<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『サッカーと独裁者』 スティーヴ・ブルームフィールド

 原題はAFRICA UNITED。

4560081875サッカーと独裁者 ─ アフリカ13か国の「紛争地帯」を行く
スティーヴ ブルームフィールド 実川 元子
白水社 2011-12-10


 アフリカ駐在となったイギリス人(熱烈なアストン・ヴィラ ファン)がアフリカ各国を訪れ、サッカーを通して現地の状況を描いている本。

 サッカーファンとしては、邦題よりも原題の方がしっくりくる。この本に出てくるアフリカの13カ国はそれぞれに問題を抱えていて、それでもこちらから見るとアフリカとしてひとつにくくってしまうところがある。まるでUNITEDなわけだ。サッカーファンがUNITEDという単語を見て真っ先に連想するのはサッカークラブなわけで、サッカーファンからするとこの原題はニヤっとしてしまうわけで、原題の方が圧倒的にセンスがいいよなぁ。サッカー本として明らかにわかるようにするためにこの邦題にしたんだろうけど、ちょっと残念(白水社なんだからそれだけでサッカー本だってわかりそうなもんだけど)。

 肝心の中身のほうだが、読むのに難儀した。翻訳本は読みにくくて昔からあんまり好きじゃないんだけど、これはほんとに読みづらかった。どの国の話も興味深いのだが、なんか読みにくい。訳者はわりと見かける人なんだけど、とにかく読みにくかった。でも途中で読むのを止めなかったのは興味深かったから。それぞれの国について、サッカー(代表チーム)を利用する権力者、その国の政治的背景や近年の歴史、そして地元クラブの試合だったり代表の試合を通じてのファン目線での記述・ファンとの触れ合い、などが書かれている。

 スタジアムを訪れて実際に感じたことや、チームのオーナーや国・クラブの権力者などを取材した内容を軸に書いている。街の様子やスタジアムの様子はその辺のブログと変わらないような気もするが、やはりインタビューやファンにくっついて取材した内容が書かれているところはジャーナリストならではという感じがした。またそれらを軸にその国々が抱える政治的問題の背景などがフォローされており、アフリカに興味のある人には非常に読み応えがあると思う。『アフリカ・レポート』が面白い・興味深いと思った人にはオススメできる。


 こんな章立てと国々。

 まえがき   チーター世代が台頭するアフリカをサッカーで読み解く
 第一章 エジプト    サッカーを利用した独裁者
 第二章 スーダンとチャド   石油をめぐる哀しい争い
 第三章 ソマリア   紛争国家に見出される一筋の希望の光
 第四章 ケニア   サッカーは部族間闘争を超える
 第五章 ルワンダとコンゴ民主共和国   大虐殺と大災害を乗り越えての再生
 第六章 ナイジェリア   サッカー強豪国が抱える深い悩み
 第七章 コートジヴォワール   サッカー代表チームがもたらした平和と統一
 第八章 シエラレオネとリベリア   アフリカナンバー1になった障がい者サッカー代表チーム
 第九章 ジンバブエ   破綻した国家でサッカーを操る独裁者
 第十章 南アフリカ   アフリカ初ワールドカップ開催国の光と影
 エピローグ


 この本で良いのは、やっぱり現場(スタジアム)で直にファンと一緒に試合を観戦して(非常に危険なこともたくさん出てくる。なんといってもソマリアにまで行っている)、そのファンとは友達として同じ目線で語っているところだろう。そして著者がアストン・ヴィラ ファンであり、ヴィラに対する熱い思いが突如現れてくるところになんとも親近感を覚えてしまうのだ。

 第7章のコートジヴォワールでは、国を統一したサッカーの力、ドログバの影響力が紹介されるのだが、肝心のドログバへのインタビューがなかったりでなんとももったいない終わり方になっている。でも文学的だったりで、ちょっとやられた感のあるエンディングだった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-07-22 01:29 |

『万里の長城は月から見えるの?』 武田雅哉

 図書館でついで借り。

4062168634万里の長城は月から見えるの?
武田 雅哉
講談社 2011-10-12



 新聞の書評に載ってたのを記憶してて、図書館にあったのでついで借りしてみた。

 題名の疑問についての応えは「No」で終わりなのだが、なぜ月から見えるというような話になったんだ?ということを歴史的に掘り下げていって解き明かしていく内容。ほんとに最後までそんな感じっぽかったので、途中で嫌になって読むのを辞めたんだけど、最初の「はじめに」~「1章 2003年、<長城騒動>勃発す」までは新聞の連載コラムみたいで面白かった。

 アポロの宇宙飛行士が見えたって言ってたという話が広がり、当の本人たちが「見えてないしそんなこと言ってない」ということになって騒ぎになったり、中国の初の宇宙飛行士がやっぱり「見えなかった」と言ったり、科学的には月から見えるわけがないと説明したり。では、なんで見えるって話になったのか。月からみえる地球上の唯一の建造物は万里の長城であるとして、自国の偉大さをアピールしようとする姿勢が透けて見えたり、ということがツラツラと書かれている。まぁ、その流れが面白かった。

 でも2章から西洋人が歴史的に万里の長城をどう見てきたかということが述べられ始め、さらにその後半はそれが延々と続く感じだったので、それ以上に興味が持てないので読むのを辞めてしまった。私にはこの掘り下げねたの面白さが全く理解できなかったけど、こういうのが好きな人にはまぁはまるんでしょうね、という本だった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-07-21 00:48 |

『日本人の価値観』 鈴木賢志

 なるほどねーって感じの本。

4121100077日本人の価値観 - 世界ランキングを読み解く (中公選書)
鈴木 賢志
中央公論新社 2012-01-06



 各国横断の調査結果をランキング表形式にして、日本人の見方や考え方をグローバルに評価している本。ランキングとかあんまり興味ない方なんだけど、まずまず面白く読めた。これはたぶん著者のバランス感覚と豊富な知識や経験によるところが大きいな。

 いくつか参考になったところをメモしておく。

 「1日に平均何人くらいの人と接しているか」というアンケートで、人数が少ないのが、ハンガリーを筆頭に東欧諸国、ロシアとなっていて、日本も下位に入っている。そこでp60に現れる著者の分析がこちら。ランキングから見える「問題の本質」みたいな感じ。

 実はハンガリーやスロベニア、ロシアは人口当たり自殺者の数が多いことでも有名な国々です。社会からの孤立感が人を自殺に追い込む、あるいは逆に、他人とのコミュニケーションが自殺を思いとどまらせる、という考え方をもとにすると、人々のコミュニケーションが比較上、活発といえない国々において自殺率が高いというのは、非常にわかりやすい相関関係であると言えます。そしてコミュニケーションの少なさについても、自殺率についても、東欧、ロシアに次ぐのが日本や韓国であることを、私たちはしっかり認識しておく必要があるでしょう。



 幸福度に関する考察。
 p77-78
 「選択の自由度」ランキングの上位に名前を連ねているのは、第1位のメキシコを筆頭とする中南米の国々です。そしてこれらの国々は、人々の生活満足度、つまり幸福度が一般に非常に高いことでも知られています。中南米の国々に限らず、選択の自由度の高い国ほど、生活満足度すなわち幸福度が高い傾向がありますが、日本は逆の意味でこれによく当てはまっている、つまり選択の自由度が低く、幸福度も低いのです。



 日本人の宗教観に関する考察。これは非常に的を射てると思った。なんでいろんな宗教的起源の行事に囲まれてんだろう、日本人はと思ったが、これはものすごく得心した。
 p95
 日本人が宗教にこだわらないのは、霊的なものを信じなくなったからということではないようです。日本人は、むしろ祖先の霊的な力を強く信じているからこそ、宗教をそこに通ずる道筋としてとらえ、その選択にはあまりこだわらない人が多い、ということなのではないでしょうか。日本で家に仏壇や神棚を置いている人が多いと先に述べましたが、神棚はともかく仏壇を置いている人の多くは、仏教の信仰のためというよりは、祖先の供養のためではないかと思います。ちなみに祖先の霊的な力を信ずる国ランキングで日本の次に来るのは台湾です。(中略)台湾で最もポピュラーな宗教は民間信仰です。これは道教・儒教・仏教を取りあわせたような形のもので、多神教であり、台湾の中でも地域によって様々な神が祭られています。これは信仰する宗教があるという点では日本と異なりますが、ある意味で「何でもあり」と言う点では、やはり祖先に対する思いを軸とする日本と共通するものが感じられます。

 
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-07-18 23:31 |

17節/18節 ガンバと鳥栖

 またまとめて。雨の味スタ出勤、鳥栖は録画観戦。

7月7日(土) 2012 J1リーグ戦 第17節
FC東京 3 - 2 G大阪 (18:35/味スタ/24,633人)
得点者:3' 中村北斗(FC東京)、17' ルーカス(FC東京)、31' 遠藤保仁(G大阪)、44' ルーカス(FC東京)、62' 佐藤晃大(G大阪)


 ガンバ戦は今野がいることもあって絶対負けてほしくなかったんだけど、味スタでの相性の良さのとおりしっかり勝ちきった。ガンバのふんわり感がすごくて全く負ける感じはなかったんだけど、バタバタ感があってどっちもどっちな感じがした。よくこの順位にいられるな、というのが正直な感想。ガンバはこれはもう一回監督変えないと落ちるなという雰囲気。たぶん危機感を持ってるのは今野だけなんだろうけど。

 試合の内容もだけど、雨が降り込んで来て、ゴミ袋に穴開けて被ったのが記憶に残る試合でした。


7月14日(土) 2012 J1リーグ戦 第18節
鳥栖 1 - 0 FC東京 (19:04/ベアスタ/13,891人)
得点者:87' トジン(鳥栖)


 五輪組が不在になる前の最後の試合。安定感がある(ように見える)鳥栖と、不安定極まりない東京の試合。0-0で後半30分を超えてやばい感じがしてたら、セットプレーから失点して負けてしまった。あれを決められちゃしょうがないかなぁ、というような点で合わせるセットプレーだった。

 試合の流れは前半の最初の方は鳥栖、途中から東京。鳥栖の守備がうまくてショートカウンターくらいまくり。あの時間帯によく失点しなかったな、サッカーってほんとに点を取るのが難しいんだな、と思うような展開。あーゆーあとにポコンと点が取れたりすれば、、と思ったんだけど叶わず。相手を脅威に感じたけれど、相手に脅威を与えられるようなところまではいけなかった。

 交代は相変わらず謎。SBを交代するってのはどういうことだろうか。最後の交代はいつもより少し早くなって88分(笑)。もう何がしたいか全然わからない。ほんとにオシム爺のもとでやってたんだろうか。唯一の明るい点はナオの復帰。右サイドでの突破は見られなかったれど、左足の落ちるボレーは枠内を捉えていたし、2週間後の試合から完全復帰してもらえると嬉しい。


 あとエジミウソンのローン移籍が決定したらしく、その裏で重松健太郎が甲府へローンとなった。重松にとってはよかったよな。これだけ前が仕事しないチームで試合に出してもらえないんだから良い決断だと思う。城福さんにしっかりアピールして赤嶺級の活躍を期待してます。もっと試合に出るところを見たかったよ。エジミウソンは映像見ると太いね(笑)。新潟の応援とボビーオロゴンに似てるというイメージしかないんだけど、どうなのかな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-07-15 21:20 | FC東京

1勝2敗 C大阪、柏、磐田

随分間が空いたけどなんか書いとかないとスッキリしないので。。


6月23日(土) 2012 J1リーグ戦 第15節
FC東京 2 - 0 C大阪 (18:04/味スタ/22,685人)
得点者:60' 長谷川アーリアジャスール(FC東京)、76' ルーカス(FC東京)
短評:なんか勝っちゃった。セレッソ戦にも関わらず結構入った。

6月27日(水) 2012 J1リーグ戦 第9節
FC東京 0 - 1 柏 (19:04/国立/25,813人)
得点者:45'+1 増嶋竜也(柏)
短評:入った、やな時間帯!平日でこの観客数は快挙。でもこういうときに勝たないと。。

6月30日(土) 2012 J1リーグ戦 第16節
磐田 3 - 1 FC東京 (19:03/ヤマハ/13,923人)
得点者:6' 山本脩斗(磐田)、70' 宮崎智彦(磐田)、84' チョビョングク(磐田)、89' 河野広貴(FC東京)
短評:セレッソ戦の逆、みたいな。


 ACLによる延期の9節柏戦を間に挟んで3連戦を1勝2敗として負け越した。リーグ再開初戦の横浜戦を入れると1勝3敗だ。上位に突き抜けるチャンスを逸して中位の団子の中の定位置に戻ってきた。う~ん、居心地いい!わけがない。苦手の柏にまた勝てなかったし、流れは良くてもゴールが入らない磐田戦では相手のラッキーパンチを効果的にくらってダウンしてしまった。

 横浜戦のひどかった内容から見ればセレッソ戦でなんとなく勝ってしまって(前半にあった相手の数回の決定機で決められてたら違う結果になってたはず)、気分よく水曜日にいったのに、塩田じゃなくて潮田なまっすうに決められてがっくり。この試合は草民が流れをことごとくぶった切ってた印象が強く、彼はJ2仕様からJ1仕様へ脱皮できるかここが正念場。

 負けた試合を通して見えてくるのはやっぱり監督の消極的な采配。スタメンは体調などを間近で見てる人に文句は言えないと思っているので良しとして、交代がねぇ。流れ変えられないんだよなぁ。ほんとにオシム爺の弟子だったのかよ、と。1人目のカードを切るのも遅ければ、3人目の交代がロスタイムだもんなぁ。しゅーとくん、罰ゲームじゃないんだから。代わりにその役割だった河野が少し早めに出られるようになって磐田戦で初ゴール。今日のFC東京魂みたら負けた試合後に笑顔だったのに笑った。点取り屋はそれくらいエゴがでないとな!

 怪我人が多いときはチャンスだよ。チーム底上げのチャンス。自分たちの職場でも先輩や上司が長期不在のときのトラブルは成長のチャンスだし(関係ないか)。だからこそ、監督にはもっといろんな選手を使って欲しい、時間もたくさん。選手は試合に出ないと伸びないんだから。それにしても五輪期間がどんなになるかワクワクしてきた(笑)。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2012-07-07 00:55 | FC東京