<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『ゴーストタウン』 エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ

4087206084ゴーストタウン チェルノブイリを走る (集英社新書)
エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ 池田 紫
集英社 2011-09-16


 チェルノブイリ周辺の人が住まないエリアをバイクで旅して集めた写真を文章とともに載せているオールカラーの新書。元々有名なwebサイトだったが、フクシマを機に本になった。

 昔から訳者の開いた日本語訳サイトもあって、見た記憶があるのだが、写真とともにある文章が詩のような文章でわかりにくく、あんまり好きなスタイルではなかった。本でもそこは変わりがない。

 突然人が住まなくなり、20年も経つと住居と周辺は自然に還っていく、というよりも植物に侵食されていく、というのがよくわかる。不幸な現実に恐ろしさを感じたりもするのだが、よくよく見ていると不思議な写真が多かったりする。チェルノブイリ原発から数十キロ・数百キロ離れたところの写真などで、家の中が滅茶苦茶に破壊されていたりする。廃墟が並ぶ写真ばかりで「恐ろしい」と思って思考を停止してはいけない。冷静になってよく考えるとおかしい。水爆ではないのだから、こんな離れたところの家の中まで破壊されるわけがなく、こういう状況になるのはありえない。後半を読んでいると他にもこの地域を旅している人がいるというのがわかる。これらの地域は強盗に滅茶苦茶にやられてたのかもしれない。

 とにかく家の中の状態がひどい。著者が勝手に土足で入り込める状態になっているのだから自明なのだが、とにかくひどい状態なのだ。著者がバイクで行けるエリアなのだから、泥棒だって余裕で物色できるということ。そう考えると二重に恐ろしいエリアだ。

 そんななか地域で暮らしている少数の老人の写真があったり、定期的に綺麗にされている教会があったり、その景色の対比は凄まじい。自分的には巻頭のチェルノブイリ事故当時の写真も興味深かった。

 悲しいが、フクシマ第一原発付近の近未来を予感させる本だ。

 著者のサイト Kiddofspeed - GHOST TOWN - Chernobyl Pictures -
 訳者のサイト チェルノブイリの写真 Elenafilatova和訳
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-01-21 03:28 |

『宇宙からの帰還』 立花隆

 2011年に読んだ本はここまで。年末にして今年最高クラスの本。

4122012325宇宙からの帰還 (中公文庫)
立花 隆
中央公論新社 1985-07



 ものすごく面白かった。今となってはなぜ1983年刊行のこのような古い本を読もうと思ったのかは忘れてしまったのだが、この本を読んでほんとうに良かった。

 著者のことは昔テレビのニュースで見たぐらいしか知らない。政治評論する人で、田中角栄の本で有名になった人らしい、くらいにしか知らなかったのだが、この本を読んで、その書き方のわかりやすさに驚いた。本は、1960~70年代のアポロ計画で宇宙・月に行った宇宙飛行士たちに、宇宙に行った後に本人たちに起こった出来事(特に心理面での)をインタビューを中心に書かれたもの。宇宙飛行がどれほど困難であるかが冒頭に科学的に書かれていて、これによって宇宙飛行士のすごさの一端が理解できた。数学や物理学にまったく疎い私には、100%理解することはできなかったが、宇宙へ飛んでいき、地球へ帰ってくることがどれほどすごいことなのか、というのは理解することができた。

 この本で最も興味深かったのは、本の趣旨でもある、宇宙飛行士たちが宇宙へ行って感じたことについて。宇宙から帰ってきて宗教家になった人、精神に破綻をきたしてしまった人、実業界や政界で成功を収めた人、など様々なタイプが紹介されている。なかでも際立つのが宇宙で神を感じたという人々の多さだ。宇宙船のなかでの多忙な作業の中、ふとした余裕時間の中で地球を見るとき、自分のそばに神を感じたと言う。神を信じているわけではない自分にとってはオカルトのような話しだが、宇宙から地球を見るという、何人にも経験できない経験をなしえた人だけの感覚なのかもしれない。そう思いつつも、そこにキリスト教のベースがあるのは間違いないだろう。

 そういった話の中で、自分にとって割とわかりやすく納得できたのが同じ宇宙船に乗ったエド・ギプスンとジェリー・カーの話だ。簡単に要約できないのだが、以下のようなことを述べている。

 エド・ギプソン
 (P303~)
 ・宇宙から地球を見ていると国家の対立、宗教の対立は馬鹿馬鹿しく感じる
  (宇宙船は数十分で地球を一周するのでいろんな地域を俯瞰して見れる)
 ・特定の宗教を信じてはいないが宗教心を持っている
 ・科学はあるレベルの無知を別のレベルの無知に置き換えているにすぎない
  例)ある物資のレベルを分子レベル→原子レベル→素粒子レベル→その先は不明
 ・根源的な『なぜ』、存在論的な『なぜ』に科学は答えられない
 ・なぜ宇宙は存在するのか。科学は答えられない
 ・もうひとつの限界は知覚の問題
  五感で感じられないもの、つまり外部センサーにも内部センサーにもひっかからないものは
  存在しないものとみなされる
  しかし存在しているが適当なセンサーがまだないというものはまだいくらでもあるだろう
  それで外界のすべてを知っているというのは傲慢である
 ・わからないものがいくらでもあるから宗教の存立の余地がある。
 ・しかし宗教がすべてを知っているわけではない、だから既成宗教の教義を信じていない
 ・私がとる立場はわからないとするのが正しいとする積極的不可知論
 ・この不可知論の中にほんとうの宗教性がある
 ・我々の宇宙はとてつもなくよきものである
  そういうものとして我々の前にある
  それでよいではないか。そこから出発しようという立場だ

 ジェリー・カー
 (P311)
 ・宇宙体験以後は他の宗教の神も認める
 ・アラーもブッダも同じ神が別の目で見たときにつけられた名前にすぎないと思う
 ・人格神ではなく、神とはパターンであると思っている
 ・宇宙においては万物に秩序があり、すべての事象が調和し、バランスがとれており、
  つまりそこにはひとつのパターンが存在するということを発見した。
 ・昔から人間はそういう秩序、調和、バランス、パターンがあるということに気がつき、
  その背後に人格的存在を借定して、それにさまざまな神の名前を与えた
 ・つまり、存在しているのは、すべてがあるパターンにしたがって調和しているというひとつの現実であり、  あらゆる神はこの現実をわかりやすく説明するために案出された名辞にすぎない
 ・あらゆる宗教に共通しているのがこのパターン
 ・人格神の存在、あるいは人格神のメッセージを伝える預言者の存在は必ずしも宗教の必要条件ではない
 ・要するには世界は調和して在るということだ。調和して在るあり方がパターンだ。

 神とは何かというような話ではこのふたりの話が自分には割としっくりきたが、積極的無宗教者であるラッセル・シュワイカートの話も興味深かった。というか、私も子どものころ考えたようなことなのだが、宇宙に始まりはなかったという考え方をとっている。つまり、ビッグバンのような始まりはなく、どこかでぐるぐるとつながっているというような考え方をとっている。われわれが一般的に感じているような、時間の概念、ものごとが一方向に進んでいくような考え方ではなく、時間はループしているというような考え方である。彼の考え方はラブロックの『ガイア』に対して共感するそうだ。

 人間とは何か、自分とは何か、地球とは何か、宇宙とは何かと考えることは最近では全くといっていいほどなくなってきたが、考えてみれば小さい頃はよくそういうことを考えていた。小学生の頃、冬の寒空に星を見ながら歩きつつ、自分はどこからきたんだろう、なぜここにいるんだろう、と考えていたことを思い出した。そのときは、考えているうちに、果たして地球はどうやってできたんだろう、宇宙はいつからできたんだろう、これから宇宙はどうなるんだろう、と考えて頭が混乱して収拾がつかなくなって、着地点のないまま考えが終わっていたのだけれども、そんなことを思い出した。この本はそんな時代のことを思い出させてくれる、わくわくさせてくれる本だった。

 立花氏による、日本人宇宙飛行士にインタビューした同様の本が出ているようなのでそっちも読んでみたいと思う。

 『宇宙を語る〈1〉宇宙飛行士との対話 (中公文庫)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-01-14 02:00 |

『伝える力』 池上彰

4569690815伝える力 (PHPビジネス新書)
池上 彰
PHP研究所 2007-04-19



 書かれていることはビジネスパーソンなら、ほとんど誰でも知ってるし意識していることだと思うのだが、それができるかできないかは別の話。そんな感じの本なので、それほど目新しいことはない。でもこういうことを整理してまとめ、それこそ丁寧に伝えられることがこの本が売れている理由なのだろう。自分的に「へー」と思ったことだけメモしておく。

・「新聞のコラムを要約する」
 うまい文章を書くために天声人語のようなコラムを書き写し、要約する。これはまぁ、その昔学校で聞いたような内容だ。ここで書いてあったのは、さらに内容を膨らまして字数を増やす、という訓練。これは聞いたことがなかった。それに、こいつは難しそうだと思った。まぁやってみようかと思うわけじゃないんだけど、なんか新鮮。ちなみに、これの直前にブログを書く、ってのがあるのだが、ただブログを書いてたって文章なんて上手くならないと思うんだけどな。。。自分自身、ブログを続けて文章がうまくなった気は全くしないのだが。。。良い文章を書こうと鍛錬しながらブログを続ければ、きっとうまくなるということなのだろう。

・「いずれにしても」「いずれにしましても」
 プレゼンで絶対に使ってはいけない言葉として書かれている。うーん、打ち合わせの最後などで勝手にテンパって使ったことがあるような気がする。。。大体この単語を使うときは、質問されたことに的確に答えられていないことが自分でわかってるときに、それを取り繕おうとして出てきていると思われる(私の場合)。前々からこれを言った後は「しまった」という気持ちになっていたのを見透かされたかのような記述だった。これを言いそうになったらグッと我慢だ。

・「小説を読む」
 表現力や文章構造を鍛え、人生の勉強になるよ、と言うのが本の中での指摘。思うところがあって、ちょうど読む本を昔の小説や古典と呼ばれるているものにシフトしていこうかな、と思っていたので、背中を押された感じだ。今年読む本の参考にしたい。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-01-10 01:00 |

『隠される原子力 核の真実』 小出裕章

 この本がベスト。

4915970361隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
小出 裕章
創史社 2011-01



 ここ1・2ヶ月小出裕章氏の本を何冊か読んだが、これがベストだった。言ってる事は同じなのだが、この本がもっともバランスが取れていて、原発に反対する理由に感情的なところがほとんど入ってこないところに説得力を感じたからだ(本が出たのは事故前だが2010年と、他の過去本に比べてもっとも最近出たもの)。

 他の本に書いていないようなことが2つあって、ひとつは発電後に発生するゴミ(いわゆる「死の灰」)の処分に関する問題。これには六ヶ所村や、セラフィールド(イギリス)の再処理工場について、他の本にも出てくるが、如何に処分が難しく、保管にかかるボリュームが膨大であるか、保管するための時間がどれほど長いか(プルトニウムの半減期は2万4千年)。そして処分し切れなかったこれらのゴミを利用してアメリカが劣化ウラン弾を作り、湾岸戦争で320トン、ボスニア・ヘルツェゴビナで3トン、コソボで10トンを使用(アメリカが認めている数字らしい)。アフガニスタンで1000トン、イラクで2000トンを使用したと推定されている。

 もうひとつが、原発が全然効率的ではない発電であるということ。発熱の30%ほどしか使用できておらず、残りの熱は海に排出している。そして海は二酸化炭素を水の中にためているが、これが温められて空気中に放出されてしまう。また、そもそも冷たい水を温め生態系を破壊するもので、原発とは「海暖め装置」に他ならないということ。100万キロワットの原発の場合、1秒間に70トンの海水の温度を7度上げる。原発周辺の海が暖められていることは知っていたが、ここまでか、という事実を突きつけられると愕然とする。

 「もんじゅ」がようやく仕分けの対象になりそうだが(あそこに費やしたカネを普通の発電所に投資していれば全然間に合っていたのに・・・)、そもそも、六ヶ所村の再処理工場ですらテストの域を出ていないし、そもそも保管もままならいゴミを常に生み出すという仕組み自体が破綻しているというのがよく分かる。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-01-08 02:24 |

第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝!

 感動したぁぁ!!!おめでとう、ありがとう。

1月1日(日) 第91回天皇杯 決勝
京都 2 - 4 FC東京 (14:05/国立/41,974人)
得点者:13' 中山 博貴(京都)、15' 今野 泰幸(FC東京)、36' 森重 真人(FC東京)、42' ルーカス(FC東京)、66' ルーカス(FC東京)、71' 久保 裕也(京都)

 残念無念のテレビ観戦。アジアの国でテレビも見れなかった人を思うと良しとすべきか。でも試合後の表彰式を見て、ますますスタジアムにいないことが残念でならなかったよ。おまけに中継の途中で地震の放送に切り替わるし。「震度4くらいでガタガタ言うんじゃない!」と思いつつも、中継の映像が揺れててただことがじゃないのか!?と関西にいてちょっと心配になったりも・・・。

 試合展開はめまぐるしかった。圧倒的に右サイドを制圧し、開始3分でシュート3本の全力東京。攻めまくりのナオキレまくりで期待感と不安感が混じるなか失点。崩されていなくても決められてしまうことはある。それでも今日の選手たちはやるべきことを続けるハートの強さがあった。たくさんのCKをものにできない中、ショートコーナーから5人の選手が飛び込み、フリーの今野が技ありヘッドで同点。そんな展開でまだ前半15分。すごい試合。

 森重のシュートするブレ球で逆転、さらにルーカスがラッキーなゴール。どういう状況で抜け出したのかわからなかったが、動画を見たらやっぱり不思議なゴールだった(笑)。この3点目でめっちゃ楽に。それでも後半の長く感じたこと。カウンターから4点目(椋原の素晴らしいパス!)を獲って完全に気分が楽になったけれども、2点差になるとまた緊張感があった。でも選手が試合をしっかりコントロールしててよかったなぁ。

 ナビスコも嬉しかったけれど、J2を優勝して、天皇杯を獲れたのは格別。ただ単にタイトルを取れたうれしさではないなぁ。ACLにつながっているし、その先には世界とつながっているし、頭でわかっていても、実際にそういうことに挑戦する権利を得たということが実感として湧いてくると楽しみでしょうがない。

 シーズンの終わりがこんな素晴らしい形になるなんて、シーズン当初は思いもよらなかった。J2に落ちたことが無駄じゃなかったということを証明した選手とクラブには感謝。謙虚になれたことが一番よかったことなんだろな。体質を変えたいクラブはJ2へ行くのがいいかもしれません。今だから言えるけど。


 柏サポの先輩からお祝いメールをもらって、ACLの前にゼロックススーパーカップがあるのを思い出しました。3月頭にはいきなりJチャンピオン、世界4位の柏様と対決です。なんかすごいな(笑)。

 2012年3月3日(土) ゼロックス スーパーカップ 対柏@国立競技場(13:35キックオフ)
 2012年3月6日(火) ACL Groupe Stage BRISBANE ROAR (AUS) @Suncorp Stadium
 2012年3月10日(土) J1リーグ開幕戦


 いきなり全快のめちゃくちゃ厳しいスケジュール。これが王者の務めなんですね。いやーすげー。サポも心の準備をしなければなりません。監督が変わるのに、チームの始動からすぐに結果を求められる展開です。妻はすっかりブリスベンに行く気まんまん。昨年J2で一度もアウェイ(除くダービー)に行ってないのにすみません(笑)。


 最後になりましたが、大熊監督が作ったチームはガッツのあるチームでした。ありがとうございました。この良き流れを選手が忘れずに、新しい監督が上乗せしていってくれれば良いチーム、クラブの伝統になっていくのでしょう。そのような良い流れを期待せずにいられません。


2012年のスケジュール
 2012Jリーグ年間日程 (J.LEAGUE)
 ACL Schedule Groupe F (AFC)

1 06 March 2012 BRISBANE ROAR (AUS)-*KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)Suncorp Stadium
1 06 March 2012 ULSAN HYUNDAI (KOR)-BEIJING GUOAN (CHN)Ulsan Munsu Football Stadium
2 20 March 2012 *KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)-ULSAN HYUNDAI (KOR)
2 20 March 2012 BEIJING GUOAN (CHN)-BRISBANE ROAR (AUS)Beijing Workers Stadium
3 04 April 2012 ULSAN HYUNDAI (KOR)-BRISBANE ROAR (AUS)Ulsan Munsu Football Stadium
3 04 April 2012 BEIJING GUOAN (CHN)-*KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)Beijing Workers Stadium
4 17 April 2012 BRISBANE ROAR (AUS)-ULSAN HYUNDAI (KOR)Suncorp Stadium
4 17 April 2012 *KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)-BEIJING GUOAN (CHN)
5 02 May 2012 *KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)-BRISBANE ROAR (AUS)
5 02 May 2012 BEIJING GUOAN (CHN)-ULSAN HYUNDAI (KOR)Beijing Workers Stadium
6 16 May 2012 BRISBANE ROAR (AUS)-BEIJING GUOAN (CHN)Suncorp Stadium
6 16 May 2012 ULSAN HYUNDAI (KOR)-*KNOCK-OUT CUP WINNER (JPN)Ulsan Munsu Football Stadium



記念のリンク
 FC Tokyo book ACL ticket (AFC)
 第91回 天皇杯全日本サッカー選手権 特集 (J's GOAL)
 Match No.87 決勝戦 京都サンガF.C. vs FC東京 (JFA)
 トーナメント表 (JFA)
 天皇杯動画ハイライト (NHK)
 You Tube「FC東京チャンネル」・・・「天皇杯優勝・ACL出場権獲得報告会」動画配信
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-01-02 01:11 | FC東京