<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第7節 FC東京×大分 モヤっとするけど要切り替え

 無念!寒かったなー。

10月26日(水) 2011 J2リーグ戦 第7節
FC東京 1 - 2 大分 (19:04/国立/10,660人)
得点者:22' オウンゴ-ル(FC東京)、45'+1 前田俊介(大分)、90'+4 長谷川博一(大分)


 前半の入りに超危ないシーンがあって、そのあと落ち着いて徐々に東京ペースになって、というところはいつもどおり。そこから3試合ぶりに前半のうちに先制。先制のシーンは草民がボールを奪って、自ら斜めにフリーランニングでチャンスを演出。最後はヤザーが枠に飛ばしてGKがはじいたところを相手DFに当たって入るというゴール。その後も東京ペースだったんだけど、前半のうちに幸野志有人が入ってきて(この頃はゴール裏もしゅうとコールする余裕があった)、ガラッと流れが変わった。DFとボランチの間を自由に動き回ってアクセントをつけてリズムを大分に持っていく素晴らしい働き。で、ロスタイムになんじゃこりゃ!?と驚くような前俊のスーパーゴールで追いつかれてしまった。去年決めとけよ。

 後半に入った直後も流れが戻らず。羽生のコメントにあるように東京側に切り替えられないものがあったのかもしれないし、田坂監督のカツも効いてたのかもしれない。ただ、ナオが入って一発左足の強烈シュートを放ったあたりから流れが変わってきたし、相手のミスから梶山がボックス内でGKと1対1まで行くシーンもあった。その後もサイドをえぐってクロスを何本も入れてたけれど、大分の集中もあったし、こちらの工夫も足りなかった。GKとDFの間に速いクロスを入れるとか、そういった工夫がほしかった。

 前がかりになったのは仕方がないとして、最後にカウンターをくらって決められてしまった。権田は責められない。一発1対1をスーパーセーブしてたし。最後に決められたのは、JAGSを見たら股下を抜かれていた。羽生のコメントの通りだと思うんだけど、リスクマネジメントができてなかったということなんだろう。でも今日のはこれでいいんじゃないのかな。引き分けを意識して最後まで攻めてなかったらファンも納得しないし(少なくとも俺は嫌だ)、今の順位でそんなプレーは必要ないから。これがJ1で優勝争いで首位に立ってます、という状況なら違ってきただろうけど、5連戦の4戦目で一番きつい時間帯だったのだから、前向きに戦った末の結果、ということで全く問題ないと思う。


 それにしても今日はいろいろなことがあったなぁ。

  ・今期ホームで初の敗戦(国立だけど)
  ・J2連続無失点記録ギリギリならず。(後半17分までいけばよかったらしい)
  ・連勝が7でストップ
  ・相手の2ゴールが前半、後半のいずれもアディショナルタイム
  ・相変わらずのいつもと同じメンバー交代の大熊采配(羽生は悔しそうだった)
  ・志有人の活躍→このままポジションを奪うのだぞ
  ・宮沢のFKは浮かずに壁直撃
  ・今野がいないとバタつきは抑えられず&ビルドアップの質がやはり全然違う(致し方なし)
  ・北斗がよかったのは後半の半ば以降。そこまでは周囲とフィットせず。
  ・こうやって見ると現状はボランチとCBの選手層が薄い(怪我人がいるので)


 圧勝(対岡山戦)→ロスタイム勝利(対横浜戦)→ドロー(対鳥栖戦)→逆転負け(対大分戦)
と完全に下降線だけど、次は絶対負けちゃならねぇ試合なんだから選手は今日寝たら完全に切り替えてもらわないと。J1上がっても日曜日に負けたらスッキリしないしね。たのんます。こちらもいつもよりしっかり声援を送ります。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-26 23:48 | FC東京

第32節 鳥栖×FC東京 2位はさすがに強い

 e2録画観戦。来週妻子3人が帰ってくる予定なのでテレビをこんなにじっくり見られるのは今日が最後か(国立・味スタは行きます)。

10月23日(日) 2011 J2リーグ戦 第32節
鳥栖 0 - 0 FC東京 (17:04/ベアスタ/15,489人)


 ベアスタってクマみたいですね、というわけで素晴らしいスタジアムの雰囲気がテレビでも伝わってきた。「跳ーばないやつは、さーがんとすー♪」も歌ってブーイングされていい入り(笑)。

 前半は中、中を選択したプレーを、鳥栖がカットしてカウンターというパターンが多かった。最も決定的なシーンが豊田のゴール前でのフリーの左足シュート。あれを決められていたら栃木のアウェイとか、北九州のアウェイとか、そういう厳しい試合になるような流れだった。前半はイーブン。東京のハイプレスは自重気味で、その関係で鳥栖とボールを持ったり、持たれたりの繰り返し、やや東京が攻勢だったけれども、鳥栖がなかなかいいプレーするなー、という感じだった。

 後半に入って完全な東京ペース。ワイドにボールを散らすと完全に鳥栖の守備がついてこれなくて押し込む展開。それでも中の守備の集中が途切れずに、ゴール前で決定的なシーンがなかなか作れなかった。こういうときにはミドルでディフェンスを引き出さないといけないんだけど、枠に飛ばないし、シュートシーン自体もあまりなかった。ルーカスがフリーで撃ったシーンはあったけど、ああいうのが枠に飛ばないとどうしようもない。やっぱり連戦で結構脚にきてるんだろう。J1のことを考えると、というか昨年のことを考えると、こういうところできっちり決められるかどうか、ってでかいと思うのだけれども、それはまた次の課題、なんだろうか。

 それでもまたもや零封したのはすごいの一言。後半なんて圧倒的な試合支配でまるでハーフコートの攻撃練習のようだったわけで、前半のワンチャンス以外は豊田をまったく問題にせず押さえ込んだCBコンビはやっぱりすごい。頼もしいし、とにかくすごいわ。

 次は宮沢と志有人の大分(おっと前俊もいたか・・・)。大分の攻撃陣見ると負ける気はしないけど、ダービーの前にきっちりと国立で勝ち点3を上積みたいなぁ(今野はダービーに備えて次節出場停止)。この日は仕事に目をつぶって国立へ行く予定です。

 鳥栖は昇格するでしょう。ユンジョンファンは選手としてすごかったけど、監督しても優秀なんだね。スーツ姿はやり手ビジネスマンというか、やり手若社長っぽかったな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-24 00:12 | FC東京

第6節 横浜FC×FC東京 勝負強い東京!

 e2録画を追っかけ再生。こういう試合があるからサッカーファンはやめられない、東京はやめられない。
 J's GOALは横浜をFCまでつけるくせに、なんで東京はFしかついてないのかね。不愉快だわ。

10月19日(水) 2011 J2リーグ戦 第6節
横浜FC 0 - 1 FC東京 (19:33/ニッパ球/6,230人)
得点者:90'+5 石川直宏(F東京)


 ひとつも楽な試合はありません、ってコメントをよく聞くけど、ほんとにこの試合は楽じゃなかった。何よりも横浜FCがすごかった。先月の対戦とは全然違うチームだった。守備は最後までタイトに前から詰めてきてて、チームの意思統一がすごくよくできていた。全部こういう相手だと東京もここまで勝てないと思う、それくらいのチーム意識だった。

 それでも何度か決定的なシーンを作り出してて、これが決まれば!ってシーンはあったし(羽生クロスバー、高橋フリー、今野ゴール前、セザーフリーのヘディング・・・結構あるな(苦笑))、それでも決まらない日もあるかな、くらいに思った。そう思わせるのも横浜FC側の集中力があったからなのだ。でも、最後まで集中してあきらめない東京の選手たちに訪れた瞬間。インタビューで昨年の天皇杯を思い出して、と言ったナオだけど、熊谷のあれかなぁ。それにしても「もってる」ねぇ。こんな選手がサブなんだからすごいな。来年は代表復帰までしてほしいよ。

 7連勝もすごいけど、無失点が続いてるのもすごい。

 Away2連戦、次は鳥栖。勝ちましたよ、鳥栖。鳥栖のサッカーの内容はダイジェストだけじゃよくわからないけど、こんだけ勝ってるんだから来年あがりそうだ。J1で鳥栖を見てみたい。

 でもここはしっかり勝って当然8連勝を期待。今度は中3日だししっかりコンディション整えて欲しい。ナオも言ってたけど総力戦。首位のチームに所属する選手が得点ランキングベスト10に入っていないなんて最高だ。17位のセザーが一番上。どっからでも点が取れるということ。次も期待してます!


【書き忘れてたので追記】
 点を取りにいくので交代をいつもと変化させてきたんだけど、セザーをトップに置いちゃだめだろう。彼はサイドから流れて入っていくときによさが出るんだから、そこに置いちゃだめだよね。あれだと高松トップのほうが良い。いや、控えにも入ってないけれど。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-20 00:16 | FC東京

第31節 FC東京×岡山 6連勝で5連戦白星発進

 すんごい暑かったですね。

10月16日(日) 2011 J2リーグ戦 第31節
FC東京 3 - 0 岡山 (13:04/味スタ/17,384人)
得点者:10' 森重真人(FC東京)、35' 高橋秀人(FC東京)、41' 梶山陽平(FC東京)

 見てるほうが暑いってくらいだから、サッカーやってる選手は大変だったろう。給水の勢いがいつもより激しかった。試合はCKからラッキーな先制点。しっかり決めた森重はさすが、だけど岡山の守備はちょっと・・・。高橋の2点目は文句なし。ゴール前からバイタルエリアにこぼれたボールを左SBがシュートして、さらにこぼれたボールにボランチが飛び込んでミドルを決めるのだから、すごい迫力だった。あのターンからのシュートはボディバランスがすげー。3点目は何回見ても羽生のパスのすごさに唸ってしまう。なんであの体勢から梶山が見えてて、しかもジャストなパスを出せるんだろな。もちろんDF2人を交わして鋭く冷静に決めた梶山もすごいけど。

 前半で3点も取ってしまえばあとは流すのも当然だと思う。5連戦だし、この暑さだし、なるべく疲れを残さないようにやりたいところ。もちろんそんなに甘くないわけで、守るのも体力使ってしまいます。。。大熊監督は昇格が決まるまで、勝ってる限りはスタメンの選手を入れ替えないだろう。選手たちは、交代で出た選手が活躍するとポジションを取られることをGKや左SBを見てよく分かってるだろうから手を抜けない。こんな状態だと選手がパンクしそうに思うけど、案外こういう方が選手は精神面でも成長するのかな、と思ってしまう。わかりやすいし、フェアだし。ただ、出る機会も与えられないサブの選手の気持ちはいかほどか(ノースはこの間バックスタンドで見たし、今回も目撃情報があったし・・・)。

 さて、ちょっと気が早いけど昇格決定に向けていよいよカウントダウンが始まってきた感じだ。それくらい今の東京の安定感がすごい。6連勝の内容は21得点1失点。平均1試合3.5得点!しかもなんといっても失点が1失点のみ!!これはすごい。とはいえ、昨日も権田が3点くらい止めてたし、試合の入りで結構ピンチがあったりするので、この失点数は参考程度に考えたほうがいいのかもしれない(特に昨日は)。それでも、ボールを持ってれば攻められない、って言葉通り、圧倒的に試合を支配する時間が多い最近の試合は、ほんとに安定感がすさまじい。すごすぎて試合中に来年のことを心配しちゃうくらいだ。ほんとはそんな不謹慎なことしててはいけないと思うのだが。。。

 昨日は今年SOCIOになってJ2ライフを堪能している後輩が、約1年ぶりに友達を連れてきて、その彼も初めて東京の勝利を見れてよかったよかった。ダービーに来てくれるって言ってたし、さらには勝ったらSOCIOになるって言ってた(ということでSOCIO増員確定)。営業さんがんばってよねー。このブログを読んでるSOCIOの方々も仲間を一人増やしましょう。そうすりゃ来年常時3万人だって夢じゃないよ!。いやー、この調子でSOCIOに子SOCIOに孫SOCIOが増えていったら最高なのに。なんかマルチ商法みたいで危なくなってきたからこの辺でやめておくか(笑)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-17 22:09 | FC東京

『臓器は若返る』 伊藤裕

 メタボじゃないですが。

4022733535臓器は若返る メタボリックドミノの真実 (朝日新書)
伊藤 裕
朝日新聞出版 2010-08-10



 私は全くメタボじゃなく、むしろ逆なんですが、ちょっと気になり手にとりました。

 本の内容は結構難しい。というか専門用語がたくさん出てきて読むのが億劫になるのだが、その辺を適当にふんふんと読んでおけばよい。生活習慣から肥満になると、その後、徐々に病気になって最後は大変なことになりますよ、っていうのが主題。肥満とは縁がないが、消化器の重要さやミトコンドリアの働きが重要であることがよくわかる。また、活性酸素の役割についてもわかった。健康にとって運動が大事なことがよくわかったのが一番よかった。当たり前のことだけど、なぜ運動が体に良いのか、と理論立てて書かれると運動しなきゃという気持ちになる。自分の性格的に理屈での説明が非常にあってるので。


 (以下引用 p177-181)

・ちょいきつめの運動に慣れる
・その結果ある程度の活性酸素が発生する
・そのほどよい量が体を鍛えてくれる
・適度な運動はミトコンドリアを鍛えてくれて、活性酸素に対抗する力を蓄えてくれる

 具体的には
・少し強めの有酸素運動を1回20~40分、週2~3回くらいから始める
・ウォーキングやジョギングなど、なるべく全身の筋肉をリズムよく動かすのが良い
・その際腕の振りは大きく

 体力レベルの低い人は
・歩いたり、軽い筋力トレーニングを1回10分程度を、週に3回程度から、まず3ヶ月続ける
・さらに6ヶ月続ければ必ず体力レベルが上がる

 上級者向け
・最大強度の無酸素運動を30秒間、4セット、計2分間
 →中程度強度の有酸素運動1時間と同等のミトコンドリアを作り出すPGC1の働きが活性化
・無酸素運動はなかなか長続きしないので、
 強度に応じて30秒~3分の無酸素運動を1セット、これを数セット繰り返すのがおすすめ

運動は何でも良い。週に一度家中を力を入れて大掃除することでもよい。

(引用終わり)


 一番大事なのは運動不足解消ってことなんだけど、なんか老人向けみたい記述だな(苦笑)。基本はこれで、ちょっと楽しめる方に切り替えないとないと。それにしてもこの運動不足解消はどうすべきか。。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-15 02:26 |

『約束された場所で』 村上春樹

 オウム真理教信者、元信者に対してインタビューした本。

4167502046約束された場所で―underground 2 (文春文庫)
村上 春樹
文藝春秋 2001-07



 先の本『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』とセットで図書館から借りて読んでみた。undergroundとセットで語られることが多いようだが、私はudnergroundは読んでいない(今度読んでみようと思う)。

 オウム関係者一人ひとりのインタビュー記事を読む前に、まえがきとあとがきをしっかりと読み込んだ。あとがきには、インタビュー前後の河合隼雄氏との対談がある。これが結構、このインタビューを読むときの補助線になってくれる。新興宗教を忌み嫌う自分からすると、この補助線があるかないかは、そういう人たちへの理解を深める上で重要だ。

 また大きいのは、現在があのテロ行為から15年以上経っており、過去のものとして読み込めること。当時の生々しさとは別に、冷静に読んで受け止めることができる。また、自分が年をとったことで、心の弱い人というか清濁を飲み込めずに怪しげな団体へ入っていく人の在りようを、完全ではないまでもなんとなく理解することができる(本を読んだだけで完全に理解した気になるほど若くはない)。だから、村上が「サリンの被害者よりも、オウムの信者の方が、いわゆる”いいひと”が多いように感じた」と言いたくなるのも理解できる。彼らはナイーブなのだ。ナイーブすぎるのだ。きっと幼少の頃からの環境でそのような方向性にいってしまうのだろう。tもちろん生来の性格的なところも合わさって、だが。

 だからといって、サリンのテロが許されるわけじゃないし、なぜそれがオウムで起こったのかは理解ができない。理解できるのはあくまで一般信者で、テロ行為に関わっていなかった人間だけについての話だ。そういう意味でこの本が書いてることはオウムの一面だけの話で、これだけで全体像を語れると思わない。この本をよんでだいぶ当時のことを思い出したし、一般信者の様子も理解できたのだが、果たしていったいあれはなぜ起こったのかというのはこの本だけではわからないし、この本をそれを明らかにしようとするものでもない。なんか事件が起きた理由をきっちり解説してるようなものはないものかな。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-13 23:58 |

第91回天皇杯 2回戦 FC東京 vs 鹿児島

 まったり父娘観戦。

10月8日(土) 第91回天皇杯 2回戦
FC東京 4 - 0 鹿児島 (13:00/味スタ/5,301人)
得点者:14' 谷澤 達也(FC東京)、30' 森重 真人(FC東京)、76' ルーカス(FC東京)、90' 谷澤 達也(FC東京)

 この日は観客が少なくてのんびりできるだろう、ということで一日面倒を見なければならない娘を連れて味スタへ行きました。行く前に近所の幼稚園の運動会でもらった折り紙が大活躍し、後半43分まで試合を見ることができました。ヤザーの2点目のゴラッソは帰ってから録画を見て確認。現場で見れなくて残念でした。録画で非常に清々しい鹿児島の選手や東京の選手の挨拶と拍手とコールを見て、天皇杯っていいな、と思いました。

 今日は珍しく写真で。(適当に)

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-10 00:23 | FC東京

第30節 徳島×FC東京 強い、強い!!

 録画観戦。

10月2日(日) 2011 J2リーグ戦 第30節
徳島 0 - 2 FC東京 (16:04/鳴門大塚/9,118人)
得点者:16' 永里源気(FC東京)、77' 石川直宏(FC東京)


 感動した!

 先の横浜FC戦とはまた違った「真の強さ」が現れた試合だった。リアル・ムービング・フットボールを継続していて、運動量が多くて連戦が厳しいサッカースタイルになっている現在のFC東京。徳島戦は相手の集中力と連動性、柿谷の突破などもあって、かなりの苦戦だった。ところがどっこい、相手のフィニッシュの精度の低さに助けられたとはいえ、最終ラインを中心に集中力を切らさず最後のところで耐えるサッカーから、セットプレーによる先制と、カウンターからの一撃で相手をしとめてしまった。

 J2開幕前から、開幕してからも、最高に強かったときの鹿島のように、どんなに調子が悪くても、ワンチャンスをものにして得点を奪い、しのいでしのいで勝利をものにするような強者のサッカーをJ2で見せて欲しいと書いてきたが、今回の試合はまさに求めていた王者(まだJ2限定だけど)のサッカーだった。

 J2だからと侮るなけれ、こういう勝ち癖が未来への資産となって、来年への貯蓄となっていくに違いないのだ。今期、こんなに苦しい試合をものにしたことがあったろうか。まだチームがグダグダだったリーグ前半の草津戦でポコっとやられたような試合や、一瞬の隙から先制されて逃げ切られてしまった富山戦のようなことはあっても、こんなに苦しんでもぎ取った勝ち点3はなかった。これはデカイ。絶対、選手の財産になる。


 ほんとは連戦なんだから選手のローテをしっかりしていけるチームを作っていくべきなんだろうけど、出場停止の草民以外はそのまんまなんだから監督の方針もぶれないよな。試合中はでかい声で選手が嫌になるんじゃないかと余計な心配したけど、なんか選手のほうが大人みたいだった(苦笑)。

 最後に、ナオのゴールはすごかった。あれをいいパスだったって言うんだからどんなんだよw。それにしてもルーカス、先発フル出場が続いててすごいなぁ。ブランク明けとは思えないよ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-10-03 23:25 | FC東京