけの鋭いミドルを撃てるかどうか。振りが短くて速い鋭いシュート。なかなか日本人にないレベルのシュートだったが長谷部あたりに狙ってもらいたい。

 試合展開はデンマーク×セネガルと異なり、スピード感満点で激しい試合だった。1-0で前半を折り返し、後半に入るとパスをつないで崩そうとするカメルーンに対し、引いて1点を守るスロバキアという構図。カメルーンはサイドではボールを持てるが、中でボールが収まらないので崩すことができないでいた。

 反町湘南監督の解説がわかりやすくて、いい中継だった。その反町氏も言っていたが、カメルーンDFは斜めに走り込む相手に弱い。その解説によると、ダイアゴナルに走って行く選手に対して、付いていくのか、受け渡すのか、オフサイドに掛けるのか、その辺りの判断が弱いとのこと。大久保や岡崎に期待したいエリアだ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-30 17:22 | 2010 ワールドカップ

5/27 デンマーク×セネガル (ワールドカップ前の練習試合)

もうあと2週間でワールドカップ開幕。
関連番組がたくさん放送されている中、スカパーe2でデンマーク×セネガル、スロバキア×カメルーンの練習(親善)試合を見た。


◆デンマーク2-0セネガル

 まずはデンマークから。見たかったのはデンマークがどれほどのチームなのか、日本のつけいる隙があるのかという点だった。注目のベントナーは鼠径部の痛みがあり欠場。最近なぜか今頃8年前のほのぼのエピソードが話題の、俺たちのトマソンがワントップ。他に知ってる選手はCBのアッガー(リバプール)くらい。

 デンマークのオールボー(たったの1万数千人収容のスタジアム)で行われたこの試合では、セネガルがワールドカップに出場しないからなのか、わりとゆったりとしたペースでの試合だった。試合前にピッチにたっぷりと水がまかれたせいもあったのかもしれない。もしくはカメラの位置が低かったのでスピード感を感じにくかったのかも。デンマークがボールを支配して、なかなかセネガルを崩せない、という試合展開だった。しかしそういう展開の中でもCKから先制する。CKをボックス外から力強いヘッダーで、ボールがゴール前にいるトマソンへ。トマソンがバイシクルを試みて、あたりそこねたボールをポウルセンが押し込んでゴール。しっかりセットプレーで得点してくるところに勝負強さを感じた。とはいえ、前半は崩しきるプレーもほとんどなく、攻撃に迫力はなかった。対してセネガルは胸の高さくらいの速いクロスで対抗。二度ほどニアでダイビングヘッドで合わせるシーンがあり、これが枠に飛べば、と思わせるシーンがあった。ニアに低くて速いボール。長友、内田に岡崎が合わせるというイメージが浮かんだ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-30 02:40 | 2010 ワールドカップ

『ライト、ついてますか』 ドナルド・C・ゴース

 古典。ベストセラー。やっと読んだ。

4320023684ライト、ついてますか―問題発見の人間学
木村 泉
共立出版 1987-10



 以前から読まねば読まねばと思っていた本をようやく読んだ。

 事が起こると人はすぐに解決策を考えてああだこうだ言ってしまうが、本当は何が問題であるのかをまずしっかり考えないといかんぜよ、というのがこの本の趣旨。ということをどこかで読んでてこの本を読んだが、ところがどっこい、そんな単純な説教じみた本でなかった。そこがこの本の面白かったところ。

 例示がユニークでたくさん出てくるし、真摯に向き合うことが大事な話もあれば、ひらりマントでかわすがごとく、うまいことやろうぜ見たいな話が出てきてなかなか面白かった。たまに冗談かもしれないようなことが書いてあってどう解釈していいか困っちゃうようなところもあるが、そこは自分で適当に自由に読みとればよい。「SEの若手は読んだ方が良い」みたいな書評を見たことがあるが、別にSEじゃなくても面白いしためになると思う。仕事だけじゃなくて普段の生活の中でも知っておいてよいことが書かれている。

 以下メモ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-26 23:20 |

日本×韓国 火事場の馬鹿力は出るか

 テレビ観戦。来るとこまで来た。

5月24日(月) キリンチャレンジカップ2010
日本 0 - 2 韓国 (19:20/埼玉/57,873人)
得点者:6' パク・チソン(KOR)、90+1' パク・チュヨン(KOR)

 ワールドカップへ向けた、日本代表の国内最後のテストマッチ。いわゆる壮行試合。4年前はスコットランド戦で、同じく埼玉での国内ラストマッチ。4年前と違うのは今回は23人が決まっており、すっきりと送り出せる試合だったこと。前回はラストマッチ後にジーコのメンバー発表があった。今回はいわば2002年のスウェーデン戦と同じ形だ。

 週末の見に行けなかったナビスコカップ戦@駒沢、徹夜で久々にオンタイムで見た欧州CLと、ネタはたくさんあるがどうしてもこいつを書き散らかさないと気が治まらないので、まずは代表戦から。


 帰宅してテレビを付けたら開始2分だった。雨はやんだようだが、ピッチは滑る様子。しかし芝の状態は素晴らしく良く見えた。失点は早々にパク・チソンのミドルシュート一閃。このとき、子どもの手を洗いに洗面所に立ったところで、戻ってきたら失点していた。あとでリプレーをみてもどうしてパクにボールが渡ったかは知る由もないが、今野をいとも簡単に振り切り、3人に囲まれながらのパクの力強さは別格だった。髪型が昔のヤンキーみたいになってた。

 その後、ショートカウンターで踏ん張った今野のパスから大久保のミドル、などもあったが見せ場はほとんどなし。とにかく細かいことは除いて感じたこと書いてみる。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-25 23:03 | 2010 ワールドカップ

『日本でいちばん大切にしたい会社』 坂本光司

 いやーええ本やー。ぐっときます。熱いです。俺はこういう本が好きだ。

4860632486日本でいちばん大切にしたい会社
あさ出版 2008-03-21



 ベストセラーになってて読みたい読みたいと思ってた本。このご時世だから売れたのだと思うのだが、それだけではなく良い内容だった。良い内容というのは、本に書かれていることが素晴らしいのではなく、素晴らしい会社を紹介するという試みを著者と出版社がしていることへの称賛。そんでもって「くっそー」と思った。こういう哲学のある会社だったら移りたいと思った。うちの会社とはまったく違うぜよorz。

 本の形態としては、第1部「会社は誰のために?」では著者の考える会社経営の考え方を説き、第2部では本の題名のとおり「日本でいちばん大切にしたい会社たち」を紹介している。第1部の内容を簡単にいえば、アメリカ型資本主義に対して真っ向から反対する意見で、よく言われる「会社は株主のもの」がいかに間違っているかというのを説いている。誰に説いているかと言えば経営者たちに対して説いている。経営者がやるべきこと、優先すべきことを第1部では説いているのだ。で、第2部ではそれを実践してして利益を出している会社を紹介している。

 それでは、以下著者のいう経営者が考えるべき内容とその他メモ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-20 22:30 |

ワールドカップメンバー(改めて)

 先週のメンバー発表から1週間経ちまして、だいぶ気持ちも落ち着いてきたので改めて個人的感想を記しておきます。とはいえ、書いてる内容が”妄想日本”みたいになってしまったので読む方は暇つぶし程度にお付き合いください(笑)。

どっから書くかあれなんだけど、まずは分けて考えやすいGKから。

 GK 楢崎 正剛(名古屋グランパス)
 GK 川島 永嗣(川崎フロンターレ)
 GK 川口 能活(ジュビロ磐田)

 1st、2ndは順当。川口だけど、実は今年の2月くらいまでは第3GKなら”あり”だと思ってたし、連れてくといいんじゃないかな、くらいには思ってた。でも今季まだ1試合も出ていないってことで、これはちょっとどうなんだろうか。万が一、楢崎が第1戦で怪我とかレッドカードとかもらうと、第2戦の控えは川口になるわけで、ここまで試合に出てなかった選手が控えに入ったらどうすんだろなー、と。それだったらGK枠を2つにして攻撃的な選手を入れればいいんじゃないのかね、と思った。


次にDF陣。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-20 01:04 | 2010 ワールドカップ

『新しい資本主義』 原丈人

 まとめですね、これは。

4569708323新しい資本主義 (PHP新書)
PHP研究所 2009-04-16



 『21世紀の国富論』の続編チックな本。新書なんで読みやすい。

 この本は、これまで原丈人氏が言ってきたこと(彼が中米で考古学をした後に資金をためるために勉強しようということでスタンフォード大へ行ったり、そこでベンチャーキャピタルというものを知って、デフタ・パートナーズを立ち上げたり、ポリコム(会社のテレビ会議機器はこれだ!)を育てたんだよっていうのがあったり、これからの世の中はこうすべきだよ、日本はこうやって次期産業を育成していくべきだよ)がまとめられている本。

 はっきり言って、『21世紀の国富論』のメモに書いた「ほぼ日」のページを読めば事足りる。

 この本に書かれていてもっとも興味深かったのは、これからは「ポストコンピュータの時代」ということだった。産業の広がり方を見てもコンピュータの進化を産業とするのではなくて次の産業の種を撒いていって、その次の産業の中心地が日本にしていかなくてはいけないんだということ。

 「なるほど感」は非常にあった。ポストコンピュータに何が来るかわからないが、それに対してどんどん種を撒いていって10年20年後の日本、もっと先の日本を明るくしたいということらしい。孫さんの熱い志が原さんとつながったら面白いんじゃないかと思った。外野の感想というか希望に過ぎないけど。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-20 00:02 |

ロニー死去 知らなかった・・・

 ロニー・ジェイムズ・ディオが16日の朝に胃癌が原因で亡くなったらしい。

 BARKS

 今の今まで知らなかったよ。
 悲しい・・・。

 去年から胃癌を告白して治療してたとか。それも知らなかった。
 胃癌だとうちの親父と一緒だ(親父は健在)。胃癌だと早期に見つかれば治せるんだけど。。
 切除して復活したとしてもあのパフォーマンスは無理だったろうけど、でも悲しい。。

 Heaven and Hellを見に行ったのはもう2年半も前なのか。。。
 すげーおっちゃんだった。
 あのとき見に行けてて良かった。

 合掌。

 http://www.barks.jp/news/?id=1000061149
 http://www.barks.jp/news/?id=1000061180
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-19 22:12 | music

第12節 FC東京×清水 すっきりしないねぇ

 ワールドカップによる中断前、最後のリーグ戦

5月15日(土) 2010 J1リーグ戦 第12節
FC東京 2 - 2 清水 (14:04/味スタ/28,114人)
得点者:26' 平岡康裕(清水)、68' 藤本淳吾(清水)、85' 長友佑都(FC東京)、87' 松下年宏(FC東京)

 東京はAway山形で久々の勝利の後の一戦。ホームでも開幕以来の勝利がほしい試合だった。一方清水は前節3人の出場停止選手がいて今季初の敗戦。相変わらず首位だが連敗を避けたい一戦だったはず。とにかく東京としては、監督、選手はもちろん勝ち点3がほしいのだが、自分としてはとにかく勝ってスッキリしたい試合だった。何をするわけでもないが、強く勝利を願ってスタジアムへ向かった。

 前半、攻勢に出たのは東京。清水の布陣が1ボランチ2シャドーの形で、前目からプレッシャーを掛けてくる。そのためその網を抜けるとスペースが広がり、ゴール前付近まで侵入することができた。やはり梶山の判断と前への推進力が効いている(さらに言えばヨネの縦パスが欲しくなる試合だった)。首位のチームだけあって自信を持ってガチで東京を抑えに掛かってきているのがわかる。やっぱりこういうガップリ組みあえるサッカーになると見ていて楽しい。後輩どもを連れていくならこういう試合にしないとダメだな、、、と試合とは関係ないところで反省。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-05-18 01:32 | FC東京