<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第4節 横浜FM×FC東京 成長の実感

 子どもたちが寝てから録画観戦。

3月30日(土) 2013 J1リーグ戦 第4節
横浜FM 3 - 2 FC東京 (19:04/日産ス/23,698人)
得点者:27' 李忠成(FC東京)、61' 中村俊輔(横浜FM)、68' 藤田祥史(横浜FM)、82' 渡邉千真(FC東京)、90' 藤田祥史(横浜FM)

 3連勝中だけどマルキーニョスのいない横浜、に逆転負けした。でも決して内容で負けてなかった。FC東京魂でジョナサンが言ってた通りで、前半後半でぶれない試合内容だったし、確実にチーム力がアップしてることを感じさせる内容だった。だからこそ、勝ちたかったというか、最低でも勝ち点1が欲しかった。

 両チームとも中身が充実しているだけにディテールの争いになっていた。だからこそ惜しまれる2つのポイントを挙げておきたい。

 ひとつ目が1失点目の壁に入った東の動き。他の選手がジャンプしている中、外側によけて背中を見せたところにボールが当たってゴールへ向かっていってしまった。動くべきじゃなかったし、ヘディングででも前に弾くべきだったところ。優勝するためにはこういう細かいところの積み重ねを全員ができていなければならない。きっと次からは修正されるだろう。

 ふたつ目はポポヴィッチの選手交代。三田の投入準備をしているところでカズマのゴールで追いつき交代は中止。そのまま再逆転ゴールを決められるまで、つまりロスタイムまで交代は行われなかった。同点ゴールはアーリアを起点として生まれていたが、やはり疲れは見えていたし、右サイドをアーリアから三田に代えてほしかった。結果論ではなくて、動かずに後悔するより動いて後悔してほしかった。昨年も序盤は交代策に消極的だったポポ監督。最近は理解しやすい選手交代だったのだが、また同じような動きになってしまった。ベンチワークの差は少なからずあったと思う。18番やネマを入れて欲しいと思ったが、ふたりともベンチにも入ってなかったからな。。

 李とカズマを同時に出して結果が出ているのは良いが、東が中央にいると攻撃のクオリティが全く違うものになる。どっちを採るか、贅沢な悩みだ。ということは、監督の采配、試合に向けての戦略、試合の流れを読む力が、モロにチームの浮沈に影響してきてる、と感じた試合だった。それくらい今のチーム状態は充実している。東京は確実にステージを上がった。負けてなお、強さを感じさせた。脆さは感じなかった。だからこそ、あとはディテールをぜひ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-03-31 01:47 | FC東京

『星を継ぐもの』 ジェイムス・P・ホーガン

 どこぞで薦められていて読んだもの。

448866301X星を継ぐもの (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン 池 央耿
東京創元社 1980-05-23



 SFの名作でこれを読まないと損!などの煽りがAmazonにも書かれているんだけど、自分にはハマらなかったなぁ。SFってものをほとんど読んだことがなかったのでちょっと面食らったというのもあるかもしれない。最初から未来の想像の話になっていく。書かれているのが1980年で、舞台が2020年代。わりと近い時代に生きている自分からすると設定がありえなすぎて入りにくかった。国家間の争いが無くなってきて、国連宇宙調査団が結成されていたり、月で開発が進んでいたり、木星まで月から6ヶ月で人を運べていたり、もう想像しにくいのだ。そういうのを横においてすんなり楽しめなかったのでしょうがない。他にも科学的な話がものすごい細かさで(合っているのかいないのかはさっぱり分からないのだが)書かれていて、そこら辺はイマイチ興味が持てず結構読み飛ばしてしまった。。

 ストーリーは荒唐無稽なんだけど(それがSFだろw)、話の謎解きの部分は面白かった。でも結局前提の置き方がついていけなかったので、まぁ面白かったという程度で。自分にはSFは向いてないのかもしれない。

 ところで、この間、オアゾの丸善に東京仲間と行ったんだけど、人と本屋を徘徊するのは思いのほか楽しかった!本はひとりで読んで楽しむものなんだけど、色んな本を一緒に語るのがあんなに楽しいとは思わなかった。新たな発見だったなぁ。で、そこでこの『星を継ぐもの』を友達が「これだ!」といって買ってたので、少しこの本についても話をしたんだけど、今頃楽しく読めていればいいんだけど。。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-03-19 00:09 |

第3節 C大阪×FC東京 あーむかつく

 休日出勤につき録画観戦。

3月16日(土) 2013 J1リーグ戦 第3節
C大阪 1 - 0 FC東京 (15:04/長居/13,702人)
得点者:47' 山口螢(C大阪)

 1週前の柏戦の件は書く時間がなかったのでパス(味スタで小躍りしまくってました)。

 連勝同士の試合とあって前半は好ゲーム。東京はボールをつなげてよい攻撃ができていたが、中ごろで少し下がり気味になって試合の流れを掴まれる展開。ショートカウンターゴールを襲うシーンがあり、そこからまた流れが東京に来たが、チャンスに決めきれないシーンがあとに響いた。

 後半早々の失点は相手の綺麗なカウンターからで、セレッソが見事すぎたんだけど、それでもアレはオフサイドだろうな。。東のゴールがオフサイドになったけれど、Jリーグタイムで見る限りどっちもオフサイドだった。追いかける展開になって東京が攻めまくってたけれども、完全に崩せることもなく、残念な敗戦だった。やはり取れるときにとっておかないと、、、ということ。ここを取れると上位に定着できるんだろうなぁ。

 この試合ではパスミスが目立った。失点もパスミスだったけれど、試合を通じて米本が何回か危ないパスミスが目立っていた。ドリブルとか飛び出しとかいいところもあったけれど、あのポジションでのパスミスは減らして欲しい。途中交代の河野は試合に入りきれていないというか、あの感じでは使いにくいなぁ。もっとできると思うので次に期待。忠成はボールの受け方がメチャクチャうまいのであんなにボールを引き出せるんだろうけど、ゴールが。。ところでこの試合一番残念だったのは後半ロスタイムの東のボックス内でのシミュレーション。せっかく抜き切っていたのに倒れるなんて。。シュートでもクロスでもいいからやりきって欲しかったなぁ。ああいうプレーは非常に残念だしもったいない。彼自身がもっと上に行くためにもやっちゃいけないプレー、というか踏ん張るべき。

 それからモーレツに腹が立ったのはJ Sportsでの中継。カメラワークが最低。長居は引いた絵が撮れるスタジアムなのに、ボール周辺をアップで撮影するので、ボールのないところの選手が全然画面に入らず、チャンスもピンチもわかりにくいことこの上ない。画面が小刻みに左右に動いたりと非常に不愉快な中継だった。この撮影技術のせいで、得点シーンでは南野パスのとき山口のポジションは見えないし、東のまぼろしのゴールのときもルーカスだけ映っててファーに誰がいるのか見えないし、ほんと最低。実況・解説ともに感じが良かっただけにもったいない。何度かこのブログでも中継映像のことを書いているけど、スカパーなのかなんなのか、いつまでたっても成長しない。スカパー独占とかもうやめたほうがいいと思うよ。上達しないんだから。

 最後に、試合後の主審のナゾイエローto権田。なんでカードが出たのか不明。副審もあっちとこっちで不運(セレッソのがオンサイドになって、東京のがオフサイドになった)があったし、なんだかなー。長いシーズンで見れば運はトントンになると思うんだけど、それでもあと味悪かった。

追記
これ見るとゴールに対する副審の判定は正しいように見えるな。。
しかしスカパーの中継が全くひどいことには変わりない、と。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-03-17 00:48 | FC東京

『働かないって、ワクワクしない?』 アーニー・J. ゼリンスキー

 ドロップアウトしてお気楽に過ごすことを夢見て読んだらイイ意味で裏切られた(笑)。

4899760647働かないって、ワクワクしない?
アーニー・J. ゼリンスキー Ernie J. Zelinski
ヴォイス 2003-09-01



 どっかで薦められてて読んだ。確かに良かったのだが、全然題名と表紙の緩さと中身が違ってて、なんか売り方間違ってないかと心配してしまうほど。アザラシがメガネ掛けて温泉入ってて、「働かないってワクワク」なんてタイトルつけといてなんなんすかこれ。「ダウンシフター」なる単語もイマイチだよな。

 超要約すると、自分のほんとにやりたいことをよく考えなよ。自分のやりたいこと、生き方に正直になって、今の仕事が嫌ならやめちゃいなよ。辞めれなくても自分に素直に生きていきなよ。自己目的のためにも一生懸命考えに考え抜いて、その自由のために一生懸命頑張りなよ、ってな感じの本だ。

 最初のほうはとにかく「おまえのやりたいのは今のそんな仕事なのか」「会社でへーこらしてるのが本当にやりたいことなのか」「自分の人生にウソをついてないか」「会社がいやなら即やめてしまえ。子どもや家族がいるからなんて言い訳してるんじゃねぇ」ってな感じの煽り気味の文句がならぶ。一度しかない人生なんだから経済的にマイナスになっても本当にやりたいことやらないと幸せにならないよというような感じ。まぁある意味正論。

 そう、この本は幸せとはなんじゃらほいの本なのだ。何のために生きてんの?やりたいことがあるんでしょ?じゃあいつやんの?いまでしょ!?という。味スタに割りと近いところに住んでいて、でも毎日の通勤は遠くて人生の大事な時間を無駄にしているような気がするよな、というような私にしてみれば魅力的な話に聞こえてくるわけだ。

 ところが後半からは現実的な記述の一面も出てくる。満足感や幸福感を得るのは自分の心構え次第であることや(足るを知るということだろな)、人生の一瞬はまさに今しかないのだから余計なことを考えずに今の一瞬を生きよ、という禅の教えを説いていたり、バカの箱であるテレビなんか見てないで(録りためたお笑い番組見てるなぁ)能動的な行動に時間を掛けよと説いてみたり、とても真っ当なことを述べているのである。極めて普通のことを普通にまっすぐ語っている。

 父親の寿命を考えるとあと30年もこの世にいられないとか、引退を65歳とすると自由時間はほとんどない、とか考えていると空恐ろしくなってしまうわけだ。特にいま仕事が忙しくて残業の日々だからなおさらそう思うのだ。この本を読んですぐに答えが出るわけではないけれど、よく考えるためのきっかけを与えてくれた素晴らしい本だった。忙しい毎日で、ここのところ流されている感があったので考え直すための良い機会を与えてもらった。自分の人生・幸福を考えるのは自分以外にありえないという当たり前のことを改めて考えさせられた。そして、この機会を活かさなければならない。


メモ:まずはやりたいことのリスト書き出してみる

 自由時間のアイデアツリー(マインドマップ的に記述する)
  ・現在夢中になっている活動
  ・以前夢中になっていた活動
  ・したいと考えている新しい活動
  ・積極的にやってみたいと考えている活動(eg.健康を維持するための活動)
 これらについて50個以上のアイデアを出す


この本、今月に入って新書が出ているようだ。きっと地味に売れているんだろう。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-03-06 22:14 |

第1節 大分×FC東京 開幕勝利!

 カミさんが幼稚園の集まりで不在だったので、子どもたちを寝かしつけて22時から録画観戦。

3月2日(土) 2013 J1リーグ戦 第1節
大分 1 - 2 FC東京 (19:04/大銀ド/17,055人)
得点者:17' チェジョンハン(大分)、26' 渡邉千真(FC東京)、57' 長谷川アーリアジャスール(FC東京)


 あまり実感が湧かないまま開幕しました。やっぱりスタジアム行かないとそんな感じなのかな。来週を迎えないと実感はいまいちなのかもしれないけど、テレビで見るFC東京の迫力を見てワクワクした。

 前線のプレス、前へ出る圧力と人数、貪欲にシュートを撃っていく姿を見て今年は一味違うなと興奮した。その一方でJ2の6位だった相手に負けるようなことがあったら、それはやばすぎるぞ、という意識もあった。結果的にあれくらい押し込まないといけないし、2得点で満足しててはいけないのだろう。実際、前半や終了間際に何度かあった東や李のビッグチャンスを決められないようでは毎年のながれになってしまうかもしれない。それでも、開幕カードに恵まれていたとしても、やっぱり勝つのはデカイ。

 日経で武智さんのインタビューで意気込み発していた東。ゴールを狙っていくという言葉通りのアグレッシブなプレーで素晴らしかった。気持ちが入っていたのがわかったし、梶山の穴を全く感じさせない働きだったな。むしろワンタッチのリズムや、はたいたあとのクイックネスなんかは梶山よりチームにあっている感じがした。カズマなんかはガラッと変わった気がした。チュンソンのコメントはらしくていいよね。結果に対して焦ることは大事だし、やっぱり意識が高いんだろう。2点くらい決めれそうだったけど。

 今日は全員素晴らしかったと思う。1対1でボールを奪われるシーンはほとんどなかったし、イーブンボールもキープできていた。例えば前線で確実にボールがキープできるの後ろからガンガン上がれる。ボールを奪われてもあっという間に囲んで取り返せる。11人全員のクオリティが相手チームを上回っているのは間違いないだろう。だからこそ、この素晴らしい攻撃スタイルがシーズンを通して通用するかどうかは、この試合だけではわからない。ぬか喜びしないようにしないと。。来週、良いベンチマークとの試合があるのでそこでハッキリするんだろう。どこまでできるか楽しみだ。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-03-03 01:34 | FC東京