<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『俺のトーキョー! FC東京ラブストーリー』 植田朝日

 愛だな。愛の本。

478160577X俺のトーキョー!  FC東京ラブストーリー
植田 朝日
イースト・プレス 2011-02-25



 言わずと知れた植田朝日氏の本。昨年頭に出たものなので降格が決まった後に書かれている。

 僕がFC東京をスタジアムで最初に観たのはたぶん2001年の名古屋戦。いつも代表戦を一緒に観に行ってた先輩から、ストイコビッチが見れるのは最後だから行こうと誘われたのがきっかけだったと思う。東京のことはJリーグに参入する1999年から気になりだして、2000年に味スタに移って来てテレビ東京とかで中継があるときには結構見ていたような気がする。2001年はもうひとつホームの浦和戦に行って、2002年も開幕の鹿島戦を見に行った。今のように熱心に見始めたのは2003年の2ndステージからで、そこからは基本的にホームゲームはずっと通っている。

 そんなわけで、それ以前の東京の姿が垣間見れる最初の頃の記述は非常に楽しいし興味深かった。「ディビジョンに関係なく東京のクラブを応援したい」という理由で東京ガスを応援し始めたらしいけれど、僕の当時の印象は東京ガスを勝手に応援し始めてJ2ができるところに東京ガスをJリーグクラブ化させようとしていた、というもの。東京ガスがどの辺で企業クラブから巣立たせることを意識し始めたのかは知らないが、なかなか面白い話だ。

 そのあとは2011年初頭までの話がサポーター目線で書かれている。それらもみんな懐かしく面白いのだが、僕にとって最も面白かったのは巻末の村林前社長との対談。FC東京という名前が決まるまでの流れとか、村林さんが社長を辞めたのでゴール裏で応援すると言ってたりするところがなんとも面白い。そんな村林さんも昨日(このエントリをメモしてた時点:4/27)の清水戦ではすぐ後ろの席に座ってた(大体バックスタンドにいらっしゃいますね)。

 FC東京サポならあーそうだったな、とか楽しめながら一気に読める。全編に貫かれてるのが東京愛もだけどもっと大きいものでサッカー愛みたいなものを感じた。話し言葉で軽い感じで書いてるのであの風貌としゃべり方がイメージされるんだけど、書いてることは結構すごい。というか筋がビシッと通ってて、風貌としゃべり方で損してる感じがするくらい(笑)。書き方と風貌によっちゃ、相当なカリスマになれそうな考え方を持ってるんだと思った。でも本人がそんなもん求めてないんだろうからいいんだろうけど(笑)。


 ちょっといいな、と思ったのをいくつかあげておく。(要約してるので書き味はだいぶ違うがご容赦ください)

(p3 はじめに)
「俺のトーキョー」であって「俺たちのトーキョー」ではない。一人ひとりが自分でやる、自ら関与してやる「俺」にならなければならない。そんな「俺」たちが集まったらすごくいいサポーターになる。

(p23 東京ガス時代の話)
俺たちが東京のクラブを応援することでJFLにサポーターがついて2部でも地域密着になればスゲーじゃん。「スポーツ文化」を根付かせるのは大変だけど、「サポーター文化」なら意外と簡単じゃないかと思った。

(p186 J2から世界を目指す)
J2に落ちた当時、村林さんが全勝でJ1復帰すると言ったのは、自分でハードルを上げ、相手がさらに向かってるように仕向けているんだ。それを超えていくことでよりクラブが強くなるんだし、そうじゃないと駄目。

(p190)
韓国やオーストラリアではなくてアジア各国のスター選手を獲ってくる。
→これは自分もそうあるべきだと思っていたこと。タイやインドネシアのスター選手が東京でプレーすれば、自国で放送を見るようになるし、東京の人気が出るに違いない。

(p242 村林対談)
最終戦の西京極は緊張してユルネバ歌ったのが失敗だった。(ムラバ)
→そういうことがあったのも知らなかったんだけど、確かにあのとき違う歌にしていたら、というムラバの述懐は面白いし、そんな気がする(詳細は本でどうぞ)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-06-10 22:03 |

2014W杯最終予選 第2節 日本×ヨルダン 強い代表

 試合中は飲み会で宴会場にテレビがついてて結果は知ってたけど、録画観戦。

06/08 19:30埼玉スタジアム2002
日本 6 - 0 ヨルダン
18’ 前田 遼一、21’ 本田 圭佑、30’ 本田 圭佑、35’ 香川 真司、53’ 本田 圭佑、89’ 栗原 勇蔵

 長距離移動後、ピッチに水を撒いてて不慣れ、スタジアムは日本側ファンで超満員、とヨルダンにとって完全アウェイ状態だったとはいえ、こんなスコアが最終予選で見れるとは、日本代表本当に強い。見てるとJリーグクラブとの一番の違いはシュートの精度なのかなぁ。入らないシュートでも枠内に飛ぶことが多くて、この数年で随分個の力が上がってるように感じる。

 お祭りみたいな試合の中で前半にうならされたのが遠藤のパスの凄み。ミドルのスルーパスを浮かしたり、転がしたりで、ジャストのボールが走りこんだ選手に渡っててすごかった。特に2点目となった本田へのスルーパスは完璧で、本田の走り出しはパスの出し手にとってわかりやすいものでもなかったのに、事も無げに完璧なパス。ヨルダンの守備が中途半端で、かつ裏へ抜け出す選手への対応が下手糞だったとはいえ、ほんとに多くの決定機を演出しまくって、遠藤の調整完了といった感じ。ピルロがイタリア代表で相変わらず真ん中に君臨してるように、遠藤もまだまだ代わりがいない選手に違いない。

 日本が強かったのは間違いないけど、オマーン、ヨルダンが弱かったのも確かなので、オーストラリアとやってどうなるのかがものすごく楽しみになってきた。それにしても最終予選でこんな余裕こいてるのが不思議な感じ。2試合終わって勝ち点3、得点9、失点0。すごい。次の試合地はブリスベンだけど、オーストラリア代表はオマーンから帰らないといけないので大変だね。CBにはノースが先発してたようです。火曜日19:00キックオフ。帰宅は間に合うかな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-06-09 23:04 | 日本代表

2014W杯最終予選 日本×オマーン 好発進

 テレビ観戦。

2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 groupB
第1節 2012.06.03 19:30 KickOff 埼玉スタジアム2002
日本 3-0 オマーン
本田圭佑(前半12分)、前田遼一(後半6分)、岡崎慎司(後半9分)


 いやー、最終予選の初戦でこんなに安心して見てられたのは記憶にない。98年大会の予選の初戦は大量得点してたけど、失点も多くて不安定だったから全然別格だった。

 香川が突き抜けてる感じで凄まじかった。よく知ってる選手の中でプレーするのを見るとその違いがよくわかった。あと長友もすごい。このクラスの選手にとっては、相手選手の寄せが甘いと、考える時間が永遠にあるように感じるほどなのだろう。いつも瞬時に判断を求められる環境にいるからこそ。

 あす、2002年6月4日のベルギー戦からちょうど10年。あの頃の代表メンバーと比べると、今の代表メンバーが活躍している場も随分変わったし、それによって個のレベルがものすごく変わったのがよくわかった。

 オマーンのGKはすごかったけど(アジア1・2を争うのは間違いない。もうひとりはオーストラリアのシュウォーツァー)、そんな彼がとれないくらいのボールが3発。素晴らしかった。

 次は金曜日にヨルダン戦。2連勝できたらデカイ。

 それにしてもなんで金曜を飲み会にしちゃったんだろう・・・。失敗。
 おまけに火曜も飲み会だったりするし(苦笑)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-06-03 22:39 | 日本代表