<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

第37節 FC東京×千葉 借りは返せた?

f0017246_1191487.jpg 11月だもんね。寒いわけだ。

11月26日(土) 2011 J2リーグ戦 第37節
FC東京 1 - 0 千葉 (17:34/味スタ/24,241人)
得点者:77' ルーカス(FC東京)

 前節で昇格が決まり、試合翌日には鳥栖が敗れて優勝まで決まった。でも、やっぱりホーム最終節で勝って終わらないと締まらないし、"あの"千葉に3倍返しして勝ってほしいと思ってたので、個人的な気分としては絶対に負けては駄目で、勝ってもらわないとスッキリしない、という試合だった。なのに、オーロイもミリガンも出場停止でいないとか、さらに天敵大島もいないし、スタメン・ベンチの発表を聞いてガックシ。佐藤勇人もいないし、なんなんだよ千葉。なんかもやっとする気分の試合前だった。

 試合が始まってもビシっと守ってくる千葉に攻めあぐねる東京、という構図で退屈な時間が長引く消化試合の雰囲気満点の前半。東京はスペースを作ってくれる羽生が梶山に代わってボランチに入っていたため、前線にひと味が足りずノッキングを起こしたサッカーに。これはまぁしょうがない、というか前からの課題。リンクマンがいないので、谷澤もなんだかいつものような躍動感が感じられず。前半はどちらかというと千葉の方がシュートを撃っていたし、決定的なシーンもあった。

 でも、昇格もなくなってるのにあんなサッカーしてて楽しいのかね、千葉は。ほんとに千葉サポが気の毒だなぁと思う内容だった。俺の好きだったオシム爺のサッカーは当然見る影もないし、かといって前線の電柱を狙ってド迫力で中盤がカバーに来る勢いもないし、中途半端なサッカーで、ほんとにファンが気の毒になった。東京がリーグ2試合目にやられた憎たらしいほどのヒールっぷり(アンチフットボール)も見られなかったし、このままだと来期もJ2に残留しそう。ギリギリで落ちなかったチームが一度落ちてしまうと上がるのは容易じゃないんだということをしみじみ感じた。

 後半に入ると東京は一変。きっとハーフタイムにガツンと大熊監督がやってくれたんだろう。前からどんどん行って、自分たちでペースを掴んだ。点が入るまでは時間がかかったけれど、鮮やかに真ん中を突破してルーカスが決めてくれ、スカッとした気分でホーム最終戦を終えることができた。

 試合のあとのセレモニーから選手がはけるまで全部見届けたけれど、J2でもやっぱり優勝っていいな、というのが素直な感想。優勝賞金2000万円J1の6位と同じ金額だし、やっぱり優勝自体は楽じゃない。それなりの価値があると思う。シャーレを見たときは「ちっちゃ!」って突っ込んじゃったけど(笑)。それに、やっぱり選手が喜んでて嬉しかった。今野が「シャー」をついに解禁して(変だったけど)、最後にはユニフォームを脱いで投げ入れたときには、年明け早々どっかへ移籍しちゃうんじゃないかと変に勘ぐったけれど、コメントを見る限り、あんまり他意はなさそう。

 J2は3位争いがすごいことになってるけれど、札幌との最終節もしっかりいつもどおりのサッカーをして、きちんと勝利して欲しい。今野は複雑な気持ちかもしれないけれど、ここは札幌へ行くサポ(うらやましい)のためにも勝利で答えて欲しい。最終節はe2で友人と自宅で楽しく観戦します。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-28 01:45 | FC東京

『ローマ人の物語 ローマ世界の終焉』41~43 塩野七生

 ついに完結。

4101181918ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉 (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社 2011-08-28



 この面白くもない衰退していくローマ帝国を、何巻にも渡って我慢して読み続けたのは、ローマ帝国の最後がどのようなものかを知るためだった。そして、それを見透かしていたかのように、42巻(中巻)の冒頭にある「カバーの金貨について」の記述。
 これからあなたが読むのは、情けない時代のローマ人の物語である。それでも放り出さないで読んでくれたとき、あなたは初めて、ローマ人の死を看取った、と言うことができます。

 そんな好奇心からなんとか読み進めて、ついに読み終えたが、滅び行くローマ(帝国ではなく都市)を読み、とても悲しく切ない気持ちになった。後半のローマ帝国がキリスト教化していき、蛮族に抵抗することもできなくなっていきながら、帝国が4分割、2分割され、崩れていくさまを読んでいた頃は、なんだかなぁ、と思いながらパラパラと読んでいたのだが、さすがに最後まで来てしまうと悲しくなってしまった。

 紀元476年に最後のローマ皇帝が退位させられて西ローマ帝国は滅亡する。ここまででも十分に帝国内が崩壊しているのだが、最終巻はここで終わらない。このあと100年ほどその後のイタリアを中心に後日談がある。後日談というか、自分的には最終巻の中ではここからの記述が実は一番興味深かった。100年ほどの間に、今のイタリア国内、ローマはどんどん破壊されていく。最初の数十年はイタリア王を名乗るゲルマン人のオドアケルの元でローマ人とゲルマン人は共生する。その中でローマ人はローマらしさを取り戻す。続いて、ゴート族のテオドリックがイタリア王となったあとも同様だった。だがその後、ユスティニアヌスの命の下、東ローマ帝国からベリサリウスがイタリア回復のため上陸してくると住民にとって悲惨な戦争が始まる。『ゴート戦役』の内容に沿ってそれが明らかにされている。人々は強盗にあい、農地は荒れ、ローマの町は破壊され、水道橋は完全に使用不可能となり、ローマの城壁も破壊される。つまり真にローマが破壊されてしまうところに悲しさを感じずにいられない(この破壊された年や理由が明確にわかっていることに感嘆するのでもあるが)。

 話の前半にはスティリコという「最後の将軍」といもいうべきローマの武人(半蛮族)も現れたり、肥沃に栄えていた北アフリカが砂漠地帯として荒れ果てていく原因などが理解でき、読みどころは、やはりある。

 また、最後には東ローマ帝国(ビザンチン帝国)が滅びるまでの領土の変遷が描かれており、イスラム勢力の台頭が見て取れ、ローマとそれ以後の世界が一変していることが良く分かる(地中海は「内なる海」であったが、ローマ後にはキリスト教とイスラム教の「文化を隔てる境界」に変わっていくことなど)。今の世の中を形作るものが、このローマの終焉とともに起こっている。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-17 00:02 |

『放射能汚染の現実を超えて』 小出裕章

4309245528放射能汚染の現実を超えて
小出 裕章
河出書房新社 2011-05-19



 1992年に刊行された本の再発行で3・11後に緊急で出されたもの。著者は『原発のウソ』などで3・11後に一躍時の人になった小出氏。

 この本はチェルノブイリ後に日本で放射性物質が避けられない現実を語り、今と同じく、原発の危険性を語っている。ここでもわかるのは多少過剰なところだ。事故周辺の人々が大量に即死していくというような語られ方。ただ、ほんとうに恐ろしいのは、3・4年経ってからの子どもたちへの影響で、ここで語られているようなガンだけじゃなくて、体調にいろいろと問題をきたすことだと思う。問題はこれから起こる。

 この本で改めて分かったのは半減期30年というセシウムは、結局のところ、自然界で循環し続けるということ。本の中では有機栽培の米に対して数値が高くなっていることが分かる(チェルノブイリ事故のあとの一部の米の話)。日本でも今年以降の農作物においてはこの放射性物質がどんどん循環していく。海に流れて拡散して薄まってもらうとしても、結局雨になって戻ってくるのでゼロにはならないし、魚にも溜まっていく。だからゼロにすることはできない。何も食べないで生きていくことはできないので、これらとうまく向き合っていくしかないのかと思う。今よりも来年、来年よりもその翌年、濃縮されていくかもしれないし、いずれにしてもとにかくずーっと付き合っていかなければならない問題だということが良く分かる。憂鬱になる。でもそれを現実として向かい合っていかなければならない。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-16 00:29 |

第35節 FC東京×水戸 今は内容より結果!?

f0017246_20484314.jpg 今日もたくさん入りました。

11月12日(土) 2011 J2リーグ戦 第35節
FC東京 2 - 0 水戸 (16:04/味スタ/22,896人)
得点者:49' 高橋秀人(FC東京)、79' ロベルトセザー(FC東京)

 相手次第で昇格が決定する試合だったが、得失点差の関係で実質昇格決定という微妙な結果に(笑)。でもそんなことおかまいなしにしっかり勝利をもぎとった。

 CBが徳永・ノースになって、守備面ではがっちり最後に抑えられるが、前半に結構ボールをバイタルエリアまで運ばれるシーンが多数。パスも結構かみ合わないし、羽生は珍しくボールが足に付かない感じだし、で一番良いときの圧倒するような東京ではなかった。それでも前半で水戸を疲労させてたらしく、後半は一方的なペースにしてしまった。

 後半頭から攻勢に出て、CKから高橋が先制すると、あっという間に勢いが東京に。それでもなかなか追加点がとれない状態で、ちょっと眠気がくるような展開(笑)。そんな中、セザーがほんとに目が覚めるような豪快ボレーで追加点、勝負あり。さらに、中学から日本にいるというのが試合中にわかったロメロ・フランクが気の毒な2枚目のイエローで退場し完全に終了。

 「有給休暇」でリフレッシュした梶山・高橋の働きがすごかった。特に梶山は後半終盤にも前へ飛び出したりとすごかった。セザーも前節から急にシュートがうまくなったし(人に当てなくなった気が・・・)。メンバーが変わっても同じことを無理にやろうとするのではなく、しっかり割り切って自分たちでできることを、というプレーの選択が良い方に出ているのかもしれない。

 鳥取行く方々はお気をつけて。もう航空券はないそうですが・・・。

 それにしてもナオ、最高ですね。(いや、最高なのはヤザーか(笑))。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-13 20:49 | FC東京

『大震災の後で人生について語るということ』 橘玲

 またいつもの思わせぶりなタイトルだが、書かれていることは著者がこれまで書いてきたことと一貫していてなんら変わりはない。

4062171392大震災の後で人生について語るということ
橘 玲
講談社 2011-07-30



 つまり、持ち家はリスクで賃貸が正解、伽藍を捨ててバザールへ行こう、外貨投資に関する見解、などなど、著者の本を読んだことがある人ならおなじみの内容が並んでいる。ちょっと追加されていたのが、この数年は国内の預貯金や国債に投資してた素人が最強だったとか、外貨投資の含み損があったとしてもそれは今後の逆転が起こった場合に備えた保険であるとか、その辺が正直な感想(というかここ数年に対する敗北宣言や負け惜しみ)に読めた。(p108:「私たちが真剣に考えなくてはならないのは、円資産が価値を失うリスクなのです」という一節。ここは私的には非常な慰めになった(苦笑))。
 
 そんなわけで、最近投資商品から遠ざかっていた私だが、この本で久しぶりに知らないETFを読んで気になったのが 1327「イージーETF S&P GSCI 商品指数」(24の商品指数に連動)。うーん、こんな商品ETFも出ていたのか。最近日経もスポーツ面や文化面しかちゃんと読んでないし、梅屋敷のランダムウォーカーブログも最近ちゃんと読んでないので反省。

 とはいえ、FXで外貨預金というのは面倒だから無し。おまけに単位がでかいだろうから無理(笑)。ドルコスト平均法の厳しさについても言及されているけど、これは全く同意。でも「株価の暴落に引っかからないこと」なんて誰がどう予測できるんだよ(笑)。それこそブラックスワンだし、ほんとにこの人が書いたとは思えない書き方だ。(やっぱり震災でだいぶ考え方が変わったのかもしれない)。

 ちなみにニューノーマルという言葉が最近は聞かれなくなってきたけど、日本の失われた20年のあと、アメリカも間違いなくこれに10年は続くだろうし、欧州ももうしばらく駄目だと思う。ギリシャ問題がブラックスワンだとすると、今後、似たようなブラックスワンが次々に出てくるような気がする。ギリシャの問題の根っこ(国の会計の粉飾)はユーロ参加の時期にさかのぼるわけだから、今後似たような話がどこから出てくるかわからないのである(と1ヶ月前くらいに書いてたらイタリアが出てきたと言う話)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-10 23:06 |

『2020年、日本が破綻する日』 小黒一正

45322609222020年、日本が破綻する日 (日経プレミアシリーズ)
小黒 一正
日本経済新聞出版社 2010-08-10



 経済学の難しい理論や計算式がたくさん出てくるので、キッチリ理解しようとすれば読むのに時間がかかりそうだった。なので、結論をピックアップしながら読み進めた。だから理論が正しいかどうかとかはさっぱりわからないし、自分なりの反論などは一切できないが、著者が問題だと考えていることや、これからどうすべきだという内容についてのみ理解した。

 2010年に書かれた時点でギリシャ危機のことが多数引用され、日本の問題もそれと変わらないんだぞ、とされている。ここにきてギリシャ問題が世界不況を引き起こしかねない状況になってきて、日本のきわどい財政状態について、空恐ろしくなってくる。(このメモは1ヶ月以上前に書いたのだが、今となってはイタリアが問題になってきている・・・)

 とにかく日本の財政状態はほんとにやばいんだよ、ということを本の中で説明し、それを解消するためにも消費税率を上げて歳入を増やしていかなければならず、並行して世代間格差を解消していく政策をとっていこう、というのがこの本の主張。ほんとに消費税率アップしかないのか、まったく検証する術も頭もない私にとっては苦々しい思いしかないのだが、この本ではこれを結論としている。それから世代間格差の解消について触れられているが、これは、現在の年金受給者と我々30代40代の間の格差が減るのではなく、今の若者やこれから生まれてくる子どもたちと我々現役世代との差を解消しておこう、というものだった(と理解した)。こちらも苦々しいのだが、つまり現在の老人(自分の両親世代以上)と我々現役世代とは、もうどうしたって支払いと受給の格差は埋められないということ。まぁ、現実的にわかってるし、だからこそ我々以下の世代はバブル世代のように消費に走らないのだと思う(お金持ちの人たちは知りませんが)。

 しかしまぁ、どうなるんだろう。他人事のように書いてしまうが、ほんとにどうすりゃいいのかわからないし、多くの人が私とおんなじように思ってるような気がする。今年2月の祖父の葬式のとき、遠い親戚の年寄りたちが「若い人たちは借金が増えて大変だなぁ。わしらはもう関係ないけどな」とか言いながら笑っているのを苦々しく聞いていたのを思い出した。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-09 23:55 |

『プロパガンダ』 アンソニー・プラトカニス エリオット・アロンソン

4414302854プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
アンソニー プラトカニス エリオット アロンソン (訳)社会行動研究会
誠信書房 1998-11-01



 『影響力の武器』とセットで語られることが多いので手にとってみた。が半分ちょっと読んで挫折。『影響力の武器』とかぶる内容が多いのと、この手の本にありがちだが話が長い(そこに文句つけるなよ、という話もあるが)。要は労多くして実りが少なそうなので回避し、後半は流し読みした。『影響力の武器』を読んでおけば、こちらは読まなくとも十分だと思わせるものだった。プロパガンダという、元来政治的な用語を題名にしているだけに最後はナチスドイツのプロパガンダについての解説風な話が載っているのは興味深かったが、それだけのために読むほどでもなかった。私は流し読みなので、この本を読もうか迷っている人は、他の方の書評を参考にしてください。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-08 23:56 |

『キャッチコピー力の基本』 川上徹也

 自分向きではない。

4534047347キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック
川上 徹也
日本実業出版社 2010-07-22



 仕事上でキャッチーなコピーをつけられたらいいなと思い、その参考にと思って手に取ったのだが、全く自分向きではなかった。だってこれ、ほんとに広告業界とかで使うための基礎力養成参考書のような本で、奇をてらったというか、ハッとさせて、目を引くようなコピーを作るにはどうするか、みたいな感じの本なんだもん。自分の仕事上の書類(特に上に出すようなもの)に書くのには全く不適で使えない。

 ま、ささっと読めちゃうので時間の無駄というほどのことはないけれど、自分には失敗だった。この本にも『影響力の武器』の話は出てくる、しかもエッセンス丸出し(笑)。これってありなのかなぁ。まぁ、その道の人たちに使われる本であることは間違いないのだろう。それにしてもこんな本がAmazonで星5つや4つが並んでるのがほんと不思議だ。これ読んで役に立つ人がいったいどれだけいるんだろうか。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-08 00:18 | FC東京

第34節 湘南×FC東京 ドでかい勝利!

 e2で追っかけ再生。いやー、感動した。

11月6日(日) 2011 J2リーグ戦 第34節
湘南 1 - 2 FC東京 (16:03/平塚/9,292人)
得点者:72' ロベルトセザー(FC東京)、75' アジエル(湘南)、81' ロベルトセザー(FC東京)

 今野(代表招集)、梶山・高橋(イエローカード累積による出場停止)、徳永(前日練習で負傷)、が不在でメンバーが大幅に変わった中、泥臭く粘っこく凌いだすごい試合だった。得点はセザー、ヤザー、北斗らの個人の力に負うところが多かったけれども、このメンバーで勝ったという事実が素晴らしい。しかもシュート数が10対13と押し込まれる時間がそれなりに多かった試合での耐えて得た勝ち点3。いやー、最高。

 感想をトピックスごとにメモ(居酒屋で話せないのでここに放出(笑))。

◆魅力的なスタメン
 監督がスタメンをがっちり固定させるだけに、こういう選手構成での試合も見たかったというのが本当のところ。これほどまでに一気に変えて欲しかったわけではないけれども、こうでもしないとなかなか見れない面子だった。権田、北斗、ノース、森重、椋原、下田、羽生、石川、草民、谷澤、ルーカス。北斗は大分のときよりも良くなってたし、ひとつ最高の仕事をした。ノースはビルドアップには参加できなくとも、守備でしっかりと、特に高さで仕事を果たしていた。下田も最後まで走り回って守備面で活躍していた。いつものメンバーでは谷澤がやっぱりすごかった。スタミナも、テクニックも、全体の中で抜きん出ていた。交代で入って2得点のセザーは文句なし。特に2点目は鋭いボールをやわらかくトラップする超絶テクニックだった。

◆押し込まれる試合
 楽に勝てる試合はないということをよく言われるが、全然チームが変わった状態でいつもと異なるサッカーになるのはやむを得ないが、割とパスミスや攻撃がつながらないシーンが多かった。前半は監督の「裏!裏!」の声に押されるように蹴り込んで相手ボールにするシーンが見られたが、いつもなら選手が自分で判断してるところを言われたままにプレーしてるようにも見えて、ちょっと残念。また最終ラインからつなぐパスが長めになってカットされたり、選手間の距離がいつもと違ったみたいだった。

◆微妙なPKを取られ失点
 羽生がボックス内で斜めに外へ行く選手をスライディングで引っ掛けてファウルをとられた、というシーンだったが、実に微妙な判定だった。相手がうまくこけた感じで、審判はちゃんと見えてたのか不思議だった。だが、羽生はあそこですべる必要はあっただろうか。外へ流れているシーンだったのでボックス内のあそこで飛び込む必要はなかったのではないだろうか。この日の主審は選手が食って掛かるとイエローが出るところが多く、谷澤が前半、森重がこのPKのシーンでもらってしまいもったいなかった(森重が次節出場停止で今野とふたりともいないことになる)。

◆選手交代
 セザーがルーカスとプレーできたのはよかったし、羽生の交代もカードを1枚もらっていたことと、時間的に妥当かと思うが、石川を引っ張り過ぎたのは”?”だった。終盤は完全にスタミナ切れだったし、かなりつらそうだっただけにもう少し早めに代えておくべきだったと思う。ただ単に忘れてただけだったりして・・・。


 いずれにしても勝つってのは最高ですね。
 終盤の苦しい流れから再びスパートした感じの勝ち点3。でっかい勝利でした。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-06 20:26 | FC東京

『日本を滅ぼす原発大災害』 坂昇二・前田栄作

 2007年9月に出た本だ。つまり3・11の原発事故前のもの。Amazonの書評で予言の書のようにコメントしているものがあるが、半分そのとおりで、半分はあたっていない。

4833110768日本を滅ぼす原発大災害―完全シミュレーション
坂 昇二 前田 栄作 小出 裕章
風媒社 2007-09


 この本を読んでよく理解できた問題点は次の3つ。

 ①原発ではこれまでも多数の事故が起きていた
 この事故には臨界事故(意図せずコントロール外となってしまった臨界)を含んでいる。東海村JCOの事故だけではなく、明確な人的事故が起きたもの意外でも多数の重大な事故が起きていたそうだ。

 ②電力会社はこれらの重大な事故を隠そうとしてきたこと
 実際、福島で30年ほど前に事故が起きたが記録が残っておらず隠し通されたものもある。内部告発によって明らかになったために、その隠匿体質が明らかになっている。これは今でもその傾向があるが、つまりはそういう業界だから急に詳らかにしようとしたってできるような組織じゃないのだろう。電力業界はスクラップ&ビルドしないとだめだということがわかる(どこぞの航空会社と同じ)。この本の中では面白い表現がされていて、雪印や不二家が食品偽装で会社が潰れているのだから、トップ交代は当たり前で普通の民間会社なら潰れていてもおかしくない、とある(これまで隠蔽事故があってもトップの引責辞任などはなかった)。全くもってそのとおりだ。
 
 ③使用済核燃料再処理施設の問題
 恥ずかしながら六ヶ所村の使用済核燃料再処理施設について何も知らなかった。

More
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2011-11-06 01:44 |