<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『朽ちていった命』 NHK「東海村臨界事故」取材班

 今年一番というか、これまで読んだ本の中で最高に怖い。久々に怖い思いをした。本を読んで息を吸うのがつらくなるというか、読むのを止めざる得なく、続きを読むのに覚悟を決めて読み進めなければならない思いをしたのは初めてだった。

4101295514朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
NHK「東海村臨界事故」取材班
新潮社 2006-09



 この本は、1999年に東海村の核燃料加工施設「JCO」で起きた臨界事故の被曝者(作業員)の治療経過についてまとめたもので、元はNHKスペシャルで放映されたものを本にしたもの。2002年に単行本が出て、2006年にこの文庫本が出ている。

 日々原発関連情報が報道されているが、放射線の本当の恐ろしさとは何かということがよくわかった。ここに出てくるのは、今ニュースで出ている放射性物質が放っている放射線のレベルではなく、ウラン燃料の加工中にウランが臨界を起こし、中性子線を大量に(推定20シーベルト)浴びたことにより起こった悲劇の話。

 意外なことかもしれないが20シーベルトもの大量の放射線を浴びても人間は即死しない。しかも入院5日間ほどの間は医師や看護師と会話が出来ている。これにはとても驚いた。しかし恐怖は5日目以降に訪れる。放射線を大量に受けた瞬間、染色体がバラバラに破壊され、細胞は設計図を失ってしまう。つまり、もう新しい細胞を作ることができなくなる。血が作れなくなり、皮膚が作れなくなり、体内の細胞も作られなくなる。人間は日々細胞が死んでは新しい細胞が生まれていくわけだが、設計図をなくしたためにあらゆる細胞が再生できなくなる。もうこれだけで恐怖は十分に伝わるだろう。この患者さんは親族から造血幹細胞を移植することにより血液は一時的に回復する(のちにこれもはっきりとした原因が分からず駄目になる)。しかしながら皮膚は新たな皮膚がつくられることなく、古い皮膚がなくなったままになってしまう。さらに腸の粘膜や内臓も同じ状態になっていく。人間の設計図を一瞬にして破壊してしまう放射線。「朽ちていった命」というよりも「破壊された命」といった感がある。

 自分にとって怖かったのは、この中性子線の破壊力そのものだった。そしてもうひとつが治療そのもの。この治療では、とにかく医師と看護師が全力で生命を救おう、維持しようとする。ところがその甲斐なく、容態はどんどん悪くなっていく。最後のほうは、まるで心臓を動かすことだけが目的のようになっていく。その様子がとても恐ろしい。家族は当然苦しいのだが、医師も看護師も全員が苦しい。本人にいたっては苦しいのかどうかも分からない状態になっていく(途中でモルモットじゃないというような発言があり、間違いなく本人も苦しみや恐怖と戦っている)。この描写が壮絶で凄まじい。自分としては治療の過程を家族の側の立場として読み進めたが、とにかく息苦しくなる描写だった。

 放射性物質が体内に取り込まれて、それがどのような影響を及ぼすかというのは、チェルノブイリ関連の動画(youtubeにあったNHKスペシャルのもの)を見てだいぶ分かった気でいるが、放射線の影響についてはこの本を通して理解できた。放射線の恐ろしさを理解していない人にはお勧めの本。今の原発事故で起こっていることとは異なるが、放射線の本当の怖さは知っておかなければいけないことだと思う。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-28 00:10 |

第22節 FC東京×熊本 すごかった爆勝

 国立はいいねー。

7月24日(日) 2011 J2リーグ戦 第22節
FC東京 5 - 0 熊本 (18:34/国立/18,195人)
得点者:44' ロベルトセザー(FC東京)、48' 羽生直剛(FC東京)、67' 谷澤達也(FC東京)、73' 徳永悠平(FC東京)、87' ルーカス(FC東京)

 実は国立だから雨降って、屋根がない日に限って雨になるんじゃないかと危惧してました。でも、この日は見る側にとっては風が気持ちよい国立でした。

 熊本の狙いはハッキリ。サイドはある程度仕方がない、クロスに対しては中でしっかり弾き返そう。中央は防ぐ。カウンターではハイボールで競り勝ってセカンドボールをチャンスにつなげる。決してグラウンダーのパスでは勝負しない。前半はこれできっちり対応されて、守備もカッチリしててこじ開けるのに苦労していた。南もさすがの実力発揮でビシッとセーブ。やっぱり先週の岐阜のようにはいかないなと、戦前の予想通り接戦を覚悟していた。

 ところが前半終了間際に高速カウンターからPKをゲットして、おまけに相手が一人退場。いい時間帯に先制。後半も副審がオフサイドをアピールするも、主審が冷静に流して、一瞬熊本DFの足が止まったところでチャンスを逃さず加点。そこからは怒涛の攻撃で、終わってみれば5得点という圧勝だった。

 気持ちのいい試合だったが、熊本の高木監督と選手の感想を見ると東京の強さは衝撃的だったようだ。客観的に見ると、この感想がいまの東京の充実振りを物語っているように感じる。今野のコメントにあるように、前回も書いたけれど、勝負が決まってもとことん獲りに行こうとするメンタルがとても良い。隙を感じさせない。羽生だけじゃなくて、みんなでさぼらずに連動しているのは素晴らしいし、なによりもひとりひとりが楽しそうにサッカーしている感じが伝わってくるし。

 スタメンを固定化することでこの好調が生み出されているのは事実だが、こんな調子のときに出場停止や怪我人や移籍する選手が出てきたり、逆に怪我人が復帰してきたりしたときにどうなるのか、そのあたりも興味深い。平山が戻ってきて同じサッカーができるとは思えないのだが、そんなときどうなるのか、とか。負けがこんでいると、早く帰ってきてほしい、となるのだが、今の状態だと戻ってきたら監督がどうするのか、というのが興味の的になるのだから贅沢な話だ。

 失点0が続いているのも頼もしい。今の状態なら永遠に続きそうだが。。。


追伸 J'sGOALのコメント以上に南のブログが一番わかりやすかった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-25 23:23 | FC東京

なでしこ ワールドカップ制覇

 いまさらですが、こちらは未だ興奮さめやらぬ、です。

FIFA女子ワールドカップ ドイツ2011 FINAL
2011.07.17 20:45 (日本時間 2011.07.18 03:45) KickOff  フランクフルト
日本 2(PK3-1)2 アメリカ合衆国
69’Alex MORGAN 81’宮間 あや 104’Abby WAMBACH 117’澤 穂希
公式動画(FIFA)

 日本時間は7/18 3:45キックオフ。これはさすがにしっかり起きて観戦しました。日本は祝日でよかった。現地時間は7/17で。ちなみに7/17は我が家の結婚記念日なので、決して忘れない日になりました。

 それにしてもアメリカは強かった。アメリカの体の強さは桁違いで、特にスピードが男子のよう。それもコントロールしながらのドリブルやカウンターでのパスなど、前半はほんとうに危ないシーンが多かった。ただ、よく見るとゴール間近でやられるシーンはそれほどなく、運だけでなく、撃ち急いだアメリカに助けられた面も多かったのかもしれない(ディフェンスのリスクマネジメントがしっかりできていた、とは見えなかった)。後半に入るとさすがにアメリカもスローダウンして、日本も徐々にボールを前に運びはじめた。永里が入って前線でキープできる時間が増えたのも大きかった。失点したのは、そんな流れが良くなった後のカウンター一閃。あの時間帯にほんとに目の覚めるようなカウンターだった。パスの質、モーガンの走りこむライン、トラップからシュートまでの動作とシュートのインパクト。女子かよ、と思わず唸ってしまうと同時に、点が入るのはやっぱりカウンターかと。そして日本が取り返したのもカウンター(こちらはショートカウンターから)。ボールが相手DF同士でパチンコのように跳ね返った運もありながら、そこに走りこんできて、冷静に左足アウトで流し込む技ありの宮間。興奮した。

 延長ではモーガンに左サイドをえぐられ、ワンバックに楽々決められる。それでもこいつらは諦めないだろうと思ったし、やれる、と思ったが、正直厳しいな、、、と思ったのも事実。それでも苦しい時間帯にSBの近賀がボックス内に走りこんだことで得たCKのワンチャンスで、追いつき息を吹き返す。感動。そして、残り時間を岩清水の退場などで乗り切ってPKへ。そして勝利。うーん、すごい。清々しい朝だった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-23 00:09 | 日本代表

第21節 FC東京×岐阜 圧勝。

 すんごい前の話のようですが。。。

7月17日(日) 2011 J2リーグ戦 第21節
FC東京 4 - 0 岐阜 (18:34/味スタ/17,183人)
得点者:22' 徳永悠平(FC東京)、52' 田邉草民(FC東京)、75' ロベルトセザー(FC東京)、80' ロベルトセザー(FC東京)

 この試合はオープニング数分を見て、7-0で勝てる、勝たなくてはいけない、と思った。FC岐阜の方々には申し訳ない言い方だが、最初の数分で圧倒的な力の差があると感じた。案の定、試合は一方的な東京ペースで進んだ。けれども、それでもなかなか点がとれないのがサッカー。最初の得点がカウンターから徳永が、それも左サイドを抜け出して久々のゴール。意図しないキックがフェイントになってナイスなゴールだった。で、結局後半にゴールラッシュがあり、楽しいワッショイ祭りも4回を数え、さらにはルーカスも出てきて最高な気分で味スタを後にすることができた。

 7点獲れる、獲れないと、と思いながら見ていたので、4点にはちょっと物足りない感じもしたのだが(我ながら贅沢だが)、この試合で一番嬉しかったのは、選手が点を獲っても獲っても、決して満足することなく点を獲りにいっていたことだ。肉食動物の狩のようにゴールを迫る姿勢は、最後のCKを除いて続いていて、それがよかった。そういうプレーを続けることでチーム力が向上すると思うし、攻撃のイメージも選手間で共有できていくのだと思う。

 守備が安定して、その上に攻撃がかみ合ってきて、ほんとにスタジアムで楽しめるようになってきた。Awayの観客を望めない試合で17,183人も入るんだから、やっぱり勝つってことは重要なんだと再認識。ピッチの内容がよければお客さんが入るというのは当たり前なのだが、J2でもやっぱりそうなんだろう。好循環で次の強敵熊本にも勝ちましょう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-21 23:26 | FC東京

『戦略は直観に従う』 ウィリアム・ダカン

 まぁまぁ。

4492532757戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則
ウィリアム ダガン William Duggan
東洋経済新報社 2010-09-29



 某所で勧められて読んだ本。この某所で勧められる本は微妙なものが多く、今回のも70点くらいかな、という感じ。本の紹介では面白そうなのだが、本の書き方が悪いのか訳が悪いのかわからないが、なんか読みにくかった。本って、結構ページ数を稼ぐために回りくどい書き方をしたり、同じ内容を言い換えてたり、修飾が過剰だったりすることが多いのだが、この本はなんか贅肉が多くて読みづらい本だった。勧められた本が自分に合わないことが多いので次回以降気をつけよう。

 本の中身だが、その前にまず「直観」とは何か。wikipediaによれば「直観(ちょっかん)とは、知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、推論など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式」とある。自分が熟知している知の領域で、というところがポイントなのだが、この本の中では「専門的直観」というものと「戦略的直観」を全く別物と定義している。

 人類史上に残る偉業や功績が実は直観によるスタートから始まっている、ということをナポレオンからビル・ゲイツやグーグルまでいくつかの例をあげて説明している。たしかに成功例を元に説明しているので説得力はあるのだが、思い込みと紙一重だなと思わずにいられない。成功者の影には、こういうひらめきに基づいて「バカ」になって散っていった人々が無数にいるに違いないわけで、この戦略が果たして万人に有効でないことは間違いないのだ。直観が有効であり、さらにそれをひらめいた人に実行していくスキル(能力)がある場合、という二重の「力」を持った人でないと、この本に出てくるような「例」になりえないのだろう。

 確かに新しいことをはじめて成功する人たちは、論理的な考えからでは出てきそうもない、ものすごく飛躍したものごとを作り出し、導き出している(inovate)。しかし、全員がこれをできるかというとちょっと。。。なんかそう考えると恐ろしい話だ。著者が大学の授業でどう教えているのかちょっと気になってきた(笑)。とはいえ、自分がもしひらめくことがあったら、そのときはちょっとそれを大事にしてみたいと思う。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-16 23:40 |

『1分間スティーブ・ジョブズ』 桑原晃弥

 図書館で見つけてついで借りした本。

47973630531分間スティーブ・ジョブズ 人生に革命を起こす77の原則
桑原 晃弥
ソフトバンククリエイティブ 2011-02-02



 ついで借りレベルだった(笑)。ぶつ切りでちょっとした時間にジョブズのエピソードを読むだけの本なので、とりたてて書くこともないが、ひとつだけ面白いエピソードがあった。

 人を極限まで働かせる経営者としてジョブズは有名だ。マック・チームでは「海賊になろう」の後に「週90時間、喜んで働こう」という一言が書き加えられ、全員が倒れる寸前まで働きぬいた。

 海賊になる、っていう意味がよくわからないが、極限まで働く話が他にも出てくる。『フェイスブック』のザッカーバーグの話にも似たような話が出てきた。何かどえらいことを成し遂げるにはこういうことは必要なんだろうとは思うけど、これを読むと佐々木常夫本と両極端な感じがしてしかたがない。やっぱりバランスが大事なんだというのが自分の持論。別にこの結論は今出したわけじゃなくて、昔から大事なことはバランスだと思っているけど。それに自分の価値観をどこにおくかってこともとっても大事だ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-16 23:32 |

なでしこ 日本×スウェーデン 決勝へ

 前日の夜なぜか寝付けず、1時就寝、4時起床の追っかけ再生で観戦。
 ゴールの名前を見ると「穂」だらけですね!

FIFA女子ワールドカップ ドイツ2011 FINAL
2011.07.13 20:45 (日本時間 2011.07.14 03:45) KickOff  フランクフルト
日本 3-1 スウェーデン
10’ Josefine OQVIST 19’ 川澄 奈穂美、60’ 澤 穂希、64’ 川澄 奈穂美


 トーナメント方式の大会でこれだけ日替わりでヒロインが出るチームは間違いなく強い。先制されても、最初のチャンスで取り返すところとか、失点の原因を作ったキャプテンがここぞというところで勝ち越し点を奪うとか、完璧なストーリーでの圧勝でした。

 スウェーデンは試合の最初からハイプレスを仕掛けてきて、すごい撃ち合いの様相を呈した試合の入りになりました。頭から準決勝の熱さが伝わってきて好ゲームの予感。澤の横パスを奪われてカウンターから失点。相手の決定力にびびったけれど、なでしこの面々は肝が据わっててあわてない。19分に追いついたときには大野が守備陣を切り裂く長いドリブルからサイドを揺さぶって宮間のクロスから川澄のゴール。ほぼ最初のチャンスでしっかり決める決定力というか、このチームの持っている運のようなものを感じたゴールでした。

 25分くらいからスウェーデンのプレスのペースがガクッと落ちて、結局それは後半に入っても変わることがなく、対する日本は運動量でもパスワークでも相手を凌駕して試合の主導権を完全に握る。後半を通してサイドを支配し、トップで奮闘した安藤の飛び出しを起点に澤の勝ち越しゴールと川澄のダメ押しゴールが生まれた。すべてのポジションにタレントがいて、相手を圧倒する強さだった(結局ドイツのほうが手ごわかった)。

 次はアメリカ。次勝てばその1勝はこれまでのすべての敗戦を補う価値がある。ここで勝たなきゃいつ勝つんだと。FIFAの世界大会では恐らく99年のU-20大会以来の決勝だろう。あの時と違うものを感じる。決勝で勝たなきゃ満足しないというハングリーさを感じる。月曜日が祝日でしっかり見れるというのも素晴らしいじゃないか。祝うことを予定していたかのような”祝日”。ここを勝って、来年から海の日を「なでしこの日」にしよう!
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-14 20:36 | 日本代表

『働く君に贈る25の言葉』 佐々木常夫

 著者が好きな『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』に模して、甥に手紙を送るというスタイルの本。
『そうか、君は課長になったのか。』と同じ手法だ。

4872905008働く君に贈る25の言葉
佐々木 常夫
WAVE出版 2010-10-21



 この人の本が売れるのはサラリーマンであることを否定しないからだと思う。もっといえば会社で働くことを積極的に肯定してくれるからだと思う。大都市圏で働く日本人の多くは企業で働くサラリーマンであり、そういう人たちに支持されているのだろう。外国のビジネス書にありがちな力強く個で生き抜く物語や、ある種のビジネス書では、ベンチャー的な精神を発揮しようといったことが多く書かれる。それらを読み、そういう心持ちになることはあっても、現実とのギャップに悩むことは多い。しかし、この本では現状を肯定できるようなことが多く出てくる。だから共感できる人が多いのではないだろうか。この本にあることだけでいいわけでなく、要はバランスなのだが、ここに書かれていることを読むとホッとするというか、なんか居心地のいい感じがするのは確かだ。

 本のタイトルどおり若い人向けの本でした。
 (いつものようなメモはなし。代わりに見出しを)
 
【目次】

第1章 自分を磨くために働く
 advice1 強くなければ仕事はできない。優しくなければ幸せにはなれない。
 advice2 「目の前の仕事」に真剣になりなさい。きっと、見えてくるものがある。
 advice3 欲を持ちなさい。欲が磨かれて志になる。
 advice4 「それでもなお」という言葉が、君を磨き上げてくれる。
 advice5 君は人生の主人公だ。何ものにもその座を譲ってはならない。

第2章 成長角度を最大化する
 advice6 3年でものごとが見えてくる、30歳で立つ、35歳で勝負は決まり。
 advice7 プアなイノベーションより、優れたイミテーションを。
 advice8 仕事で大切なことは、すべて幼い時に学んでいる。
 advice9 よい習慣は、才能を超える。

第3章 仕事の要を知る
 advice10 すぐに走り出してはいけない。まず、考えなさい。
 advice11 「思い込み」は、君を間違った場所へ連れて行く。
 advice12 ことの軽重を知る。それが、タイムマネジメントの本質だ。
 advice13 書くと覚える、覚えると使う、使うと身に付く。
 advice14 言葉に魂を吹き込むのは、君の生き方だ。
 advice15 本物の重量感を知りなさい。
 advice16 せっかく失敗したんだ、生かさなきゃ損だよ。
 advice17 自立した人間になりなさい。

第4章 どこまでも真摯であれ
 advice18 上司の強みを知って、それを生かしなさい。
 advice19 リーダーとは、周りの人を元気にする人。
 advice20 信頼こそ最大の援軍。
 advice21 君の幸せのために、弱い人を助けなさい。
 advice22 自分を偽らず、素のままに生きなさい。
 advice23 逆風の場こそ、君を鍛えてくれる。

第5章 とことん自分を大切にしなさい
 advice24 運命を引き受けなさい。それが、生きるということです。
 advice25 人を愛しなさい。それが、自分を大切にすることです
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-12 21:51 |

なでしこ ドイツ×日本 すごい・・・

 すごいすごい!

なでしこジャパン 0-0(延長1-0) ドイツ女子代表
公式動画

 正直勝つと思ってなかったです。BS1の録画放送で観戦。試合結果は6時過ぎに着信していた約2名からの携帯メールでわかってしまってたのだけど、120分間堪能しました。ただ、BS1ではハーフタイムと延長前の合間のBSニュースで「ドイツを破って準決勝進出」というのは苦笑せざるを得なかった(結果を知らずに楽しんでる人もいただろうに)。

 女子代表の試合をじっくりと見たのはアテネの予選以来だったのだけど、判断のスピードが全然違っていてすごい進化を感じた。女子は欧米勢とキック力(距離・スピード)の差がとても大きいのだが、それを動いてワンタッチで交わしていて、技術の高さにとても驚いた。今日の試合ではドイツでプレーするFWのふたりよりも、交代で入った丸山のプレーの方が効果的だった。それでもなんといってもやっぱりすごいのは澤だった。。あの運動量と、ピンチにもチャンスにも顔を出す嗅覚。延長には股間を押さえて痛んでたしやっぱり男じゃないのか!?と不謹慎なことも思ってしまったり・・・(笑)。

 ゴールは相手のキーパーがコースを空けるように飛んでくれたように見えたのだが、澤のスルーと丸山のシュートコースは素晴らしかった。でも得点よりも守備。みんなの足が止まりつつあった延長後半のあの時間にどんどん選手が出てきてサイドからボールを放り込ませないディフェンスは気持ちがこもってて感動した。ハワイさんの解説も気持ちがこもっててよかったし。

 試合後にはスタンドから拍手が送られていて清清しかった。試合中のブーイグンはなかなかすごかったけど、両者を称える拍手はよかった。監督はアウェイの雰囲気は中国で慣れてるっていってたけど、あんな清々しいものは中国じゃ味わえないだろうな。

 ここまできたらぜひ次勝って決勝まで行って欲しい。
 次はスウェーデン×オーストラリアの勝者と。
 [29]準決勝 2011.07.13 20:45 (日本時間 2011.07.14 03:45) KickOff  フランクフルト
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-10 18:12 | 日本代表

第20節 大分×FC東京 本格化までもう一歩

 e2録画観戦。今日は普通の感想文です。

7月9日(土) 2011 J2リーグ戦 第20節
大分 0 - 0 FC東京 (19:05/大銀ド/27,519人)

 本日は日中、船橋の友人宅へお邪魔しプロ級の餃子を堪能。写真がなくて残念ですが、見た目も味もすごかったなぁ。またよろしく。今度は東京西部へ出張出店願います(笑)。

 試合ですが、圧倒的に攻めつつも点が奪えず試合終了という流れだったのだが、連勝し始めた頃や攻めきれず引き分けてた頃とは異なる感じで見れたのは連勝中の心のゆとりなのかもしれない。引いた相手にセットプレーやわずかなチャンスで決めきることができれば、それこそほんとに強いチームになったといえるのだが、やはりまだその途中なんだなと感じた。J2であったとしても、どこかで1つをモノにして逃げ切れるようになれば、それはもう安心してみていられるチームなんだろう。残りの試合でぜひ勝者のメンタリティを持った強いチームになってほしい。

 今日の試合を見て羽生や草民の献身的な走り、ディフェンスへの切り替えを力強く感じたのだが、これは大熊イズムが浸透してきた現われなのかもしれない、と思った。攻撃は選手だけでやってる気がしなくもないのだが、攻守の切り替えや、前の選手の守備の頑張りといったところは間違いなく大熊監督の嗜好によるものだろう。それがいいほうに出てきている感じがした。

 それから、前節にも思ったのだが、塩田がポジションを守っているところにもちょっと感動的なものを感じた。前節はほとんど目立つこともなかったが、今節は前半に森島のシュートをあっさりキャッチしてイージーに見せたり、後半には1対1をストップしたりと、昔レギュラーだった頃の安定感を醸し出していた。ポジションを譲らない塩田。かっこよすぎる。もう感動しちゃう。

 えーっと、次は日曜日の岐阜戦@味スタですね。忘れないように気をつけます。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-07-10 17:39 | FC東京