<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

グループE(3rd) 日本×デンマーク 16強!!!!

仮眠して2時半に起きて3時過ぎに友人2名がやってきて子どもが起きない程度に絶叫しました。

6月25日(金) 2010FIFAワールドカップ南アフリカ
デンマーク 1 - 3 日本 (03:30/ロイヤル バフォケン スタジアム/27,967人)
得点者:17' 本田圭佑(JPN)、30' 遠藤保仁(JPN)、81' トマソン(DEN)、87' 岡崎慎司(JPN)


 開始早々はあぶなかった。4-1-4-1以前に戻した最初の10分間に無失点だったことが大きかった。それにしても恐ろしかったな。。。あそこでトマソンに決められていたら、と思うと勝負のあやってのは本当に怖い。それ以降は書くまでもないので強く思ったことを少し。

 2点目の遠藤のFK。たぶん日本中のサッカーファン(いつもJを見てる人たちね)は「遠藤蹴れ!」と思ったはずだ。本田に集中してるデンマーク守備陣が手に取るようにわかってたし、遠藤の距離であることはみんながわかっていたはず。だからこそ嬉しかったなぁ。

 一番心に残ったのは遠藤の頑張りだ。遠藤のFKや、もちろん本田のFK、それ以外のプレーもみんなすごかったし、ひとりひとりの頑張りもすごかったのだが、遠藤の頑張りが心に残った。遠藤のダイビングヘッドなんてたぶん初めて見たし、前が疲れたときに前線へ駆けあがってチェイスするディフェンスに感動。体調がよほどよいのだろう。オシム時代の走る遠藤が戻ってきた。3試合とも走り回っている。俊輔が体調が戻らず、さらには走らない姿に戻ってしまった自分のプレースタイルを、結局変えられなかったのとは対照的に、遠藤は完全に自分を変えた(3年前の代表の頃に戻した)。イングランド戦以降の新しい日本代表のスタイルに自分を適合させた。それでいて、あの飄々としたプレーは生きている。すごいよ、遠藤。次も頼むよ。

 「2002年があったから今がある」とパラグアイ戦に勝って言いたい。各国の高評価ににやけながらも、彼らだけが驚いてるわけじゃなくて、代表を見続けてきた自分がびっくりしてるわけだが、ここで満足してるサポータ・選手・監督はいないはず。一夜明けて気持が次に切り替わってる人ばかりでしょう。2002年は16強進出でなんとなく空気が緩んでいた。でも今は違う。試合直後に涙ぐんでるように見えた長谷部(そういう顔なだけかも?)や、感無量の中澤なんかもいたけれど、次だ次!っていう感じの本田や切り替えの早い長友なんかもいて、きっと上を見てる選手が大勢いると思う。長谷部や中澤も既に切り替わってるだろう。こうなってくると4強を目標にしてたことの意味が出てくる、ということで岡ちゃんすげー。次勝っても満足しないことがほぼ確定しているわけだから。次は火曜日。幸福な5日間を過ごさせてくれてありがとう、代表。次の5日間も幸せにさせてくれぃ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-26 17:34 | 2010 ワールドカップ

グループA(3rd) 南ア×フランス ウルグアイ×メキシコ

 南アフリカ、開催国にしてグループリーグ敗退。ウルグアイ、メキシコ勝ち抜け。

 南アフリカ2-1フランス
 ウルグアイ1-0メキシコ

 テレビの画面分割機能を使って観戦。音声は南ア×フランスを中心に選択。この分割機能、これまでJ最終節以外で使ったことがない、コストパフォーマンスの悪い機能。画面が超小さくなるし、集中して見ると疲れるし、あんまいいことなかった(笑)。NHKでは他方の試合を速報してくれるので、NHK一本でもよかったかもしれない。でもま、ウルグアイとメキシコの激しいサッカーを少し見れたのはおもろかった。

 フランスのチーム崩壊によるボーナスステージを南アがバカ勝ちして、ウルグアイ・メキシコのどちらかが複数点差で勝てば、南アのベスト16進出もあるかも、という期待で見始めたが、結局終わってみれば想定内の結果。南アは相手が10人になってさらに攻めまくったが最後は攻め疲れた感じだった。フランスは今大会いいところなし。GKロリスは大会での活躍で世界的GKになるかと言われていたが、3試合で帰ることに。ブランが監督になればチームが変わるかな。

 ウルグアイは強かった。次は韓国とだが、韓国のスタイル的にガップリ組みあって面白い試合になりそうな気がする。そういえば書いてなかったが「スロベニア×アメリカ」がすごく期待通りで面白い試合だったのだが、「ウルグアイ×韓国」も同じような匂いがする。

 メキシコはアルゼンチンと。好チームメキシコもさすがにアルゼンチン相手だと厳しそうだ。Rd16も好ゲームが多そうで楽しみだ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-23 21:51 | 2010 ワールドカップ

やっぱり代表の活躍は国内サッカーの盛り上がりに不可欠

 普段からサッカー漬けの僕にはなかなかわかりにくいんだけど、にわかに一般の人々のサッカーへの興味が増しているようだ。

 会社の僕の隣の席の20代後半の女性は、オランダ戦を家で見たらしいが、「初めて試合の最初から最後まで集中して試合を見ました」と言っていた。これまで2006年も2002年も横目で見る程度だったらしいのだが、初めてテレビの前でしっかりみたらしい。そして金曜早朝の試合も見たいと言っている。ここぞとばかりに今大会が高地で多くの試合が行われていることや、代表が高地で合宿を行って高地順化をしていたこと、コックも帯同することなど、如何に総力戦でワールドカップが行われているかを伝えて、サッカーへの興味を煽っている。旅好きな子だけにスイスの合宿とか南アとか興味が増すようだ。それから、普段まったくサッカーの話に興味を示さない40代の男性はデンマーク戦について「私も見たいと思いますよ。なんか気になっちゃいますよね」とのこと。ふたりに共通するの普段はまったくもってサッカーに興味がないことだ。

 こういう人たちと話をして思うのは、やっぱり代表は「入口」なんだろなということ。自分の入り口が「ドーハの悲劇」だったように、若い人になんらかのきっかけがあればもっともっとサッカーファンは増えるのだろう。そして「ポストワールドカップ」にスタジアムへ訪れる人が増え、そこでがっちりハートを掴めればリピーターになるはずだ。

 味スタを満員にするためにワールドカップ後にまたホームゲームに何人か誘ってみようと思う。その中に固定客ができれば・・・。そのためにも長友が味スタへ帰ってきてくれて、今野がデンマーク戦へ出て活躍するのは重要だ。相手チームに代表がいて、なんてことじゃファンを持ってかれちゃうのでね(笑)!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-22 00:02 | 日本代表

グループE(2nd) カメルーン×デンマーク

 日曜日に録画をぶつ切りに観戦。

 カメルーン1-2デンマーク

 ついにエトーが得点した!と思ったらロンメダールの活躍でデンマークが逆転勝ち。デンマークの得点はいずれも見事だった。しかし得失点差で日本が有利。日本は引き分けでもグループリーグ突破となる。なんども書くが3戦目まで期待が持てる展開など大会前にどれだけ想像できただろう。おまけにデンマークに引き分けでも、という展開なんて!こんなに嬉しくて楽しいワールドカップは2002年を例外とするとない。

 大きな斜めのサイドチェンジはすごい武器だ。オランダ戦でも決定機を作っていたパス。これは要注意。2001年コンフェデの中田浩二から鈴木隆之のパスを思い出す(古!しかもあれは直接シュートまでいったのでちょっと違う)。右サイドのロンメダールは多分長友が対峙するので抑えられるだろう。問題は長友が攻撃に出たときに裏を突かれた場合か。ボランチがうまく連携して防ぐ、それから長友は基本的に上がらない、という約束事が必要だろう。

 攻撃はベントナーがポストでそこから押し上げてくる展開と先に書いたロングパスによるサイドチェンジが効果的。ベントナーの前に出てくるポストプレーはアンカーが抑える、もしくはポストプレーの受け側で抑えるというやりかたか。ハイボールで自由にやらせないのは当然だが、これまでの2戦と比べてどれだけハイボールで勝てるかは微妙。こぼれ球もケア。とはいえ、この2戦のディフェンスを見てるとすごい安心感がある。アグレッシブに守っていて十分な期待を持って3戦目を迎えられる。

 得点のイメージが貧困で得点力が低いのは自明なので、絶対に先制されないこと。デンマークは最初から圧力を掛けてくるか、じわじわくるのか。こんなこと考えるだけで楽しいぞ。。。ワールドカップ最高!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-21 23:50 | 2010 ワールドカップ

グループE(2nd) 日本×オランダ

 負けたけれども次に繋がる敗戦。

6月19日(土) 2010FIFAワールドカップ南アフリカ
オランダ 1 - 0 日本 (20:30/ダーバン/62,010人)
得点者:53' スナイデル(NED)

 オランダは最初から全力で圧力を掛けてくることはしなかった。日本を警戒してたかもしれない。日本もベタ引きではなかった。日本は初戦に勝ったことで本来のパフォーマンスが出せていた。去年の親善試合のようにやみくもにボールを取りに行くのではなく、ポイントを絞って守備ブロックを形成していた。だからこそ、後半に失点こそしたが、最後まで集中できていたのだと思う。

 ゴール前まで迫れたシーンがそこそこあったことと、オランダ相手に守れたこと(良さを消したこと)で、勝ち点を1でも積み上げられなかったのはとても残念だ。よくやったな、と思う反面じわじわ残念な気持が湧いてくる。途中交代で入ってきた怖いエリアを長友はしっかり押さえていた。初戦にエトーを抑えたことに加えて、長友の名前は確実に世界に広まっているのだろう。

 チームとしてよかったのはカードをもらわなかったこと。田中マルクス、阿部がカードをもらわなかったのはデンマーク戦に向けて朗報。ただ、東京ファンとしては今野の出番が微妙になったことで複雑な気持ちだ。SBでもいいから出番がほしい。

 オランダがカメルーンに勝つことを前提にすると、デンマーク×カメルーンの結果次第で次の戦い方が大きく変わる。デンマークがカメルーンに1-0で勝ったなら、デンマークは0-2でオランダに負けているので、次は引き分けでよくなる。2点差以上で勝つと得点差で変わってくるか(大会ルールがよくわからない)。まぁ、3:30キックオフの試合が終わればいろいろネット上にでるだろうからそれを見よう。

 グループリーグの最終戦まで楽しみが残ってるなんて、なんて素晴らしいんだ!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-20 00:28 | 2010 ワールドカップ

グループE(1st) 日本×カメルーン

 偉大な一勝。

6月14日(月) 2010FIFAワールドカップ南アフリカ
日本 1 - 0 カメルーン (23:00/フリーステートスタジアム/30,620人)
得点者:39' 本田圭佑(日本)

 ぶかっこうと言われようが偉大な一勝だ。1998年にも2006年にも成し遂げられなかった勝利を得た。初戦はむずかしい。カメルーンもそれは一緒。カメルーンが弱かったのかもしれない(ソングが出なかったのは大きかった)。しかしこの世界は勝ってなんぼ。勝たなければ何もおきない。勝つからこそ2戦目以降に大きな意味を見いだせる。3つ負けろといったライターもいたが、負けても何も変わらないのはこの4年間で経験済みだ。

 岡田監督は2月の東アジア選手権での惨敗からセルビア戦、韓国戦と国内のテストマッチを惨敗、得点0で日本を発った。そこから1か月、これまでの前へ詰めて奪って、ショートパスの連続で相手を崩すという理想の姿はなくなった。まるでマリノス時代に見られた理想主義から放り込み現実主義へ戻っていったのと同じように、守れる選手でスタメンを固めた。試合前の予想布陣から本田の1トップだったが、そのスタメンを聞いても、本田が1トップということが信じられなかった(大久保がトップなんじゃないかと思っていた)。親善試合の間に「これまで築いてきたものが崩れた」という選手もいたらしい。実際違うサッカースタイルになって批判もされていた。試合の日の昼に、会社で「鈴木隆之みたいなFWがいればねぇ」などと話していたのだが、今になって思えば、岡田監督も同じようなことを思い、体の強い本田に1トップを任せたのかもしれない。そして、岡田監督は掛けに勝った。親善試合の連敗によってチームに反発する一体感が生まれていたのかもしれない。

 フィジカルコンディションの調整も素晴らしかった。大久保、松井に見られるアグレッシブさは、高地順化を含めた体調管理がうまくいったことの証で、大会前2試合を含めた調整が見事であったということだろう。それから中澤・田中マルクスの2CBのハイボールへの対応もほとんど相手に勝っていた。高さで勝ったこともおどろきだったが、90分間跳ね返し続けたということがすごい。これもコンディション調整の賜物だろう。

 スタッツだけ見ればどっちが勝ったかわからないようなものだが、勝てばいいのだ。この世界は勝ってなんぼ。勝ち続けてこそ、自分たちのスタイルを試みることもできる。

 オランダ戦が本当に楽しみになった。昨年の対戦のように前から行けばそれなりにボールも奪えるかもしれないし、チャンスも作れるかもしれない。カメルーン戦のように攻撃は前の3人に任せてしまう方法をとるかもしれない。勝ったチームは変えるなという言われ方もするが、岡田監督がどういう戦術をとってくるか楽しみだ。先に失点しても3戦目まで見据えた試合の作り方、采配・戦術を期待したい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-17 23:16 | 2010 ワールドカップ

グループC(1st) イングランド×アメリカ

 生観戦。一瞬意識を失ったのが2・3回あったけど試合終了まで観戦。

 イングランド1-1アメリカ


 スタジアム中にイングランド国旗が貼り付けられまくる。これぞワールドカップ!プラスしてあの歌声が、といきたいところだが、ブブゼラの音圧でいつものイングランドサポの歌声はあまり聞こえなかった。ラッパと太鼓は聞こえてたけど、God save the Queenが終盤に聞こえたくらいだった。でも、すでにこのブブゼラが試合にしっくりきはじめてる自分がいる。時折、誰ともなく一斉に吹き出すときがあったりして、楽しみ方もいろいろだ。おもろいなー。

・4分であっさり先制したイングランド、ジェラードのアウトサイド流し込み。
・キャプテン・ジェラードの本気度はすごかった。タックルが深い深い。
・試合中はNHK。三浦神戸監督のカペッロへの驚きぶりがちょっと大げさな気もした。右サイドを代えるのは極めて妥当だと思ったけどな。
・前半のうちにGKグリーンのキャッチミスコロコロでアメリカが同点に追いつく。トーナメントに行ってからじゃなくてよかったのかも。そのときのイングランド人のこれもよく理解できる(笑)。
・でもなんでジェームズじゃなかったんだろうか。イングランドってGKにあんまりいい選手がいないのが不思議だ。
・アメリカのNo.17 アルティドールはすごい選手だった。速くて強かった。
・途中から入ったキャラガーはあれでやられてたらグリーンと2人で戦犯扱いだったろうな。

・この2チームが引き分けたことで、この2チームの勝ち抜けの可能性が高くなったかな。イングランドはグループリーグで調子を上げていけばいいのだろう。
・涼しい(というか見る方には寒い)気候の試合なので、結構走れる大会なんだろうが、標高が高いので、やっぱり後半は足が止まる印象がある。この試合に限らない印象。

 今晩、一番見たいカードは3:30からのドイツ×オーストラリアだけど、これはさすがに録画。週末のボーナスステージは終了。あす月曜日は「開幕」だ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-13 16:28 | 2010 ワールドカップ

グループB(1st) アルゼンチン×ナイジェリア

 いやー、面白かった。エニヤマ(Man of the Match)すごかった。

 アルゼンチン1-0ナイジェリア


 スカパーで観戦。この中継は現地からっぽかった。やっぱり熱気が違うんだよな、現地からだと。しかも実況がよかった。下田恒幸アナは間がよい。補足説明も多すぎずスムーズ。解説への振りもうまい。解説も好きな反町湘南監督。フジテレビ青嶋アナはしゃべりすぎ(補足説明を詰め込みたがりすぎ)で好きじゃないので、この組み合わせで聞けてほんとよかった。スタジオの組み合わせも完全にスカパーの勝ち。城福浩、八塚浩のWヒロシに柱谷のシングル幸一。


・グループBはレベルが高い(除くギリシャ)
・あれだけ攻めてエインセのヘディング1点というのも寂しい気がするが、1点取っても前の3人(メッシ、イグアイン、テベス)で点を取りに行けるから面白い。決して守りに入らない。3人の息があってきたら破壊的な強さになるかも。
・イグアインは器用さがないからがっちりナイジェリアに抑えられてた。もう少し早くディエゴ・ミリートを見たかった。
・メッシは惜しいシュートがたくさん。狭い場所でボールを持って運んでいける技術は何度見ても凄まじい。
・都並さん今大会一押しのディマリアはいまいちこの試合で良さを出せなかった感じ。前に3人いるからスペースもないし仕方がないか。
・マラドーナはマフィアのボスみたいで雰囲気ある。ボールがくると触りたがるのがかわいい。で、ボールに触れるとやっぱりうまい。足ですくって相手にやさしいボールを渡すのは素敵。
・Man of the Matchは負けたナイジェリアのGKエニヤマ。じっと我慢でき、反応の速さがすごい。きっとポジショニングもいいのだろう。(日本での表記はエニェアマのようだ)

さて、3:30からのイングランド×アメリカは録画にしようかな。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-13 01:22 | 2010 ワールドカップ

グループB(1st) 韓国×ギリシャ

 ハーフタイムから子どもを寝かしつけに行ったので、後半の頭(2点目)を見れず。

 韓国2-0ギリシャ

 韓国強し。ただ勝つだけではなく、終始試合を支配し続けての勝利。ギリシャが弱すぎじゃないかとの見方もあるが、ハイボールへの対処、2点目をとったパクチソンの個人技など、ワールドカップにおいてもそん色のない技術を見せつけた。2002年を超える史上最強と言える韓国が、実力をいかんなく発揮した試合だった。

・ピッチをワイドに、落ち着いて攻撃を組み立てられる
・個々の選手が強い。PSVでパクと活躍したイ・ヨンピョしかり、右サイドのチャ・ドゥリしかり、ワントップで体をはったパク・チュヨンしかり。
・無駄走りもないし、パスも細かいところばかりではないし、日本と対極にある感じがした>韓国。
・ギリシャ弱い。攻撃の形がないし、カウンターのチームのせいか、先制されて全く良いところがなかった。
・そうは言っても、しっかり先制して、隙を逃さず追加点をとる韓国は立派(2点目は個人技だけど、それがあることが重要)。
・グループでの3番手以上であることは証明したが、同グループにはアルゼンチンとナイジェリアがいる。対戦が楽しみ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-12 22:55 | 2010 ワールドカップ

グループA(1st) ウルグアイ×フランス

 後半寝落ちで見てません。テレビ東京で見てたので、気付いたらなんか日本の歌が流れてた(笑)。

 ウルグアイ0-0フランス

 日本人の西村主審と相楽副審がジャッジした試合。西村さんて同じ年くらいなのか。さすが場数を踏んでるだけあって貫禄があった。前半を見る限り普通に判断してて好印象。見てない後半では大会初のレッドカードを出していた。映像を見てもファウルした選手の表情を見ても至極真っ当なジャッジだった。

 で、試合(前半のみの感想・・・)
・やっぱりフォルランはスペシャル。ボールを受けてはたいて、動きなおしてシュートまでいける。
・対してフランスの守備陣はフォルランを捕まえられなかった。後半の修正を見たかった。
・ボール支配はフランス。もっとウルグアイと接戦になるかと思ったが押してた。
・でもフランスは決定機をなかなか作れない。これはグループリーグ敗退もあるかも。

・地上波、スカパーともに映像に対して日本で実況(オフ・チューブって言うんだっけか?)。
 こんな中継で全部生中継とか言われてもなぁ。冴えない中継だった。
・とはいえテレ東での長谷川健太解説はわかりやすかった。
・やっぱり現役監督や、監督を退いたばかりの人(関塚さんとか)の解説は視点が対戦したときのものになるのでわかりやすい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-06-12 22:39 | 2010 ワールドカップ