<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第17節 FC東京×徳島 勝ちながら上昇中?

 雨予報、50%だったのでバスで行ったら雨降らず。

6月19日(日) 2011 J2リーグ戦 第17節
FC東京 1 - 0 徳島 (18:04/味スタ/14,530人)
得点者:45'+1 梶山陽平(FC東京)


 初の2連勝!って喜んでいいんだか悪いんだかわからない状態です。前回書いたように勝ちながら形が見えてくればよいわけで、まずは勝つことが重要。でも今野がコメントしてるように2点目をとればもっと楽に勝って、疲労も少なかった。終わった後の羽生先生はおじいちゃんみたいに歩いてたもんね。(毎回スタンドに挨拶に来なくても良いのにと思ってるのは私だけでしょうか・・・。さらにU-23では横断幕持たされて歩かされてましたね。チャリティマッチでもないのにどうなのかね。。。)。

 今野がキャプテンらしいことを言うのはいいことだし(そういえば昔も久々に勝ったとき「浮かれてられない」ってこと言ってたな)、特に前のほうの選手にそういう意識を持ってもらえればなぁ。谷澤の言う「まだ1点取ったところで少し満足してしまう雰囲気がある。」ってのは一体誰なんだと。そういう意味でも、そろそろ観客である我々は、単純に勝利に喜ぶだけじゃなくて、より上を目指した厳しい目を向けていく必要が出てきてるかなぁと思いました。暖かく励ましていた時期は終了。チームが離陸しかかっている(すでにしている!?)、いい状態では厳しく叱咤激励して、さらに上昇できるように見ていかないといけないのかなぁ、と。

 たとえば、高橋はボランチの位置から前線まで駆け上がって何度もフィニッシャーになっていたり、膠着したときにフリーランニングを試みたり、とチームを助けるプレーを多くやっていて、試合を重ねるごとに頼もしく思えてきた。しかし、彼はボランチの深い位置でやってはいけないパスミスを犯して相手へプレゼントを渡すことも1試合に1・2度あるわけで、これは絶対に直していかなければならないプレーだ。J2だから失点を免れているが、これがJ1だったならば、という風に本人のみならず、我々もみていかなければならないんだろう。プレー以外にも目がいく視野の広いコメント(というかtweet)や真摯な姿勢は、東京の将来(10年・20年後)を担う人材だと思うわけで、そうであるだけに、プレーにおいてももっと高みを目指してもらいたいと思うのだ。

 一方、プレーといえば今野の存在感に圧倒された90分だった。1対1の対応でドウグラス他を完封。J2でプレーさせることが本当に申し訳ない気がするできだった。「すごい」の一言。柿谷も思わず「今野、梶山はすごかった」とタメ口を吐いてしまうほどだ。(羽生もすごかったよ!)。

 あとは控えの選手が噛み合ってくれば言うことなし。大熊監督はブラジル人監督のように勝ってるときはいじらなーい、のでそれもいい方向に出ている。相変わらず交代は上手くない(というか不思議だ)が、、、これはもうあきらめて慣れるしかなさそうだな。。。

 4位になったからって浮かれてないんだからね!(でも正直嬉しい・・・(笑))。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-20 23:54 | FC東京

『信頼する力』 遠藤保仁

 アジアカップ前に書かれた遠藤本。

4047102695信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題 (角川oneテーマ21)
遠藤 保仁
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-01-08




 遠藤は前にも同じような本を出してた気がするが、これはワールドカップ後・アジア大会前に書かれた本。あんまり目新しいことはなかったが、長く活躍してる選手だけに、各代表監督への思いが面白い。

 本から伝わってくる遠藤の好み・評価はこんな感じ、かな。ザックについてはこれからか。

  岡田=オシム>ジーコ>トルシエ


 トルシエ
  「ファイトする気持ち」を演技で見せないとならない。うちに秘めるタイプは使われない。
  遠藤や中村俊輔が使われなかったのはこれが理由と分析している。

 ジーコ
  海外組と国内組の垣根。懐かしい話。

 オシム
  遠藤をトップ下で起用して考えさせて変わった話が良い。自分で変わろうと気づいた遠藤は頭がいい。
  遠藤はオシムチルドレンと言えるくらいの存在だな。
    
 岡田
  最も信頼されてきたことを強調。
  また一緒にやりたいらしい。


 一番笑ったのはP116のこの箇所。
(スタメンは)ジーコは、もう練習している途中から分かるけど、オシムさんはまったく読めなかった。

 面白いのは中身ではなく、ジーコは呼び捨てなのに、オシムには必ず”さん”が付くところ。トルシエも一律呼び捨てだ。どれだけオシム爺のことを尊敬していたかが分かるし、その逆も(笑)。それにしても、この文章では一文のなかに呼び捨てとさん付けがあって、あからさまで笑えた。

 息長く一線で活躍してる選手だけに面白かった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-19 00:44 |

『20歳のときに知っておきたかったこと』 ティナ・シーリグ

Great!

448410101720歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグ Tina Seelig
阪急コミュニケーションズ 2010-03-10





 「馬鹿になれ」とは書いてないが、一言でいうと書いてあることはそういうこと、かな。この本には何度かジョブズの名スピーチが引用さているが、例のスピーチの最後に出てきた"Stay hungry, Stay foolish"の精神が散りばめられている。やりたいことがあればそれについてとことんやれよ、ということを上品かつ洗練された言葉で紡いでいる。著者は起業家精神あふれる人材が集まるスタンフォード大学で起業家育成コースを持っている女性。自己啓発本(というジャンルにするのが適切かわからないが)はいくつか読んだことがあるが、この本はそれらの中でも間違いなくトップクラス。私のような年齢のものには極めて手に取りにくい題名な訳だが(笑)、20歳になる息子を念頭に自身の経験に基づいて書いた本ということもあり、体験談を聞いてるかのように違和感なく読める。おそらく自分より年配の人が語ってくれているので心地よいのだろう。本の中でも著者自身が若いころにこんなことが分かっていればなぁ、というようなトーンで書いてくれているのも心地よさにつながっているのだろう。あとは語り口(書き口)が優しい。決して上から頭ごなしではない。背中を押してくれるような優しさを感じた。

 「知っておきたかったこと」ってなんだ!?、箇条書きで表してくれればいいのに!、と思わせる本の題名のつけ方はお見事だが、本の構成は全くそのような形式にはなっていない。

 あと、この本は解説が素晴らしかった。日本人による、日本人のための解説だ。日本人なりのやり方についてのヒントだ。

もしあなたが大きなリスクやグローバルな戦いなど、大きな話になんとなく違和感を覚えるなら、それはあなた一人ではありません。そんな時は、あまり横文字に踊らされることなく自分なりの「異質な方法」をとればいいのです。
(中略)
 最悪なことがあるとすれば、自分はリスクが取れない、自分には独創性がないと悩んでしまい、動けなくなることです。仲間を集め、常に新しい既存の物を探し、改良を続ける「異質な道」の開き方もあります。たとえサルまねと言われようが引いてはいけない。ニュートンですら「自分は巨人の肩の上に載っているから、遠くが見えるだけだ」といっています。まさに模倣なくして創造なし。


 残りはメモ。メモというか大量の引用です。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-18 19:21 |

第16節 熊本×FC東京 今さらですが

 スカパーe2の録画観戦。

6月12日(日) 2011 J2リーグ戦 第16節
熊本 0 - 1 FC東京 (19:04/熊本/5,204人)
得点者:20' ロベルトセザー(FC東京)

 記憶もあいまいになってきましたが簡単に。
 試合が終わった直後の感想は、
  ・先週と同じ流れなのによく勝ったな
  ・勝ち負け(というか勝ちと引き分け)は紙一重
 の2点。

 いやー、この内容というか流れでよく勝てたな、と。今はこの価値を積み重ねていくのが一番重要なのでしょう。柏が圧倒的強さでJ2を勝ち抜いた時も、楽勝を繰り返したわけではなく、紙一重のなかで勝ち星を積み重ねて行ったと聞いています。東京にとってもひとつひとつの積み重ねが大事な時期です。そういう意味で、中身よりも勝ち星。中身は勝ち星の積み重ねの中から育ってくる、と思うことにします。

 そういうわけで、中身はイマイチ(笑)。いや、圧倒してる時間が多いが、相手の決定機は多かった。つまり、この日の勝利はハッキリ言ってフォワードの差。珍しく太字を使いましたが、この一言に尽きると思います。セザーの2段蹴り技ありシュートに対して、熊本の売り出し中FW長沢が何度も決定機を外してくれました。でも最後まで弱気にならずに撃ち続けた長沢のプレーには「今後」を感じました。今日の敗北の責任を感じてるはずですし、その悔しさの度合いで彼がFWとして飛躍するかどうかが決まるんじゃないかと思ってます。アジアの大砲が指導者だし、きっと伸びるでしょう。

 スタメンには谷澤が戻って、とりあえずこの形の方が迫力があるかな、という感想です。大竹はもう一回、次のチャンスで結果を出してほしい。あと下田。超短い時間だったけど、これ、東京での初出場ですよね?おめでとう!これからもよろしく。高橋が試合を重ねるごとによくなってるのも嬉しい。

 次、勝って今季初の連勝と行きましょう。ホームでやっぱり勝たないとねー。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-16 00:11 | FC東京

『フェイスブック 若き天才の野望』 デビッド・カークパトリック

今年一番面白かった!
前回書いた『ザッポス伝説』を越えました(あれもメチャ面白いけど)。

4822248372フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
デビッド・カークパトリック 小林弘人 解説
日経BP社 2011-01-13


 『ザッポス伝説』もそうなんだけど、この手の何もないところから巨大企業ができあがっていく話は面白い。ただ単に物語としても面白いわけで、小難しいことは何もいらない。だって創業5・6年でトラフィック数がGoogleについで2位になって今年にはトップになると言われてて、人口(登録数)の多さから中国・インド・フェイスブック(2010年半ばでユーザ数が5億人、今7億人!)といわれるような企業(という単語を使うとちょっと雰囲気が変わるが間違いなく企業)のインサイドストーリーなのだから面白くないわけがない。

 この本はマーク・ザッカーバーグがハーバードの寮でthe Facebookを立ち上げてから、出版(2010年初頭か)時点までの軌跡を描いたもの。作者はフォーチュン誌の著名ジャーナリストであったが、この本を書くために会社を辞めてフリーランスになったそうだ。本の中身はとにかく濃い。でっち上げではなく、細かな取材を繰り返したということで、とにかく深い。

 この、めちゃくちゃ面白い破天荒な物語の中で興味深かったのは3つ。ひとつは『ザッポス伝説』のときにも出てきたが買収の話。Facebookはハーバード一校の在校生・職員・卒業生だけの閉鎖的なサイトとして始まるわけだが、それが数校、数十校、全米全体へ、高校へ、そして全体へと広がって登録者数が爆発的に増えていく中で、そのトラフィック数目当てに買収の話がどんどん出てくる。しかし、この話で興味深いのはどんな買収金額を提示されても売らなかったことだ(各年度の価値はこのサイトに載っていた)。本の中にも買収の提示のたびに断ったり、迷ったけどやっぱり売るのを止めたりというのが繰り返されている。10億ドルの買収提案を断るなんて普通できないでしょ。ザッカーバーグには尋常じゃないものを感じる、というか尋常じゃない(笑)。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-11 00:13 |

キリンカップ 日本×チェコ 今のスタメンはすごい

 追っかけ再生で録画観戦。

 日本0-0ペルー

 追っかけ再生する場合って「再生」ボタンを押すだけなんだけど、我が家のHDDレコーダーは追っかけ再生するときに、
    「今録画しているxxxchを再生する」
    「録画リストから再生する」
で選択させるようになっているんです。そのおかげで、試合途中の様子を見ないといけなくて、後半途中で0-0ってのがわかっちゃった。この仕様はなんとかならないのかね、アクオス・ブルーレイ。画面を表示しないでボタンを勘で押すしかないな。ちなみにCL決勝のときも追っかけ再生したらメッシがガッツポーズしてて凹みました。

 で、チェコ戦ですが、今の代表スタメンメンバーはすごいな。前からしっかりディフェンスするという意識が統一されているのでフォーメーションが変わってもしっかり対応できてて、見ごたえがあった。SBというかSHのあがるタイミングがギクシャクしてたけど、そのレベルまできてるんだからすごい。ペルー戦との違いは、慣れというよりも攻守の切り替えの意識という気がした。とりあえず画面に映ってる3人くらいは切り替えのスイッチが同じように入ってたからなぁ。本田のFKはあんなもんだろう。もともとそんなに入る方じゃないし。点はとれなかったけど、日本代表のパフォーマンスについてはOK。というか、悪かった前回からこのレベルにすぐ持っていけるのはすごい。今の代表はうまいだけじゃなくて強い。去年の今頃はワールドカップの初戦直前でボロボロだったことを思うと、今の安定感はすごいな。チームってのはやっぱり勝ち続けてなんぼ、なんだと思う。

 一方のチェコもチェフしか知らなかったけど、いい選手が多くて高レベルだった。しかも中2日で日本より不利な条件が整っているのに、最後まで集中が切れてなかった。チェフのセービングは代表戦で語り継がれていかれるレベルだった。

 選手一人ひとりの意識が高くて、今の代表はとても魅力的だ。このまま成長していければ史上最高のチームになるんじゃないだろうか。それにしても、このチームの土台が岡田監督時代のものかと思うと、とても不思議な気がするなぁ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-08 23:28 | 日本代表

第15節 FC東京×愛媛 まだまだか・・・

 録画観戦。なかなかうまくいかないもんだなぁ。

6月5日(日) 2011 J2リーグ戦 第15節
FC東京 1 - 1 愛媛 (14:04/駒沢/13,105人)
得点者:17' 田邉草民(FC東京)、63' 石井謙伍(愛媛)

 この日は夕方から高校の同窓会の予定があり、昼間は子守りをしなくてはならなかったため、「駒沢詣で」は断念。夜帰ってきてからe2録画観戦しました。酒も飲んでたのであんまり詳細に観れてない(要は集中できてなかったので・・・)。そういうわけで、簡単に感想をば。

 先週のスカッとした勝利から、この1週間はCLやら代表やらがあり、京都戦の記憶はだいぶ遠くなっていたが、この試合の見所は先週得たものの継続性だったと思う。勝ってるチームをいじらないという鉄則通り、代えてきたのは代表で不在の今野をノースに代えた点のみ。徳永も高橋も大竹も草民も羽生もそのまま起用された。試合開始からパス回しに、難しいことをしようとしすぎてる感じは見えたが(非常に感覚的だけど)、先制点までは良い流れだった。高橋の素晴らしい浮き球スルーに草民がダイレクトに合わせて先制。ここまで良かった。。。ほんとはここから畳みかけなければならないはずだが、どうも自分たちでブレーキを踏んでいるように見えた。先制して安心しちゃったのかな。まだまだ試合運びに難がある。選手間の意図の問題か?

 後半18分には放り込まれてラインを下げさせられたところ、セカンドボールを拾われて見事なループを決められてしまい同点。結局そのまま点は動かず引き分けとなった。愛媛は運動量が豊富だった。特に右サイドで長い距離を走るシーンを前半に何度も見た。本当は、ボールを持てる東京こそ、動き回って崩していかなければいけないと思うのだが、それを羽生がひとりで頑張ってるようにも見えたり。草民も3試合目で疲れてきたかな。ナオの復帰はただ喜ばしいだけだし、一瞬一瞬のプレーにクオリティの違いを見せてくれた。ただ、谷澤が入っても、ナオが入っても、周囲と合う感じではなかった。ノースを下げて椋原投入についてはよく意味がわからなかったけど、それはまぁいつものことか。流れを変えたいなら梶山を上里に代えるとか、もっといいやり方があると思うんだけど(いつもながら不思議だ)。

 スタッツを見るとドローやむなしといえるもの。シュート8本じゃねぇ。そして何より問題なのが、オフサイド・ゼロですよ、ゼロ。どんだけ裏を狙ってないのかと。テレビでは愛媛の最終ラインがハッキリ見えていたわけじゃないけれど、相手がドン引きだった感じではなかった。裏を取ろうとするフリーランニングも少なかったんだろう。

 スカパーの中継では、最後に選手が控室に入っていくシーンでベンチ外の選手やスタッフとタッチしてたのだが、松葉杖の選手が多くて痛々しかったな。平山も米本の痛々しさはすごかったし、平松もまだ杖ついてるんだな。焦らず治しつつも、早く帰ってこい!と、同時に怪我をしていないベンチ外の選手は頑張れ。柳楽とか、君たちが上を突いてくれないとチームは上昇しないよ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-07 00:16 | FC東京

自転車のダウンヒル動画

 ネットを見ていたみつけた動画です。
 自転車のダウンヒルはだいぶ昔にやってみたいと思ったことがありましたが、これはすごい!
 映像が自転車からの映像で、まるで(ほんとうに)テレビゲームみたい!!

 観衆の声とかリアルだし、自転車のブレーキの音とかもいい(笑)。こんなスピードでは到底降りれないだろうけど、ちょっと走ってみたいなぁと思わせる。ジャンプとか無理だけど。いやー、これはすごい。近くで見てみたいなぁ。

 あと、これも面白かった。最初の25秒くらいだけでも見る価値あり。人間万事塞翁が馬という言葉を思い出した(笑)。
最後の方でリアルに疲れてくるところも良い(笑)。ほんとゲームみたいだ。

[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-05 02:10 | 雑記

キリンカップ 日本×ペルー こんなもんでしょ。

 これもメモ。録画観戦。

 日本×ペルー

 南米選手権不参加となったのでワールドカップ予選までペルー戦を含めて3試合。試合数が少ない。とはいえ、今の力なら予選を通してチームが強くなってくことで十分だと思うけど。

 ザック監督は3-4-3にチャレンジして、先発もフレッシュなメンバーを投入してきた。CBに久々の栗原に出場が少なかった伊野波、中盤に初出場西、初出場とほぼ同意の安田理、FWには関口と、5人もメンバーが変わって新しい戦術では、そんな簡単に機能するはずもなく、予想通りのギクシャク感だった。後半はメンバーを代え、システムも戻したので動きもよくなった。最後はペルーに押し込まれて危なかったが、終わってみればドロー。

 選手たちは反省しきりだったようだけど、テストマッチだからいろいろできてよい試合だったんじゃなかっただろうか。そんな中でも個人的には安田に注目していたので、先発で見れてよかった。前半はギクシャクしてたが、後半は持ち前の積極性も出ててなかなか良かったんじゃないだろうか。おまけに長友を前に置いて、SBに安田という布陣には可能性を感じた。これは超攻撃的なオプションになりそう。それにしても、ほんとにSBの人材豊富だな。チェコ戦は、チェコのメンバーも楽しみだし、欧州組がまだ出てない選手(宇佐美)も楽しみだ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-05 01:53 | 日本代表

UEFA CL Final バルセロナ×マンチェスター・ユナイテッド 圧勝

 いまさらですが自分用のメモ。

バルセロナ3-1マンチェスター・ユナイテッド

 ウェンブリーでの決勝。さすがにスタジアムの雰囲気は最高だった。J Sports plus(中継はスカパー)で録画観戦。解説は城福さん。昨年から決勝が土曜に変わり、しかも録画中継が土曜の朝から見れるので嬉しい。思えば水曜日の夜中のときはつらかったなぁ。。。

 マンUがシャルケをチンチンにやったときは、バルサに対してもそこそこやれるんじゃないかと思っていたが、とんでもない圧倒的なバルセロナの強さだった。やはりこのバルセロナに勝つには昨年のインテル(モウリーニョ)のようなやりかたしかないのだろうか。深くリスペクトしたうえでのアンチ・フットボールしかバルサを抑える手立てはないのか。真っ向勝負のマンUは歯が立たなかった。ワンチャンスで一度は同点に追いついたルーニーのプレはさすがだけど。

 こんな状況だと、マンUは組み合わせに恵まれた感がある。マンUとマドリーがあたって、勝ったほうが決勝でバルサ、というのがよかったかと。青森山田が県予選で超シードされてるみたいなのでもいいかもしれないと思った(笑)。城福さんは、これからファーガソンがどういうチームを作ってバルセロナに挑んでいくか楽しみ、と言っていたが、監督云々ではないような気がしたなぁ。来期もCLは楽しみだな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-06-05 01:21 | football