<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

この時期の人事発表。その発表時期の問題。

 ちょっと気分を変えてJ全体の話。

 この時期契約非更新の話があちこちで出てくる。リーグでは11/30までに選手側へ通告する義務があるため、このような時期にニュースが飛び交うことになる。11/30というのは選手が次の働き場所を探すために早めに設定されていると聞いたような気がする。

 で、疑問。なぜリーグ戦がまだ残っているこの時期なのだろう。リーグ戦のみならず、1/1までは天皇杯も残っている。天皇杯の立ち位置がよく話題になるけれど、この契約問題とも無縁ではない。いや、まずはリーグ戦が終了する前に通告することになっているのが疑問だ。リーグ戦終了の1週間後までに、とかならば一息つくこともできるし、昇格・残留争いしているチームにとっても、マネジメントしやすことだろう。

 ルールは検索したらすぐでてきた。 p154
①クラブから選手への通知
クラブは選手に対し、プロA契約またはプロB契約を締結する意思およびその契約条件を、「契約更新に関
する通知書」(書式A)((書式E)ではない)により、以下の期日までに通知しなければならない。
イ.1月31日に満了する契約を締結した場合は、その前年の11月30日まで
ロ.1月31日以外の日を満了日とする契約を締結した場合は、契約満了日の2ヶ月前まで


 2カ月前というのがキーワードなんだけど、これ、契約期日をリーグ戦終了から2ヶ月後(+1週間)とかにできないものなんだろうか?うちの選手たちが、しかも今度試合に出ようかという選手が、今日とか昨日とかに「来期は契約しないから」なんて言われてたら、もう試合どころか練習にも身が入らないでしょう。週末に向けて心身のコンディションを保てるとは思えない。

 一方マリノスや名古屋のように大っぴらに話が出るクラブと、東京のように発表のないクラブと差があるのは、やはり順位との関係なんだろうか(京都も出てなかった)。ちなみに東京も前はシーズン中に出てたのは記憶に新しい。やっぱり順位によって情報操作してるのだろう。デリケートな問題だから。それにしても契約しないことを通告されて静かに我慢して黙っている選手はいたたまれないなぁ。。。

 やっぱり時期をもう少し考えてほしいと思う。リーグ戦・カップ戦の日程だけじゃなくて、こういう毎年起きている話はしっかりコントロールすべき問題だと思う。


12/1追記
 いおぞうさんのコメントの通りでした。以下に引用しておきます。 p152
②クラブから選手への契約更新通知
クラブは、その所属選手に対し、新たな契約を締結する意思およびその契約条件を「契約更新に関する通知書」(書式A)により、遅くとも以下の期日までに通知しなければならない。
a 1月1日から1月31日の間に契約期間が満了する契約を締結している場合:リーグ戦が終了した日の翌日から5日後まで
s a以外の日を期間満了日とする契約を締結している場合:契約期間満了の2週間前まで

[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-30 23:37 | Jリーグ

第33節 FC東京×山形 次だ。

 非常に厳しい結果に。

11月27日(土) 2010 J1リーグ戦 第33節
FC東京 1 - 1 山形 (17:32/味スタ/26,243人)
得点者:74' 平山相太(FC東京)、86' 田代有三(山形)

 試合開始からずーっと選手が固かった。これが「緊張」なのだろう。山形の東北らしい我慢強いサッカーは、スタイルを貫いていて本当にすごい。守備ブロックを崩さずに放り込んできたり、少しでも攻めてがなくなると後ろに戻してキックしてくるサッカーに対して、絶大な支持をし続けるサポータもすごかった。対して東京も前半は同じようなサッカー。リスクはとらないように攻めていたし、放り込みが多かった。カップ戦のような、まるで2002年ワールドカップの日本対ベルギーを思い出させるような前半だった。

 後半は幾分ボールが前に運べるようになり、ついに74分に平山の先制弾。だが、このあと選手の動きがまたも固くなってしまった。疲労からというよりも緊張感からだろう。ボールホルダーへの寄せが甘くなり、2列目の守備も見てしまう感じに。対して山形は緊張があるはずもなく、点を取るしかないのだからイケイケであがってくる。前半が嘘のように開き直ってパスをつないでどんどん攻め上がってきた。

 同点にされたシーン。たしかに家に帰って映像で見た田代のシュートはものすごい跳躍力で決めた難しいシュートだったが、そこに運ばれるまでの守備が悪すぎた。簡単にワンツーで前線を突破された前田の守備は交代で入った人のそれではなかったし、ましてや残留争いしているチームのものではなかった。この失点を一人の選手のせいにするわけではないけれど、その他のプレーも含めて彼が控えFWのファーストチョイスになっているのは理解ができない。

 とはいえ、これに文句を言っている場合ではない。とにかく次節だ。大竹は腐ってないらしいし、出られる14人とベンチを含めたすべてのパワーで良い結果を期待したい。そんな状況なのだが、当初行こうと思っていた最後の最後の大事な試合に自分は行けなくなってしまった。おまけにテレビも見れない。最後の最後にこんなことになろうとは。。。

 現地に行かれる皆さん、選手を勇気づける後押し、よろしくお願いします。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-28 23:48 | FC東京

第31節 FC東京×川崎 スタイルを貫け

 「自分を信じていれば、勝利はついてくる」
f0017246_23573552.jpg


11月20日(土) 2010 J1リーグ戦 第31節
FC東京 1 - 2 川崎F (14:04/味スタ/28,480人)
得点者:47' 矢島卓郎(川崎F)、66' 森重真人(FC東京)、84' ジュニーニョ(川崎F)

 厳しい結果になった。けど、不思議と試合終了後はサバサバとした気分だった。同点にされたとき先制されても負ける気がしなかった。リカのドリブルをファウルで止められた。そこで得たFKをナオが枠へ飛ばしてCKを得た。数多く得たCKからそこで点が獲れたのは偶然ではないと思う。その後も攻撃に出て川崎ゴールに迫った。川崎はじれてくる東京を待っていたかのうように、一瞬の隙をついて加点してきた。東京の出方を待ったのかもしれないし、天皇杯を120分戦った疲れが抜けきれないために時間を稼いでいただけかもしれない。崩されずに失点してしまった。

 勝てそうで勝てなかった。東京の方がアグレッシブに攻めていた。ひと月前、過去の残留勝ち点を調べたときにひとつの目安となりそうだと思った35という数字まであと3となった。残り試合を考えると38や41まで積み増すことも可能だが、残留争いをするチームらしく、勝ち点を1ずつ獲りに行くサッカーを選択することもできる。もっと前の試合から、守って勝ち点1、カウンターから運よく勝ち点3を得るというサッカーを選択することもできた。でも、東京はそうしなかった。監督が変わっても守り一辺倒のサッカーはしない。俺はそんな東京が好きだ。今日も「強者のカウンター」であるチームに果敢に攻め込んだ。そのスタイルを変えてはいけない。たとえチャンピオン相手でも、残留争いする相手でも、残留が決まっている相手でも、だ。

 大黒を早く下げ過ぎだと思うし、前田じゃなくて大竹だと思う。4-2-3-1にするなら、2列目中央に重松や大竹をいれるか、大黒と平山を縦に並べるべきだと思う(大黒をトップで)。でも現場であの形をやりたいのであればサポートするしかない。あぁしんどい。もどかしい。各論反対だけど総論賛成。そのスタイルを変えてはいけない。がんばろう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-20 23:58 | FC東京

『クラウド化する世界』 ニコラス・G・カー

 もっと広い意味でのクラウドコンピューティング。

4798116211クラウド化する世界
ニコラス・G・カー Nicholas Carr 村上 彩
翔泳社 2008-10-10




 少し前に書店に並んでいて、と思ったが、初版が2008年10月なのでもう2年も前の本だったのか。クラウドという言葉もすっかり一般的になった。この本の中にはアマゾンやセールスフォースドットコムのクラウドの話がもちろん出てくるのだが、それらを中心に語っているのではなく、いわゆるクラウドの話は本文の一部分にすぎない。

 読み終わってそりゃそうだよなと気付いたのが原題を見たから。原題は『The Big Switch: Reweiting the World,from Edison to Google』。こちらの方が本の中身にバッチリあっている。だが、翔泳社が日本用の題名を付けたのは、商業的には好判断じゃなかったろうか。原題にある「Google」をクラウドと読み替えれば本の内容に合致してくるので、大きく異なったタイトルともいえない。

 さて本の内容。その昔、電気が発明されたころ、工場は水車で賄っていたパワーを徐々に電気に変えていく。そしてその電気は各企業が自前で発電していた。その電気を安定的で安価に大量に供給しようとある人物が巨大な発電所を作って商売を始めたところ、徐々に企業が自前で発電することがなくなっていったという話から始まる。現代では、自前でホストコンピュータやサーバでシステムを構築していたものが、徐々にクラウドによってとって代わられているので、電力のそれと同じだ、という。Googleを巨大な発電所という話はよく出るたとえだが、なるほど、こう理解するとよくわかる。

 さらに話は進み、世界中のコンピュータがインターネットで繋がることにより、ワールドワイドコンピュータとして、ひとつの人工知能ともいえるコンピュータの世界になっているということを指摘している。どちらかといえば、ここに関する記述が著者が言いたかったことなのかなぁと感じた。

 そうなっていくことで、人間とコンピュータが繋がっていくというところまで話は進むのだが、最後の方はだんだんSFチックな話が出てくる。だがそれらはもうすぐそこまで来ているような話として書かれている。そういうことが起こるとどうなるかというのは、恐らくカーの最新作である『ネット・バカ』に書かれているのだろう。

 ちょっと古い本なので「セカンドライフ」とかの話が出てきてちょっとおかしかったが、2年でその辺も変わっちゃうんだな、と逆にIT業界の移り変わりの早さに改めて驚いた。カーの主張自体は2年では何ら陳腐化しておらず、予言はより現実的な方へ向かって進んでるなぁというのが読後の感想。翻訳のせいか読みにくい感じのする本だが、ネットやコンピュータのユーザとしてこの辺りに疎い人にはオススメの本。当然、IT業界で働く人にもオススメです。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-19 21:01 |

『ネクスト・マーケット』 C.K.プラハラード

分厚い(苦笑)。

4901234714ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略 (ウォートン経営戦略シリーズ)
C.K.プラハラード スカイライト コンサルティング
英治出版 2005-09-01



 だいぶ前に図書館で予約した本なのだが、やっと手に取ることができた。が、なんでこの本を予約したのか、その経緯がもはや不明で、読み進むにつれて全然自分向きじゃなくて笑ってしまった。そういうわけで斜め読みで完了した本。

 この本は世界中の貧困層(1日2ドルで生活する40~50億の人びと)相手のビジネスは儲かるんだぞ、ということを多くの事例の分析から導き出していて説明しているもの。副題が『「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略』というものだが、その通りの内容が書かれている。

 なので、そういうビジネス(ビジネスと書くからなんだかスマートな感じに聞こえるが、要は商売)を嗜好したり、そういう市場へ進出しようとしている会社・商売人には参考になると思われる。とにかく具体的に細かく分析されてて論文みたいだから。そういうわけで自分には関係なかったのであっさり読了。こういうのは速読と言えるのかな、、、いや、言えないな(笑)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-19 19:36 |

第30節 横浜×FC東京 分岐点、かも

 今までにない形での勝利。チームが変わってきた実感。

11月14日(日) 2010 J1リーグ戦 第30節
横浜FM 1 - 2 FC東京 (14:03/日産ス/29,670人)
得点者:4' 平山相太(FC東京)、59' 小野裕二(横浜FM)、79' 平山相太(FC東京)

 例によってテレビ観戦。子どもを公園に連れて行って1時間ほど遊んで中継開始に合わせて帰宅。スカパーの中継は製作協力:日テレ、ということでアナウンサーが日テレっぽかった。実況がひどい。名前も忘れた。羽中田さんの解説を聞きたかったが、民放丸出しのウザさ(下手さ)にイライラと突っ込みが止まらないので、副音声(第2音声というのか)で実況のない、スタジアム集音マイクのみの中継で観戦。選手の声がマイクで拾われたり、スタンドの声援はどことなく遠くに聞こえる感じで、スタジアムにいる臨場感はさすがにあじわえなく、なんとなく変な感じだった。ただ、ひどい実況をやり過ごして、スタジアムにいるときのように試合に集中できるという意味ではよかった。あ、あとカメラワークもひどかった。もっと引いた絵で見せないとなんでそこにパス出してるかわからないよ。。。ほんとひどい中継技術だった。

 あぁ、手短に書こうと思ったのに、もうこんなに書いてしまった・・・。

 試合の入りがよかった。最近とても良い。1点目の平山のゴールは俊輔のボールを後ろから弾いた米本の素晴らしいチェイスから。こぼれたところも、それを迷わず撃った平山の判断も素晴らしかった。試合を通じて平山も米本も良かった。1点獲ってからの試合運びも良くなった。早い時間帯で先制して、そのあとペースを変えずにガンガン行く、なんてことはなかった。これが終盤に効いたのかもしれない。羽中田さんも大熊監督へのインタビューで聞いていたが、大熊色というか、試合運びに巧さが出てきた気がする。梶山がいたのも大きいだろうけど。

 1点では心もとないと思っていたのも事実で、後半開始からの押し込まれ方を見てて、そのうちやられそうだという感じはあった。マリノスが3バックに変えてきたように見えた。俊輔が低い位置で試合を作るようになって、試合の流れがガラッと変わった。自由にポジションを変えてきて、前に掛ける人数を増やしてきたことでどんどん押し込まれた中での失点だった。ただ、問題は追いつかれてからだと思っていた。きっと選手もそういうシミュレーションができていたのだろう。同点とされたあと、前節と違っていた気がする。今回はリカルジーニョが得点に絡んで、大黒との交代が上手くいった形だが、交代直後は噛み合っていなかった。前節の二の舞かとヒヤヒヤした。それでもワンチャンスを活かして1点に絡めば◎なので、これはこれでOKなのかもしれない。平山への素晴らしいリターンだった。最高に気持ちいいゴールだった。平山、やればできるんじゃないか!!!

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-17 01:06 | FC東京

『ウルトラマンになった男』 古谷敏

 心温まった。

4093878943ウルトラマンになった男
古谷 敏 円谷プロダクション
小学館 2009-12-21


 ウルトラマンの中に入っていて、ウルトラセブンでは隊員役だった人の半生を描いた自伝。とても興味深く面白く読めた。一話一話を詳細に覚えているわけではないが、ウルトラマンが怪獣を殺さずになんとかしようとする話が、この人の希望で書かれた脚本だったということを日経夕刊のコラムで読み、この本に興味を持った。覚えてない怪獣の話もあったけど、ジャミラの話とかもやはりその延長にあったものらしい。印象に残ってる回だったもんなぁ。

 ウルトラマンのスーツはとても苦しく、撮影も非常に苦しいことがよく分かる話の連続だった。あんなにスムーズに動いて、軽やかに見えていたのに、その中は壮絶なことになっていたらしい。さらに怪獣に至ってはその比ではないらしく、水や火を使ったシーンでの恐怖は尋常ではないそうだ。熱風が目の穴から吹き込んでくるシーンの説明など、凄い臨場感だった。

 ウルトラマンの秘話だけではなく、その後の人生や、著者ご本人の葛藤など人間ドラマとしても非常に興味深く読んだ。好著。

 とりあえずウルトラマンを見たくなった。次見たら見方が変わるだろうな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-14 00:03 |

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 加藤陽子

 今年読んだ中で一番の本。(出版は去年のもの)

4255004854それでも、日本人は「戦争」を選んだ
加藤陽子
朝日出版社 2009-07-29



 自分が「歴史好き」であることを思い出させてくれた。この本は、東京大学文学部教授が高校にて特別授業を数日間行い、その講義を元に本に起こしたもの。栄光学園中学・高校の生徒が授業を受けたらしいが、こんな授業を高校時代に受けられるなんて。。。高校の時は日本史の授業が大好きだったので、この授業を受けていたらどんなに楽しく刺激的だったか、と心底うらやましい。

 題名だけ見ると戦争を肯定するような本なのかと思ったが、全然そういうわけではない。肯定とか否定ではなく、日本を含めた当事国の事情や、それらの関係を元に、できるだけ客観的に日本の近代史を説明している。それを説明しているのが「はじめに」のこの部分。

 p8
 日本を中心とした天動説ではなく、中国の視点、列強の視点も加え、最新の研究成果もたくさん盛り込みました。日本と中国がお互いに東アジアのリーダーシップを競り合った結果としての日清戦争や陸海軍が見事な共同作戦(旅順攻略作戦)を行った点にこそ新しい戦争のかたちとしての意義があったとロシア側が認めた日露戦争像など、見てきたように語っておりますので、中高生のみならず中高年の期待も裏切らないはずです。

 俺はもう立派な中高年か。悪かったな(笑)、と思わなくもなかったが、とにかく期待を全く裏切らなかった。ほんとに今年読んだ中で一番強烈に楽しくて面白かった。


 序章 日本近現代史を考える
 1章 日清戦争  「侵略・被侵略」では見えてこないもの
 2章 日露戦争  朝鮮か満州か、それが問題
 3章 第一次世界大戦  日本が抱いた主観的な挫折
 4章 満州事変と日中戦争  日本切腹、中国介錯論
 5章 太平洋戦争  戦死者の死に場所を教えられなかった国

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-10 00:30 |

第29節 FC東京×ガンバ大阪 ラスト6

f0017246_0554347.jpg 勝ち点1死守。

11月6日(土) 2010 J1リーグ戦 第29節
FC東京 1 - 1 G大阪 (15:06/味スタ/27,816人)
得点者:20' 大黒将志(FC東京)、82' 中澤聡太(G大阪)

 3家族で集まっていたはらっぱ祭り@武蔵野公園から自転車で14時過ぎに到着。ひとりで公園を去ると子どもが「一緒に行く!」と大騒ぎするので、子どもたちがシャボン玉に夢中になってる隙にこっそり脱出成功。はらっぱ祭りはなかなか楽しかった。

 東京は梶山が出場停止。羽生を真ん中に置いてリカを左へ、と予想したが、大熊監督は羽生を左にそのまま、出場停止明けの徳永を米本の相方に指名した。その他のスタメンは前節と変わらず。スタメン選手とそのポジションが固まってきた効果が結果として現れ始めているだけに、この配置はある意味正しかったのかも。

 前半は圧倒的な東京ペース。前へ出る守備が非常に効果的で、ショートカウンタもたくさん出たし、シュートもたくさん打った(前半で10本以上)。ただ、最初の5本くらいはちょろちょろ転がるやつで、力み過ぎというか、シュートセレクションがちょっと悪かったかも。でも撃たなきゃ入んないんだし、最初は勢いに乗るという意味でもよかった。藤ヶ谷に何本が止められつつも、先制は東京。左の羽生が右足に持ち直してニアに放り込んだボールは大黒が頭で流し込んでゴール。羽生って動き出した選手に合わせるのがほんとにうまい。左で使った大熊采配もずばり。その後も前半は押しまくってたので、あの時間帯にもう1点ほしかった。前半危なかったシーンは遠藤のFKくらいか。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-08 01:02 | FC東京

『怒らないこと』 アルボムッレ スマナサーラ

なかなかすごい本でした。

4901679201怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
アルボムッレ スマナサーラ
サンガ 2006-07-18




 イライラして良く怒ってる自分。そんな自分が嫌でこの本を読んだ。言ってることは理解できるんだけど、でもちょっと怒らない人になれそうにない。ちなみに、悪いことをしている子どもを叱るのと怒るのは別のこと、とのこと。そりゃそうか。というわけで、精進あるのみです。

 著者はスリランカ上座仏教の長老。1980年に来日していろんな本を出してる人らしい。自分で日本語で書いてるようだ。すごいなー。ちなみにこの本を出版している株式会社サンガってところは仏教本の出版社らしい(京都サンガとは関係ない)。サンガジャパンって雑誌もあるそうだが、サッカーファンからするとなんだか妙な名前に聞こえるな。。。いや、もともと京都のサンガって名前も仏教と関係があるのかもな。。。(ググってもいないので不明)。

 あとは例によってメモ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2010-11-05 23:38 |