<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『ケインズかハイエクか』 ニコラス・ワプショット

4105063413ケインズかハイエクか: 資本主義を動かした世紀の対決
ニコラス ワプショット Nicholas Wapshott
新潮社 2012-11-22



 この手の本の中ではかなり読みやすく、小説の様に話が進んで面白かったのだが、それでも読み進めるのがなかなか難儀だった。

 第一次大戦後のベルサイユ条約での戦勝国の不誠実な対応に対してケインズが怒りを『平和の経済的帰結』にぶつける。この本の中でケインズが戦後を憂いて予言していたことは有名な話だが、そこをスタートにして、ケインズと当時オーストリアで学生だったハイエクの物語が始まる。

 ふたりの主義主張の違いがあまりに対照的で、またそれを取り巻く人々や議論が非常に鮮やかに描かれていて、ケインズが亡くなるまでの話はとても小説的で面白かった。ハイエクのことはさっぱり知らなかったのだが、経済の考え方の勉強にも多少なったと思う。

 ケインズが亡くなって以後の話はハイエクのケインズ派への対抗で話が進む。世の中の経済の動きと連動してケインズ、ハイエクの評判は、片方が上がれば他方は下がり、片方が下がれば他方が上がるという形で論争が続いていく。最後は2008年のリーマンショックまで描かれている。

 正直どっちの経済政策が良いとかはよく分からないのだが、どっちの考え方も必要で、要はそれぞれの理論をさじ加減に気をつけて運用することが、経済運営していくには大事なのだろう、とざっくり理解した。ま、その運営が極めて難しく唯一の解はない、というのが現実の答えではないだろうか。

 マーガレット・サッチャー氏が亡くなり、ハイエクの話も書かれていたが、まさにその時代の話がこの本にも出てくる。ふたりを軸にして政治経済史の流れを俯瞰することができるという意味でも有意義な本だった。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-04-26 00:03 |

第7節 FC東京×名古屋 こっから

 寒くてダウンで観戦。

4月20日(土) 2013 J1リーグ戦 第7節
FC東京 3 - 1 名古屋 (14:04/味スタ/16,804人)
得点者:30' ケネディ(名古屋)、45'+4 ルーカス(FC東京)、51' ルーカス(FC東京)、59' 渡邉千真(FC東京)


 いやー、やっぱり勝つのは良い。気持ちよかったー。逆転勝利って格別。

 この試合、3点とったけど、PK2点に、敵のミスからボールを奪ったあとのシュートでの得点とであって、負け続けていた試合での課題である流れの中でのゴールはなかった。この勝利で流れが変わればいいけど。

 ところで、2回目のPKゲットのシーン以外にも森重がするするとドリブルで前に上がっていくシーンが何度も見られた。最初は前へ上がらせるための名古屋の罠で、そこからのカウンターを狙ってるのかと思っていた。でもそれは単なる思い違いで随分とゆるゆるのディフェンスだった。大宮とえらい違いだったな。これで何試合も負けてなかったというんだから、名古屋はやっぱり楢崎でもってるんだな。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-04-22 22:54 | FC東京

『なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか』 ロバート・C・アレン

 産業革命がなぜ最初にイギリスで起きて他の欧州諸国ではなかったのかという考察が興味深かった。日本の話も割りと豊富に書かれている。

4757123043なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか
ロバート・C・アレン グローバル経済史研究会
エヌティティ出版 2012-11-30


メモ。

第2章 西洋の勃興
・植民地との交易によるグローバル化
・イギリス、オランダの製品が売れる→工業化→農村人口の都市流入=都市化
・スペインなど南欧諸国は南米で大量算出する銀によって富むことができたが、
 逆にそれによってインフレが進展し、産業が育たず、後退
・都市化がエネルギー革命を引き起こした
・都市化したロンドン・アムステルダムの高賃金化
・都市化と高賃金化が農業の効率化を促し、イギリス・オランダで農業革命
 生産高が50%増加
・都市化による消費活動の活発化→エネルギー革命 木炭から石炭へ
・高賃金経済→高度な識字率、計算能力

第3章 産業革命
産業革命が興ったのはオランダ・フランス、さらには中国やインドでもなく、なぜイギリスなのか
・都市化により高賃金化
・エネルギー革命=炭田開発により割安なエネルギーを利用可能
 ⇒割高な労働を節約する方向へ資本が向かう
 より多くのエネルギーと資本を利用できたイギリスの労働者はより生産的に
 「労働力が割高&資本が割安」

 インドやその他の国では機械に投資するよりも人手で作業したほうが、安く綿糸を紡ぐことができた。イギリスは賃金が高かったために、如何に安く綿糸を紡ぐことができるかと資本を投入して工場を作っていった。またこれによってインドの工業化を遅らせる原因にもなっている。高賃金なほど工業化せざるをえなかったということ。まさに「必要は発明の母」。

 日本がなぜ西洋諸国にキャッチアップできたかということも説明されている。明治以後、資本の節約を独自の機械工作で果たし、独創的な綿工場の運営(11時間2交代制)によって他国に見られない工夫をしていたことが書かれている。単に「頑張ったから」ではもちろんなく、様々な工夫があったということ。江戸時代から基本的学力(算数・読み書き)が身についていたことも大きいだろう。戦後については通産省主導の話が出てくる。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-04-18 22:27 |

『采配』 落合博満

元中日ドラゴンズ監督の育成・指導論。
オススメ本にあがっていたので読んでみた。表紙が怖いんですけどw

4478016267采配
落合博満
ダイヤモンド社 2011-11-17



 オススメ通りに良書だった。最近の野球は全然見てないので、本文に出てくる選手名もほとんどわからないんだけど、選手の育成や采配などで、一見奇をてらったように見られるものが、実は強固な信念に基づいて実行されたものであり、結果を残す強さを持っているということがよく分かる。

 いろいろ面白いというか真っ当なことを述べていて普通に素直に読めるのだが、そんななかでも特に印象に残ったのが、次の文章。

p74
 自分の采配を「正しかったか」それとも「間違っていたか」という物差しで考えたことがない。ただあるのは、あの場面で最善と思える決断をしたということだけである。


 これについては、のちのち後悔しないようにそのときそのときで全力を尽くすということでもあろう。この文章は野球の采配のなかでのものではあるが、それは野球以外の仕事や生活のなかでも同じなんだと思う。その一瞬に集中するということや、その一瞬に全力を傾けるというのは前に読んだ『働かないってワクワクしない?』にも通じる考え方だ。やはり大事なことは同じで、その場その場で全力で取り組むこと。それができれば充実するということだろう。

 また、この本を読んでいて一貫して感じたのが、ぶれない人であるということ。自分の信念に基づいてそれを曲げない。それは何かといえば、プロ野球球団の目標は唯一勝利であること。そのために選手を守り、チームスタッフを守り、プロ野球に携わる仲間にも敬意を持つこと。これについて全くぶれずに守り通しているように読めた。Amazonを眺めていたら、他の落合本『なぜ日本人は落合博満が嫌いか?』の書評で、リーグ2連覇した監督との契約延長をしなかった理由について、落合氏が地元サポート企業やスポンサーなどの宴席・会合に出席に参加しないことで、球団経営陣から疎んじられたのではないかと書かれていた。なるほど、観客動員が伸びないなどもこういうところに理由があったのかもしれない。それでも信念を曲げずに勝利することへ執着して、自分が正しいと思うことに取り組んできた落合氏は、この本に書かれている以上にすごいのかもしれない。この話を読んで、2006年に優勝を決めた試合で涙したのは翌年の契約がないと思ったからだった、という落合自信の説明に合点がいった。

 こういうのを読むと、これがFC東京だったらどうだろうと思わずにいられないし、その想像は楽しい。監督は地元企業へのサービスはしない。選手にも十分なケアをさせることを優先させる。試合には勝ちまくり、優勝する。最高じゃないかと思う。それでファンは離れていくだろうか。いやいや今の東京の状態じゃありえないだろうなぁ。

 ましてやリーグで勝ち、次にはアジアの舞台が待っている。さらにその先には世界の舞台が待っている。自分たちのクラブをアジア・世界の基準で考えられるようになる。なんて魅力的なんだろうか。それだけ強ければ自然と観客も増えるだろう。そう考えると強いことのデメリットなんて何もない。多少、サポート企業の宴会に出なくとも、他の企業がいっぱいやってくるだろうし。こんな監督がいつか東京の監督になっても面白いだろうなと思わずにいられない。
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-04-15 23:12 |

第6節 仙台×FC東京 我慢が続きますね。。

 家族が寝てから録画観戦。

4月13日(土) 2013 J1リーグ戦 第6節
仙台 2 - 1 FC東京 (14:04/ユアスタ/13,655人)
得点者:47' 角田誠(仙台)、60' ウイルソン(仙台)、79' 李忠成(FC東京)

 マリノスに負けてから潮目が変わった感じでそのあと5戦勝てていない。ナビスコの名古屋戦でスコアレスドロー、前節の大宮戦、水曜のセレッソ戦と惜敗。大宮戦については「去年に戻っちゃったね」という感じで、当初の「優勝しちゃう!」という雰囲気はどこへやら、例年通りいつもの苦行が始まった感があります。

 今日の試合は東をトップ下に戻して、開幕当初のいい形にして、李を控えに。勝っている中でメンバーをいじりすぎた反省なのか、それとも単なるターンオーバーの巡りあわせなのか、やっとこの形に戻ってきた。この形だと人とボールが良く動くので、お互いを活かそうという攻撃ができている感じで、大宮戦のときよりはよく見えた。でも、東京の激しさが仙台の良さを引き出した感じで、角田のミドルが決まってからの仙台の動きは随分激しくなってたな。

 明るい話題がないわけではなく、平山が短い時間ながら非常に良かった。ナビスコ名古屋戦(後半現地、前半は録画観戦)でも良いプレーを見せていたけど、完全にトップフォームに戻っている感じだ。李との関係性も良かったし、ふたりともボールが収まるし、ハイボールに先に触れるから、これからに期待が持てる。李もさすがの反応で得点していた。中盤の選手では米本がすごい。好調キープ。代表に呼ばれるレベル。下手したら海外に連れていかれるかも。。彼の将来を考えると今の東京にいるよりももっと上のレベルに行ったほうがいい気もしてしまう、そんな状態。

 不満を言っても仕方がないけど、交代枠を1つ残して、ナオもネマも投入しないなんてなぁ。東はトップ下でよかったけど、ルーカスとともに最後はどっちか交代でよかったのでは。

 相手チームは東京の前半を抑えれば後半はいけるぞ、という雰囲気になっているかもしれない。次の名古屋戦は90分で勝とうとするサッカーを見せてほしいな。最初からイケイケで後半ガス欠(ガスとガソリンマークを付けてるのに)ってのは避けて欲しいっす。バモトーキョー。

 
 
[PR]
by vamos_tokyo11 | 2013-04-14 01:34 | FC東京