<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『間違いだらけのクルマ選び 2011年版』徳大寺有恒+島下泰久

う~ん。

479421832X2011年版間違いだらけのクルマ選び
徳大寺有恒 島下泰久 穂積和夫
草思社 2011-06-18



 懐かしい題名の本です。私がクルマに乗るから乗らないかくらいのころに一世を風靡してた気がします。つまり20年くらい前ですね(汗)。そんな本が復刊されて、最近クルマを買い換えたくて仕方がないので試しに読んでみました。徳大寺さんも80歳を超えてるようで、もはや運転しちゃいけない年齢。そういうことで、レビューのほとんどは島下さんという人が書いてます。

 すごい数の車が載ってて、まずそれに驚き。一通りの国産乗用車は乗ってるんじゃないか、っていうレベル。ほんとに全部乗って書いてるんだろうからご苦労様です。クルマの批評って、自分と同じような生活をしてて、どういう状況でクルマに乗るのか、クルマに対して何を求めるのか、で随分変わるもんで、それを頭に入れて読まないと焦点がぼやけてきます。

 最初のうちはよかった。とりあえずその車についての著者の主観と客観がこちらにしっくりくるレベル。まぁよく街で見かける車だったりするからな。わからなくなってくるのが最後の方のスポーツカーの世界から。LEXUSにスポーツカーがあったのは知らなかったがこれがべた褒め。へー、こんなんあったんだと思って値段を見たら3750万円(!)。そんな値段で満足できなかったらどうすんの、って(笑)。評価の対象にしてるのがもはや趣味の世界だからあたりはずれはあるだろうけど。なんせ書いてる人もポルシェが大好きで何台も乗ってます、って人が書いてるのでそりゃそうか、と。

 最後に外国車が出てきてポロとゴルフとアウディA1をべた褒め。褒め殺しじゃないかと言うくらい褒めまくってる。たしかに小型車でありながらあのガチっとしたつくりは、ポロ・ゴルフに乗った感じ(お店で止まったクルマに乗っただけだけど)は良かった。けど、内装に高級感なんて全然感じなかったよ(A1は知りませんが)。実家のクルマが10年前のゴルフなので何度も運転してるけど、しっかりしたつくりであることに異論はないけど、内装は全然高級でもないけどな。これほど国産車と評価に差をつける理由が全然わからない。お金かければそりゃいいものになるだろうに。ただ、こういうつくりのコンパクトカーがなぜ日本のメーカーから出てこないのか、というのは確かに不思議だ。なんでだろなぁ。売れないのかなぁ。

 で、なにより一番恐ろしい書きっぷりが、ポロについて「しかも、その値段がお安い。円高のおかげもあって200万円台前半とくれば」(P253)とあるところ。

・・・この本が出たのは昨年6月だ。あの頃より今は円高が進んでいる。公平を期して昨年6月1日時点の円ドル、円ユーロ相場に基づいて以下を計算してみた。

 2011/6/1 USD1=JPY80.90  EUR1=JPY115.78 (やほーファイナンスで調べられます)
 ※一律仲値換算

 ドイツVWのページおけるPOLOの価格 
  Trendline  EUR 12,450.00  換算円価額 1,441,461円
  Comfortline EUR 14,525.00  換算円価額 1,681,705円   →日本のVWサイト 2,028,571円
  Highline    EUR 16,350.00  換算円価額 1,893,003円   →日本のVWサイト 2,304,762円 

うーん、30万円以上の開き(Highlineに至っては40万円以上)は輸送費に消えるのかなぁ。なんともこの価格差は納得しがたいものがあるな。ちなみに今は1EUR=JPY100くらいだから、さらに1割安くなるはず。こういうこともしっかり書くほうが公平だと思うんだけど。それでも売れるくらい魅力的なクルマたち、ってことなのかな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-02-12 23:53 |

『ほったらかし投資術』 山崎元 水瀬ケンイチ

4022733691ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
山崎 元 水瀬ケンイチ
朝日新聞出版 2010-12-10




 副題にあるとおり、インデックス投資を始めるための非常に実践的な本になっている。最近の本はよく知らないが、私がインデックスファンドを買い始めた5年前にはこのような本がなかった。非常によくまとまっていてわかりやすい。投資について興味があり個別株に投資したくない人やインデックス投資に興味がある人には超オススメ。(※ただし投資に対する危険性を理解したうえで、投資する理由・必要性を良~く考えた上ではじめることをオススメします)

 これまでこういった本は、たぶんなかったのだと思うが、個人的な感想を言えば「やっとでたか」という感じ。著者の山崎元氏はプロの運用家で現在は経済評論家という肩書き(森永卓郎氏からうさんくささをとった感じ)。こちらがインデックス投資を勧める理論的な説明をしている。

 水瀬ケンイチ氏はインデックス投資の超有名ブロガーで市井のサラリーマン投資家。この本に書かれていることはすべてブログにも書かれていて、私は5年前にインデックス投資をするときに、この水瀬さんのブログに(一方的に)大変お世話になった。当時はブログができて1年くらいだったが、過去ログから全部読んで、またオススメの本も読んだりしていろいろと学んだ(気になっていた)。当時からものすごく分かりやすい記事を書いていて、「この人、絶対本を出すだろな、出すべきだな」と思っていたので、ようやく出たなぁ、というのが正直な感想だ。徐々に雑誌にインタビュー記事が載ったりし始め、その後もぶれない投資スタイルが水瀬氏への安心感と信頼感と醸成したと思うし、それがあったからこういう本に繋がったのだろう。

 その後、私は、実際に投資を始めてリバランスもせずにほんとうに「ほったらかし」にしていたら、リーマンショックによってとんでもない含み損を抱えることになり、まさに「ほったらかし」にするしかないような状態になってしまい、さらには諸般の事情でリーマンショック後に投資を続けられない状況になったため、現在絶賛塩漬け中の日々を送っている(苦笑)。解凍目標は10年後か!?

 以来、投資系ブログも読まない日々が続いていたのだが、最近またブログを見たり、この本を読んでみたら、現在はインデックスファンドが非常に増えていて、また海外ETFも増えているので、ここらでちょっとリバランスというか商品の入れ替えをしないといけないなと思った次第(ランニングコストの高い商品を少しでもコストが低い商品に置き換えたい)。

 そんな私が身を持って学んだことを、これから投資する人に強く言いたいのは「時間の分散」をきっちりと行うこと。小金があるからといって、一度にどーんと投入するのは極めてリスクが高くなる。投資するカテゴリ(国内・海外・株式・債券・商品)を分散するだけではなく(これは最低条件)、投資時期もしっかり分散させていく必要がある。もうほんとにこれは身を削って感じていることだし、(今のところ)取り返しがつかないもの。(詳細を知りたい人は飲みの席ででも聞いてください(笑))。

 そういうことで、この本は自分にとっては既知の内容がほとんどであったので、商品知識をキャッチアップするために有用なレベルだった。だが、水瀬さんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」をよく知らない人にとっては、膨大な過去ログを総ざらいするよりも、よくまとまったこの本を手に取るのが超オススメ。

 本とは関係なくて個人的に気になったのはサラリーマンの水瀬さん(私と年齢がかなり近いはず)の勤め先の規則に「副業の禁止」がないのかどうか、ということだったりするのだが。本を出してるんだからないと思うんだけど。。。


以下は気になるETFと投資信託。カッコ内は私のコメント。

 1680 上場インデックスファンド海外先進国株式 (MSCI-KOKUSAIが指標)
 1681 上場インデックスファンド海外新興国株式 (MSCI-エマージングが指標)
 eMAXIS新興国株式インデックス (山崎氏はこちらのほうをオススメ)

 VTI Vanguard Total Stock Market ETF (米国トータルに投資)
 TOK iShares MSCI Kokusai (日本以外の先進国に投資)
 VWO Vanguard Emerging Markets ETF (エマージング国に投資)
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-02-04 01:38 |