<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第9節 FC東京×札幌 自ら流れを手放した

 第9節ですが3試合目です。いろんな意見があるでしょうが、采配に対する鬱憤蓄積中。

4月30日(土) 2011 J2リーグ戦 第9節
FC東京 0 - 0 札幌 (13:04/味スタ/17,572人)

 天文台通りの下り坂でも自転車のスピードが出ないような猛烈な南風でした。

 ざくっとした印象を述べれば、前半はいつでも点が取れそうな内容(結局はとれないのだが)、後半は采配によりチームのリズムが崩壊し、運が悪ければ負けていたような内容でした。言い換えると、前半は去年の暮れ、降格が決まったあとに抱いていたJ2での試合イメージで、後半は今シーズン始まってから感じ続けている「まさかこんなはずでは」という内容。

 ではなんでこんなことになっているかと考えると、自分としては大熊采配に原因を求めてしまう。今日の前半、試合の流れは悪くなかった。なぜか。それは「チーム」としてサッカーができていたから。これは皮肉にも後半を見てからわかったわけだが、セザーを除く10人が有機的にチーム戦術を全うして、かつ個々の能力(攻守における1対1の強さ)を全面に出せていたから。決して高松が良かったからではなく、普通にプレーしていたから前半は連動できて試合を支配できていた。個々の能力差は圧倒的なわけで、当然の流れだったと思う。

 問題は後半。後半9分に高松に代わってペドロジュニオールが入る。ペドロはハーフタイムの練習中から随分重そうだなと思っていたら案の定・・・。生高松を見て、随分スピードがないなと思っていたら、ペドロはそれに輪を掛けてスピードがない、さらに動けない。。。スピードがなくて運動量のない2トップで、中盤以降の選手との連携がどんどん悪くなる。谷澤と鈴木のW達也がサイドでチャンスを作りまくってくれて、ディフェンスも頑張ってくれているが、前の二人は仕事ができない。ひどいコンディションだった。

 高松の交代は復帰2試合目でもあり仕方がないところ。だが、ここであのコンディションのペドロを入れるのはどうだったのか?チームの連携が壊れて試合の流れが札幌に傾いてきたところ、好調の鈴木を北斗にチェンジ。北斗は縦への突破を繰り返していて、個人の力を見せつけていたがチームの連携が戻ったわけではなかった。最後の交代がこれまた好調の谷澤を大竹にチェンジ。セザーに代えて羽生を入れてチームをコントロールしてほしいという私の希望は儚く消えてしまい、個人で打開しようとし続けた後半45分は得点0のまま終了してしまった。

 FWはコマ不足だ。でもそれであれば鈴木達也をトップに入れればよいし、高松・もしくはセザーの1トップで良い。あれだけサイドから追い越してくれれば1トップでも十分いける。前節も流れの良い時間帯は多かった。今節も前半は良かった(流れが良くても点が取れないのはまた別問題なのでこれは選手に頑張ってもらうしかないけど)。しかし、交代を繰り返すたびにチームがおかしくなってしまうのはたまらない。これで勝ててればまだ良かったのだろうが・・・。

 震災の影響もほとんどなかった中断期間に何をやっていたのかと。御殿場で合宿までして。。。ホベルトは怪我でブラジルに帰っちゃったらしいし、ブラジル人ふたりはあの調子だ。いや、合宿の効果は出ているのかもしれない(千葉戦の良い時間帯と今日の前半)、けれども交代策で壊れていく。もちろん今日の前半のような状態でも点が獲れないことはある、というか去年はずーっと点が獲れなかった。しかし、試合を支配していけばそのうち点が入って、徐々に入り出すはず。次の東京ダービーを勝って「良いきっかけ」にしなければならない。勝てば流れは一気に来ると信じている。まだ上昇のための時間はある。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-30 23:25 | FC東京

欧州CL セミファイナル1st leg 2試合

 久々にCLを見ました。スカパーe2のJリーグパック加入者のためJ sports plusで観戦できた。録画なんだけどラッキーだった。クラシコの方はバルサTVで、解説が幸谷さんなので見ることに。金子センセだとたぶん耐えられなくなって、副音声にして、副音声がカタラン語なのでこれも耐えられなくなって、たぶん消してたと思われる。そういう意味でもラッキーでした(笑)。早く寝なきゃならないのでメモ程度で(と思ったら長くなった・・・)。


 まず、おととい見たのがシャルケ×マンU。(0-2でマンU勝利)

 正直シャルケはもったいなかった。マンUをリスペクトし過ぎてたというか、ホームなのにベスト4の雰囲気にのまれているようなところがあって残念だった。ワントラップしても間に合いそうなところをダイレクトでパスを出してミスしてたのが多かった。さらに、じりじりラインが下がってスペースができてやられたい放題になる、という負のスパイラルに陥っていた。攻撃では単発だけどシュートまでいけるところもあったから、うまく耐えて自分たちの時間になるまで我慢できれば、、、と言いたいところだけど、うまくゲームを作られてたなぁ。ルーニーが下がって受けるところとか、いつもドフリーだし、やっぱりちょっと下がり過ぎだったかも。

 もちろん注目は内田。シャルケの試合ってダイジェスト以外でほとんど見たことがなかったので楽しみにしてたのだが、攻撃では見るべきところがなかった。残念ながら中盤でボールが持てなきゃ上がりようがない。欧州の新聞では採点がひどかったらしいけど、個としてはそんなにひどくなかった。突破を許したのはカウンターで一度くらいあっただけだし、ボールを持った時は前のスペースに良いボールを供給してた。うまいよやっぱり。チームとしては、ラウルの相方がモリエンテスくらいやってくれてれば、もっと変わった展開になるだろうにね(ないものねだり&古すぎか)。

 マンU側ではギグス。こういう展開なのでCMFでも守備はあまりしなくて良いから楽々。先制点のシーン、あの走り出しに昔からのプレーが出てた。時折見せるドリブルはスピードこそないものの、むしろスピードがない分コントロールはもちろん周りを見る余裕がすごい。90年代の超絶ドリブルとは違うけど、テクニックのある選手はこうして長生きできるんだなぁ、と感慨深い。いぶし銀になってる。他にはパクチソンに代わってスコールズってのはすごい交代だった。パクがマンUに移った当初は、スコールズに代わってパクが入るときに、すげーな、と感動したものだけど、今やそれが逆になってるんだからさらにすげー。ついに彼も決勝の舞台に立てそうだ(モスクワで決勝をやったときはたしか試合に出なかった)。


 で、さっき見たのがレアル・マドリッド×バルセロナ。(0-2でバルセロナが勝利)

 こっちはガチガチでなかなか面白かった。マドリーがこんなに守りに徹しちゃうのかよ、となんだか悲しくなる前半の頭20分。徐々に攻撃に出るけれども完全にバルサペース。アウェイゴールが怖いのはわかるけど、これがモウリーニョのやりかたなのかと思うと残念。マドリーのファンもこんなもんは望んでないだろうに。

 問題のぺぺ退場のシーンは後半。ニュースでは知ってたのでこれが見たくて録画観戦してたというのもあったのだけど、これで一発退場はちょっと厳しいよ。故意に足を踏みつけにいったわけではなさそうだったので気の毒。ぺぺのこれまでの素行の悪さが影響したのかも。結果としてこれでプレスがゆるくなってしまい、完全に試合の流れが決定付けられたので残念な判定だった。モウリーニョの一連の発言はやりすぎだと思いますけどね。

 ゴールシーンは先にネットで見てたんだけど、試合を見て伏線がわかったのでスッキリした。1点目はほんとにすごい。まずペドロに代えて入れたアフェライがすごい。あのスピードの中で、ボックスの中の動きを確認している。もちろんメッシの飛び込みもすごいけど。それから2点目。メッシに対して賞賛の声がすごかったけど、ネット動画で見たときはDFなにしてんだと思った。どうしてあんなに簡単に決められたのかと。で、試合見てわかった。それまでの数分間、バルサは中盤でボールを回し続けていて、ゴールに向かわずにキープすることに重点をおいていた。突然リズムを変えたのがメッシとそこへパスを出したプレー(あのパスはシャビだったのかな)だった。ドリブルがすごいんではなく、あそこをチャンスだと思って、CBが離れているスペースを見つけて飛び込んでいく戦術眼がすごかった。


 これで決勝はマンUとバルサだろうけれど(2ndで波乱が起きれば面白いけど、かなり決定的だろう)、なんとなくマンUが勝ちそうな気がする。理由は全然ないけど、なんとなく。CLのあとにJリーグを見るのは危険なんだけど、しかもJ2ではないか(笑)。あれはあれ、これはこれ、ということでしっかり2勝目をあげなければ!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-30 02:08 | football

第8節 千葉×FC東京 まさかの。。。

 2試合目なのに8節ってなんか変だな。。。

4月24日(日) 2011 J2リーグ戦 第8節
千葉 3 - 0 FC東京 (14:05/フクアリ/16,360人)
得点者:77' オーロイ(千葉)、83' 米倉恒貴(千葉)、89' オーロイ(千葉)

 市議会議員・市長選挙へ投票に行って、子どもと遊んだあと、スカパーe2録画観戦。やっと戻ってきたJリーグ、という気分でわくわくしながら録画を見ましたが、まさかの展開で若干凹んでます。

 前半は両方ともがっちり守る感じ。そのなかでも東京の方が前への意識があって、ゴール前まで行くシーンが多かった。中でも谷沢のフリーのシュートが決まっていれば展開は随分変わっていたはず。タラレバを言っても仕方がないが、谷沢のシュート、2度も決定機が訪れた椋原のチャンスはもったいなかった。椋原のことを言えば、よくあそこまで攻撃参加できていたということもできるけれども。。。(シュートは難しいものだったけどね)。

 前半はオーロイを完璧に抑えていたが、後半、センタリングの様なロングスローインから決められてしまい流れが決定的になってしまった。プレミアのどこぞのチームような、ほんとにマンガみたいなゴールだった。そこまでは森重がよく抑えていたし、今野もさすがの対応だっただけに。。。

 米本が怪我で前半途中に退き(心配。。)、代わって入った羽生が攻撃をさらに活性化させていただけに、残念な結果になってしまった。解説は城福さんで、羽生LOVEな解説だったが、まったく同感。あと相手の米倉もほめていたが、いい選手だった。ゴールを決めたからではなく、それまでの動きとテンポの作り方とか、2列目としては理想的な選手。千葉はあとはオーロイだが、2ゴールに1アシスト(しかも足)なのだから、もうしょうがないという感じ。マイナス面ばかり書いてるが、2失点目以降は前掛かりになった結果なのでしょうがない面もあるし、J2最高レベルのチーム相手に試合内容は決して悲観するものではなかったので、次以降に切り替えて行こう。

 個々の選手について。高松はまぁまぁ。ポストプレーはさすがだけど、シュートにいけるようなボールがあまりこなかったので仕方がないかな。彼は久々の公式戦だったし、徐々に期待できそう。梶山について、城福さんは割とほめていたけれども、自分的にはちょっと物足りなかった。なにがというか、試合を決定するようなプレーをしてほしいし、2列目として前への迫力がもっとほしい。谷沢・鈴木の両サイドはまずまず。阿部巧は右の椋原が上がり気味なので控え気味だった。あれであれば徳永を左に持って行って、梶山・米本のボランチで羽生をトップ下に持っていきたいのは個人的な好みだが。。。

 千葉に勝って勢いをつけたがったが、現実として受け止めるよりしょうがない。J2甘くないよっていうのを言葉じゃなくて身をもって教えられた感じだ。昇格できずにまたJ2かと思うと、ちょっとした恐怖を感じるがまだ2試合目。昇格候補第1集団である千葉・東京・京都あたりだけじゃなくて、第2集団である熊本や栃木もいい試合してたわけで、ほんとにJ2なめちゃいけないってのを感じた2試合目だったかな。目が覚めるには早めでよかったよね、ということで次頑張りましょう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-24 19:27 | FC東京

『ザッポス伝説』 トニー・シェイ

これは面白かった!久々のヒット!!

447801373X顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
トニー・シェイ 本荘 修二 監訳/豊田 早苗 訳/本荘 修二 訳
ダイヤモンド社 2010-12-03

by G-Tools

 Zapposという名前は『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』を読んだときに出てきて、靴の通販で気に入らなければ配送料無料で返品できるということを知ったくらいだった。が、この本を読んでとにかくZapposそのものに強く興味を持った。それに、何よりこの本に出てくる話が面白いのだ!

 この本はZapposのCEOであるトニー・シェイが子どもの頃の話から始まる。この子どもの頃の話が面白い。彼はすでに小学生のころから「起業」している。それも何度も!これを読んでると根っからの起業家であることが分かるし、ハーバードを卒業してオラクルに入社したあと4ヶ月で退社して会社を立ち上げるのも当然だろうと思ってしまう。2年後にはその立ち上げた会社:リンクエクスチェンジ社を2億6500万ドルでマイクロソフトへ売却(1999年24歳のとき)。こういう人はまたここで立ち止まらない。何といってもここまででわずか紙幅の4分の1に過ぎないのだから。(ここまで読むのが、もう小説を読んでるかのように楽しくて、ガンガン進んでしまう)

 で、Zapposをどのように立ち上げて、投資して、潰れそうになって、とかキリマンジャロに登ってとか、相変わらず小説みたいな勢いで書かれている。9・11があったり、ドットコムバブルが弾けたりした時代をなんとか乗り越え、ついに会社が黒字になり、キャッシュフローも黒字になるところまででこの本の約半分。いやー、すごく楽しかった。

 本の後半は、会社がさらに成功を積み重ねて大きくなっていく過程で、トニーがどのような信念に基づいて会社を運営していったのか、ということが書かれている(この辺からビジネス書っぽくなる)。そのうちそれが言語化されてZapposの10のコア・ヴァリューというのができあがるのだが、ネット上に溢れているのでこれは割愛。最も心に残ったのが失敗を次に活かしていること。前に作った会社であるリンクエクスチェンジで失敗したことは、会社の拡張を急ぎ過ぎて企業文化をないがしろにしてしまったということ(ある日会社に行きたくなくなったそうだ)。この反省を活かして、一緒に働きたい人だけを雇うということがZapposでは大事にされている。自分が育てた会社が2つとも大きな成功をおさめるだけでもすごいのに、前の会社で失敗(これを失敗というのも凄いのだが)したことを次に活かしているというのがなんとも。

 そして2009年にはZapposはアマゾンに株式交換(12億ドル以上)で買収してもらう。「買収された」とか「身売りした」などのネガティブな表現はふさわしくないことが本を読むと良くわかる。ジェフ・べゾス(アマゾンのCEO)とトニーの考え方が良い化学反応を起こしていたことがわかる。ビジネス書としても役に立つのだろうが、なんか読むだけで前向きになれて、良いことをしたくなるような、元気が出る本だった。Zappos、日本で営業してほしいなぁ!

 あとはメモです。自分にとって、とても重要なメモ。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-24 02:49 |

おもしろいPVの転載

 「すげえwwwってなるPV見たい」を見て、あまりにも面白かったのでログとして。
映像がないと聴かないような曲が多いけど、これらをfreeで自由に見られるってのはいいねぇ。


須藤元気(Genki Sudo) 「WORLD ORDER」の"MIND SHIFT"フルver.PV
最後のお寺の中での千手観音っぽいのがすごい。須藤元気ってこんなことしてたんだ。
実家のお店がある東陽町の風景が数ヶ所。途中、アルゴリズム体操のパクリありw



OK Go - Here It Goes Again
これ最高!見た中で一番好き。アイデアの勝利!スケートっぽい動きとハゲのおっさんが最高!!



OK Go - This Too Shall Pass - Rube Goldberg Machine version - Official
すごい長さのピタゴラスイッチ。今回OK Goってのを初めて知ったけどすごいな。
これ絶対イギリス人だろ、って思ったらシカゴの4人組なのか。



OK Go - White Knuckles - Official Video
最初の方は弱いけどだんだんすごくなる。なんだかんだで全部見ちゃった。犬最高。



OK Go - This Too Shall Pass
人数が多いのはやっぱり楽しい。ホーンの音も好き。


Kylie Minogue - Come Into My World
これは最初、すごさが全然わからないけど、1周すると分かります!面白い!!
それにしてもカイリー・ミノーグってあのカイリー・ミノーグだよなぁ。懐かしすぎる。。。



The Chemical Brothers - Let Forever Be
見てると頭がおかしくなりそうなのは曲と同じ(笑)。ちょっと惜しいのは踊りがずれてるところが。。。



A-Ha - Take On Me (OFFICIAL VIDEO)
いやー懐かしい。確かにこれはすごいビデオクリップ。
http://youtu.be/djV11Xbc914
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-24 02:34 | music

東京電力が福島第一原発についてプレスリリースを発行


「福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋」

 http://www.tepco.co.jp/cc/press/11041702-j.html


 こういうプレスリリースが出たというのは大きな前進ですね。

 詳しくは中を見てもらいたいですが、現状→ステップ1(約3カ月)→ステップ2(約3~6カ月)で、完全にUnder Controlまでもっていくという流れのようです。工程とその時期が示されたことは非常に意義深いですし、周辺住民の方はもとより、近隣県の農家の人びと、関東圏に住む私たち、それから海外へのPRはとても大きいと思います。私が思っていたよりも、ずっと早い段階で改善していくということがわかり、まずは嬉しいです。

 今後、引き続き大きな余震や津波が起こる可能性もあるため、最大9カ月で原子炉を冷温状態にキープできるようになるのかはわかりませんが、原発全体の現状が見えて、しっかりと分析したからこそ出せる工程表だと思います。今後はこの工程表をよりブレイクダウンして、漏れや誤りのない対応をしていってほしいと願うばかりです。また、このレベルの情報が第一ソースとしてしっかりHPに落ちていて自分の目でしっかりと見ることができるのも意義深いと思います。

 その一方、政府が一企業である東京電力にこの分析と対応を丸投げしていたのかと思うと、ますます政権への不安・不満が募ることも隠せません。実際はどれくらい関わっていたのかわかりませんが、政府関係からこれが出なかったことに責任を逃れようとする態度が見えると言わざるを得ません。一体となっていないのであれば、この工程表に対する実現性をしっかりと精査して、最悪の事態が起きうる可能性の検証と、それが発生した時に取りうる対処法を明らかにすることが最低限の仕事だと思います(政府がお墨付きを与えることで政府が責任を持つべきです)。マスコミは勝手に「精査」をやるでしょうが、海外への周知という意味でも、政府がしっかりとした情報開示と対応方法を示すべきであることは間違いないと思っています。マスコミに疑問を持たせず、議論の余地を残させないほどの対応をしっかりと取ってもらいたいと思います。

 経済産業省
 「東京電力の「福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋」について」
2. 今回の道筋の発表を受け、政府としては、
① 東京電力に対し、この道筋の、着実かつ極力早期の実施を求めます。このため、原子力安全・保安院を中心に、定期的にフォローアップを行い、作業の進捗確認と、必要な安全性確認を行います。
②東京電力に対し、道筋実現のために必要な、作業員の動員・配置、資機材の調達・準備、宿泊などの厚生施設の体制整備を求めます。
③ステップ2終了時には、放射性物質の放出が管理される予定です。この時点で、原子力安全委員会の意見を聞きながら、速やかに計画的避難区域や緊急時避難準備区域の見直しを行います。それまでの間、具体的な判断基準の詳細を検討するとともに、可能な限り広域の除染を進めます。
これにより、6ヶ月から9ヶ月後を目標に、一部地域の方々には、ご帰宅が可能か否か、をお知らせできるようにしたいと考えております。


 首相官邸から跳んだこのページでは、結局、工程表に対しては責任を負わないとしか読めません。この無責任さには呆れるばかりです。国の基準に従って運営していた以上、国はこの解決の道筋作りに主体的に関わっていかなければならないはずです。責任ある政治の形であるとは到底思えません。先の衆議院選挙で民主党に投票した自分を呪いたいです。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-18 00:26 | 震災

南米選手権 参加をめぐるドタバタ

 参加で決定になった南米選手権だが、すっきりしないのは、日本の中で協会とリーグが十分な意見交換をしてなかったことが原因なんだろう。そんな中途半端な状態で南米へお断りに行って、しかも翻意されて帰ってくるというのだから準備不足を露呈しすぎ。わざわざ南米まで行くんだから、あらゆることを想定して強い意識・準備を持ってるべきだと思うのだが。。。

 とはいえ、サッカーファンとしては南米選手権という舞台で12年ぶりに日本代表を見れるのは楽しみでしょうがない。そしてできる限りJリーグの選手にも出てもらいたい。東京からは今野も権田も出て大丈夫でしょう。今期はJ1に上がることだけ考えればよいし(つまり3位でも良い)、そもそも代表に引っこ抜かれることを想定して補強してきたわけだから、残りのメンバーがやってくれるだろう。特に今野はせっかく掴んだ代表のレギュラーポジションだし、彼自身のためにもJ2で試合をやらせるよりも「J1のやつらよりも良い経験できたぜ!」ってシチュエーションを作ってあげたい。他にも遠藤も見たいけど、西野監督がどうするか。。。

 1999年大会は井原の最後の代表での姿だったと記憶している。そう考えると随分昔のことなんだなぁ。個人的には出勤前に試合が始まって、前半途中でロペスのヘディングシュートで先制した直後に出勤しなければならなかった、という記憶があるが、今回も同じような時間帯になるのだろうか。いずれにしてもオンタイムでは見れないだろう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-13 23:57 | 日本代表

チャリティマッチ FC東京×松本山雅FC

 スカパー観戦しました。
 試合の時間帯は娘と井の頭自然文化園にてモルモットをだっこしていたため録画観戦。

FC東京4-1松本山雅FC

 時間があまりないので手短に感想。

 このチャリティマッチは私が思っている以上に意義深いものだったようだ。募金活動として有益なのは理解していたが、それ以上に被災地出身の選手がいたり、被災したクラブでプレーした選手がいたりということが意味が大きそうだった(こちらのブログが素晴らしい)。被災地でどれだけの人たちがこの試合を見ているのかと思うと、アナウンサーが「プレーの思いが被災地へ届け」というようなトーンで実況し続けていたことには多少違和感があったが、選手ひとりひとりのプレーの真摯さは画面から伝わってきていた。チャリティマッチとはいうものの、非常に締まった試合になっていて、すがすがしさの残る試合だった。東京の選手も松本の選手も同じように素晴らしかったと思う。

 チャリティマッチといいつつも、東京はメンバーを揃えたプレシーズンマッチ的な陣容で(松本山雅についてはベストなのかわかりません)、新大熊東京の確認にもなった。ボールを保持して攻めるのはいいのだが、なかなかシュートで終われないところにちょっと不安というか、不満があった。回して回して隙を探すのも分かるのだが、相手が戻りきる前にシュートまで持ち込めないシーンが多く、今後に不安を残す内容だったことは否めない。ボランチの上里は攻撃時に良いポジションを獲っていて、それが先制点にもつながっていた。しかしながら、低い位置で絶対やってはいけないパスミスを何回かやっており、本番でボランチに入れるのはまだ無理そうだという印象を持ったし、ちょっと残念だった。

 その他の選手ではやはり鈴木達也。ものすごい切れっぷりだった。もともとのレベルも違うのかもしれないが、体調がピークのような出来だった。ブラジル人いらないよ、とはっきり言えるレベル。それから目立っていたのは、実は松本山雅のFW二人(木島兄弟)。先に述べた上里のパスをカットしてゴール前まで迫ったり、カウンターからスピードある攻撃を繰り出していた。もちろん松田も出ていて、平山との競り合いやスピードには衰えを感じさせるものの、ここぞというところでのパスカットからの攻め上がりとか、味方が上がる時間を確保する「溜め」の効いたパスであるとか、さすがに光っていた。

 それにしても大竹はこのメンツでも1stチョイスにならないのだろうか?羽生はさすがで、このまま使ってほしいのだが、その羽生との交代は中村北斗。ここは大竹であってほしかったのだがボランチでの投入。うーん、こうなってくると、彼自身のためにやっぱりチームを出た方が良いかもしれない。大好きな選手であるだけに、活躍して伸びていってほしい。そのためには移籍した方が良いのかもしれない、選手としての旬は短いよ、とほんとに思ってしまう。そんなことも考えた試合だった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-04-05 23:22 | FC東京